無料ブログはココログ

« 《最後から二番目の恋》☆06 | トップページ | 《ラッキーセブン》★06 »

2012/02/18

《聖なる怪物たち》#05

『緊急オペの真実!!医療ミスか殺人か?』(あらすじ)

おなかの子の秘密を優佳(中谷美紀)に告白した三恵(鈴木杏)は「この子は私の子。絶対に渡さない」と圭子(加藤あい)に宣言し、日向家を出ようとする。その際、階段を踏み外して転落し、優佳が看護師長を務める病院に運び込まれる。当直だった健吾(岡田将生)は、帝王切開で子供を取り出すが、三恵の容体は急変し、そのまま息を引き取ってしまう。優佳は院長に、死亡した三恵について「身元不明の妊婦」と報告する。一方、何も知らない健吾は激しい自責の念に駆られ、真実を突き止めるために一人で動きだす。

cast
司馬 健吾 (28) - 岡田将生 
春日井
優佳 (35) - 中谷美紀
平井
瑶子 (25) - 大政絢 
佐藤
久美 - 富永沙織 
糸川 要次郎 (50) - 渡辺いっけい 
水原
良二 (42) - 勝村政信
茂田 - 伊藤正之 
大久保
志郎 (60) - 小日向文世
日向 圭子 (27) - 加藤あい 
日向
敏雄 (35) - 長谷川博己
有馬 三恵 (25) - 鈴木杏 
野口
鞠子 - 藤吉久美子

*****

健吾は、宿直室で仮眠を取っていた時、母の夢を見ていた。
実際は、写真でしか知らない母。

春日井のPHSが鳴った。
妹の圭子が、三恵が階段から落ちて、出血が止まらないと興奮状態でしゃべっていた。
産婦人科医のいる病院とは連絡が取れなかった。妹を叱咤しながら、三恵を大久保記念病院に運ばせようとした。さらに冷蔵庫に三恵の血液が保存してあるから、それを持って、車で、来たら、三恵と血液を下ろして、すぐに立ち去ることと命じた。

遥子が、夜食を買ってきたが、外は、雨だと教えた。
時間を図っている春日井。車が消えると、すぐに外へ飛び出した。
苦しがる三恵。

夢の中で寛いでいた健吾は、師長に叩き起こされた。
エコーで調べると、早期胎盤剥離だった。帝王切開なんて経験のない健吾。どうにかして逃れたかったが、他の病院を捜し、運んで行っても母体と胎児の安全は、望めなかった。
三恵には、何も言うなとまず釘を刺した。

結局健吾は、帝王切開を選んだ。
オペは進み、男の子が取り上げられた。師長が受け取った。このかけがえのない重さを腕に感じていた。

胎盤の剥離を進めていたが、血圧が下がり始めた。血液を貼り替えて、春日井は、それをぶら下げた。初めからそんな計画?
出血量が1000を超えた。VFが来た。カウンターショックをしても脈が触れなかった。
赤ちゃんを一人にする気かと心マをする健吾。だが、警告音は鳴り、心電図は、真っ直ぐになった。

院長が来た。警察に電話しようとするのを師長が止めた。
病院で死んだのに、何も疑問を持たないとしたら、解剖は避けられる。
これから、あの子は、どうやって圭子の手にいくのだろう。

健吾を院長室に追いやり、遥子にちょっと話があるのと切りだした。
それをドアの外からそっと窺う糸川。
師長は遥子の現金抜き取りも知っていた。それを承知である事を頼んだ。
三恵の記録を消せと。

院長は、手をこまねいていれば今よりもっと後悔したはずだ。
患者の死は、医師として避けて通れない事でもある。
肝心な事は、今日の経験をこの先どう生かすかだ。
日向グループの敏雄が全てみるからと言ってくれれば、どうとでもしちゃうでしょう。

人一人が救えなくて何が医者だ!健吾は荒れた。

敏雄が遺体の引き取りと、嬰児を連れて行った。それを見ていた健吾は、遺族に一言と追いかけたが、車は止まらなかった。
村澤医師が、圭子の実子として動くようです。

健吾は、皆に気を使われながらそれでも、工事現場でのけが人の縫合が出来なかった。
じっと手を見ていたが、糸川が声をかけた。
「なあ、若様よ。
俺の身に何にあった時はよ。
もちろん若様が執刀してくれるんだろう?
おいおい、・・・しっかりしてくれよ。
あんたこの前俺の命と向き合うって
言ってくれたよな。だったら、最後まで
ちゃんと責任取ってくれ。」

