無料ブログはココログ

« 《ストロベリーナイト》★01 | トップページ | 《最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~》★01 »

2012/01/12

《ダーティー☆ママ!》#01

『最凶子連れ刑事登場ルール無視!情け無用不謹慎捜査』(あらすじ)

幼い息子を一人で育てる敏腕女性刑事・丸岡高子(永作博美)と、彼女に振り回される見習女性刑事・長嶋葵(香里奈)が、強引かつ豪快に事件を解決しながら、本当の幸せを探すコメディー。原作・秦建日子、脚本・白木朋子ほか、演出・南雲聖一ほか。 警察官の葵(香里奈)は、交通課から刑事課に仮配属される。彼女の指導担当である高子(永作)は、いつもベビーカーに息子を乗せ、捜査に同行させていた。高子と葵は、ひったくり事件を調べることに。被害者は金融会社に勤務する幸代(西田尚美)で、彼女の話によると、2人組の外国人に背後から襲われ、バッグを引っ張られたが、彼らは何も取らずに逃げたという。幸代が勤める会社を訪れた高子と葵は、社長室に入ろうとしたところを社長の三宅(児嶋一哉)に追い返される。翌日、幸代は犯人が日本人だったと証言を翻す。高子は、幸代が三宅に脅されているのではと疑う。

cast

丸岡高子(永作博美)
長嶋葵(香里奈)

佐々木卓也(上地雄輔)

*****

海か、川に近い倉庫。
そこに車が1台ついた。
何もない床に縛られさぐつわをされた男が横たわる。
車から降りた男は、タバコをくわえ近付いた。襟章を取り、黒人が灯油を男にかけだした。抵抗したくても声が出ないし、体は、もごもごしているだけだった。

初めの男がタバコに火をつけた。うまそうに2,3口吸うと、そのまま目の前の男に投げた。
火は燃え広がり、男はさらに叫んだ。

グラウンドで、ソフトボールの試合。
交通課の長嶋は、剛腕のピッチャー。彼氏の卓也も三振に取った。
ダッグアウトでそれをみていた3人。大野(佐藤二朗)、深沢(八嶋智人)白戸(安田顕)。
長嶋を呼んだ。
「君は子供が好きか?
近いうちに結婚出産の予定は?」

「え・え~と・・・」そう言いながら卓也の方を見た。彼もしどろもどろ。
「結婚と出産の予定はまだありません。
子供はわりと好きです。」

「長嶋葵。刑事課に移動を命ず。」(深沢)

「え?」

「女性の警察官では異例の大抜擢だ。」(大野)

「僕たちと一緒に働いてみるきある?」(白戸)

「あ!はい、よろしくお願いします」

「うん、じゃあ明日から来て」

「え?」
何が何だか分からいまま葵は刑事課へ出勤。
すぐにコンビニ強盗追跡となった。
路上で走り出したが、途中で息が苦しくなりぜーぜーしていると、階段に血液痕が見えた。
付近の捜索を始めた。コートを脱いで、路地に行くと、犯人が突然現れ、コートをはさんで、引っ張り合いになった。そこに応援が2手に別れて現れたので、犯人は、葵を後ろから抑えて、首に刃物を付きつけた。刑事課の連中は、一斉に拳銃を構えた。
殺気立っている現場に、ソバージュで、ベビーカーを押した女が現れた。葵は来ないでと叫んだが女はベビーカーをフタして、くるっと回って何か男に投げた。腐らせた卵。鼻が曲がりそうに臭かった。戦意喪失の犯人は、いとも簡単に逮捕された。
刑事課では、葵は、臨時枠。仮採用。
最終的な合否は指導担当の者が決める事になっていると深沢から言われた。
ベビーカーを押して「はいこれ」と報告書を渡して自分の席に着いた。
彼女が丸岡高子主任。そう紹介を受けた。
検挙率はダントツだから、しっかりついて行ってくださいとも言われた。
刑事課主任高子には、まずは刑事の基本。後をついて行くと、紙おむつの当て方が始まった。
検挙率ナンバーワンだが、刑事課にはやり方がきたない高子を批判的に見ている輩がかなりいた。

