無料ブログはココログ

« 《デカ黒川鈴木》#04 | トップページ | 《ストロベリーナイト》★04 »

2012/01/31

《ラッキーセブン》★03

『女結婚詐欺師を追え!』(あらすじ)

探偵社に来た新たな依頼人・箕輪(東根作寿英)は、婚約者・紗己子(紺野まひる)が母親から結婚詐欺師ではないかと疑われているため、彼女のことを調べてほしいという。淳平(大泉洋)や駿太郎(松本潤)らが詳細を聞くと、箕輪は紗己子に母親の治療費として500万円も渡していた。

cast
時多 駿太郎松本潤
新田 瑛太
水野飛鳥仲里依紗
淳平大泉洋
茅野 メイ入来茉里
筑紫 昌義角野卓造
藤崎 瞳子松嶋菜々子
桐原 由貴吹石一恵
後藤 将司金田明夫
時多 孝次郎小山慶一郎NEWS
時多 翔太:後藤奏佑人(子役
時多 百合子岡江久美子
真壁 リュウ谷原章介
*****

朝から淳平が、北品川署の桐原に、デートのお誘いをメールにするかどうしようかと、うじうじ悩んでいた。飛鳥、駿太郎、茅のたちに散々いじられていたが、輝が送信ボタンを押してしまった。
騒いでいるところに、筑紫が依頼人を案内してきた。
調査の対象は水沢紗己子さん。こちらの箕輪さんとは結婚の約束をしていたがご両親は結婚詐欺だと疑っている。
彼女のお母さん、難しい病気なんです。それで500万ほど用立てたと話した。
最後に会ったのは1か月ほど前。顔写真も、無いし、住まいも分からない。
完全にカモられていた。

筑紫は、調査員を指名する時、チエミが、また逃げたと、電話が入り、駿太郎だけ、捜す係に命じた。
料理学校へ潜入したのは、淳平と輝。輝にぶつかった女が「水沢」と名札を付けていた。
他の生徒に、水沢の事を聞く淳平。「サトル」と言う男が、でれでれと水沢に付きまとっていた。輝は、かなり料理の腕が上だったので、周りに女性群が群がっていた。

チエミをやっと捕まえて、戻ってきた駿太郎は、さっき話が出た料理教室の前に来ていた。外から様子が見える作りになっていたので、犬のチエミを抱き上げて輝たちを捜していたが、またチエミが逃げた。しかし、ベンチに座る小学生に懐いていた。チエミは、その子に連れ去られた。必死に返してと追いかけた駿太郎は、不審者として通行人のおばさんたちと、婦警に追いかけられた。それでもマンションの1室に消えたのを確認した。

翌日、チエミはまだかと催促され、しょうがなく昨日の1室のブザーを鳴らした。
そこで駿太郎は、女から便利屋さんだと思われて、用事を言い使った。
犬とともに、子供まで付いてきた。

探偵社の前で、待ってろと言ったが、勝手に中に入ってきた。
この子がなかなか毒舌で、社内の全員を不愉快にさせた。
頼まれたんだからと、言う駿太郎は、テーブルと、ボードに張られた写真を見てびっくりした。
「ちょっと、これって、あの子の母親!」

「え?」

「ちょうどいいじゃない。よろしくね」
そう社長に言われた。

紗己子、本名岡本紗江に託されたのは、弥生。
遊園地に連れて行くように言われたが、弥生はちっとも楽しそうではない。
全て会話は無視されたが、幾つだと聞く駿太郎に
「きょうで、10歳」と答えた。今日が誕生日なので、どっか連れてってくれとお母さんが言ったんだと、駿太郎はガテンがいった。
「10歳おめでと。」「別に」そう答える弥生は可愛くなかった。乗り物全てを拒否し、駿太郎は一人で乗ったが、つまらなかった。遊園地って人と楽しむもんだと、怒ってきた駿太郎。

