無料ブログはココログ

« 《それでも、生きてゆく》★07 | トップページ | 《ジウ 警視庁特殊捜査係》#04 »

2011/08/20

≪美男ですね≫☆06

『彼女は俺のモノだ』(あらすじ)

ナナ(小嶋陽菜)から、女性であることを世間に知られたくなければ廉(玉森裕太)に近づくなと脅された美男(瀧本美織)は混乱し、体調を崩してしまう。その夜、廉は美男が高熱を出していることに気付き、病院へ連れていく。だが、性別が分かることを恐れた美男は、バンドに迷惑を掛けることはできないと診察を拒む。その気持ちを酌んで美男を合宿所に連れ帰った廉は、一晩中、付きっきりで看病する。そんな折、美男はナナから、数日後に行われるプロモーションビデオの試写イベントの席で自分が女性であることを公表するようにと迫られる。イベントの前夜、美男はある決意を胸に、廉たちに手料理を振る舞う。

cast
秋庭美男・美子**瀧本美織 
桂木廉**玉森裕太 
藤城柊**藤ヶ谷太輔 
本郷勇気**八乙女光 
NANA**小嶋陽菜 
出口**六角精児 
橋本**山崎樹範 
馬場**清水優 
トオル**楽しんご 
沢木由美子**能世あんな
水澤麗子**万田久子

あんたまさか、廉を好きなわけじゃないでしょうね!意地悪NANAに言われっぱなしの美男。
言い返したくても、相手が悪い。大好きな廉は、美男が女だと知っていても、A・N・JELLは男性4人グループ。廉が命をかけているのを知っているから、NANAの要求をみんなに言いだせずに、1人悩む美男。

メンバーが駆けつけた時には、強迫はピークだった。今まで修道院で育った美男には、こんなNANAのように意地悪する人には会っていませんから、免疫がありません。
すっかり心をズタズタにされて、座り込んでしまった。
どうしたんだと聞く廉に、NANAは美男さん熱があるみたいといい、お大事になさってくださいねとしらじらしく言って立ち去った。

ま、はっきり言って美男は、廉が好きになっていたし、廉もNANAはタイプじゃないから、避けたかった。そんな美男を見ていてすっかり好きになってしまったのが柊。
大丈夫かと言って手を出す廉をまともに見られない美男。すぐに柊が美男の前に座り、おでこを触って、少し熱いなと言った。無視された廉は、すぐに顔に出します。
帰宅しても廉にうつすと悪いからと、リビングのソファで寝ていると、叔母に開け渡した美男の部屋で寝たらと言った。メンバーが捜して皆で顔を出した。廉は、体調管理もプロの仕事だろうにと、言った。柊は、
「そんなキツイこと言っても、しかたないだろ。
今はゆっくり休めよ。美男。
・・・早く良くなれ、お前が苦しそうにしていると
見ているだけじゃいられなくなる」

夜中になり、水を飲みにキッチンに行った廉。大丈夫かなと気にしていると、冷蔵庫の横に美男が立っていて驚いた。
水飲みたくて、へへと笑って、気を失った。額を触って、凄い熱じゃねえかしっかりしろと言い、車で、病院まで連れて行った。ふらふらの美男を病院で下ろして歩けるかと、言うと、
「病院は行きません。
診てもらったら私が女だってバレます。
そしたら、大変なことになる。
迷惑をかけたくないんです。」

「そんなことを言ってる場合じゃねえだろうが!」

「いやなんです。私なんかのために廉さんが、傷つくのが。」

「俺の事はいい。
今はお前の体の方がずっとずっと大切だろうが!
行くぞ!」

「廉さん言ったじゃないですか
廉さんはA.N.JELLに命を懸けてるって
病院に行けば、全部なくなっちゃいます。
廉さんの大事にしている物が全部。
そんなの耐えられない。
だから病院にはいきません。絶対に」