何も聞かされていなかった葵は、ミルクと言われて、缶を落としたり、トロさを露見。
すぐにひったくりの通報があり、高子は、もう子供の橋蔵を連れて出た。深沢は、葵にコートとバッグを渡して、頑張れよと一言。高子に言わせると、このベビーカーは防弾の特注品だと胸を張られた。

病院に着いた。葵は、高子に、保育園に預けないのかと聞いた。
保育園を知っているかと聞かれた。
「朝7時から夜7時までで、月5万7千円
熱が出たらすぐに呼び出される。
子供が熱出したからっていって
犯人追うのをやめられる?
困った時は ベビーシッター雇うとして
深夜 早朝は2080円。
残業月100時間に抑えたとしても
一月20万8千円。保育園代と合わせて
26万5000円。あんた払える?」

「でも、捜査に連れて行くよりは
安全・・」

「子供にとって一番安全なのは
母親の側。」

ひったくりで怪我をした人の病室に着いた。
卓也が、医者と話していた。
葵は慌てた。
廊下で初日どう?と聞かれた。

高子は、卓也にコーヒーを買ってきてと追っ払った。
被害者は、橋蔵を見てた。普段は母が見てくれているがと高子は口から出まかせ。

被害者の幸代は、田町にある取引先に届けモノをして帰り道、いきなりバッグを引っ張られて必死に抵抗。それで諦めたのか結局何も取らずに逃げた。
おそってきたのは2人組の外国人だったんですね。

黒人と白人の若い男性だった。

2人の特徴は、黒人はドレッドみたいなもわもわした髪で、鼻から耳にチェーンをしていた。
白人は、スキンヘッドで、首にタトゥーをしていた。漢字で「台所」と読めた。
「すごく怖かったんですけど、なにか
それが目についちゃって」
詳細な情報を貰った方が、犯人の確定が、早くなります。そう言った。
勤務先は『ワールドマネージメント』経理課だった。
しかし幸代は、今日の事は会社に黙っていてもらえないかと頼んだ。
社長に迷惑がかかる事なので。そう言って濁した。

廊下で卓也にあった葵。初出勤のお祝い何がいいと聞かれた。2人でこの間見たのと言われて葵は良いの?と聞いた。あのお店に8時と約束。高子は、他人が幸せなのは、気に入らないタイプらしい。
高子の携帯が鳴った。舌打ちして卓也に買わせたコーヒーを葵の足元に投げ捨てた。

携帯は香山とあった。
笑顔をつくって
「まずは、責任という言葉を知らずに
社会に出られた息子さんの教育の方を
優先なさってください。
橋蔵の父親は大輔さんです。
大輔さんとお話がしたいと言ってるんです。
父親と母親が子供について話をする
その程度の事がどうして難しいんでしょう?
私は裁判でも、DNA型鑑定でも何でもします。
責任を取ると言う事はそういうことですから。
では御機嫌よう」

「大変ですね、DNA鑑定とか裁判とか」

「普通でしょ。いくよ!」

「どこに?」

「『ワールドマネージャパン』」

「だって、『黙ってて』って」
そんな葵にお構いなしで動き出した高子。

ワールドマネージャパン の受付で、高子がFXについてクレ-ムをつけた。
大声で言うため、すぐに案内された。部屋にあったパソコンから経理関係のgファイルを呼びだした。
長嶋に、ドアの前に立てと命じた。
ファイルは、パスワードで守られていた。USBで、撮ってる間、人が来たら貧血で倒れろと命じた。
足音がした。「貧血」と言われた。

コピー完了し、高子はドアを叩く警備員に、用意したのは、筋肉だけ鍛えてるから、頭に血が回らないで時々倒れる女と、授乳中の女。
さらにさっきの説明会は、素敵だったと、いい、社長の生年月日を聞き出した。
署に戻ってから、それらを組み合わせて入れてもパスワードにはならなかった。

