無料ブログはココログ

« 《花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス 2011》#06 | トップページ | 《IS~男でも女でもない性》#05 »

2011/08/16

《全開ガール》#06

『正面突破でいこう!人生初の告白だから』(あらすじ)

保育園では、子供たちが行う遊戯の配役が決まる。王子役を演じるのはビー太郎(高木星来)で、ヒロインの姫役には日向(谷花音)が決まるが、日向は自分の役を他の子に譲り、魔女役に立候補する。しかしその後、昇子(薬師丸ひろ子)、日向と食事をした若葉(新垣結衣)は、自分が姫役だと平然と話す日向に驚く。そんな中、仕事のトラブルで急に出張が決まった昇子の命令で、若葉は自宅で日向を預かることになった。翌日、日向の希望で若葉が草太(錦戸亮)の店を訪れると、草太は四苦八苦しながらビー太郎の衣装を縫っていた。それを見た若葉は、草太から衣装を奪い取る。

cast
鮎川若葉(24 - 新垣結衣(幼少時代:柳町夏花)
山田 草太(27 - 錦戸亮(NEWS・関ジャニ∞)
新堂 響一(31 - 平山浩行
汐田 そよ子(24 - 蓮佛美沙子
西野 健太郎 - 鈴木亮平
花村 仁(46 - 竹内力
花村 うらら - 皆藤愛子
モーリス 佐古田 - 佐藤二朗
鶏井 宏(チャボ) - 皆川猿時
九条 実夏(30 - 青山倫子
林 佐間男(34 - 荒川良々
桜川 昇子(46 - 薬師丸ひろ子
桜川 日向(5 - 谷花音
山田 笑太郎(5/ビー太郎 - 高木星来

「俺 そんな若葉さんの事を
もっと知りたいっす。何でもムキになって頑張ってる
若葉さんが 俺は好きです。」

睡眠不足で、スイカ割りの最中に撃沈した若葉が目が覚めた。
すると、そよ子が、草太にキスしてた。

草太が目覚めて、うわぁと、大きな声を出して跳びのいた。
周りがおもちゃで囲まれた所に寝かされていた若葉は、そっと動いたが、物音を立てた。
その、とか言って、立ち上がり、その場から立ち去った。
そよ子は、追いかける草太の腕を掴んだ。
「あ、すいません。
俺、そよ子さんのこと好きですけど、
恋愛対象としてではありません。
ごめんなさい。
もっとはっきり言うべきだったんですけど。
俺には、好きな人がいます。
ホントにすいません。」
そう言って頭を下げた。

走る若葉。何で?胸が何で?・・・始めての嫉妬を覚えた。自分で認めたくなかった。
だが、顔を洗って、すぐにパソコンに資料を打ち出したが、手の甲に涙がこぼれた。

<やっぱり 私は、あんなダンゴ虫を・・・こんなに好きなんだ>

自分の気持ちを、知って、驚く若葉。

仕事場は、ピリピリしていた佐古田が、若葉に教えた。
新堂が、桜川を差し置いて ブライトンの新社長と会食してた事が発覚した。
そろそろ独立かと周りはささやいていた。
クライアント持って行かれたら、たまらないなぁ。
桜川昇子が、ビッグビジネスのチャンスなのに、知財信託の契約書が届いていないと、叫んでいた。

若葉を見た、昇子は、このコメント反映してと仕事を渡した。
そんな若葉を見つけたそよ子は、別室へ若葉を引っ張って行った。
「ひとつ置き聞きしたいんっですが。
草太さんお好きな人って 鮎川先生じゃ?」