そう言うだけ言って、気を失った。そんな美男を抱きかかえて廉は戻った。
柊に、俺も手伝うとと言われたが、俺が見るから心配しなくてと言われ、悔しい柊。

震える美男にもう一枚何か掛けるものはとクローゼットを開けると、洋服は、何も掛っていなかった。毛布を引っ張りだしたら横の袋が落ちた。中から、原宿に行った時の服が落ちた。「これ1着しか持ってないんだよな。・・・」

長い夜が明けた。
飛び起きた美男は、横の椅子にもたれて寝ている廉を見つけて周りを見回すと、水やタオルが積んであった。
「ずっと看病してくれてたんだ。」

気配に起きた廉は、具合はどうだと聞いた。

「少しだるいですけど、熱は下がったみたいです」

「そうか、ならよかった。」ほほ笑む廉を見て、また美男は“ブタウサギ”をした。
鼻を押し上げる右手を外し、
「オイ、大事な話だ。良く聞け。」

「はい」

「俺はお前を見直した。」「え?」

「すげえ苦しそうだったのに
自分のことよりA.N.JELLのことを一番に考えてた。
ちょっと感動したっつうか・・・
だから俺は、お前を受け入れることに決めた。」

「え?」

「これからは俺がお前を守ってやる。
1人で抱え込むな、何でも相談しろ。
分ったか!」

「ありがとうございます」

「泣くな」

「熱は下がったな、ジャ俺は少し寝て来る」

だけど、美男は、NANAの強迫を言えなかった。

水沢麗子は、昔の曲にこだわり、作曲者桜庭か、遺族を探させた。すると、美男の叔母に行き当たった。桜庭は亡くなり、遺児の双子は、連絡が取れないと借金まみれの叔母は言った。これで曲が売れれば、印税ががっぽり入ると、喜んだ叔母。

家には、勇気と美男だけだった。勇気は、おかゆを作って美男に食べさせた。
廉は、『変装用に』もう1枚美男の女の子用ドレスを探しに出た。『プレゼント』ではなくと必死に自分に言い聞かせていた。ドレスを見るたびに美男が来ている妄想は楽しかった!

柊も、美男へのプレゼントを探していた。

風邪のときはリラックスした方がいいからなとアロマキャンドルを貰った。
そこに、NANAから電話がかかった。
どうしても、美男が女だと公表させたいNANA.

悩む美男。そこへ廉がドアをノックし、
「何かあったら、使え」と言い残して紙袋を渡した。

姿見に映してステキ~、ホントにカワイイと言えたが、涙がこぼれた。
NANAの言葉が、頭に反響した。「そこで言ってくれる、私は女だって」

<院長様。廉さんからのプレゼント、とっても嬉しいのに
 哀しすぎます。>

控室に、慎吾ちゃん登場。お!なんとトリプルシンゴsign03

テンションが高すぎてメンバーにはどうリアクションして良いか分からなかった。

安藤社長に呼ばれて
「いよいよだな~美男、あのファンタスティックな
映像をお披露目する日がついに来たんだ。
明日は他のメンバーは呼ばない、ユー1人の
晴れ舞台だ。頑張れよ!テンション低いなどうしたんだ」

秘書の沢木に社長は興奮しすぎですとたしなられた。

「そっか、ソロデビューが不安なんだな。
なあ、美男。俺はな 奇跡だと思ってるんだ。
お前と廉 柊 勇気 才能あふれる4人が
今この時代に 一つのチームになったことがだ。
だから俺は、全身全霊で お前たちを支える
才能だけじゃない お前がメンバーになってから
どれだけ努力してきたかを 俺はしっかり
見てきた。だから美男 お前は自分を信じて
突き進んで行けばいいんだ。
明日は全力でぶつかっていけ。
相違すれば必ず 成功する。」

