無料ブログはココログ

« 《チーム・バチスタ3アリアドネの弾丸》☆04 | トップページ | 《それでも、生きてゆく》★05 »

2011/08/04

《全開ガール》#04

『あなたは私にとって災いです!』(あらすじ)

新堂(平山浩行)と高級フレンチレストランで食事をしていた若葉(新垣結衣)は、前菜のおいしさに驚く。すると、新堂はその言葉をシェフ(大堀こういち)に伝えた方がいいと、マネジャーに声を掛けた。やがて、シェフと共に草太(錦戸亮)が現れる。手伝いで呼ばれたという草太を、シェフは才能ある料理人だと紹介。驚く若葉に新堂は、レストランで働けるだけでも名誉だが、前菜を任されるのは腕を見込まれた証拠だと語る。若葉は、それほど才能のある草太が、なぜレストランを辞めたのかを気に掛ける。

cast 

若葉 新垣結衣
草太 錦戸亮

新堂 平山浩行
昇子 薬師丸ひろ子

新堂に付き合わないかと言われ、一抱えもあるバラの花束を貰い、さらにキス・・・
これで、草太との忌まわしいキスの記憶も無くなると若葉は信じていた。
折角草太が、美味しい料理をお礼として持って行ったのに、カラ振りで、帰りがけに、2人のキスを見せつけられた。そのまま帰ろうと思っていたら、自転車をぶつけて、倒れた。おまけにせっかく作った料理を全部ぶちまけた。
またあなたですかと冷たく言う若葉。「どろんこ開き」のお礼を持ってきたんですが、ともうすっかり消沈の草太。公園に落ちた料理を拾いだした。

「そんな物、結構です。
私は、新堂先生とお付き合いすることに決めました。
新堂先生は高い志と、夢を持って私と一緒に 歩いて行ける人です。
新堂先生に 誤解を招くような事は、2度としないでください。」

「スイマセン。余計な事でしたね。
おじゃましました」そう言うと、自転車を引いて、消えた。
グリーンピースが一粒、拾い残して落ちていた。

翌日は、初任給。諸経費を引くと、約6万円が自分に使えると分かった。
セレブに見えるような洋服をネットで捜すが、分からない。そこでそよ子に付き合わせて買った。赤いスカートに白い上着で中身が変わっていないのに、男たちが振り返った。
日向にまで、あきれられた。

新堂が口添えして、水着の訴訟を任せられた若葉、かなり頑張っていたが、姿を見て昇子が男が出来た?と嗅ぎつけた。どうせ2,3年しか恋愛はもたないからと、2人で、話しているのを同席したそよ子が憤慨して聞いていた。憧れの草太に絶対告白すると若葉に言った。
新堂と食事していて、前菜があまりに美味なので、感激している若葉。それをシェフに話そうと呼ぶと、横に草太がついてきた。前にこの店で働いていた草太だったが、ビー太郎のために、辞めたいきさつがあった。今回は、急にシェフが、休んだために助っ人を頼まれていた。一流の料理人と知って若葉の心は揺らいだ。

このレストランで働くのってそんなに大変なんですか?と新堂に聞くと、フランス料理にも格付けがあって、ここに雇ってもらえるだけでも大したもんだ、前菜を任されると言うのは、なかなかだと言われた。見習いのアプランティから始まり肉を裁いて下処理する係のブーシェ、冷たい前菜のガルドマンジェ、」温かい前菜を担当するアントルメティエまで行けたなら料理人として期待されていたってことだ。

そこに携帯のバイブが鳴った。資料が届いたと連絡が来て、席を立った。
草太が、紙袋に、タッパー入りの残りの分をつめてくれた。それにも反発していたが、受け取った。仕事途中で、空腹に我慢ができなくて食べてみた。美味だった。何で仕事を諦めたのだろうと思った。
また徹夜になり、それでも頑張った甲斐があり、クライアントとの交渉は、賠償がとても安く済んだ。
仕事はちゃんとやるのねと昇子に言われた。
ビー太郎を連れてイクメントリオがゴルフレッスンに向かったが、ちょっと目を離したすきに、ビー太郎が消えた。

草太が、支配人に明日、リヨンのオーナーが店に来るから、本気でやる気があるなら、来いと言われた。若葉に逃げずにもう一度やってみると電話した。
職場にビー太郎が消えたと連絡が入り、若葉にもそっちへ行っていないかと電話があった。新堂とのデートどころではなくて、、とりあえず、自宅に戻ってみると、ビー太郎がいた。
ビー太郎がいたために、草太が夢を諦めたと言ってしまった若葉が、責任を感じていたら、ビー太郎は、ダンゴ虫を捜して、見つけて持ってきた。お父をダンゴ虫と呼ぶけど、園長先生は、ダンゴ虫は、土を浄化してくれるとても役に立つ虫だと教えてくれた。
若葉にビー太郎はもう一度ダンゴ虫を見せに来たのだ。
後から駆けつけた草太。前は、ビー太郎を出して逃げていたが、今は、夢よりもっと大事なことがあると分かったと言った。若葉は、足元の幸せも金が無ければ、成り立たないと冷たく言った。
ル・佐藤へ戻ると、イクメントリオ達が集まっていた。そこにそよ子もいた。
顔を合わせると、ドキドキするし、さらに腹も立つ。ビー太郎は、園長先生が”恋災い”と教えてくれたし、日向もそうだと言ったと若葉に教えた。教えられて、初めて恋をするとはこういうことを言うんだと知った。
それでも強気な若葉は、それを認めたくなかった。
出てきたのはそよ子。ささやかな幸せの輪に入れてくださいと告った。

ちっとも可愛げのない、人間味の薄い若葉。どうも魅力は乏しいです。
昇子みたいな責任者だと、全てお金に換算になり、面白みはさらに半減。
草太の周りのイクメントリオ達がとっても生き生きしてます。

*****
今までの感想は、こちら


« 《チーム・バチスタ3アリアドネの弾丸》☆04 | トップページ | 《それでも、生きてゆく》★05 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/52385635

この記事へのトラックバック一覧です: 《全開ガール》#04:

» 全開ガール 第4話:あなたは私にとって災いです! [あるがまま・・・]
そよ子が告白!w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!! そして若葉は草太の事をめっちゃ意識してるのに災いだなんて・・・ 草太は完全に若葉を好きっぽいけど、彼氏がいるって勘違いしてるしなぁ。 一応付き合ってはいるようだけど、若葉的にはお試し期間らしいし、 理想の未来に近付くの...... [続きを読む]

« 《チーム・バチスタ3アリアドネの弾丸》☆04 | トップページ | 《それでも、生きてゆく》★05 »

最近の写真