無料ブログはココログ

« 《もう一度君に、プロポーズ》#01 | トップページ | 《家族のうた》★02 »

2012/04/22

《三毛猫ホームズの推理》☆02

『家出猫はミタ!亡霊殺人事件』(あらすじ)

義太郎(相葉雅紀)と石津(大倉忠義)は、恋愛力を鍛えるセミナーを受講。しかし、ビデオ上映後、明かりをつけると講師の山室(平沼紀久)が刺殺されていた。受付で記帳した「金崎沢子」が姿を消したと判明するが、沢子(うえむらちか)は2年前に自殺していて、義太郎は亡霊の仕業と怖がる。沢子の妹・涼子(瀧本美織)によると、父親が家を出て、母親が他界した後、涼子を育てた沢子は、誰かに死に追いやられたのだという。

cast
相葉雅紀/片山義太郎
藤木直人
/片山ヒロシ
大倉忠義
/石津良平
大政絢
/片山晴美
石坂浩二
/栗原肇

何も書けないヒロシは、楽しみにしていたみたらしダンゴがいつの間に無くなっている事に気付き大騒ぎしていた。美味しかったと前足をなめていたホームズが犯人らしく、すっかり腹を立てた。

義太郎は、女性恐怖症を克服させようと、石津が計画したセミナーに来ていた。
だが、とても義太郎には無理なことばかりだった。
DVDの時間で、教室内が暗くなり再度灯りが付けられた時、講師が胸に包丁を刺されて客席に座っていた。
石津が警察です、と言って現場を保存した。
もちろん、義太郎は血を見て気絶・・・
今回は、バイトしていた妹晴美が付き添って、警察署にいた。
根本の毒舌に、いちいち反論してくれた。

今回の出席者の名簿を調べていた署員が、出席者にいない名前で2年前に死んでいる人がいたと報告した。

帰宅した義太郎は、ホームズを捜してキッチンに入ると、ミルクを飲むメード姿のホームズがいて、大騒ぎ。そこにヒロシ、晴美、石津が戻って来て捜査会議がせわしなく言われた。

一課では、当日の応募者のビデオを見ていて、大きなマスク姿の女をマークした。
金崎沢子と書いたのはこの女だった。沢子は2年前多額の借金から首つり自殺をしていた。当時8歳下の妹涼子と住んでいた。根本にののしられる義太郎をいつもかばってくれる栗原が、その妹の所に行けと言った。
部屋に入る前、女とすれ違った。
インターホンを押すとすぐにドアが開き、ピンクにパンダが印刷されたスリッパをはいた涼子が現れた。足がある、亡霊じゃない!義太郎は嬉しかった。
涼子は、姉と2人で写っている写真を見せた。これを撮ってくれたのが父で、母とこの半年後に離婚し家を出た。母はその後亡くなり、姉は高校を中退して涼子を育ててくれた。
そんな姉が自殺なんてする訳が無いのに、警察は何も取り合ってくれなかった。
ダメ刑事義太郎は、テーブルから離れた位置に座り、横を向いたまま涼子と話していた。何かあったらと携帯の番号を書き、連絡くれれば警察へ通報すると、あくまで自分以外の刑事を呼ぶ事を強調した。

帰宅して片山捜査本部では、ヒロ兄が、もう一度涼子の所に行けとと義太郎のお尻を叩いた。仕方なく、夜だが涼子の部屋を訪ねた。インターホンを鳴らしても涼子の声はしなかった。誰も出ないので不審に思いドアノブを回すと、鍵が掛かっていなくてすぐにドアは開いた。室内は電気が付いていなくて真っ暗だった。うす暗い所に横たわる女。何か掛けられていたが横から血溜まりが見えてそこでまた失神。

根本に頬を貼られて気付いた義太郎は、死んだ女の所に連れていかれて金崎涼子に間違いないんだなと念を押された。顔を見られず、履いているスリッパだけで確認。

どうしようもないですね。刑事の基本を履行しないから。

深夜に帰宅して部屋に入ると、ベッドでホームズが体をなめていた。
どうして涼子さんと言いながら、ベッドに横になり、ホームズを撫でていた。
突然、マツコに変わり、義太郎は、ベッドから落ちた。
「あんたの気持はわかるわよ
でもねいつまでもめそめそ
泣いてんじゃないわよ!」

「あんた、誰?」

「あたし?家政婦よ」

「前も僕の前に現れて・・・あんたホントにだれ?」

「猫、猫よ。ホームズよ」

全然可愛くないと言われたが、ニャーと泣いたが、ドスが利いていた。
私とこんな風にしゃべってることは絶対誰にも言っちゃダメよ。そう念を押された。
さらに亡霊ッているわよと言われて怖がり義太郎はさらにビビった。

ロッカーから男が何か出してバッグに詰めた。
血の付いた何か・・・机の引き出しから入れ物を出してカプセルを数個口に含み無理やり飲みこんだ。水が無いと飲めませんけどね。それにカプセルはそんなに瞬時に解けないから、この設定はおかしいです。30分から1時間待たねば!

