無料ブログはココログ

« 《鍵のかかった部屋》#03 | トップページ | 《37歳で医者になった僕~研修医純情物語》☆04 »

2012/05/03

《リーガル・ハイ》☆03

『花嫁が盗まれた!純愛か?はたまたストーカーか?真実の愛を問う!号泣の恋愛裁判の行方は!?』(あらすじ)

黛(新垣結衣)は、結婚式場から新婦の美由希(原田夏希)を連れ去り、監禁したストーカー・榎戸(永山絢斗)の弁護を担当することに。一方、古美門(堺雅人)はテレビ番組の密着取材を受けていた。仕事中の姿を撮影するため、古美門はミドリ(阿知波悟美)の依頼を引き受ける。野球ファンのミドリは、下品なヤジを理由に警備員に球場から連れ出されたが、その際に腰を打ったので、球団に1千万円もの慰謝料を請求すると言う



cast
堺雅人/古美門研介
新垣結衣/黛真知子
生瀬勝久
/三木長一郎
小池栄子/沢地君江
里見浩太朗
/服部

有名な映画のシーンのような、花嫁奪還。でもすぐに捕まって、しまった。

古美門は、テレビ番組の不敗の弁護士という事で取材を受けていた。
法廷場面が欲しいと言われ、野球ファンのミドリの訴訟を引き受けた。
ヤジがきたないからと、警備員に退場を命じられその時もみ合って、腰を強打し、野球観戦が出来なくなったため、球団相手に1000万の損害賠償をするというものだ。

黛は、まあ、いつものように金にならないストーカー裁判に顔を突っ込んでいた。
検事が、大学で習った相沢先生に代ったのを知らず、憧れの先生で、少しぼっとしていた。
罪状認否で、突然榎戸が、ぼくは無罪ですと言いだした。
美由希が声を掛け、時々バスの中で一緒になり、帰りを待ち、朝も待ち、・・・これってスーカーじゃね?
大学時代から付き合っている彼氏がいるから、と言われて、別れてくれと言いに行って、ストーカー規制に引っ掛かり、排除命令までうけた榎戸。
最後の手段で結婚式場から美由希を連れ去った。

「望月さん、なぜ球団があなたをスタジアムから強制退去させたのか。」
理由はヤジが汚すぎるから。
そのきたないヤジをまた飛ばした。
{いいプレーは褒め
悪いプレーはヤジる。
これは当然です。
だから連れ出されたのは
納得いきません。」

裁判長は、その際のチケットの払い戻しに応じている。さらに1500万円の
損害賠償とは高すぎるのではと言われた。
古美門が代って、退去の際腰をうち重い後遺症が残りました。
その治療費が500万。
裁判長は捻挫ですよね。
加えて望月さんには、大きな夢があったのです。

「本を出版する事です。」

タイトルは『望月ミドリのヤジ語録』
40年以上愛するゲッツにささげる名作ヤジを1冊の本にまとめて
出版予定だった。
もし出版されていたらどのくらい売れていたと思いますか?
全国のゲッツファンは買ってくれたろうと思います。
10万くらい。約1600円。その後本を完成させられると
思いますか?

「腰の痛みで大きな声が出せませんし、
なによりあれ以来恐怖でスタジアムに行けません。」

彼女は2度とヤジが言えない
体になってしまったのです。
望月さんが得るはずだった
印税収入は1600万円。他の事情で
出版できなくなったケースを考慮し
損害額は1000万としました。
後遺障害を伴う損害賠償額と合わせて
1500万円です。以上!

黛の担当する榎戸は、美由希を知ってから近くに転居した。それらも全て調査済みの相沢は、黛に無罪ではなく、情状を視野に入れて、行くべきだと言われた。
憧れの相沢に、心が切れそうになっている黛は事務所に帰っても取材のカメラが回り、イラついていた。何でもいいから古美門にメッセージをと言われて、中指を突き立てた。

服部から、教えを請えばとアドバイスがあったが、側に寄っただけで、
「断る!」
と拒否された。
しかし翌日の公判では、古美門が傍聴席に居た。
あの検事とはなにかあるのかと聞かれた。何もないと答えると、なにが何でも無罪を勝ち取るという気概がないと言われた。黛は、迷っていると言うと、ここに居るからには、無罪を取れと命令された。

服部が、バス通勤していると同じ時間のバスには乗る人も立つ位置座る位置が同じですぐに顔見知りになると言われた。
榎戸が乗っていたバスに乗り、横の人にこの2人を知らないかと聞いた。すぐに分かって、とても仲のよさそうに見えた。似顔絵を貰った時なんかとっても嬉しそうだったと聞いて、すぐに捨てるとしても?と黛が聞いたが、大事そうにバッグにしまっていたのにと答えられた。
黛は、かなり弁論が下手ですね。これでは被告を守れない!