さらに葵に橋蔵を入浴させた。葵はまだだから当然卵の腐った匂いは取れない。
行くよと言われて韓国料理の店に連れて行かれた。
食べられるときに食べて眠れるときに寝ておくのが基本だと言った。
葵は、今日の冨田のひったくりは、何が目的だったのだろうと、聞いた。
黒人と白人のひったくりは、単発だった。冨田のペンダント覚えているかと聞いた。
橋蔵が、きらきらしたのが好きと、遊ばせてもらったヤツだ。あれはUSBだった。
病室でコピーしたが、パスワードでロックされていた。
社長室のパソコンにも同じ名前のファイルがあったと言った。ちんぷんかんぷんな葵。
店のムツミが来た。高子に、ドレッドの男は六本木のクラブの音じゃないかと情報を渡していた。
ムツミに、カレンダーにしるしをつけて、渡すと、ムツミからは、金のはいった封筒が渡された。いっせい摘発の横流し?捜査費用だと言った。

夜は、橋蔵を寝かしつけろと言われた。資料室で・・・

やっと寝かしつけたのが10時過ぎ。
高子が顔を出した。そこで帰ろうとするが、これとホテルの名刺を渡された。
そんないいですよと、葵は全く別の事に感じていた。
まったく違って張り込めというものだった。
ドレッド男がクラブ帰りに良く行くホテルだから変装してるかもしれないからくまなく観察しろというものだった。

朝まで立って寝ていた。お掃除のおばさんが、「お譲さん、電話!」と教えてくれた。
ひったくりの犯人が自首してきたから、冨田を連れて来るようにとの指示だった。

日本人の首に台所とたタトゥーが入っていた。
頭がアフロで、鼻から耳へのピアスはあったが、冨田はそれを見てこの2人組ですと言った。黒人と白人の証言を翻した。
玄関で、冨田を見送ると、すぐに社長の車が迎えに来たのを見て追跡が始まった。
車は冨田のアパート前に止まって、降りた。
表札は母子のものだった。

高子は、不正入手したコピーを調べてと、深沢に渡した。周りはうんざりしていた。
冨田がひったくりの証言を変えたのは、おそらく社長と何か取引をしたと言った。
冨田は告訴しないと言っていた。だからガサ入れも、出来ないし、社長との間の取引もなんの証拠もなかった。

そこに社長と弁護士が来た。
あれだけ騒いだから、すっかり顔がわれていた。
高子の誠意ある謝罪をと言ってきた。

そこに事件を知らせるアナウンスがあった。
江東区木場1丁目の先 東京湾で男性の死体を発見。
死体は焼かれている。
現在木場ジョウトウ病院に搬送中・・・

下を向いて動かない社長を観察し始めた高子。
「どうかされました?」

「いや、あなたから謝罪の言葉が聞きたかったが
どうやら無理なようだ」

そういって立ちあがった。
後ろを向いた社長の背中のあたりに火の粉がかかって焼けた跡が沢山付いていた。
「やだわ、素敵なスーツがだいなし。
火遊びでもなさいました?」そう高子は言った。

深沢は、これ以上はと止めた。
代りに橋蔵が泣きだした。

事件は終わっていないが、終わりにするしかないんじゃないかと葵は高子に言った。
「分かった。明日から来なくていい」
高子は言った。「あんた向いてないわ

「どういう事ですか?」

「クビってこと」

「ちょっと待ってくださいよ。
何?クビって」

「使えない奴いてもしょうがないでしょ」

「交通課に帰れっていう事ですか?」

「さあ?深沢にでも聞いてみたら」

「そんな何でクビに
私何かミスしました?」

「不合格、帰っていいよ」

「ちょっと待ってくださいよ。話聞いてください!」

「ア、帰る前にそれ最後まではかしてってよ。
それくらいできんでしょ」

「お願いします。どうしても刑事になりたいんです
刑事は私の憧れで刑事になって人の役に
立ちたいんです。
自分にしかできない仕事がしたいんです
私に悪いところがあったら謝ります。
全部直します。だから刑事 続けさせて
くいださい。お願いします」