飲んだ泉田は死んだ。
防犯カメラの解析から涼子の姿が認められた。
死体のすり替え確認ミスを起こした。
これって、ばかばかしいくらい単純ミスで、どうしようもないアホが義太郎です。
イライラして見てます。

死体は、涼子の従姉妹だった。近所のマンションに住んでいて、よく涼子の部屋に遊びに来ていた。泉田のバッグから血の付いたシャツが見つかり、それが従姉妹のものだと確認された。泉田が、彼女を殺した可能性があった。

晴美は、ヒロシの推理で、どうして従姉妹が、涼子に間違えて殺されて、何で涼子が殺されなきゃいけないんだ?と疑問を出した。

晴美は、義太郎を責めた。刑事失格なんて言われるのが悔しくてたまらないと。
分かっちゃいるが、一番ダメな刑事との自覚があるからそっと席を立つと携帯が鳴った。
涼子からだった。
会ってもらえるかと言われた。片山兄妹、石津と揃えば尾行をまく事はかなわず、3人ひきつれて言われた場所へ到着。

向かいのビルに涼子が現れた。
山室と、泉田を殺したのは私。そう言った。信じられない義太郎。

「あいつらもともと結婚詐欺死の集団で
いろんな人をだましてたの。
姉は騙された被害者の1人だった。
お姉ちゃんはあいつらに殺されたのよ。
あんな奴ら殺して何が悪いの?殺されて
当然なのよ。あはははは・・・・」

そこへ石津が現れ金崎涼子、山室、泉田殺人容疑で動向を求める!
またよい所で出てきたが、義太郎に動きを止められて、
「あの人は犯人じゃない!」

ここで言ってしまった。
犯人は亡霊なんだよ!

所内でまた根岸に、役立たずは帰れと言われ、素直に帰宅。
片山兄妹にも責められた。
「あんなことって?」

「『亡霊が犯人だ』なんて
どうして言ったんだよ。」

「僕にはホントにそうとしか・・・
他にもそういう意見があって」

「誰が言ってんだよ
おう、今すぐそいつを連れて来いよ。」

「いや、もう、その・・」と見渡すと、ホームズがいなかった。
ヒロシが追い出した。
「俺のダンゴを盗んだ罪で。
あいつが来てからお前は前以上の
腑抜けになった。
猫だの、亡霊だのなんて言ってないで
もっと刑事の仕事しろ!
兄ちゃん情けないぞ!
オ~、なんか言いたい事あんのか?」

「んな事は分かってるよ。
言われなくったって
情けないのは自分が一番分かってる。
でもホームズは関係ないでしょ。」
そう言うとホームズを探しに行った。

猫がたむろしているところで不機嫌そうに寝ているホームズを見つけて頭を撫でるとすぐにマツコが現れた。
兄がひどくないと言われ、ヒロ兄は僕のためにやったんです。僕が情けないから。
助けに来て何て頼んだ覚えないから帰ってちょうだいと言うマツコに、帰らない、ホームズを連れて帰るまで帰らないと言い張った。
「だって、ホームズは家族だから」
この一言は、マツコを変えた。
亡霊は見つかったのかと聞いたが、いないと答えると写真を出しなさいよと不機嫌に言った。涼子の写真を貸せと言った。そしてガラスに映る亡霊を指差した。

ホームズを連れ帰り、写真を伸ばして、ガラスに映る影をズームすると相良の顔が出てきた。
走る義太郎。
追いかける晴美。
残ったヒロシに唸り声をあげるホームズ。

セミナーに行くと、教室で戸村が縛りあげられて、包丁を突き付けられていた。
晴美の叫び声に駆けつける義太郎。
相良に涼子の父親と確認した。
この男たちは結婚詐欺の集団で、沢子を食いものにし、貯金を巻き上げると、会社の金まで手を出させ、挙句に捨てた。ボロボロになった沢子は自殺した。
涼子がかばってずっと必死で逃げていると言うと、そんなはずはない、飲んだくれて、引き取ることのできない父を恨んでいるはずだと言った。涼子から借りた写真をインジェクターで大写しにし、相良が撮った最後の写真を大事に今でも飾っていると言うと、その時の状況を思い出して相良は泣いた。
そこに涼子が到着。
私の家族は、もう父だけになったと再会を喜んだ。親子は、抱き合った。