岡本は、ばっちり決めて外出。
後をつけた輝と淳平。
今度も料理で釣った、サトルだった。
しかし、詐欺に失敗し、怒って席を立ったサトル。
後をつけた淳平に気付いて立ち止まった岡本。淳平はすぐに見破られた。
「返す気の無い金を借りるのは
詐欺ですよ」

「詐欺?私が?」

「男の愛情や、善意をお金に換えて
だまし取って 心が痛んだりはしませんか?」

「彼らの理想の女を演じて
ハッピーにしてあげて
その報酬をもらってるだけよ」

「報酬?!」

「彼らだって誰でもいいのよ。
それなりに綺麗で優しくて
自分の事を好きだって言ってくれる
女ならね」

「そんなに単純な男ばかりじゃない」
そう言う淳平を押して、木の根に座らせると、すぐ鼻の先で
「男なんて、単純な生き物だと
思うけど」そう言ってさらに顔が近付いて淳平もその気になった。
ふいと顔を離した岡本は
「これ以上付きまとったら、ストーカーで
訴えるわよ!」

「今ドキっとしたでしょ?」輝に言われて「してねえよ」
別の班の筑紫と飛鳥が尾行を変わった。岡本は、銀行に入った。

遊園地ではうちとけない弥生だったが、駿太郎の問いに少しずつ答えるようになった。
遊園地に一緒に行こうと母と約束したので、弥生は乗りたくなかった。
今を楽しまないでどうするんだと、立ち上がった駿太郎。すぐに閉園時間を知らせるアナウンスが聞こえて来た。弥生を急がせた。
やっと見渡せる回る乗り物に乗れた。
笑えよ、その方がお母さんみたいにきれいに見えるぞ、そう言う駿太郎に
「前は自慢だった。お母さんの事」

「今は?」

「おかしくなっちゃったんだ。
お庭の桜が見たいって
私が言っちゃったから」

「庭っておまえんちアパートじゃん」

「あ、飛行機雲!」
夕陽にとてもきれいだった。

弥生を家に連れ帰り、弟にケーキを買わせ、翔太たちと、食べた。疲れて弥生は翔太とこたつで寝てしまった。
母の百合子は、
「ねえ、続いてるじゃない、仕事」

「え?
まだ1カ月もたってないっつうの。」

「向いてんじゃないの?」

「どうかな?
見たくもないようなもん
結構見るしね。」

「そう」

「気付いてないだけでさ
ホントはそこら中に落ちてんだよ」

「落ちてるって?」

「悲しい事とか」
弟が帰ると言った。ケーキありがとうなと駿太郎が言うと、兄貴に礼言われたと、親子で驚いていた。

「全部の悲しいことなんてさ
神様じゃないんだもん
どうしようもできないわよ。
死んだお父さん、言ってたっけ
『人が守れるのは半径3m
なんだって』」

「半径3m?」

「うん。
うちの中、会社のオフィス
うーん、何かあった時手が届く範囲。
それすら守れないやつは何もできないってね。
この子のお母さん、娘の誕生日なのに
どうしちゃったんだろうね。」

紗江は、缶を出し、自分の財布から一万円札を数枚その中に入れた。

箕輪に報告
紗己子は偽名で子供まで居ると知り仰天!
両親ともに亡くなられているので母親が病気と言うのも
ウソだった。
「水沢紗己子。
正しくは岡本紗江さんは自分の実家を
買い戻そうとしてます。
岡本紗江さんは、娘の弥生ちゃんが生まれてすぐに
離婚をして、その後は亡くなったご両親の家で
暮らしてました。」

「それが去年、紗江に恋人が出来まして
しかしその男が借金を残して行方を
くらまして連帯保証人だった彼女には
負債だけが残りました。それで家を抵当に
取られたようです」

