無料ブログはココログ

« 《全開ガール》#09 | トップページ | 《IS~男でも女でもない性》#07 #08 »

2011/09/07

《チーム・バチスタ3アリアドネの弾丸》☆09

『最終章突入!えん罪は本当か・・・事件発生』

cast
田口公平*伊藤淳史 
白鳥圭介*仲村トオル 
笹井スミレ*小西真奈美 
宇佐美*福士誠治 
藤原琴美*名取裕子 
斑鳩芳正*高橋克典

*****

1991年7月21日に 静岡県咲田市に住む 高校1年の女子生徒 当時16歳が
深夜になって、近くの見吉川河川敷で遺体となって発見された。
捜査線上に浮上したのはが松崎行雄だった。たとえDNA鑑定が間違っていたからと言ってなぜ犯人ではないと言い切れる? (斑鳩)

『20年目の再犯』
河川敷で、女子高生の遺体が見つかった。
玉村が、矢上医師を呼んだ。ブルーシートが掛けられていた。
第一発見者は、ジョギングしていた会社員。男性。
周辺の聞き込みで、昨日の夕方まで子の場所には、何もなかった事が分ってます。
夜の間に何かしらあって被害者はこの場所で命を落としたのでしょう。

頭に擦過傷があるほか、何もないので、・・・心不全・・・とはいかない、と言いながら、東城医大の小さい先生と、玉村に聞いた。田口の名が出て、Aiで見てもらおうと言うことになった。

Aiセンターに戻った島津。田口が白鳥と顔を出すと、
「父に会ってきました」島津は言った。
「いろいろと、すいませんでした」そう言って頭を下げた。

「これからはAiセンターのために
俺のできる事を精一杯やって行くつもりです。
よろしくおねがいします」

「こちらこそ、よろしくお願いします。」

神妙に挨拶はしたが、玉村がやっとご遺体が到着と言うと、遅いよ!と顔色を変えた。

被害者は、桜宮市内の高校に通う三谷優花さん。
16歳。阿久瀬川の河原で発見された。検視では、死因が分からず、事故なのか、事件なのか判断がついていない。嘱託医矢上先生の提案でAiによる死因究明をお願した次第。

現場で、死因が分からないということから、Aiの一歩が始まる。白鳥は、矢上先生も成長したなと言った。
所見で、頭部皮下血腫と肋骨骨折があった。

笹井に解剖は断られた。
山岡教授にお鉢が回った。
玉村は、苦手な教授だった。のべつ怒鳴っていた。
肋骨骨折(もう分ってるって!)心臓は、再灌流性出血が見られた。
病院で一度蘇生したのか?
誰かが心臓マッサージをしたはずだとの質問に第一発見者が、心臓マッサージをしたと玉村は答えた。

結論は・・・心不全・・白鳥も玉村も、口をあんぐり・・・

島津は、田口に一緒に来てもらった。
父親と20年ぶりの対面。
父は、島津の好物、カレーを作ってくれていた。
20年は長かった・・・松崎は、食事の途中で、激しくせき込んだ。最近熱っぽいと言っていた。

笹井は、玉村が、心不全と報告をして両親が泣き崩れているの見ながら法医学教室に行った。解剖所見を見た。

須賀を帰して、笹井は、気になる個所を見に行った。
法医学の部屋に戻ると、白鳥がテレビを見ていた。
「で、秘密の解剖で何か分った?」
教授の解剖所見を見ながら、
「20年前のあの事件とそっくりだって。
だから確かめるしかなかったのよ。
頸動脈洞を圧迫した痕があった。
心不全が死因なんかじゃない。
扼殺による窒息死。」

「首を絞められて 殺されてた?」

「全て同じなのよ 松崎事件と。
被害者の条件も 遺体の状況も。
そして殺され方も。」

「松崎事件の再来・・・」

山岡教授に笹井は、お前のした事は犯罪だといわれた。

白鳥は田口に、説明した。
被害者の特徴も、遺体の状況も、松崎事件とそっくりだった。
被害者は制服を着た女子高生。
遺体は河原で発見された。
肋骨の骨折と、頸動脈洞の圧迫痕があって
直接の死因は、首を絞められたことによる
窒息死。偶然でこれだけ条件がそろうなんてありえないよね。