ヒロシは、ホームズにみたらし団子を差し出したが、見向きもされない。
これからひまわりでも植えようかと言っていると晴美に、ヒロ兄がホームズ追い出した事謝りたいと言われてもヒロシは素直になれない。
今回も片山家が事件を解決したってことでいいなと念を押された。
刑事の仕事に自信を持てたかと聞かれて無理無理と答える義太郎。ガラス戸越しにマツコに睨まれ慌ててホームズのご機嫌伺いを始めた。

なんと言ってもホームズ役のシュシュちゃんが、名演技です。
素晴らしいです!

*****
今までの感想は、こちら

« 《もう一度君に、プロポーズ》#01 | トップページ | 《家族のうた》★02 »

ドラマ(ま)」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~
>なんと言ってもホームズ役のシュシュちゃんが、名演技です。
ホントですよね~わたしゃ、ホームズにぞっこんです(笑)いい味出してますョ。
あのどこか不満がありそうな、義太郎を心配しているような表情が
なんともかわいい・・・
マツコに変わっても違和感ないとこもすごい(笑
私はミステリ的なアレはもうどうでもいいので、ホームズと片山家での捜査会議を楽しみに見ています(* ̄m ̄)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/54531471

この記事へのトラックバック一覧です: 《三毛猫ホームズの推理》☆02:

» 「三毛猫ホームズの推理」 第2話 家出猫はミタ!亡霊殺人事件 [トリ猫家族]
 今回はホームズ出張なかったねぇ・・ でも、知恵を授けてくれたおかげで義太郎は事件解決! 刑事として、ちょっとだけ、エヘン!な状況になれたのであります。  さて、義太 ... [続きを読む]

» 「三毛猫ホームズの推理」 第2話 家出猫はミタ!亡霊殺人事件 [トリ猫家族]
 今回はホームズ出張なかったねぇ・・ でも、知恵を授けてくれたおかげで義太郎は事件解決! 刑事として、ちょっとだけ、エヘン!な状況になれたのであります。  さて、義太 ... [続きを読む]

» 三毛猫ホームズの推理 #02 [ぐ~たらにっき]
『家出猫はミタ!亡霊殺人事件』 [続きを読む]

» 別館の予備(三毛猫ホームズ&モーレツ宇宙海賊) [スポーツ瓦版]
4月23日 三毛猫ホームズ&モーレツ宇宙海賊 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11231533297/8d1de7e3 [続きを読む]

» 三毛猫ホームズ&モーレツ宇宙海賊 [別館ヒガシ日記]
三毛猫ホームズはセミナー殺人も ダメやらかして捨てられ 事件は予想より良い展開だったし 初回に続いて良さそうな感じしたよ モー... [続きを読む]

» 三毛猫ホームズの推理 第2話 [レベル999のgoo部屋]
『家出猫はミタ!亡霊殺人事件』 内容 女性恐怖症克服のため恋愛セミナーを受講する義太郎(相葉雅紀) そのさなか、悲鳴が聞こえ、駆けつけると 講師の山室(平沼紀久)の刺殺体があった。 駆けつけた根本(尾美としのり)が、 同僚講師、泉田(龍坐)戸村(阪田マ...... [続きを読む]

» 三毛猫ホームズの推理 第2話 [emitanの心にうつりゆくもの]
第2話 「家出猫はミタ!亡霊殺人事件」 血を見ると失神する、女性恐怖症、高所恐怖症、幽霊恐怖症・・・という片山義太郎(相葉雅紀)は、女性恐怖症克服のために恋愛セミナーを後輩刑事・石津(大倉忠義)と共に受講。... [続きを読む]

» 恐怖症は治せます! [恐怖症が自分で改善できる!恐怖症完全改善プログラム]
諦めないで下さい!恐怖症は、決して治らない病気ではありません。恐怖症の改善、パニック障害やあがり症、に関連した症状について情報を集めました。 [続きを読む]

« 《もう一度君に、プロポーズ》#01 | トップページ | 《家族のうた》★02 »

最近の写真