「社長・・・」

「お前達は俺の誇りだ」

そう言ってくれた社長に、見えない所で、
「今までありがとうございました。
ホントにごめんなさい」と頭を下げた。

夜は、メンバーにお礼の意味も込めて、各人の好きなものを振る舞った。
勇気には野菜のカレー。
柊には、パスタ。
廉にはのどにイイ、生姜とはちみつ煮。

「風邪をひいたときのお礼」と言った。

「美男。お礼をしてくれるのは凄くうれしいんだけど
あまり気を使うなよ。
お前が体調悪ければ心配するのは当然だし。
ちっとも迷惑なんかじゃない。」

「柊さん、」

「つうか、美男のめんどう見るの楽しかったし」

「勇気さん」

「俺たちは仲間だからな」

「廉さんがそんなこというなんて」

「俺も驚いたよ」

「うるせえよ!」

サラダを取りにキッチンへ行った美男、胸が詰まった。

「これでホントに皆に会えない
廉さんに会えない・・・」

廉の部屋をノックすると、空を眺めていた。
「何してるんですか?」

「俺にも星が見えるかなと思って
今日も星は出てるのか?」

「はい、出ています。
まぶしくて とってもキレイな☆が」
美男は、廉を見ながら言った。

「そうか」

「廉さん。いつかここでの毎日を思いだしたら
夢みたいだったって思うんでしょうね。
皆さんは星みたいに手に届かない存在だったのに
その中に私がいるなんて。
もし ここからいなくなっても星を見れば
いつでもみんなを思いだせると思います。」

「おまえは見えても、俺には暗いと見えない。
見えないとイライラする。だからいつも
見える所にいろ。」

「けど・・・こんな近くに居ても廉さんには
私が 見えないんですよね。」

廉が動いた。そして美男の右手を握った。

「いくら俺でも、お前が そこにいることぐらいは
わかる」

「え?」

「だからいつも 俺の側にいろ。いいな」

美男は、左手で、廉の握った手を上からそっと握りしめた。
廉と美男は暗い中で見つめあった。

廉の握りしめる手を放し、
「明日、頑張ってきますね。おやすみなさい!」

「ああ、おやすみ」

戻りかけてブタウサギが目に入った。耳に、廉が買ってくれたピンがしてあった。、
美男は、そっとピンを外した。

マネージャーから、美男が見えなくなったと、メンバーに連絡が行った。
美男1人の記者発表だったが、とりあえず3人一緒に行けば美男が遅れてもどうにかなると出掛ける用意を始めると、廉の部屋のブタウサギの耳につけておいたピンがなくなっていた。廉は、美男の部屋を見ると、紙袋に、あのドレスは無かった。
会場に、白いドレスを着てハイヒールを履き、ピンをつけた美子が入って行った。

廉たちも到着、あまり待たせるわけにもいかずPV試写会を社長は強引に始めた。
会場が暗くなり、鳥目の廉は、途端に見えにくくなった。
早く捜さないと、と焦る廉。
2人に頼んだが、

「女を探せ。白いワンピースの女だ
その女が美男だ。
アイツを連れてすぐ出ていくんだ。
俺は外を見てくる。」

「柊さん、美男が女って?」(勇気)

「とにかく今は廉の言う通り、捜そう。」
そうは言ったが、廉も美男を女と知っていたことで柊はショックだった。

外を走って捜す廉の前を白いドレスが階段を上がって行った。
確かに廉のプレゼントしたのを来た美男だった。
ドアを開けて会場に消えた。すぐ前にいるのに見えない廉。

「俺のそばに!
良く見える所にいろと言っただろ!」

後ろから廉の声が突然してぎょっとなった美子。
会場は騒がしくなった。

「廉・・・さん」

振り返ってそこに見た
「廉さん、私の事 見ないでください」

会場が明るくなった。
廉は自分をじっと見つめる美子がそこにいるのを知った。
美子の体が揺れた。柊が抱きしめた。美子の顔を隠すように。
会場は騒然となった。

「俺の・・彼女です
秘密にしてましたが恋人です」

秘密のはずだった美男が、実は美子だった事を知っていたのが、柊。でもこれで、
メンバーは全員知ることとなりました。
美子を中に恋のバトルが始まります。

*****
今までの感想は、こちら
  

« 《それでも、生きてゆく》★07 | トップページ | 《ジウ 警視庁特殊捜査係》#04 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

