無料ブログはココログ

« 《三毛猫ホームズの推理》☆03 | トップページ | 《ATARU》★03 »

2012/04/30

《家族のうた》★03

『歌えない僕の気持ちが解る?』(あらすじ)

正義(オダギリジョー)は、音楽配信レーベルの社長・水上(渡辺真起子)から新曲がネット配信でヒットすればCDリリースを約束すると言われる。その矢先、正義は歌の練習をサボっている陸(藤本哉汰)のことで陸の担任・笹垣(岩井秀人)に呼び出されてしまう。しかし、正義はくだらないと言って相手にせず、悩んでいる様子の陸の話を聞こうとしない。すると陸が、美月(大森絢音)にはこのことを内緒にしてと頼んでくる。

cast

オダギリジョー/早川正義
ユースケ・サンタマリア
/三木康祐
貫地谷しほり
/青田洋子
大塚寧々
/水島朝子

*****

日曜6時の生放送しか仕事がない正義。
家に戻れば、早朝からバタバタして、ユックリ眠れない。自分の家であって、自由にならない事でもどかしがっていた。

レコード会社から、ネット配信で、沢山ダウンロードが増えたらCDリリースもと言われて新曲作りに没頭していた。

学校から呼び出されて正義はカリカリしていた。日曜日の参観日に歌う歌を練習していない陸が、クラスで村八分にあっていた。そんな事は大したことじゃなくて、正義にはやるべき事があると、さっさと担任との話を切り上げて帰ってしまった。

陸は、公園の遊具の中で練習していた。そこに秀じいが来た。陸は美月に内緒にしてくれと言われた。秀じいは、ジャガイモを並べてこの前で歌えと教えた。
夜遅く眠れない陸は、正義の帰宅を待った。歌えない事は無いかと聞いた。そんな事はないと答えた。俺は逃げないと言った。聞くんじゃなかったと、がっかりする陸に、お守りを見せた。
『ピンクのどくろ』
翌日学校に持っていく、歌の練習の時に見ていたが声が出なかった。
同級生が追いかけてきて、どくろを持ち去った。美月がこんな事だろうと思ったと、箒を振り回して追い払った。

公園のベンチでしけた顔した陸が座っていた。
そこへ正義が来た。
「あの指輪、お守りは本当に役に立つの?」

「当り前だろう」

「ウソだ、あんなの何の役にも立たなかった。」

「は?」

「歌も歌えなかったし
いじめられてるってお姉ちゃんにもバレ
ちゃったし何もいい事なかった。」

「お前勝手に持ち出したんだろう。
返せよ!」
ベンチから立ち上がって、陸の目の前に手を出して
「さっさと返せよ」

「取られちゃった」

「はあ?ふざけんなよお前
取り返して来いよ。
今すぐ取り返しに行けよ。
泣いてんじゃねえよ。
結局一人じゃ何もできねえのか」

「正義には分かんないよ!
皆の前にでると怖くなるんだ。
また笑われちゃうって
思っちゃうんだ。」

「イイわけだよ。
ただビビってるだけだろ。
お前ミジンコの中のミジンコだな。
ミジンコオブミジンコ。
ミジンコキング。
ミジンコのくせにいいとこ見せようと
カッコ付けてるから何もできねんだよ。
自分をさらけ出しゃあな武道館でも
小学校でも同じなんだ。関係ねえんだよ」

「だったら、ここで歌ってよ」

「はあ?
お前バカだろ。」

「何だ歌えないんだ」

「無理くり言われて歌えるか バカ」

「口ばっかり、
どうせ大事な時も逃げるんでしょう?」

「大事な時ねえ」
言いながら見まわすと踊っている集団とギターを持っている数人グループが見えた。

「歌ってやるよ。歌ってのはな
うまさじゃねえんだよ。
歌詞間違えても音程外しても
そんな気にする必要なんか
ねえんだよ。
自分が納得出来てりゃな。
何が何でも最高になるんだよ。
それがロックだよ。」

エレキを持っていた人から無理に借りると歌いだした。
うるさいと言われながらもだんだん遊具の上に乗った。周りの人たちがだんだん集まって来てギターを持っている人たちは伴奏を始め、通りがかりの人達は、立ち止まった。
秀じいも外の道で立ち止まっていた。

水島の店で、三木が酔いつぶれていた。
ネット配信会社の社長に、正義の曲を全く医師とは違うアレンジにされて、それを受け入れろと言った事に対する自己嫌悪みたいに飲んでいた。