「競売にかけられるより前に
銀行から直接買い戻そうとしているみたいです。
債務者は、競売に参加できませんからね。
大丈夫ですか?」

「あ、ホントはうすうす分かっていたんです。
騙されてるんじゃないかって。
でも事実だって分かるとやっぱりショックですね。」

どうしてそこまでして家を買い戻すのだと皆が思っていた。
駿太郎は、弥生が庭の桜を見たいと言った事で事件が起きて、弥生は後悔していたと話した。
皆の所に出てきた社長が、辛いわね、あの母親とつぶやいて自室に消えた。駿太郎は、カッと来た。瞳子は、理解できると言う事から始まると、駿太郎に教えた。
彼女が何を考えてて、娘が何を考えているのか。あなたどう思う?
「そりゃ弥生は、誕生日に自分をほったらかす親は
嫌だと思います。」

「なら、ほっとけば、
離れ離れになってもいいんじゃない。
あなたはどうしたいの?」

聞かれて、駿太郎は、言葉が出なかった。

弥生は、母が、あと150万を工面するために、猫撫で声を出して電話しているのを聞いて、戻った家をそのまま抜け出した。川の横の遊歩道にあるベンチに座り、何か出していた。駿太郎も、考えながら歩いてきた。
「テストの答案だろ。
何点取ったんだ」と言いながら、後ろからピンクの紙を取ると、『10年後の私へ』と印刷されていた。駿太郎は黙って、読みだした。
「弥生、自分で守れ、
お前の半径3m」
そう言って、駿太郎は弥生を連れて、ラッキー探偵社へ来た。
弥生の依頼を、受ける事になった。

岡本が、この期に及んでも、金をかき集めたい気持ちが分かるから、箕輪に来たメールに、了解と出してくださいと言った警察。待っている箕輪に駿太郎が近付いた。弥生が一緒だった。
手にはしっかり缶が握られていた。

岡本が出したメールを横取りする感じで、淳平が待っていた。
「箕輪和則は今、西口のレストランにいます。」

「どういう事?」

「待ち合わせ場所を変えさせてもらいました。
あなたの携帯からメールしたんですよ。
箕輪さんも、まさか娘さんの送った
偽のメールだとは思わなかった
みたいですね。
メールってのは、顔が見えませんから」

「弥生を使ったの?」

「その弥生ちゃんからの依頼なんです」
そう言って、ピンクの紙を出した。
『10年後の私へ』
4年2組岡本弥生
10年後の私へ。
ハタチのあなたは何をしていますか?
幸せに暮らしてますか?
どこに住んでますか?
私は今の家が好きです。
狭いけど、いつもお母さんの近くに
いられるから好きです。
前にお母さん言ったよね。悲しい事があっても
2人なら大丈夫だよって。もう忘れたのかな?
今度は私がお母さんに言ってあげたいです。
2人なら大丈夫よって。
10年後私とお母さんはどうしてるかな。
2人で幸せならいいな。

缶をテーブルに置いて、お母さんが取ったお金です。
私のためだったんです。
ごめんなさい!
そう言って、頭を深々と下げた。

作文を呼んだ岡本は、泣いた。
淳平が立ち上がるとそこに弥生がいた。
「家なんていらない!
桜もいらない!
お母さんはそれじゃダメなの?」
そう言って弥生は泣きだした。
母は、慌てて立って、弥生を抱きしめた。
「ゴメン弥生。」

北品川署に淳平が行った。
桐原を、遊園地に誘っていたが、後藤が、箕輪和則本人が金も戻ったしと言って被害届を取り下げたと教えた。
それを聞いて満足げに戻った。
桐原は
「私たちには出来ない事ですねよネ。
逮捕者を出さずに事件そのものを
解決するなんて事。」

「余計な事考えんな
俺たちは、犯人を捕まえる。
それだけだ」

「はい」

橋の上で、弥生は、簡単に捕まったよとチエミを駿太郎に渡した。
確かに以来の報酬頂きましたと駿太郎は言った。

「お母さん良かったな、」

「まあね」

「可愛くねえな」

そこに紗江が呼びに来て2人で手をつないで先へ行った。
なんだという顔してチエミをひいていく駿太郎。互いの距離が開いた時
「駿太郎!」
呼ばれて、振り返った駿太郎は、ニッと笑って、ありがとうと言った弥生を見た。