「何言って・・・
大体あなたたちは、保育園で その。」

「キスは、寝ている草太さんに、私が勝手にしたんです
そしたら、草太さんは、他に好きな人がいるって。
もしかし それって 鮎川先生じゃ。」

「そんなわけ」

「ジャ、鮎川先生は どう思ってるんです 草太さんのことを」

「何とも思ってません。」
<絶対に 思うもんか
私の 輝ける未来は、きっとここにある>心に言い聞かせて、出社してきた藤堂を見つけて部屋に行った。

「独立の意思があるって本当ですか?」

「早耳だな。
この世界の人間なら、どの道 考えるだろ。」

「その時は、私を 公私ともにパートナーにして下さい。」

「それ 逆プロポーズ?」

「そう捉えていただいて 結構です。」

「それはウエルカム
でも今はこれ以上
桜川先生を 刺激したくはないからね。
もう少し猶予が欲しいんだ」

三葉の森保育園に行くと、イクメントリオが、騒いでいた。
元々若葉とは相性が悪く、また摩擦を起こしそうだった。
そこへ、うらら先生が現れ、生活発表会のことを、若葉は初めて知った。
親が 子供の日々の生活を知る大事な行事だった。
そこで園長の脚色演出のお遊戯「ねむれるもりのびじょ」を園児が演じることを知った。
ビー太郎が、王子さま。当然、オーロラ姫は日向が選出された。
しかし日向は、魔法をかける魔女の役に立候補した。
ビー太郎を好きな女の子に役を譲ったと、園長が言葉を足した。

そこへ草太が、ビー太郎を引き取りに来た。
若葉を見て、駆け寄ると、そよ子さんから聞きましたと言って、
「お似合いですね!」

心にもないことを言った。
日向に、オーロラ姫の役を柄にもなく譲ったんですってねと聞いた。
お母さん、忙しくて見に来られないから、どんな役でも同じだと答えた。
そこへ桜川から電話がかかり、今日の日向との食事会に同席するよう命令された。
バタバタしている雰囲気のまま日向に会うと、あの子敏感だからと言った。
案の定、仕事の電話がかかり、部下がミスをしたので、これから大阪へ飛ぶといった。
またお遊戯は、見られなそうだった。

お盆の間、日向どうしたい? 聞かれて、日向は、一番無難な方法 

「私若葉さんと すごします」

「いや、・・・はい」と作り笑い。
埋め合わせは必ずするからと言われたって・・・・

若葉の家の方にどんどん歩いて行った。
狭いのは分かってると言いながら、部屋に入ると、入り口でぶつかった。
文句ばかり言っていた日向。それを正直な感想と置き換えた。
体験学習。小さい家がどういうものか。
ベッドは1つしかないから背中合わせに寝ることになり、狭い!熱い!を連発。

記憶に会った時から1人で1部屋使っていた日向は、びっくり。
若葉は、川の字に寝ていたと答えた。狭い部屋でくっついて眠るんです。

「どうして?」

「それは貧乏だから、早く寝なさい」

早朝から、ベッドから追い出されて散々だった。
食事はデリバリー?と聞くと”ル・佐藤”!と言ってどんどん先に行ってしまった。
若葉はお盆だし、出掛けてると言ったが、なんと、金が無いから、そのままいた。
衣装には、手こずっていた。そこで若葉は見かねて、場所をどかした。
裁縫はできるのに料理が苦手な若葉になぜかと聞いた。
食材が無いほどの貧乏だったからと、答えた。アパートを見ても、今の若葉が決して恵まれた世界に居るわけではないと、分るでしょうと、言った。

そう言う家庭に比べれば、草太は恵まれていた。
両親はいなかったが、ばあちゃんがいた。
まあ質素だったけど、飯は美味いもん食べさせてもらった。
今作ったあんかけ焼きソバも,ばあちゃん直伝。
若葉は、別に草太の事を知りたいとは言ってなかった。
すると、草太は、もっと若葉さんのことが知りたいなと言った。

その言葉に反応する、記憶があった。
・・・あれは誰だったんだろう?・・・

昇子が、大阪から帰ってきたが、また徹夜で、頑張ると言った。
日向にさみしい思いをさせているから何でも言うことを聞いてと言われた。
それを見越して、日向は今日はビー太郎くんの所に泊ると言いだした。
周りりが皆驚いた。