参観日。陸のために美月、こころ、洋子、秀じいが集まった。正義は来ていない。
歌はどんどん進んだ、陸は、正義に言われた『自分が納得できる歌ならそれがロックだ』に押されて突然歌いだした。そして最後に「ロックンロール!」といって座り込んだ。
ドアの外で正義は聞いていた。

陸が靴箱の所に行くと、運動靴の中にいつも正義が吸っているタバコの空き箱が入っていた。指輪取り戻して来い!とメッセージが書いてあった。

正義はその足で、ネット配信の会社へ行った。すると社長に面会していたのは、三木の方が早かった。今回は、見送らせてと、2人が揃って言った。
次は無いかもしれないと言われても
「それがロックでしょう」と答える正義。
道を一緒に歩く三木に三者面談は?と聞いて遅刻だと騒いで消えた三木に
冷たいねと言う正義。
テーブル席に座った秀じい、こころ、。美月。陸の「心情を聞いていた美月が
もう私の助けは要らないってことかと寂しそうに言うのを朝子が聞いて
「それは違うんじゃないかな。
大切な一人がいるから
強くなれるそう言うもんじゃない?」

そこにどろどろの陸が戻ってきた。
まず正義の所に手を伸ばして
「これ」

「いいよ、捨てようと思ってたんだ」

「え?じゃあ、もらっていいい?」

「好きにしろよ。」

「やったぁ、ありがとう!
ロックンロール」
ピンクのどくろを指にはめて腕を突き出した。
ちょっとかっけーと言われて我に返り正義が
ちょっと、返せよ、それロンドンで買ったんだと言ってももう遅い。
店の中を逃げる陸、追いかける正義。
「ロックに免じて許してよ!」

皆と同じじゃなくても、いいじゃない。強烈なメッセージが伝わります。

*****
今までの感想は、こちら

« 《三毛猫ホームズの推理》☆03 | トップページ | 《ATARU》★03 »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

cafeソラさま。
コメントをありがとうございます。

>このドラマはみたことないけど
視聴率3パーとからしいね
中居のドラマとの競争に完全にまけてるって友達がいってたよ

面白い雰囲気のドラマなんですが、中居くんのドラマには惨敗。
私も日曜日、2本はアップできず、で、記事は断念しました。
とても残念です。

cafeちょこさま。
コメントをありがとうございます。

>家族の歌は豪華キャストを出したほうがいいと思っいます。あくまでもアドバイスです

なかなか進まない設定に、イラつきました。途中で打ち切りが決まったようです。
オダジョー大好きですから、応援したいんですが、ずっと同じ所を回っているような進展に、見ていて疲れました。
確かに豪華キャストで、活気を出したら、イイですね。

このドラマはみたことないけど
視聴率3パーとからしいね
中居のドラマとの競争に完全にまけてるって友達がいってたよ

家族の歌は豪華キャストを出したほうがいいと思っいます。あくまでもアドバイスです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/54592703

この記事へのトラックバック一覧です: 《家族のうた》★03:

» ドラマチックサンデー「家族のうた」第3話 [またり、すばるくん。]
3「歌えない僕の気持ちが解る?」    [続きを読む]

» 家族のうた #03 [ぐ~たらにっき]
『歌えない僕の気持ちが解る?』 [続きを読む]

» 家族のうた三話&クレオパトラな女たち三話感想 [NelsonTouchBlog]
■家族のうた三話 う~ん・・・どうやら視聴率がよくないらしいねえ。俺、このドラマ好きなんですけど。 解雇寸前のロックスター・オダギリジョーは、動物園のテーマソングを作って以来、仕事らしいものは特になく(しかも動物園の時の作曲は実は中学生の娘が。。オダギリはアレンジしただけ。。しかも元のほうが動物園ぽかった。。)また、唯一のラジオ番組ではボソボソとクセのあるトークを繰り広げながら、まだ途中な感じの曲を度々発表していた。。... [続きを読む]

» 家族のうた (第3話・4/29) [ディレクターの目線blog@Seesaa]
4/15からフジテレビで始まったドラマ『家族のうた』(公式)の第3話『歌えない僕の気持ちが解る?』の感想。 世間では低視聴率でも、今週は意外に楽しめたのだが… ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3565/ ★…... [続きを読む]

« 《三毛猫ホームズの推理》☆03 | トップページ | 《ATARU》★03 »

最近の写真