無料ブログはココログ

« 《花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス 2011》#04 | トップページ | 《チーム・バチスタ3アリアドネの弾丸》☆04 »

2011/08/02

《IS~男でも女でもない性》#03

『私の居場所なんてどこにもない』(あらすじ)

春(福田沙紀)は、美和子(剛力彩芽)からタトゥーを入れたいので付き添って欲しいと頼まれた。
理由を聞かれ、自分はこの世界にいる価値のない人間、不適合者なのだと話す美和子の姿に心を痛めた春は、意を決して自分のことを打ち明ける。
春の予想に反し、美和子は事実を知ってもたじろぐことなく、春が秘密を打ち明けてくれたことを喜んでくれた。
ところが翌日、春のもとに美和子から母親に監禁されていると助けを求めるメールが届いて…。

cast

星野春福田沙紀 
相原美和子剛力彩芽
宮原和江(陽子の母)丘みつ子
星野武雄(太郎の父)勝部演之
星野節子(太郎の母)泉晶子
星野夏(春の妹)山谷花純
岡村郁夫(小児科医)山本戟
長倉真希(看護師)小林綾子
星野太郎(春の父)高橋ジョージ
星野陽子(春の母)南果歩

<俺の名前は星野春 
 ISという、男でも女でもない体の構造を持って生まれた
 性別は時期がきたら自分で決めればいいという 両親のもと
 俺は、男として育った。
 でも高校入学と同時に、体は急速に女性化が始まった

 学校で知り合った同級生の相原美和子が
 何不自由ない家庭で育った普通の女の子に見えた。
 でもそんな美和子の意外な一面があった。

 腹が立った。俺は・・・無性に腹が立っていた。>
 

「はなして!」

「何で、あんな事するんだ。」

「私も不適合者だから
うちの親だって、私を消そうとしてる。
私にはいる場所が無い。
この世界に居る価値が無い」

パシっと、春は、美和子の頬を張った。
「美和ちゃんはごまかしてる。
自分から逃げたいためにそうやってウソついて。」

「じゃあ、春ちゃんは、ウソついてないの?」

言われて春は答えられなかった。
「ホラ春ちゃんだって。」

「ホントはウソとか嫌なんだ。」

「え?」

「ウソ付いてる限り、こうやってこんがらがるだけだし
誰かが俺のことを 分かってくれるってことも
きっとない。だから 美和ちゃんには、本当の事を言う。
俺は、・・俺は・・・IS なんだ。」

「IS ?」

「インターセクシャル 男でも女でもない。
グレーゾーンの性別。
俺には、男の特徴と、女の特徴 両方有るんだ。
でもどっちも完全じゃない」

「どういうこと?」

「産まれた時、精巣と、卵巣、両方あったんだ。
俺のココは、自分は、男だと思ってる。
いきなりそんなこと言われてもわかんないか。
まあ 女だと思ってたのが、 いきなりそうじゃないなんて
キモイと思われてもしょうがないし・・・」

美和子は、嬉しいと言った。そんな大事な事を話してくれて、、秘密は、絶対話さないと言って、帰宅した。美和子の母はかなりイラ付いていた。翌朝、外から鍵が掛けられていた。
サッカー部の男子伊吹が、声をかけてきたが春を、色気ゼロと言った。
伊吹が下げていたサッカー選手 ガトナモを春も好きだったので、かなり盛り上がった。今度一緒にサッカー観戦まで行ったが、担任に、聞かれた。

美和子は、何かいわくありげに、家に監禁されていた。

サッカーの試合は、楽しかった。ガトナモのDVDがあると言われて、家まで押し掛けると言う春。それでも始めて男の友達ができると張り切っていた。

美和子は、母のお仕着せのドレスを、引き裂いて脱いだ。

伊吹の部屋に行くと、父が、さっき掛って来た電話の件で出掛ける所だった。
伊吹が、DVDを持ってきた。興奮気味で見ていたが、その中に写真が1枚あった。あわてて取り上げた伊吹。何も聞かないので、なぜ聞かないのかと聞いた。春も言えない秘密を持っていると言った。だから無理に言わなくていいと言うと、伊吹は、春をうしろからから抱きしめた。びっくりして部屋を飛び出す春。追いかける伊吹。
春は、息吹に
「俺、嬉しくて、
星野は写真の事 何も聞かないでくれたろ。
それがすっごい嬉しくて。
でももうこういうことしないから。
おまえといると、単純に楽しいし、男とか女とか関係ない。
だから、ごめん。」

<男とか女とか、関係ない。その言葉を聞いた途端。
 なぜか俺の心臓は、 ギュッと締め付けられてみたいになった。>

でもいつかおまえに話せたらいいな、いつか。そう言ってくれた。だがそれで、美和子の事が気になった。今日はありがとうございましたと頭を下げて行かなくちゃと、美和子の家に急いだ。美和子は、春に助けを求めていた。なぜそれに気付かなかったんだろう?

美和子は出掛けていると、母は言った。閉めようとするドアを押しのけて、春は、中に入った。かすかに物音がした。急いで部屋に行くと、美和子が手首から血を流し、倒れていた。早く救急車!と叫ぶ春。美和子を抱きかかえて呼びかけた。

「・・・私も・・・ISなの・・・」

だから、薬を飲まされていましたね。ただ、医者の薬じゃないみたい・・・

中学の同級生の男子と、サッカーをして、うさばらしを図れるなんて、とっても友人に恵まれてます。両親の教育にもよるんでしょうね。これは、全校生徒が知ったら、村八分、いじめの対象ですよ。そんなに、周りが、両親のようではないと言う事です。

*****
今までの感想は、こちら

« 《花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス 2011》#04 | トップページ | 《チーム・バチスタ3アリアドネの弾丸》☆04 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/52375184

この記事へのトラックバック一覧です: 《IS~男でも女でもない性》#03:

« 《花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス 2011》#04 | トップページ | 《チーム・バチスタ3アリアドネの弾丸》☆04 »

最近の写真