無料ブログはココログ

« 《聖なる怪物たち》#02 | トップページ | 《ラッキーセブン》★03 »

2012/01/30

《デカ黒川鈴木》#04

『脱出劇の謎!』(あらすじ)

都内で起きた全裸の連続絞殺事件のニュースをテレビで見ていた黒川(板尾創路)らの元に、町の温泉旅館で全裸の絞殺遺体が発見されたとの連絡が入る。黒川は、赤木(田中圭)、白石(田辺誠一)と共に現場の旅館に向かう。

*****
黒川の妻静江が早朝に黒川を起こした。まだ早いと言う黒川に大変です、お風呂場の電球が切れてるんですと、訴えた。
昨夜もそう言っていたのに、黒川が電球を買ってくるのを忘れたから、今夜も暗いのは嫌だとばかりに6時から、騒ぎ出した。
仕事の帰りに買ってきますから、と布団に入る黒川に、今欲しいんですと。と強硬だった。
ちょっと突っ込んでいいでしょうかね。

静江が、朝起きたばかりだと言うのに、ハイライトを利かせたお化粧顔です。
寝ていても、この人は厚化粧しているんでしょうかね。

押し切られて、黒川は、出掛けた。
コンビニに着くと、緊急用のライトが回っていた。すぐに異常に気付いた黒川は、レジで拳銃を構えて、金を要求している強盗に、声をかけて1本背負いで投げつけた。手錠をかけるときに、もう一人いた仲間に頭を殴られた。引きずられて便所に縛り付けられていた。

ブラインドを落としたコンビニに白石、赤木他が集まっていた。車で犯人を逃がすまいとピッチリパトカーやら、覆面パトを着けていた。
白石は赤木に中に黒川がいることを伝え、もう死んでるかもしれないと、縁起でもない事を言った。

所長も来たが、こういう強盗事件は全く初めてで、白石同様役に立たなかった。
そこに静江が来た。拡声器を持って、
「あなた~、電球は、
・・・電球はどうなさったんですか!?」

「電球?」

「嘘やろ」

「今日と言う今日は、電球を
買ってくるってあなた約束しましたよね?
もう真っ暗なお風呂場に入るのは
我慢ならないって!それなのに
あなたあなた!
あなたはそんな所で一体何を
やってるんですか!」

「さすが警察官の妻。
黒川さんを動揺させないように
わざわざ関係ない電球の話しを」(白石)

「いや、奥さん素で怒ってますよ」(赤木)
静江は拳を握りしめ拳は震えていた。

便所では黒川が、
<夫婦ってなんなんやろ・・・>

所長が間もなく特殊部隊も到着するから、人質だけでも解放しなさいと言った途端に拳銃を撃たれた。

オーナーが店に5000万持っていた。それを狙ってきた。

警備会社の男が、途中までの映像と言って、黒川が殴られて運ばれる所を記録したUSBを持ってきた。

黒川を縛っていたロープがほどけた。まさかと思った携帯も犯人がとり上げるのを忘れたのか胸ポケットに入っていた。そこで白石にこっそり電話したが、大声で黒川さん生きてました!と叫ぶからハラハラしていた。

警察のバンにスパイダーマンの覆面をした男たちが3人逃げてきた。
ギャラリーが赤木と白石達をコンビニに押し込んだ。そのまま彼らは逃げた。
ブラインドが開いて、黒川が出て来た。中には睡眠薬を飲まされた店員だけで犯人はいなかった。

黒川は、静江に、誰が電球を変えたのかと聞いた。
今までそう言う事は全部黒川がしていた。結局接触が悪かっただけと静江は苦し紛れに答えた。本当は、卵を飼い忘れて、美味しい納豆に入れられないのは、なんとしても残念だからと、言った。さらに妻が買い物を忘れたなんて、言うのは、たまらないし、妻の落ち度をフォローする夫を黒川に求めるのはとんでもないと、屁理屈を並べた。
完璧な妻なんていないのに・・・