後ろから来た飛鳥が、あのコ笑うと可愛いじゃないと言った。
しょうがない、飛鳥って呼んでいいと許可をもらった。

すっかり仲間になった、駿太郎、笑顔で歩きだした。
「俺の半径3mか・・・」

出勤して瞳子に、ありがとうございました。と礼を言った。

姿が見えない輝は、ずっと潜伏して窓から望遠で女将を狙っていた・・・

三田さん、からみると、あまり目立たない瞳子です。
駿太郎は、まだ目立ちませんね。
私は、花男が強烈であれは、魅力がありました。

*****
今までの感想は、こちら

« 《デカ黒川鈴木》#04 | トップページ | 《ストロベリーナイト》★04 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

cafeソラさん。
こんにちは。

>瑛太の役ちょっと不良っぽい感じのとこが好きです
一話の松潤に回し蹴りw
あれはかっこちょええっておもいました

2人とも体を絞って、なかなか見ごたえがありましたね。
輝に負けっぱなしの駿太郎じゃ、悲しいですね。
頑張れ!

>つぎは瑛太の役中心の話になるそうなので
ちょっとたのしみです

>関係ないかもですが
mariさんは
今期は何個ドラマ見てるのですか?

え~と、月ーラッキーセブン、火ーストロベリーナイト、ハングリー、ティーンコート、水ーダーティママ、木ー最高の人生の終わり方、聖なる怪物たち、最後から二番目の恋、、デカ黒川鈴木、金ー13歳のハローワーク、土ー理想の息子、日ー早海さんと呼ばれる日、運命の人。のはずでしたが、とても不可能な状態で〈笑)記事アップしているのの他は、重たいのは、省いています。

録画していたラッキーセブン1~3話見ました
瑛太の役ちょっと不良っぽい感じのとこが好きです
一話の松潤に回し蹴りw
あれはかっこちょええっておもいました

相変わらず紺野まひるはゲスト役が多い気がw
ドンキホーテで一応レギュラー出演だったけど

つぎは瑛太の役中心の話になるそうなので
ちょっとたのしみです

関係ないかもですが
mariさんは
今期は何個ドラマ見てるのですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/53872632

この記事へのトラックバック一覧です: 《ラッキーセブン》★03:

» ラッキーセブン 第3話〜紺野まひるの「結婚詐欺」を赦しちゃいました。 [世事熟視〜コソダチP]
月9「ラッキーセブン」第3話 20時台に『ステップファザー・ステップ』を見てしまったので、『ラッキーセブン』が凄く華やかで面白く感じられました。 −◆− 今回は、松潤に比重のかかったエピソードでしたね。 瑛太と松潤を交互にメインに据えるのかな?? 小生は瑛太メインの方が面白いと思うけど、まあ仕方ない。 あと、松嶋菜々子のセリフが徐々に増えてきて《お飾り》状態を脱する方向が見えてきたかなぁ・・・。 でも、まだまだ松嶋菜々子の使い方に確たるものが無いなぁ・・・。 −◆− さて、... [続きを読む]

» ラッキーセブン #03 [ぐ〜たらにっき]
『女結婚詐欺師を追え!』 [続きを読む]

» 氷の天使のような愛おしい骨のある娘(松本潤) [キッドのブログinココログ]
まあ・・・元ネタはキャロル・オコンネルである。このミステリーがすごい!的なベスト10で・・・何故か、冷遇されるマロリー・シリーズ。なにしろ・・・一部愛好家を絶対に許さないヒロインだからな・・・ミステリ界にはかなりの一部愛好家が潜在しているので・・・そういうことかもしれないな。 とにかく・・・2011... [続きを読む]

» ラッキーセブン 第3話 [emitanの心にうつりゆくもの]
第3話 「女結婚詐欺師を追え!」 あれっ? アクションシーン・・・ [続きを読む]

