無料ブログはココログ

« 《最後から二番目の恋》☆03 | トップページ | 《デカ黒川鈴木》#04 »

2012/01/29

《聖なる怪物たち》#02

「第2話』(あらすじ)

大久保記念病院に異動した外科医の健吾(岡田将生)は、1年後に自分を待ち受ける運命も知らずに、日々の仕事に追われていた。同じころ、看護師長の優佳(中谷美紀)は、日向(長谷川博己)との子を流産してしまった妹の圭子(加藤あい)から代理母になってほしいと頼まれるが、優佳には応じることができない事情があった。

cast

司馬 健吾 (28) - 岡田将生 
春日井
優佳
(35) - 中谷美紀

平井 瑶子 (25) - 大政絢 
佐藤
久美
- 富永沙織 

糸川 要次郎 (50) - 渡辺いっけい 
水原
良二
(42) - 勝村政信
茂田 - 伊藤正之 
大久保
志郎
(60) - 小日向文世
日向 圭子 (27) - 加藤あい 
日向
敏雄
(35) - 長谷川博己
有馬 三恵 (25) - 鈴木杏 
野口
鞠子
- 藤吉久美子

(健吾)<あの夜の出来事は最初から仕組まれていた。
      一つの悲劇が連鎖して 新たな悲劇が生まれる。
      あの頃僕は知らなかった。
      1年を待たず彼らの策略に巻き込まれることを…>

日向家に嫁いだ妹圭子のために、代理母を捜す姉優佳。
圭子は、姉に頼みたがった。しかし、優佳には、子宮がなかった。
昔中絶手術をしてその時子宮に傷がついて摘出したと、圭子が初めて知る事実を話した。この先優佳は、自分の子供を抱く事は無い。だから生まれてくる圭子の子供は優佳にとってたった一人の血のつながりのある子・・・新しい目標ができた。圭子の子供をつくる事。

大学病院からの紹介状を持って、患者が来た。
わき腹が、3ヶ月くらい前から痛むと言う。触診すると、かなり痛がった。
司馬は、病院に移ってから1週間も泊まりが続いていた。先輩の水原は、ここは野戦病院だから、自分のベッドでは寝られないと再度忠告した。

幼稚園では、クマさんの形のケーキが出た。理事長に話しがと有馬は廊下に出たが、園児の叫び声ですぐに戻った。卵アレルギーの、その園児は、呼吸困難を起こしていた。
母親が怒鳴りこんできた。有馬が、園に来てから事故も増えたしと、もう容赦しない勢いだった。夫の元妻が、園長で、何かと言うと、圭子と対立した。
有馬は、我が聖応育英会には向いていない。副理事長(圭子)は身寄りもなく育ったから同じ境遇の有馬をずいぶん可愛がっていたと、暗に圭子も非難し始めた。

食卓でも姑の、嫁イビリは続き、どうしても世継ぎをつくらねばならない状況だった。

健吾は、大久保病院には、腹腔鏡も無く、CT検査だけでは、紹介患者の内海の病気が分からなかった。内海は、昔シャンソン歌手だったと話しだした。肺が悪くならなけりゃ、今でも歌ってられたと懐かしそうに言った。

圭子に、有馬は、園をやめると言った。
田舎育ちの私には、馴染めなかったと言った。いつも助けてもらってと、いう有馬に、圭子もずっと味方でいてくれてと、感謝した。
天涯孤独と聞いて、圭子は、去ろうとする有馬を呼びとめた。
有馬三恵に血液型を聞いた。O型と答えた。

圭子は病院に優佳を訪ね、計画を話した。
圭子が車で来て優佳と話しているのを入院患者の糸川が見た。

帰宅した日向が有馬を見た。園を辞めることになり、しばらく、圭子のそばに置きたいと話す。
優佳が、圭子とともに日向の家に来た。
優佳が、有馬に代理出産を言葉に出した。
そのために親切にしたのかと、準備金300万円もほうってその場から消えた。
優佳は、ユックリ話すと圭子をひきとめた。

内海は、病院の前で痛みのためにしゃがみこんだ。
健吾は、院長に直談判したが、結局ムンテラに、師長も立ち合わせろと忠告。

ラ・メール は良い曲だったと内海に話し、痛みを取り除くためには、手術が必要と言って、承諾を得た。

院長が前立ちで、健吾がオペした。想像通り虫垂ガンがった。
無事終わり、廊下で、遥子と会った。「ラ・メール」のCDのお礼に食事を誘った。
帰りに、翌朝早いのでしょうと言われたが、遥子に誘われて、部屋まで行った健吾・・・
遥子は、患者が医者に渡す封筒入りの現金をロッカーに入れてしまう女だった。

夜中に敏雄を海に呼び出した優佳。
「『海』と『母』はつづりは違うけど
おんなじ メールと発音するそうですって。」

「母?・・・何がおっしゃりたいんですか?」

「海の話しをしているのだけです。
もし、この海で子供が泳いでいても
誰も気が付きませんね。」

「当り前でしょう」

「そう。誰もいない海なら誰も気がつかない」

「代理母の事を言ってるんですか?」

「海の話です。真っ暗な海を見つけます。
そこに何が浮かんでいても誰も気づかない。
暗闇の中の海を見つけます。」

「全て秘密裏に進めると言う事ですか?」

「あなたは自分と圭子は聖職者だとおっしゃった。
だったら、そも仮面をかぶり続ければいい。
秘密を知ってる者が口を閉ざしてさえいれば
秘密は永遠に守られる。
秘密と嘘は権力者の特権。
いずれ日向家を背負って行くあなたが
こんな小さな秘密におびえる事はないんです。
何かあった時は、全て私が引き受けます。」