名刺入れから、蘭丸の名刺を取り出した。
マンションを新居に移動する美由希の引っ越しに潜り込んだ蘭丸。

古美門は、ミドリが選手たちの背番号から名前、趣味までよどみなく言って居て、これは、愛する子供たちを叱咤激励していたのだと情に訴え出した。たるんでいる時は、声を荒げ、スパルタで、子供たちを見守る母の気持ちを取り上げたと裁判官まで泣かせた。
結果1000万の賠償金をせしめた。

三木の事務所ではあんなに大見栄を切っていた井手が古美門に負けた。
さあ落とし前をつけろと言った。沢地が、引き出しを開けて拳銃を出した。1発だけ弾を込めて井手を組み伏せたが、逃げた。楽しめましたか?と聞く沢地に。全然と答える三木。

古美門に大げさに礼を言ってミドリが去った。
「悪はなくなりません。
けれどこうして誰かの心の平穏を
少しでも取り戻すことができるのなら
僕たちの仕事も意味があるのかも。」

公判に美由希が出廷した。
貰った似顔絵はすぐに捨てたと答えた。
だが、引越しの時のゴミに似顔絵が入っていた。
(黛も相沢の事で苦い思いを経験していた事がフラッシュバックした。
相沢には当時付き合っていた女がいて、バレンタインのチョコを渡すと喜んで食べてくれたが、その女は、たまにはいもの煮っ転がしをつまみ食いしたいんだと切り捨てた。
黛は、柱の陰からそっと動けないでいた)

美由希は、榎戸との交際を全て否定していた。

家柄の良い牧野さんとの交際に息苦しさを感じていたのではありませんか?
正反対の榎戸さんとのバスの時間に安らぎを感じていた。
違いますか?

「・・・・いいえ。」

「榎戸さんにプロポーズされた、牧野さんに
迷惑していると思わず言ってしまったんじゃ
ないんですか?」

「違います。」

「榎戸さんの行動は、あなたがさせたもの
じゃないんですか?」

「違います」

「少しも好意を抱いては
いなかったんですか?」

「はい」

「心の片隅に
本の少しでも彼への好意の気持ちは
なかったんですか?」

「ありません。迷惑なだけでした」

「美由希さん。
あなたは自分の幸せな結婚を
確保するために、・・」

榎戸が耐えられなくなって、似顔絵を見せようとする黛に
「止めろ!!」と言った。

じゃあこれは?

「僕はストーカー行為をしました。
勝手な思い込みで美由希さんに付きまとい
拉致しました。
僕はストーカーです。すいませんでした。
すみませんでした。」

頭を垂れシオシオと変える黛に

「酷い負けっぷりだな。
誰のために弁護していた。
次の日曜日に府中の競馬場に行き
ゲートに並んだ10数頭の3歳馬に
代り番こに頭を蹴られてくるといい。
少しはましになるだろう。」

「どうせ首ですから」

「依頼人自らが選んだ有罪だ。
今回は免責とする。」

そこへ相沢が最後の追い込みは良かったと褒めてくれて君は検事になるべきだと言って去った。古美門は、自分がやっつけてやると言った。
優しく何が食べたい?

トムヤムクン!

服部の料理は美味かった。
泣きながら食べた。

テレビが始まった。
最後は服部さんで終わって、出たがりの古美門は腹を立てた。

法廷で皆を泣かせる所は痛快でした。
最後には、どちらが?という含みがあり、訴訟沙汰になるのか?という程度でした。
でも結婚式場から花嫁を連れ去るのは、とんでもないですけど。
周りの人たちの方が、よく見えている場合もあるんですね。

*****
今までの感想は、こちら

« 《鍵のかかった部屋》#03 | トップページ | 《37歳で医者になった僕~研修医純情物語》☆04 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/54619798

この記事へのトラックバック一覧です: 《リーガル・ハイ》☆03:

» 『リーガル・ハイ』第三話 [時間の無駄と言わないで]
サイコな感じの被告人かと思いきや、なんか好青年になっちゃったね。 古美門パートと黛パートの2本立て。 メインは黛パートだけど、観てて面白いのは古美門パート。 やっぱり ... [続きを読む]

» リーガル・ハイ&クイーンズブレイド&SKET DANCE [別館ヒガシ日記]
リーガル・ハイは第3話だけど 今回は真知子メイン裁判だし 真知子ストーカー裁判は良で 古美門ヤジ裁判は面白く... [続きを読む]

