無料ブログはココログ

« 《ドン★キホーテ》#07 | トップページ | 《全開ガール》#08 »

2011/08/29

《花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス 2011》#08

『第8話』(あらすじ)

突然7日後に解体工事が決定した中、中津の母が上京し中津を家に連れ帰ろうとする。
佐野の父も現れ、家族との確執が露呈し、学園の未来にさらなる暗雲が・・・
瑞稀(前田敦子)と佐野(中村蒼)の親しげな様子を見るのがつらい中津(三浦翔平)は、サッカーに集中しようと決意。一方、佐野と学園を最後まで見届けると決意した瑞稀は、気合を入れるため空手部に入部する。

cast

芦屋瑞稀・・前田敦子
佐野 泉・・中村 蒼
中津秀一・・三浦翔平
難波南・・桐山 漣
関目京悟・・山田親太朗
萱嶋大樹・・柳下 大
中村千里・・西井辛人
野江信じ・・鈴木勝大
天王寺恵・・満島真之介
姫島正夫・・徳山秀典
神楽坂真言・・佐藤祐基

「悪かったよ、お前が戻ってきて・・・嫌じゃなかった。」佐野に言われて、2人でラストダンスを踊っていた。そっと見ている中津。・・・つらいなぁ~weep

佐野に、はちみつレモンを差し入れ、また中津を焼かせた。サッカーが恋人みたいなことも中津は言っていた。

瑞稀は、意を決して、空手部の門を叩いた。
天王寺は、瑞稀に、部員たちの練習着を洗わせた。
道場に座らせ、
「強くなりたいとお前は言ったな。」

「は、はい。怖い物など何もないと思えるようになりたくて」

「今俺が、なぜこうしているか分るか
大事な試合を控え、 恐怖を感じているからだ」

「先輩も恐怖を・・・・」

「空手の目指す所は心を鍛えることだ。
どんなに稽古を積んでも、体を鍛えても
それが強さの源にはならんのだ。
真の強さとは、恐怖や不安といった自分の
弱さと向き合う中で初めて得られるもの。」

「弱さと向き合う・・」

「嵐に屈することもなく大木のように しなやかに
それを受け止めること。真の強さとは、 
そう言うものだ。」

練習を終えた中津に、仲間が2人、辞めると申し出た。
新しい学校での練習に参加するというものだった。
快く中津はそれを許可した。


中津のおかんが中津をどうしても家に連れ帰ると、上京してきた。
初め、難波先輩が、あと30日猶予期間があると話すと、学校からの連絡だと、12日から、解体作業が始まると書いてあった。
それを見せられて、寮の皆が納得がいかない。寮長トリオが理事長に面会しても、なぜこんな汚い所に固執するのかと言われてしまう。とにかく驚く結果を出すと、考えが変わるかもしれないと言われた。結果を出さねば・・・

おかんが練習場に来ていた。ここに来てから、学園生活は、サッカーにささげると決めたから、、と答える息子に、おかんは、自分が決めた道を行くのが一番幸せかもしれないと、思った。だが、その道が切れかかってる。そういう時はどうすると聞かれてしまった。

瑞稀が洗濯物を抱えている所に、神楽坂が来て、佐野の居場所を聞いた。走りに行ったと答えると、練習時間が変わったと知らせてくれと言われた。そして、一緒にいたのが、佐野の弟 森(しん)と紹介された。
佐野は、練習の時間割を見て、そこに父親がいることに驚いた。
練習は、かなりぎくしゃくしていた。弟は、兄が家を出たので、今は、超模範的な生徒で、居る事を強調。もっとメジャーになると言うところで、父の元を去ると決めているようだった。1人でさっさと逃げ出しておいて、いまさら、兄き面かよ!と兄には全て、挑戦的だった。

佐野を探すが、また走りに行ったと言われた。
天王寺のユニフォームに、ゼッケンを縫いつけていても気が気でない、瑞稀。
やっと戻った佐野に、大丈夫かと声をかけると、ベッドにの転がりながら
「オヤジのせいで、俺の家族が壊れた。
許せねえんだよ」
そう言って背中を向けた。

道場で、自分に勝つために、必死に、型を整えている時、天王寺が腰をひねった。
痛がる天王寺は、試合に出られなくなった。梅田医師が、ドクターストップをかけた。
皆が天王寺を運んで行く時、瑞稀は、大きなため息をついた。
天王寺が試合に出られなくなっただけではなそうだなと言われた。
佐野の事を話すと、家族の問題は当人にしかわかんねえことだが、だからって腫れものに触れるようにしてると、ますます事は厄介になる。ここにいるって腹くくったんだろ、お前。
梅田にそう言われた。