» ラッキーセブン 第3話 [レベル999のgoo部屋]
『結婚詐欺師を追え』 「女結婚詐欺師を追え!」 内容 ラッキー探偵社に、結婚相手・水沢紗己子という女性を調査して欲しいと 箕輪和則(東根作寿英)という男が現れる。 結婚はしたいのだが、紗己子の母が病ということで500万を渡しているという。 そのことで、箕...... [続きを読む]

» ドラマ「ラッキーセブン」第3話あらすじ感... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
結婚詐欺------------!?結婚を考えている女性の身辺調査をして欲しいとの依頼がラッキー探偵社に舞い込んでくる。彼女の母親が難しい病気だとかでその男性・箕輪は500万も貸しているそ... [続きを読む]

» 「ラッキーセブン」7人の個性派探偵ファイル3結婚詐欺の母親を止めてと依頼された駿太郎は少女の想いを母親に伝え被害金額を返却し解決させた [オールマイティにコメンテート]
「ラッキーセブン」第3話は結婚詐欺を疑う男性がラッキー探偵社に訪れ、早速調査を開始する。しかし対象の女性の警戒心が激しく尾行すら撒かれてしまう。そんな中駿太郎は犬の世 ... [続きを読む]

» ラッキーセブン「結婚詐欺師を追え」 [のほほん便り]
ラッキー探偵社に、結婚詐欺疑惑で依頼。でも、なぜか各メンバーは、それなりに任務を与えられて奮闘する中、かぎりなく雑用… 犬の捕獲&子守とを押し付けられた感の駿太郎(松本潤)がキモ部分に行き着いた顛末が「さすが、主人公!」とウケてしまったのでした (^。^*) 今回も、アクションは封印の感で、メンバー全員が、それぞれの個性で見せ場の感でしたね。 なりゆきで、偶然、事務所に連れてきたチビちゃんに毒舌吐かれ、ひとりひとりが大人げなくキレる場面のユーモアに、なぜかキムタクの「HERO」を思... [続きを読む]

» ラッキーセブン 第3話 [ぷち丸くんの日常日記]
北品川ラッキー探偵社に、婚約相手を調査してほしいと、箕輪(東根作寿英) がやって来る。 箕輪は、母親が病気だという婚約相手の紗己子(紺野まひる)に500万円もの 大金を渡したために、彼の母親が結婚詐欺を疑っているという。 さらに、箕輪は紗己子の写真も持っておらず... [続きを読む]

» ラッキーセブン 第3話 「女結婚詐欺師を追え!」 [昼寝の時間]
公式サイト 簡単に感想のみ書きます。 前回までとはガラっと変り、所謂いい話でした [続きを読む]

» 「ラッキーセブン」第3話 [またり、すばるくん。]
3「女結婚詐欺師を追え!」 視聴率15.2%  [続きを読む]

» ラッキーセブン 第3話 [ドラマハンティングP2G]
第3話「結婚詐欺師を追え」2012.1.30 MON ON-AIR ラッキー探偵社に、結婚を約束している相手を調査してほしいと箕輪という男性がやってきた。調査対象は水沢紗己子(紺野まひる)、母親が病気だという彼女に金を渡したため、箕輪の母が詐欺を疑っていると言う。その金が5…... [続きを読む]

» 2012年冬ドラマ、どれを観続けるか決めました♪(o^-^o) [ひろくんのほのぼのコラム ( ^_^)_∀]
 『白戸修の事件簿』を最後に、冬ドラマはすべて出揃いました♪(o^-^o)  と [続きを読む]

» ラッキーセブン mission3:女結婚詐欺師を追え! [あるがまま・・・]
かわいくな〜いo(-ε-o)ブーブー 今回は初めて松潤が主役らしく目立ってたけど、子役ちゃんがかわいさに欠けてたせいで(おいっ!)、 何かイマイチだったなぁ。 だけど、最後に「笑ったらかわいいじゃん」みたいなセリフがあったので、あの可愛い気の無さは 狙いだったんだろう...... [続きを読む]

« 《デカ黒川鈴木》#04 | トップページ | 《ストロベリーナイト》★04 »

最近の写真