男所帯に女1人で泊るなんて!という若葉にビー太郎は、若葉も来ればいいじゃん。

日向は、「川の字note」こういうことなんですね と興奮気味に言った。
で、どう?と草太に聞かれて
「別に、暑苦しいだけですね」と大人のように答えた。
家族の息遣い、温もりを感じていると、幸せになれると言って、草太は、日向を
ビー太郎に引き寄せて、背中を軽く叩いていた。するとすぐに眠り出した。

日向は寂しいんじゃないかと若葉に聞いた。
若葉は、あんなに母親からの愛情を注いで貰って贅沢ですと、羨ましいくらいに感じていた。

「私には、人形も、自分の部屋もありませんでした。
あったのは、父親と2人で醤油飯を食べた小さなちゃぶ台と薄っぺらい布団一つ。」

「でもそれって、いつもお父さんが傍にいたって事ですよね。
どっちがホントの贅沢なンすかね。」

すっかり寝入ってしまった若葉と、草太。
若葉は、草太に起こされた。その声が、どうもこの間の声にそっくりだった。
園長ではない!
そこで起きた日向に聞いた。
あの時、ずっとそばに居てくれたのは?

日向は知っているけど教えないと、意地悪。
桜川から、また遅れるから、お遊戯会には、間に合わないとメールが来た。
日向は、魔女の衣装を、切り刻みだした。魔女にはこんなのは要らないと。
泣きだした。草太が、優しく、日向を、抱きしめた。だがすっかり意気消沈している日向を見て、生活発表会に来られませんかねと、草太は言った。

仕事は、全て、自分1人の力で、乗り切ろうとする桜川。
藤堂が、手伝いますよと名乗りを上げた。

「人に任せて失敗されたら、 たまらないもの」

「何で自分しか信用しないんです?
僕が貴方を追い落とそうとしているとでも?」

「新しいブライトンの信用と、
私を通さず、会食したのは事実でしょ?」

「親父の友人だったんです。個人的な会食です。
まあ、将来 独立を考えてるのは、
確かですが、 今は貴方の仲間で。」

「同じ事二度と言わせないで」

そこへ草太が現れた。
お遊戯を見に来てほしいと再度頼んだ
日向は賢い子だから分かっていると思うと言った。
「だがそれが良くないことだとを
桜川さんもわかってるんじゃないっすか?
日向ちゃんが寂しがってることも、、家族を欲しがってることも、
桜川さんは、 気付いてるんじゃないですか?
なのに向き合おうとしなかった。」

「私が?
私があの子への愛情を・・・」

「絶やした事はもちろんないと思います。
笑顔も優しさも、十分注いで
カワイイ 洋服も お人形も
自分の部屋も、おっきい家だって
全具与えてきたって。いやでも・・・」

「もういいかしら?」ドアをあけられた。

「日向ちゃんが欲しかったのは
そう言うものじゃなかったんだと思います。
すれ違うたびに、 誰かとぶつかっちゃったり
家族そろって 川の字で眠ったり
誰かのいびきで 目 醒ましたり。
そう言う温もりが欲しかったんだと思います。
お遊戯会は、2時からです。
お邪魔してすみません。」

桜川は、母として考えた。
日向は、他のお遊戯は気もそぞろ。幕から顔を出して、また見まわした。

草太が、戻ってきた。後ろから、桜川がカメラを提げてきた。
草太が、このことを日向に至急教えてと言った。

ブライトン社経営会議は、藤堂に、任せた。

知らされた日向は
「ダメ!お姫様ってウソ付いちゃったもん」というなり、逃げ出した。

日向は、カーテンの中に隠れた。

草太は
「日向ちゃんは、そんなに意気地なしなのか?
うそをついた事は謝れば、分かってくれる。
いじめ役でも何でも精一杯やっている所を
見せるのが大事なんだよ。
分るね?それでお母さんにしっかり伝えよう。
ちゃんと逃げずに 向き合って」