「すいません」

「それにあの患者が死んだのは、
あんたのせいじゃない。」

「糸川さんこんなところにいたんですか
そろそろ、検温の時間ですよ」遥子が声をかけた。

「へいへい、そんわけで 若様
検査結果が出たら、ちゃんと知らしてくれよ」

術中に容体が急変した患者が亡くなる。
別に珍しい事ではないでしょう。
院長は健吾がなぜあの妊婦の事を知りたいのかと訝っていた。
受診記録には何も原因が書かれていなかった。
「司馬先先、あなたの処置は見事なものだった。
胎盤の剥離 至急の縫合 これで教科書通り
子宮の収縮が起こり、出血は収まるはずだった。
しかし予想に反して出血は止まらなかった。
そのために患者は出血性ショックを起こし
死亡した。
ベテランの産婦人科医ならある段階で
術式を子宮動脈塞栓術に切り替えるか
子宮を摘出して止血を図ったでしょうね。
そうすれば、患者の命は救えたかもしれない。」

「それじゃあ、僕のせいで。・・・」

「あなたはあなたなりに出来ることを
やった。ただ経験が少なかっただけです。
今のあなたにあれ以上の措置を求めるのは
酷というものだ。」

「ご家族はその事を?」

「いいえ、言う必要はありますかね?
あの時この病院ではできるだけの事を
したんですから。」

「ですが。・・・」

「司馬先生は正しかった。
それでいいじゃありませんか。
それとも下手に騒ぎだてて君は病院を
つぶす気なのか?
悔むなら、もっと経験を積みなさい。
それが今あなたにできる唯一の事です。
話は以上です。仕事に戻ってください」

「院長」

「聞こえなかったんですか?
あなたに話す事はもうないと
言ったんです!」

まだ納得いかない健吾は、立ち合っていた看護師に遺族の住所を聞いた。事務なら知っているはずだと言われた。

三恵を火葬する前、春日井は、三恵が付けていた日誌を入れてやった。
親戚がいなかったので、本当に見送りは、春日井だけだった。

<一つの命が死を迎え
 一つの命が誕生した。
 多くのモノを犠牲にし嘘を真実に変えて
 ようやく手にした新しい命>

赤ん坊を抱く圭子。敏雄は、名前を考えなくてはと言ったが圭子は「慶」を考えていた。

会議が終わり、敏雄の元妻に声をかけた男がいた。
前にここで働いていた有馬三恵を捜していた。

健吾が聞いた住所を調べると架空のものだった。

<この身にまっとった聖なる仮面で
その命を守り続けようとしていた。>

交番の中から、声をかけたものがいた。
「確か司馬先生ですよね。大久保記念病院の。」

「ですが、どうして?」

<だが私は知らなかった無垢なるものがもつ
 その恐ろしいまでの情熱を>

遥子に大金をせびっていた男でしたね。
いろんなところに顔を突っ込んで、金だけ吸い上げるんでしょうか?
この男、警察のダニ?

真っ直ぐにしか歩けない健吾。斜めに歩けば、ぶつからないのに。

*****
今までの感想は、こちら

« 《最後から二番目の恋》☆06 | トップページ | 《ラッキーセブン》★06 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/54018091

この記事へのトラックバック一覧です: 《聖なる怪物たち》#05:

» 聖なる怪物たち 第5話 [レベル999のgoo部屋]
『緊急オペの真実!!医療ミスか殺人か!?』 内容 三恵(鈴木杏)の様子に違和感を抱きはじめた優佳(中谷美紀)は、 問い詰めはじめ、、、、ついに真実を聞き出すのだった。 その夜、三恵は“誰にも渡さない”と圭子(加藤あい)に宣言し、 日向家を出ていこうとするの...... [続きを読む]

» 聖なる怪物たち 第5話 [ドラマハンティングP2G]
第5話「緊急オペの真実!!医療ミスか殺人か!?」2012年2月16日 第2章始まる――  春日井(中谷美紀)に問い詰められ、おなかの子の秘密を告白した三恵(鈴木杏)。 「この子はわたしの子。絶対に渡さない」と圭子(加藤あい)に宣言し、日向家を出ようとする。だがそ…... [続きを読む]

» 「聖なる怪物たち」禁断の真実5三恵の子を健吾は救うも優佳の罠に三恵は亡くなり健吾は三恵の死因を調べ始めた [オールマイティにコメンテート]
「聖なる怪物たち」第5話は階段から落ちた三恵を見て気が動転した圭子は優佳に連絡してどうしたら良いのか聞くも圭子は正常な状態では聞く事ができなかった。しかし優佳の冷静な ... [続きを読む]

« 《最後から二番目の恋》☆06 | トップページ | 《ラッキーセブン》★06 »

最近の写真