コンビニのオ-ナーは銀行を信用していなかった。事務室の金庫に金を置いているなんて、誰も知らないはずだと言った。だがそこにも防犯カメラがあった。
現金で、買いたたける職種と言うと・・・ペルシャ絨毯を買うと言っているが、結局不動産屋としても動いていた。帳簿を借りて、署で見ていると、赤木が養護施設の立ち退きを執行した事が書かれていた。その施設が間借りしているところへ行ってみると、シスターが、今朝アパートの前にお金が置いてあったのでこちらから伺おうと思っていたと切り出した。
黒川は、それは2500万円でしょうと言い、分かった!と叫んだ。署で、左手から右手への瞬間移動する手品も見ていて、それもヒントになった。

警備会社に行った。
コンビニ担当者を見て、黒川はどこかでお会いしませんでしたか?と聞いた。

「携帯電話、胸ポケットに入ったままでした。
犯人は気付いていなかったのかとなと
思ったんですが、違ったんです。
わざと持たせていてくれたんです。」

「わざと?」

「あたかも犯人達はそこに立てこもって
いるように演出するために私に中の状況を
報告させていたんですね。」

「え?どういうこと?」

「犯人は・・・ここにいたんです。」

「え~!?」

「なに言ってんですか?」

「ご説明いたしましょう。
つまりこういう事です。
(そう言って置いてあったマイクのスイッチを入れてモニターに映っていた
コンビニ事務所に向かって言った。)
おい!おとなしくしないと、店員を殺すぞ!」

コンビニには、。赤木が待機していて
「黒川さんの言うとおり ボイスチェンジャーを
使ったような声でした」とすぐに報告が行った。

トークボタンで話はできるがそれで犯人とはと言われた。

「オーナーは、銀行に預けずに
バックヤードの金庫に多額の金を
隠していたことを知っていたのは
オーナーとそしてここで監視していた
あなたしかいないんですよ。」

「店員だって知っているでしょう」

「その可能性もあります。
ペルシャ絨毯の商人にも金庫の
話 していたかもしれません。
でも私はですね。
なぜ今回の手品のような脱出劇
必要だったのか。
なぜだと思います?」

「僕に聞いてどうするんですか?」

「本人に聞いた方が早いかなと思って」

「え?じゃこの人が犯人?」

「まさか、やめてくださいよ」

「じゃあ、私から発表しちゃいます
なぜ犯人は、立てこもっていないのに
立てこもっているようなウソをついたのか。
犯人だって思われたくなかったんですよ。
だから立てこもってるようなトリックを。
つまり犯人は、立てこもりのおかげで
アリバイが成立する人物」

「と言う事は・・・」(赤木)

「立てこもっている時に」(白石)

「明らかなアリバイをつくった人物」(赤木)

「え?それって、」(白石)

「警察の前にアリバイを作りに現れた
人物。白石君、赤木君、あなた方は
あの時犯人に会っていたのですよ。」

「お前かよ!
防犯カメラの映像 届けにきたの
あれわざと!?」

「店員さんの線は?どう説明するんですか?」

「店員は睡眠薬を飲まされていました。
推定時刻は7時。
私が殴られてトイレにぶち込まれて
すぐの事でしょう。
ですから犯人からは外れます。
犯人は私を殴ってトイレにぶち込んで
すぐに金庫から金を盗みだし、
ここに戻ってきた。
残りの犯人たちは、近くに潜伏。
警察が包囲し説得が続けられ・・・
あなたがここから、立てこもり犯を
演じ…十分立てこもりを成立させた
その後、防犯カメラの映像を持って
警察の前に現れた。
警察はずっと突入の機会を
伺っている。そしてあなたは
潜伏していた仲間と合流し
再び覆面をかぶって派手に拳銃を
鳴らしながら逃走。」

「フットワーク 軽!」

「これが脱出手品の種明かしです。」

「すごい手品ですね。
僕には考え付きませんよ。
つまり刑事さんは警備員の私が立場を
利用して強盗たちと手を組んだと?
ははは、・・・証拠でもあるんですか?」

「あるの?」

「ありません」

「あっちゃ~。」

「現場にもここにも証拠はありません。」

「あっちゃ~あっちゃ~」

赤木が風呂敷包みを持って走ってきた。それを机に置いて包みを解き始めた。

「これは『ゆりかごガーデン』という
児童養護施設のシスターから
お貸りしたものです。
『ゆりかごガーデン』は田口に
立ち退きを迫られ今は、古びた
長屋の一角で恵まれない
子供たちの面倒をみています。
そして皮肉な事に『ゆりかごガーデン』
の跡地は高級マンションが建つそうです」