児島洋菜ではなく小嶋陽菜です

cafe神友だいすきさん。
とても魅力的なドラマですね。
原作の方がもう少し長いので、見比べてまた楽しむのお勧めです。
傲慢だった廉が、「俺を好きになってもいい」というんですから
変われば変わるものです。
A..N.JELL は、みんな愛すべきメンバーですよね。

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ次回は廉が美男にキスkissmarkをしちゃんですねlovely次回の予告でゆってました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/52518492

この記事へのトラックバック一覧です: ≪美男ですね≫☆06:

» ドラマ「美男ですね」第6話感想「彼女は俺... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
美子が風邪でダウン-------------(><)NANAに言われた言葉が胸に突き刺さる。もう廉には近づかないで。A☆N☆JELLは終わりよ。だが、連日のハードスケジュールで、ついに... [続きを読む]

» ドラマ「美男ですね」 第6話 感想「彼女は俺のモノだ」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
美子が風邪でダウン-------------(><)lt;emoji code=quot;h263quot; /gt; NANAに言われた言葉が胸に突き刺さる。 もう廉には近づかないで。 A☆N☆JELLは終わりよ。 だが、連日のハードスケジュールで、ついに美子は倒れてしまう...... [続きを読む]

» 瀧本美織「美男(イケメン)ですね」第6話〜香取慎吾「ほげー」でガックリ [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「美男(イケメン)ですね」第6回 A.N.JELLを激励にSMAPの香取慎吾(本人)がやってきた。 なぜかその場で映画『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!』の話題が出て、香取慎吾が「ほげー」と両さんギャグを披露。 柳沢慎吾も”警察無線ネタ”を披露し、さらには楽しんごが「ドドスコ・・・」を始めて、香取慎吾と柳沢慎吾も並んで「ドドスコ・・・」 コケたドラマ『こち亀』をなぜか映画化して、こんなところまで浸食して映画の宣伝・・・。 (まだ映画館で流れて... [続きを読む]

» 美男ですね 第6話:彼女は俺のモノだ [あるがまま・・・]
このあとどうなるの???〜〜〜(ノ≧ロ)ノヒィィィィ〜 あんなに注目を浴びたまま、美男の顔を隠したままあの場から退場出来るのかしらん? だけど、柊の恋人宣言のおかげで試写会に美男が来なかった事より、こっちの話題で 持ち切りになるだろうから、柊のこの機転は事務所にとっ...... [続きを読む]

» 「美男ですね」第6話 [またり、すばるくん。]
第6話「彼女は俺のモノだ」     [続きを読む]

» 美男ですね 第6話 [ぷち丸くんの日常日記]
ナナ(小嶋陽菜)から、女性であることを世間に知られたくなければ廉(玉森裕太) に近づくなと脅された美男(滝本美織)は混乱し、体調を崩してしまう。 その夜、廉は美男が高熱を出していることに気付き、病院へ連れて行く。 だが、性別が分かるとことを恐れた美男は、バンド... [続きを読む]

» 美男(イケメン)ですね 第6話 [ドラマハンティングP2G]
「彼女は俺のモノだ」 美男(瀧本美織)が廉(玉森裕太)に好意を寄せていると気がついたNANA(小嶋陽菜)は美男に対する激しい嫉妬心が爆発。 美男はNANAから廉に近づかないようきつく詰め寄られ、それが出来ないなら女であることを世間にバラすと脅される。NANAの脅しに…... [続きを読む]

» 美男ですね 第6話 [レベル999のgoo部屋]
『彼女は俺のモノだ』 内容 美子(瀧本美織)が廉(玉森裕太)に 想いを寄せていると知ったNANA(小嶋陽菜)は、“近づくな”と言い始める。 出来ないなら、女であるコトをばらすと言うのだった。 動揺する美子は、それが元で体調を崩してしまう。 合宿所に連れ帰り...... [続きを読む]

« 《それでも、生きてゆく》★07 | トップページ | 《ジウ 警視庁特殊捜査係》#04 »

最近の写真