あ、と言って葵の携帯を渡した、
仕事も碌にできないのに、勤務中に男と電話?言われて答えが出ない。
ホテルに言ってたみたいと出てくれた・・・

高子に橋蔵をどこかに預けた方がよっぽど安全と言うと、高い金払ってどこが安全と言えるのかと言われた。さらに葵が全部面度見てたのは私ですと答えると、
「当たり前じゃん。
あんたベビーシッターなんだから」

「は?」

「あんた橋蔵のベビーシッターのために
この刑事課に呼ばれたの。」

「ベビーシッターって・・・」

「深沢達このままだと自分たちが
やらされると、慌ててあんた呼んできたんでしょ」

「ちょっと待ってくださいよ。
だからって何で私なんですか?」

「誰でも良かったんだよね」

「そんな」

「おむつ替えてベビーカー押すのが
あんたの仕事。能力なんかいらない。

「私はベビーシッターなんかやりにきたんじゃない」

「刑事になれると思った?」

「だから何でも頑張って・・・」

「残念だったねベビーシッター何かで。
帰っていいよ、邪魔」

「お世話になりました。
お世話したのは私の方ですが」

卓也の部屋で、愚痴三昧。
しかし卓也にしてみれば、そう言う事ばかりでも仕事の厳しさは知っていた。
かなりわめいていたが、いいから明日謝ってみろとまで言われた。
「そう簡単に諦めんなよ!」

「もういいって」

「試験も推薦状もなしに仮採用なんて
もう2度とないんだぞ」

「ンもうどうだってもいいよ!刑事なんて」

そんなことばかり言っている葵に卓也は切れた。
いい加減にしろ!と本棚から本をぶちまけて寝てしまった。

葵は泣きながらあるいた。
ソフトのオリンピック選手の選考会にも骨折で出られなかった。

いつも土壇場で、苦い思いを味わっていた。

高子の携帯が鳴った。
「なんなんすか。
刑事になって人の役に立ちたかっただけなのに
おしっこかけられて鳴き叫ばれて、それでも我慢して
やってるのに、何で本まで投げられなきゃ
いけないんですか?
橋蔵君のお風呂まで入れて、こっちはシャワー
だって浴びてないんですよ。スーツだってなんすか?
これ臭くてとろくて、すいませんね。
どうせ私が全部わるいんですか?
ああ、悪いんでしょうね。だったら私より悪い奴
捕まえてやりますよ。
社長だってスキンヘッドの奴だって
おむつだってウンチだって何だっていいっすよ。
何だってやってやりますよ。
何か文句あります?」

「へ、へ」

「何がおかしいんですか?」

「チャンスをやる。
来るか来ないかは自分で決めな」

廃品回収の置き場に来た葵。
石を渡され全部に当てたら、仮採用継続。

「ホントですか?」
そこで空き瓶は次々と粉々になった。
「よしウォーミングアップ終了」

連れて行かれたところに社長が縛られていた。
今度こそ訴えてやるといわれたが、どうぞどうぞといい、経理の冨田と共用しているファイルのパスワードを聞いた。
俺はタダのやとわれだと答える社長。そこで全力投球、パスワードはかせるまで。でなきゃ仮採用取り消し。厳しい!

さらにおむつを出して腹部に付けた。これがキャッチャーミット。
できません、こんなの間違ってます。そう断ると「あ、そう、お疲れ」と言われた。
結局いつも同じパターンで、人に頑張ったのに残念だったねと言われる。それをまた思い出した。
「勝手に終わりにされてどうすれば
いいんですか?」

叫んでそう終わりならどうでもいい!と石を手にした。
「自分の終わりくらい自分で決めます」

分かった手を下せ、 4861180 そう言った途端、葵の石は横の鉄パイプを直撃して金属音を立てた。社長は失禁していた。

裏帳簿だった。
主婦から小遣いせしめて、集めるだけ集めて、ドロンだろう。

一味の所に逃げ込むかもしれないと話していると、缶コーヒーを買う高子たちの頭上から三宅社長が降ってきた。上を見上げると4本の手が見えた。

途中で2回寝てしまいました。
テンポが悪いのでしょうね。

« 《ストロベリーナイト》★01 | トップページ | 《最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~》★01 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