合同練習が始まった。
瑞稀は、佐野に、はちみつレモンを作ってもっていきかけたが、廊下で男とぶつかった。胸に汁が掛った。その人は「佐野さん」と呼ばれた。慌てて、汚した所を洗う瑞稀。
ぺらぺらと、おしゃべりしながら洗う瑞稀。
「私にも君と同じ年頃の息子が2人居るんだが
、もう長い事話してないな。
恥ずかしい話、正直に腹を割って話したことなど
一度もないかもしれない。
正面から向き合おうとしない私が悪いのは分ってるんだ。
あ、すまない、見ず知らずの君に聞かせる話じゃなかったね。」
父もそれなりに苦悩していたと分かった瑞稀。
レモンのはちみつ漬け、また差し入れしてあげるといいよ、
私も妻によく差し入れしてもらったと、楽しそうに語った。

途中でたった1人でぼーっとしている中津を見つけた。
カラ元気で接する中津だったが、実の所、どうしていいか分かっていなかった。

3寮のオスカー達も、1寮のバスケも初戦敗退。
天王寺は、車イスだし、皆行き先を見失っていた。
難波は、桃郷学園の生徒たちに、署名なんか集めてどうなると言われたが、彼なりのポリシーがあった。食堂で、ヤケ食いするオスカーや、消沈する天王寺や他の生徒たちに言った。
「忘れてねえか?今日が何の日か。」

全員で外に出て夜空に舞う、花火を見た。
去年の思いが皆の胸に湧き上がっていた。

トレーニングルームで、1人黙々とトレーニングする佐野。そこへ父が来た。
粘りが出ている、跳び方も進化している。今度の大会はどこの選手で出るんだと聞かれた。桜咲学園の生徒として出ると頑固に答えた。先の見えない学校にこだわってどうするんだと言われた。終ったものは、終わったものとして覚悟を決めろとまた言われた。
「それ言いたくて来たのかよ。
お袋が死んだ時と同じじゃねえか。
アンタ言ったよな、あの時も。
終わったものはしょうがない。
そっからだったよな。
アンタが俺や森に 記録ばっかり求める様になったのは。
アンタは、俺や森がなにを思ってるか何て考えたこが
ないんだろう。
あんたに取って大事なのは、息子がハイジャンで、
イイ記録残すことだけなんだろう。それで
アンタが満足したいだけなんだろう!」

「そうだな。その通りだ」

話し合いは、決裂・・・

花火を見ていて難波は、
「奇麗だよな。
こんな気分なのに、こんなにきれいなのにな
すげえよな、。先も見えねえ中真っすぐ飛んでって、
こんなに大きく、みんなを照らしてさあ、
俺たちマジでもう、そうはなれねえのかな」(難波)

「なれますよ。なれねえなんて俺は思いたくない」(中津)

「だよな。
こうやっておなじもん見て感動してる仲間だもんな、。
今までだってそうやってきたんだし。」

「諦めるのはまだ早いです」

瑞稀は、ジュース取ってくると言って泣き顔見られないように戻った。
そこへ佐野が戻ってきた。
お父さんと、腹を割って話せば、きっと誤解が解けると諭す瑞気に、今しがたの変わっていない父を重ねて、人の心に土足で入ってくんなと、怒られた。泣く瑞稀。
中津は、思いっきり泣け、俺がここに居てやる。泣くほど辛いことなら、泉止めて俺にしとけよ。そう言って後ろから瑞気を抱きしめた。

3寮とも理事があっという記録を出せるとは思えないから、他に打開策は無いんですかね。あまりに寮がボロボロだから、気が滅入りそうです。

*****
今までの感想は、こちら

« 《ドン★キホーテ》#07 | トップページ | 《全開ガール》#08 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

cafemさんww さん。
いらしゃいませ。

>いつもイケパラみてて佐野意地張りすぎwwって思ってます*

彼は、彼なりに、父に反発していたから、あんなに頑固に、
ガードしていたのでしょうね。
本当は、とても優しい子なんですよ。

いつもイケパラみてて佐野意地張りすぎwwって思ってます*

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/52594410

この記事へのトラックバック一覧です: 《花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス 2011》#08:

» 前田敦子「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス」第8話と「華和家の四姉妹」第8話 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「華和家の四姉妹」第8話と 「イケメン☆パラダイス」第8話 【 イケメン☆パラダイス 】 ストーリーに関してはもはや、感想を思いつきかねます。 此処に至って、佐野(中村蒼)の父・岳彦(鶴見辰吾)や弟・森(横倉拓哉)を出してどうするのって感じ・・・。 中津(三浦翔平)の母・かの子(濱田マリ)のコミカルな路線と、妖怪顔の弟・佐野森の重い路線と、一度に混ぜ混ぜなのがなんか焦点をボカシてるような・・・。 −◆− 前田敦子が、男装女子を演じることを放棄してる気がしてるんだけど、芦屋瑞稀は... [続きを読む]

» 花ざかりの君たちへ 〜イケメン☆パラダイス〜 2011 #08 [ぐ〜たらにっき]
『一週間後、学園が取り壊される』 [続きを読む]

« 《ドン★キホーテ》#07 | トップページ | 《全開ガール》#08 »

最近の写真