「同一犯の仕業って事ですか?」

「どうかな。
20年も前の事件だしね。
えん罪裁判で有名にもなっているし
模倣犯の可能性もあるからな、」

笹井は、島津に、言った。
「あまりに共通点が多いと思わない?
松崎さんが釈放されたら、すぐに
事件が発生するっていうのも」

「オヤジがやったと言いたいのか?」

「そうは言ってないわよ。
ただ不自然だって。」

「お前・・・
なんなんだよ お前はよ!」

「私はただの可能性の話をしてるだけよ」

「えん罪は、 法廷で立証されている。
オヤジは犯人じゃない。
今回の事件がどんなに似ていてもオヤジ
関係ないんだよ。 また 俺たちの人生を・・・
むちゃくちゃにするつもりか!」

「笹井先生、今回のは模倣犯かもしれないし
犯人に関しては まだ何も分かってないんだよ。」(白鳥)

「分かってます、そんなこと。」(笹井)

車に乗り込んだ、男・・・
運転席には、斑鳩。乗ってきたのは宇佐美。
松崎事件とそっくりな事件が起きたと言った。犯人は?と聞く宇佐美。
松崎だと答える斑鳩。北山さんは間違っちゃいなかった。そう安堵する宇佐美。

凶悪犯を追い詰めた、宇佐美が、拳銃を置いた犯人を撃った。それを北山が、助けた。
『正義をなすには
時に 悪意が必要になる』
そう宇佐美に教えた。

どんな手を使ってもこの事件を終わらせると言った宇佐美。

松崎の後をつけた。
女子高生が歩いて来ると、つい見てしまう松崎。タバコを道路に落としサンダルで火を消した。振り返り見ていると、そこに宇佐美がいた。
ガード下で、脅す宇佐美。松崎は、支援者の会に連絡した。支援者は、玉村達の捜査本部へ行き、もう容疑者呼ばわりはしないようにと申しいれた。
気の毒な玉ちゃん・・

松崎事件で、松崎が再逮捕された場合、一番得するのは?と白鳥が考えて、動き出した。斑鳩に会って、それを言った。
松崎さんの犯行に見せかけた別の誰かの犯行だったりして。

「なんだと!」

「桜宮署にくれーむ来たらしいよ。
松崎さんが乱暴な刑事から不当な事情聴取を受けたって。
その乱暴な刑事ってまさか宇佐美じゃないよね?」

「宇佐美は逃亡中だ。
まだ足取りはつかめていない。」

「ホントかな?
もしかして宇佐美を陰で操ってるのは
斑鳩さんだったりしてね。」

「近日中に松崎の事情聴取を行う。
じき真相は明らかになる。」

笹井は、20年前の松崎事件と、今回の解剖所見を見比べていて、何かを見つけた。
田口の部屋へそれを持って行った。
心臓の写真を見せた。
再灌流出血。それが両方にあった。第一発見者が心マしたからだと玉村が言っていた。
「再灌流出血があるってことは、
一度  停止した心臓を
誰かが 再鼓動させたという証拠なの。
20年前の事件でも誰かが心臓マッサージをして
蘇生してたってことになる。」

「その時にも、第一発見者が?」

「いえ、そんな記録はない。」

「じゃあ、誰が心マを?」

「1人だけいるよね。
好きなだけ心臓マッサージが出来た人間が。
犯人だよ。」

「犯人は、被害者を助けようとしたってこと?」

「いや、 もう一つ 別の可能性
じゃないかな?
犯人は、首を絞めて 一旦 心肺を停止させ
すぐに心臓マッサージをして息を吹き返させた。
それを何度も繰り返したから 被害者は
2人とも肋骨が折れていた。」

「なぜそんな・・・」

「犯罪心理学の症例の中で、よく似たものが
あります。他人の命をもてあそぶことに
快楽を感じる 殺人者の症例。
首を絞めて殺し それから 心マで蘇生する。
相手が生きるも死ぬも 自分がコントロール
している。まるで神になったような錯覚が
快楽へとつながる。」