「はあ。。。ひっでえ話だな」

「施設は手狭になったため
子供たち全員は、受け入れる事は
出来なくなってしまった。
心を痛めたシスターは、資金を
稼ぐために夜の水商を始める事に
なります。そこであなたは、見てしまった。
あなたは彼女を助けたかったから。というのも
その児童養護施設で育った少年だった
からです。」

「もしかして、それでお金を?」

「私にはぁ関係無い話だ」

「この小包の指紋と、あなたの指紋を、
照合すれば澄む話です。
証拠は現場ではなくシスターの家の前に
あったんですね。
シスターは、こういうお金は頂けないと
言ってましたよ。
うまくいかない事が多いけど
それでもその中で、なんとかもがきながら
生きてくことは嫌いじゃない。
むしろ、生きてる事を実感する。
そう言う風に言ってました。」

「そうですか」帽子を取って
「女は強いですね」

「ええ、女は強いです。」

黒木は頷いて白石と赤木は、男を連行した。

『酒処』に、シスターをお連れした。
熱燗でいいですか?と言っているうちに熱燗が自動的に出された。
シスターに渡したいものがと、黒川は、言った。
「メッセージをお預かりしてて。」

内ポケットから、封筒を出した。
和田と書かれていた。

「最初からこうやって伝えれば、・・・
良かったのにね」

黒川の奥さんは、すごいですね。
あのやり方を貫き、それを許していると言うのも・・・
白石のうざさが、少し下火になっていました。

*****
今までの感想は、こちら






« 《聖なる怪物たち》#02 | トップページ | 《ラッキーセブン》★03 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

cafeきこりさん、こんにちわ。

>前々回のいっこく堂静江に次ぐ、強烈な静江でしたね~(笑
鶴田真由さんの新しい魅力が出てる怪しいドラマと言っていいかも。

「あなた、あなた・・・」と続くリズムがなんとも言えませんねcat
今までの鶴田さんを感じさせませんから、すごいですね。

>私は白石のおバカぶりがすごく楽しみなんで(笑)今回おとなしかったよな~ってものたりなかったです。

『11人・・・』の父親から続く流れですね。
さらにおバカぶりは、楽しいです。
時々ウザさも感じて、なかなかの味が出てますね。

>ユルい雰囲気なのに、ラスト、意外と、じ~んとさせてくれるんですよね

毎回、ジ~ンというシーンがあるから、絞まるんですね

おはようございます~
このドラマ、たまにしか記事書いてないけど、楽しみにしてみてますよ~((*´∀`*))
前々回のいっこく堂静江に次ぐ、強烈な静江でしたね~(笑
鶴田真由さんの新しい魅力が出てる怪しいドラマと言っていいかも。
私は白石のおバカぶりがすごく楽しみなんで(笑)今回おとなしかったよな~ってものたりなかったです。
ユルい雰囲気なのに、ラスト、意外と、じ~んとさせてくれるんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/53858224

この記事へのトラックバック一覧です: 《デカ黒川鈴木》#04:

» デカ黒川鈴木 #04 [ぐ〜たらにっき]
『脱出劇の謎!   (コンビニ立てこもり事件発生!瞬間移動する強盗犯の謎を解け)』 [続きを読む]

» デカ黒川鈴木 第4話 脱出劇の謎! [レベル999のgoo部屋]
『脱出劇の謎!』 『コンビニ立てこもり事件発生!瞬間移動する強盗犯の謎を解け』 内容 妻・静江(鶴田真由)に命じられ風呂の電球を買いに出かけた黒川(板尾創路) そのコンビニで、強盗事件に遭遇し、殴られ、、、、意識を失ってしまう そしてトイレに閉じ込められて...... [続きを読む]

» デカ 黒川鈴木 第4話 [ドラマハンティングP2G]
♯4 「脱出劇の謎」1月26日(木) 夜23:58~ 朝6時、黒川(板尾創路)は静江(鶴田真由)に揺り起こされる。静江は風呂場の電球が切れている事が我慢ならないと訴え、黒川はコンビニまで電球を買いに行かされる羽目に。コンビニにやってきた黒川は非常事態を報せる警報ラン…... [続きを読む]

« 《聖なる怪物たち》#02 | トップページ | 《ラッキーセブン》★03 »

最近の写真