» 別館の予備(リーガル・ハイ&クイーンズブレイド&SKET DANCE) [スポーツ瓦版]
5月3日 リーガル・ハイ&クイーンズブレイド&SKET DANCE 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/112369 ... [続きを読む]

» リーガル・ハイ  3話 [昼寝の時間]
公式サイト 今回、古美門と黛は別々の事件を担当しました。 思いついたことをばらば [続きを読む]

» 「リーガル・ハイ」第3話 [またり、すばるくん。]
3「初恋かストーカーか?号泣の恋愛裁判!?」 視聴率11.2%   [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第3話 [emitanの心にうつりゆくもの]
第3話 「初恋かストーカーか?号泣の恋愛裁判!?」 弁護士・古美門研介(堺雅人)の元に、テレビ局の取材が入り、その成り行きで熱狂的プロ野球ファンの年配女性の訴訟を引き受けることになる。 ... [続きを読む]

» 変態の女神は天使の涙を流します(新垣結衣) [キッドのブログinココログ]
愛想笑いは女の罪、それを見抜けないのは男の罪・・・の方向性でございます。 今回は・・・瑛太の弟・永山絢斗が初めてといっていいほど・・・印象に残る演技を見せたわけである。 つまり・・・それほどに脚本・演出が素晴らしいのだな。 いや・・・だって・・・あの永山絢斗が・・・見事な演技を披露しているのである。... [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第3話 [レベル999のgoo部屋]
『初恋かストーカーか?号泣の恋愛裁判!?』 内容 テレビの取材が入り上機嫌の古美門(堺雅人) その姿を見て、唖然とする真知子(新垣結衣)だったが、 国選弁護の仕事へと向かう。 被告は、榎戸信也(永山絢斗) 村瀬美由希(原田夏希)という女性をストーカーしたと...... [続きを読む]

» 『リーガル・ハイ』vol.3 [悠雅的生活]
初恋かストーカーか [続きを読む]

» リーガル・ハイ #03 [ぐ~たらにっき]
『初恋かストーカーか?号泣の恋愛裁判!?』 [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第3話 [ぷち丸くんの日常日記]
古美門(堺雅人)の法律事務所にテレビの取材が入った。 古美門はテレビ映りを気にしたり、自分のスマートな部分だけを撮影してもらい たい様子だ。 そのため、真知子(新垣結衣)の持ち込んだ国選弁護の話には見向きもしない。 そして、真知子は一人でストーカー規制法で訴え... [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第3話 [ドラマハンティングP2G]
vol.03「初恋かストーカーか?号泣の恋愛裁判!?」2012年5月1日 21:00〜21:54 古美門研介(堺雅人)の事務所に、テレビのドキュメンタリー番組の取材が入った。古美門はカメラ映りを気にしたり、自分のスマートさだけを撮ってもらいたい様子。そのため、黛真知子(新垣…... [続きを読む]

» フジテレビ「リーガル・ハイ」第3話:初恋かストーカーか? 号泣の恋愛裁判!? [伊達でございます!]
第1話よりも第2話、第2話よりも今回の第3話と、ますますのヒートアップ。堺雅人の“怪演”あっての、ストーリー崩壊寸前の無茶ぶり。この先、どういう展開を見せるのか(笑)。 [続きを読む]

» 「リーガル・ハイ」第3話感想 [Kanataのお部屋へようこそ]
あらすじ 公式サイトより 古美門研介(堺雅人)の事務所に、テレビのドキュメンタリー番組の取材が入った。古美門はカメラ映りを気にしたり、自分のスマートさだけを撮ってもらいたい様子。そのため、黛真知子(新垣結衣)が持ち込んだ国選弁護の話になど見向きもしない。黛はひとりで、ストーカー規制法違反で訴えられた榎戸信也(永山絢斗)の弁護をすることになる。しかし、古美門も番組ディレクターから訴訟に取り組む様子を撮影したいと頼まれた。黛を手伝う気もなく、さりとて当面、仕事の予定のない古美門。すると、助け...... [続きを読む]

» 2012年春ドラマ、どれを観続けるか決めました♪(o^-^o) [ひろくんのほのぼのコラム ( ^_^)_∀]
 ようやくドラマの初回分を一通り観終わりました。 観終わった感想を総括すると、飛 [続きを読む]

« 《鍵のかかった部屋》#03 | トップページ | 《37歳で医者になった僕~研修医純情物語》☆04 »

最近の写真