「快楽殺人か。」

「快楽殺人の場合、犯人は衝動を抑えることが
できません。機会があれば、永遠に 殺人を繰り返す
と言われています。」

「だとしたら、松崎さんが、釈放された途端に
事件が起こったと言う事は、・・」

「やっぱり 松崎さんが、犯人なのかなぁ?」

「僕があった松崎さんは、とても優しい人でした。
でも表面上は、穏やかで 優しいと思われていた
人が、陰で、快楽殺人を繰り返していた例は
いくつもあります。」

「松崎さんはそのパターンかもしれないね。」

「とにかく松崎さんに話を聞きませんか?」

現場で玉村達は、もうずっとそこら辺を探しまくっていたが、何も出なかった。
白い子やがあったので、まだ見ていないと言うから、開けると、床に、シュシュが転がっていた。それと、スコップの近くに、マッチが落ちていた。

島津が病院から出ると、車が待っていた。
近づくと、斑鳩だった。

阿久瀬川の女子高生殺人事件 松崎さんを重要参考人に指定しました。
現場で、このマッチが見つかりましてね。

島津は、オヤジが犯人かどうか、正式に捜査を進めればいいじゃないですかと言った。

斑鳩は
「自首して欲しいんです。
宇佐美が松崎さんのアパート近辺で
目撃されています。
宇佐美は、おそらく 松崎さんを狙ってる。
松崎さんの身の安全を確保守するためにも
お父さんを説得して自首させてください。」

田口、白鳥、笹井は松崎のアパートへ行った。
ピンポンとドアチャイムを鳴らしても応答がなかった。
後援会の方に行っているのかという田口。白鳥がドアノブを回すと、鍵はかかっていなかった。田口が座敷の方を覗くと、倒れている人がいた。部屋の戸を開けると、松崎が倒れて、もう息がなかった。

島津は、斑鳩に言われたこともあり、父のアパートへ急いだ、するとパトカー
が止まり立ち入り禁止のテープが巡らされていた。
松崎行雄の息子だと言って通った。なんで、これからというのに、と島津は泣いた。
検視が、また矢上先生だった。
外傷は無い、事件性は無い、肝不全による病死と言われた。
刑務所の医務記録を見るといいと言われた。

外に出た3人が観たのは、宇佐美!追いかけたが消えた。

冤罪事件でも、警察が「悪意が必要な正義」を実行したとしたら、
誰でも自在に犯人にされてしまいます。とっても恐ろしい・・・

*****
今までの感想は、こちら

« 《全開ガール》#09 | トップページ | 《IS~男でも女でもない性》#07 #08 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/52673944

この記事へのトラックバック一覧です: 《チーム・バチスタ3アリアドネの弾丸》☆09:

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸第9話(9.6) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
川原で遺体となって見つかった女子高生の死因が 20年前の松崎事件と同じであることが判明、 釈放された松崎行雄@六平直政に疑惑の目が向けられるが、 松崎は心不全で死亡してしまったという話 東城医大で起きた殺人の真相を追う展開から 松崎事件の真相を追う展開に変わりましたね。 医者の田口@伊藤淳史と厚労省職員の白鳥@仲村トオルが なぜ松崎事件の謎を追わなきゃならないのかよくわからんのですが(笑)、 まあ面白いからいいでしょう 女子高生を殺害した犯人は、 松崎さんが釈放された途端、松崎事件と同じ事件を起こ... [続きを読む]

» チームバチスタ3九話&ブルドクター十話感想 [NelsonTouchBlog]
■チームバチスタ3九話 これは本当に刑事ものストーリーですな(笑)医療現場からだいぶ話は離れてしまっているが、今回のテーマは警察組織が始めから関わっている内容だから、しょうがないかも。 医療現場と警察が本当の意味で手を組んで悪さをしてしまったら、事件はもみ消されちゃうわけで・・。でも犯罪証拠に医療はかかせないから、完全に個々に独立することはできない。 バチスタコンビは再び再来した殺人事件に、どうメスを入れていくのか。なんだかんだで佳境。どうなるの??今の所、高橋克典が非常に怪しい(笑...... [続きを読む]

» 別館の予備(ウズベキスタン引分&ぬらり千年魔京&バチスタ3) [スポーツ瓦版]
9月8日 ウズベキスタン引分&ぬらり千年魔京&バチスタ3 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11006904447/8fab7bb1 [続きを読む]

» ウズベキスタン引分&ぬらり千年魔京&バチスタ3 [別館ヒガシ日記]
はW杯予選戦で1対1なり 2戦目アウェー最低限ドローで 開始早々に失点する事だけ治らんし 次は来月10日ホーム戦あるね... [続きを読む]

» チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸~ 第9話 [ぷち丸くんの日常日記]
桜宮市内の川原で女子高生・三谷優花(戸井智恵美)の遺体が発見された。 ところが目立った外傷が見当たらず、嘱託医の検視では死因が判明しない。 そこで所轄の玉村(中村靖日)は再始動したAiセンターに鑑定を依頼する。 仕事に復帰したばかりの島津(安田顕)は意気込んでAi... [続きを読む]

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 第9話 [レベル999のgoo部屋]
『20年目の再犯 「最終章突入!えん罪は本当か…事件発生 内容 松崎行雄(六平直政)に無罪判決。 そんななか、桜宮市内の阿久瀬川の河原で女子高生の遺体が発見される。 検視に訪れた矢上(佐戸井けん太)は、目立った外傷が無いことから、 玉村刑事(中村靖日)に対...... [続きを読む]

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 stage 3-1:20年目の再犯 [あるがまま・・・]
みんな怪しい・・・(;¬ ¬)ジロリ んもぉ!一体誰が犯人なの??? 警察としては被疑者死亡のまま犯人に仕立てあげたいみたいだけど、こんなタイミングで 死ぬって事は、ドラマ的には犯人じゃない訳で・・・(笑) マッチの指紋といい、はめられた? だけど、20年前の事件も今...... [続きを読む]

» ドラマ「アリアドネの弾丸」第9話感想「2... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
20年前の事件の真相は。そう、まだ何も終わってなどいない、この事件は-----------。新たに発見された女子高生の遺体。そこでその遺体はAiにかけられることに。事故か事件か。肋骨が... [続きを読む]

» ドラマ「アリアドネの弾丸」第9話 感想「20年目の再犯」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
20年前の事件の真相は。 そう、まだ何も終わってなどいない、この事件は-----------。 新たに発見された女子高生の遺体。 そこでその遺体はAiにかけられることに。 事故か事件か。 肋骨が折れていることは確認できるものの、映像だけでは分からない死因。 ...... [続きを読む]

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 (第9話 9/6) 感想 [ディレクターの目線blog]
7/12からフジテレビで始まったドラマ『チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 』(公式)の第9話『最終章突入!えん罪は本当か…事件発生』の感想。原作は未読。 今までは何だったんだ? 先週まで、あれだけ北山(尾美としのり)殺害事件で白鳥(仲村トオル)が必死のAiセンターの攻防を演じていたのに、今週からまるで別のドラマのように、松崎(六平直政)事件にシフトしちゃった。 まあ、宇佐見(福士誠治)が絡んでいると言う点でつながってはいるし、ドラマとしては面白くなってきているから悪くな... [続きを読む]

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 第9話 [ドラマハンティングP2G]
「最終章突入!えん罪は本当か…事件発生」  桜宮市内の川原で女子高生・三谷優花(戸井智恵美)の遺体が発見され、Aiセンターに鑑定依頼がきた。島津(安田顕)はCT画像から頭皮下血腫と肋骨骨折を見つけるが、死因は特定できず、法医学教授の山岡(市川勇)が解剖を担当…... [続きを読む]

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸【第9回】フジ火10 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
20年目の再犯(最終章突入!えん罪は本当か…事件発生)  「ここで問題です。20年前の松崎事件とそっくりな、あくせ川での女子高生殺害事件、この事件の犯人が松崎さんだった場合、一番得をするのは誰でしょう。答えは…、あんたたち警察だよねぇ。斑鳩さん、松崎さんが犯人なら地に落ちた警察の権威は取り戻せるし、20年前の事件もや~~~っぱり松崎さんの犯行だったかって話になるだろうしねぇ。松崎さんの犯行に見せかけた、別の誰かの仕業だったりして。桜之宮署にクレーム来たらしいよぉ。松崎さんが、乱暴な刑事から不当な事... [続きを読む]

» アリアドネの弾丸 #9 [シフォンなキモチ]
女子高生が変死していた事件は、松崎事件とそっくり同じだった! 笹井先生が再解剖した結果、わかったのですが、松崎さんが出所した途端の犯行発覚って事で、かなり状況はまずいです。 しかも、記念パーティの場所のマッチまで発見されてしまいました。 ってことは、やっぱり支援者2人が怪しいって事ですねぇ~。 斑鳩は宇佐美に「犯人は松... [続きを読む]

« 《全開ガール》#09 | トップページ | 《IS~男でも女でもない性》#07 #08 »

最近の写真