「でも 魔女の衣装 やぶいちゃったままだし。」

「私がそのままにしておくわけないでしょう。
ジャン!」紙袋から出した衣装は、赤いジャージの膝から下で作られた★が沢山着いていた。

「ださい!」言われても、ジャージ半分使ったのだから、ちゃんと演じなさいと追い立てた。

魔女役で出てきた日向を見て、桜川は驚いた。
間にあった若葉が、誰もやりたがらない役を、立候補したんですと、言い繕った。

舞台ではビー太郎に切られた日向が、倒れた。しっかり母を見ていた。
母は、ビデオで撮りながら、手を振った。

保育園の外から、そっと見ている女がいた。

日向は、大事なことを教えた。
若葉が保育園で眠ってしまった時、ずっとそばにいたのは、
ビー太郎君のお父さん。園長先生ではありません。
ちゃんと逃げずに向き合うことが大事だと思いますが・・・

仇を取られた。

あの日ここに居てくれたのは、ダンゴ虫・・・

<そうか、これが私の本当の気持ち。
 なら、たとえ恥をかいても 思いを伝えよう
 ちゃんと逃げずに向き合うことが大事>

輪番を頼み、若葉はル・佐藤に急いだ。
色々なことを思いながら

<気合を入れて正面突破で行こう!
 なぜなら これが 人生初の告白だから。>

これがなぜか・・・
店には、リリカ がいた。

ビー太郎と3人でやり直したいの。NYへ行かない!

人生初の告白を・・・

バカみたい。私の、私の出る幕なんてないじゃない!
大体、バツ一で子持ちのこんなバカを!こんなやつを好きになるはずじゃなかったのに。

携帯が鳴った。
「君の逆プロポーズの件だけど
あれ、本気?」

「ええ、もちろん。」

「じゃあ、改めて僕からプロポーズしたら?」

「はい私は新堂先生と結婚します」

うまく行きそうで、またUターン。
ま。恋はこんなもんですよ。

*****
今までの感想は、こちら

« 《花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス 2011》#06 | トップページ | 《IS~男でも女でもない性》#05 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

cafeTackyさん、こんばんわ。

>今回、すっごい良かったですよね。
何回も見てしまいましたが・・・やっぱり最終回まで
ひっぱるんでしょうか。

折角、突撃!と正面からぶち当たる気でいた若葉ですが
リリカの存在に、逃げましたね。

>とっても気になる所です。

デレデレするより ポンポン言いあう方が楽しいですね。
日向との対決がまた、楽しいです。

cafe遊さん。
リンク、しました。
これからもよろしくです。

ずっとタイミングが悪い、世事には疎い若葉と
そんな若葉を全部受け入れてくれそうな草太。
藤堂とよりは、お似合いですよね。
さあ、どう進んで行くのでしょうか?、

mariさん、こんにちわ

今回、すっごい良かったですよね。
何回も見てしまいましたが・・・やっぱり最終回まで
ひっぱるんでしょうか。

とっても気になる所です。

こんにちは。
遊(ゆう)と申します。
私は意外にも「全開ガール」をけっこう気に入って視聴しています。

ときどき、、mariさんのブログを拝見させていただいています。
勝手ながら私のブログ(ドラマな人々@遊Blog)にリンクを貼らせていただきました。

差支えなければ、mariさんのブログに私のサイトをリンクしていただけると大変
うれしいです。

ドラマな人々@遊Blog
http://drama-haiyuu.seesaa.net/

是非、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/52490834

この記事へのトラックバック一覧です: 《全開ガール》#06:

» 全開ガール #06 [ぐ〜たらにっき]
『正面突破で行こう!人生初の告白だから』 [続きを読む]