「お義姉さん・・・」

「おねがいします。」

「真っ暗な海か・・・。」

優佳に、あんなに密着して談判されたら、くらくらっと返事しますね、きっと。

日向家では、ベビー用品を落ち葉とともに燃やそうとマッチを擦った圭子に、三恵が、駆け寄った。
「燃やしたらダメです。」

「三恵さん・・・」

「これから必要になるのに・・・」

「え?」

「圭子先生が、周りから非難されても
理事長への愛を貫いていた事
私はずっと見ていました。
心から愛する人の子供を
命に代えて産みたいと思うのは
女性として・・・
母として当然だと思います。
私・・・圭子先生の子供産みます」

「三恵さん・・・・」

三恵は圭子をハグした。
「元気な赤ちゃん産みますから」

「ありがとう。ありがとう!ありがとう!」

優佳は、
「一連の計画を極秘で進めるための
産婦人科医を敏雄さんが見つけてくれたわ。
都内のはずれにあるクリニック」

村澤先生は、生殖医療の最前線
アメリカで学んで帰国したエキスパート。
敏雄さんが多額の融資をして完全に口は封じてある。
圭子の卵子の細胞質の中に直接敏雄さんの精子を入れて
受精させ数日間培養して、三恵さんの子宮に移植する。・・・

内海が退院した。
「私 ここにきて若返ったかもしんないよ。」

「どうしてですか?」

「こんな若い坊やにさお腹触られまくったから
ありがとう、おかげで命拾いしたよ。先生。」

内海は投げキスをしてじゃあねと退院して行った。

大衆酒場でビールを飲みながら待つ遥子。
医者に渡すはずの金が遅れてきた男平井邦夫の手に渡った。
中身を改めもう少しとせがむが、これが精いっぱい、いやなら返して。
それでも猫撫で声でもう少し頼むよ。
お前だったら医者の1人や2人たらしこむの事くらい簡単だろ?
もう当てにしないでと突っぱねるが、俺とお前の仲だろうが

<女はいくつもの顔を持つ
 誰かを欺くために>

圭子は、三恵を連れ、
これからここが三恵さんのおうち

お腹を触っていいかと言って、顔を寄せ、私の赤ちゃんと言った。

<女はいくつもの顔を持つ
 したたかに生きるために
 女はいくつもの顔を持つ
 ただ愛のために
 女はいくつもの顔を持つ
 何かを守るために>

師長にけが人の処置を頼まれ、先輩の詰問から逃げられた健吾。

<その時僕はまだ知らなかった
 彼女の優しい仮面の下に
 もう一つの顔が隠されている事を>

思わせぶりが多すぎと思いませんか?ここに出てくる人は1人として普通の感覚ではないと思います。その中で、自分の居場所を確保するために、どうしたらいいかと、考えて、の行動だと思うんですが、無いものねだりはいけませんね。それをまた押しまくられて乗ってしまうから、まあ、ドラマになるんでしょうね・・・

*****
今までの感想は、こちら

« 《最後から二番目の恋》☆03 | トップページ | 《デカ黒川鈴木》#04 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/53853005

この記事へのトラックバック一覧です: 《聖なる怪物たち》#02:

» 聖なる怪物たち vol.2 [Refreshing-wind-blows※別館※]
 聖なる怪物たち (文庫) (文庫) / 河原れん価格:630円(税込、送料別) 聖なる怪物たち 公式HP 第2回 【あらすじ】 子どもを産めない体になってしまった圭子(加藤あい)の願いを聞き入れ、代理出産への準備を始めた優佳(中谷美紀)。優佳に産んで欲しいと思っ... [続きを読む]

» 聖なる怪物たち 第2話 [ドラマハンティングP2G]
第2話「母親のお腹を盗む女」2012年1月26日  子どもを産めない体になってしまった圭子(加藤あい)の願いを聞き入れ、代理出産への準備を始めた優佳(中谷美紀)。優佳に産んで欲しいと思っていた圭子だったが、思いもよらない告白を聞くことに…。だがその後、圭子はあ…... [続きを読む]

» 聖なる怪物たち 第2話 [レベル999のgoo部屋]
『母親のお腹を盗む女』 内容 子供が産めない体となってしまった圭子(加藤あい)は、 姉・優佳(中谷美紀)に代理出産して欲しいと提案する。 夫の敏雄(長谷川博己)は、“聖職者”として法を犯せないと言い切り。 全ては終わったかと思われたのだが。。。。 優佳は、...... [続きを読む]

» 「聖なる怪物たち」禁断の真実2優佳の説得で圭子は代理出産の母を見つけ優佳は敏雄の説得に成功し体外受精した [オールマイティにコメンテート]
「聖なる怪物たち」第2話は代理出産をして圭子の子を産ませる事を決意した優佳は圭子に代理出産の説明を圭子にした。そこで圭子が優佳が自身が子供を産めないからだという事を知 ... [続きを読む]

» 聖なる怪物たち【第2回】テレ朝木9 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
母親のお腹を盗む女  「敏雄さん、『ラ・メール』ってシャンソンご存じですか??『ラ・メール』はフランス語で『海』。フランス語で『海』は女性名詞。『海』と『母』はつづりは違うけれど、同じ『メール』と発音するんですって。……海の話をしているだけです。もし、この海で子供が泳いでいても、誰も気が付きませんね。そう、誰もいない海なら誰も気付かない。……海の話です。真っ暗な海を見つけます。そこになにが浮かんでいても誰も気付かない。暗闇の中の海を見つけます。あなたは自分と圭子は聖職者だとおっしゃ... [続きを読む]

« 《最後から二番目の恋》☆03 | トップページ | 《デカ黒川鈴木》#04 »

最近の写真