刑法犯148万件、10万件減る…9年連続減
664477

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/53722763

この記事へのトラックバック一覧です: 《ダーティー☆ママ!》#01:

» ダーティ・ママ! #01 [ぐ〜たらにっき]
『最凶子連れ刑事登場 ルール無視!情け無用不謹慎捜査』 [続きを読む]

» ダーティ・ママ! 第1話〜汚職、公私混同、パワハラ(>_ [世事熟視〜コソダチP]
「ダーティ・ママ!」第1話 丸岡高子(永作博美)が葵(香里奈)に「あんた、とろいうえに、アホ?」 どこかの執事さんみたいなセリフ・・・。 そんなこんなはさておき、こりゃ、激しく苦手だわ。 刑事・丸岡(永作博美)の存在が、ひたすらウザったいと感じちゃう小生は、このドラマを見るには向いてないんでしょうねぇ。 風采がパッとしないコロンボは好きだけど、爆発アフロでダサい衣装を身にまとう童顔・永作博美はシックリこない印象・・・。 違法だろうが、誰かに批判されようが、事件解決のた... [続きを読む]

» ダーティ・ママ! 第1話 [レベル999のgoo部屋]
『最凶子連れ刑事登場ルール無視!情け無用不謹慎捜査』 内容 麻布南署交通課勤務の長嶋葵(香里奈) ある日、突然、葵の前に刑事課の深沢保係長(八嶋智人)や、 白戸一郎(安田顕)大野道夫(佐藤二朗)が現れ、刑事課にスカウトされる。 一時的補充要員。。。。だった...... [続きを読む]

» 相棒(香里奈)からの・・・ダーティー・ママ(永作博美) [キッドのブログinココログ]
水玉模様キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! (「カーネーション」より) いきなり別件かよっ。 いや・・・尾野真千子・主演の連続テレビ小説「カーネーション」に一言も触れないで行くのは辛すぎるから。しかも脚本は「火の魚」の渡辺あやである。あの池脇千鶴の濡れ場と江口のりこの濡れ場が同時に楽しめ... [続きを読む]

» ダーティ・ママ!「最凶子連れ刑事登場ルール無視!情け無用不謹慎捜査」 [のほほん便り]
重装備で最新メカを積んだベビーカーをひいて活躍するあたり、現代版・子連れ狼? 子持ちだけど、かなり無茶で強引な捜査。検挙率ナンバーワンの凄腕・女刑事といえば、「アンフェア」の雪平夏見を連想させるなぁ、と思ったら、本当に(アンフェアと)同じ秦建日子の原作だったのに驚いてしまいました。 そんな、丸岡高子(永作博美)に新米刑事、長嶋葵(香里奈)が振り回されるあたり、また新たな斬りクチのバディもの?とも感じたりしてね。また、丸岡高子のくったり風貌に、刑事コロンボをも、連想。 彼女(の強引さ... [続きを読む]

» 「ダーティ・ママ!」凄腕女刑事の捜査ファイル1母親失格の凄腕刑事に新米刑事は理解できないまま子守をする事になった [オールマイティにコメンテート]
「ダーティ・ママ!」は原作秦建日子のダーティ・ママ!をドラマ化した作品で、シングルマザーで1歳の子供がいる検挙率No.1の女刑事が新米女刑事にベビーシッターをさせながら事件 ... [続きを読む]

» ダーティ・ママ!【第1回】日テレ水10 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
最凶子連れ刑事登場ルール無視!情け無用不謹慎捜査  次回からは見ません。たとえ視聴率30%超えていて世間から絶大な支持があろうとも、私はもう見ないでしょう。 大きなお世話なんですが、せっかくの超高視聴率番組「家政婦のミタ」の後番組がこれってどうなのなんて思っちゃいました。ミタで稼いだ視聴率を潰す気マンマンのドラマとしか言いようがありません。って、私がクソつまらなかったと思っているだけで一般受けはよかったりするのかしら?? もうね、クルクルパーマの永作博美演じる丸岡高子とかいう人物が受け入れ難すぎ... [続きを読む]

« 《ストロベリーナイト》★01 | トップページ | 《最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~》★01 »

最近の写真