» ドラマ「全開ガール」 第6話 感想「正面突破で行こう、人生初の告白だから」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
これはまさか嫉妬---------------!? 嘘だ!! そよ子と草太のキスシーンを目撃してしまった若葉は、激しく動揺する自分の中の感情が信じられない。 そして知らぬ間に涙が出てくる。 そこでようやく自覚したのだ。 「こんなにも好きだったんだ・・・」 続...... [続きを読む]

» ドラマ「絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~」第... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
人生の尺図-----------!!亡くなった有働という人のコレクションの中から美術の貴重な絵画が見つかる。それはアジュールの3部作。だが、それを人殺しまでして奪った凶悪犯たち。盗まれ... [続きを読む]

» 全開ガール六話感想 [NelsonTouchBlog]
寝不足で、しかもすいか割りなんてして、グルグル回ってしまったもんだから倒れてしまったガッキー(新垣結衣)。だが、やさしく介抱してあげた錦戸亮が、寝ているガッキーに告白。そして・・つられてうたた寝していた錦戸に、あとから来た蓮佛美沙子がキスをした。。それを見てしまったガッキー!で、、今回大波乱が起きるのか!?って思っていたら。 「・・好きですけど、恋愛対象ではありません。他に好きな人がいます。ごめんなさい。」って振っちゃってんですけど・・錦戸(唖然)一番いい子だと思っていた蓮佛美沙子、一応...... [続きを読む]

» 全開ガール 第6話 [ぷち丸くんの日常日記]
保育園では、子供たちが行う遊戯の配役が決まる。 王子役を演じるのはビー太郎(高木星来)で、ヒロインの姫役には日向(谷花音) が決まるが、日向は自分の役を他の子に譲り、魔女役に立候補する。 しかしその後、昇子(薬師丸ひろ子)、日向と食事をした若葉(新垣結衣)は、... [続きを読む]

» 全開ガール (第6話 8/15) 感想 [ディレクターの目線blog]
7/11からフジテレビで始まったドラマ『全開ガール』(公式)の第6話『正面突破でいこう! 人生初の告白だから』の感想。 お話は悪くない。けど、テンポが悪い… ストーリーは6話中で最も月9らしく、ラブコメ&ほのぼのホームドラマの乗りで面白かった。しかし、全体を通してノロノロした感じで、倍速再生が丁度良いような演出だった。理由は幾つもあるが、やはり回想シーンの使い過ぎ。これで物語が行ったり来たりした印象が強くなる。 ※但し、回想シーンは脚本上で指定されている場合もあるから、一概に演... [続きを読む]

» 全開ガール 第6話 [ドラマハンティングP2G]
「正面突破で行こう!人生初の告白だから」 鮎川若葉(新垣結衣)は、山田草太(錦戸亮)にキスをする汐田そよ子(蓮佛美沙子)を目撃。ショックを受けて、保育園を飛び出していく。そして、家に戻ると涙を流し、草太が好きなことを自覚する。 翌朝、弁護士事務所では、桜川昇…... [続きを読む]

» 「全開ガール」子供嫌い女弁護士VSイクメン6若葉は草太への気持ちを再確認し告白しようとしたが元妻の登場で本当の気持ちを伝えられなかった [オールマイティにコメンテート]
15日ドラマ「全開ガール」第6話は若葉が草太とそよ子とのキスシーンを観てしまい動揺して保育園を飛び出してしまう。翌日そよ子は草太にフラれた事を告げて、若葉はそよ子に草 ... [続きを読む]

» 2011年夏ドラマも後半戦、どのドラマを楽しんでいますか?(o^-^o)  「全開ガール」第2話~第6話 [ひろくんのほのぼのコラム ( ^_^)_∀]
 2011年夏ドラマも後半戦。 皆さんはどのドラマを楽しんでおられますか?(o^ [続きを読む]

« 《花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス 2011》#06 | トップページ | 《IS~男でも女でもない性》#05 »

最近の写真