無料ブログはココログ

« 《それでも、生きてゆく》★03 | トップページ | 《陽はまた昇る》#01 »

2011/07/23

≪美男ですね≫☆02

『恋の初ライブ!』(あらすじ)

美男(滝本美織)が本当は女性だと知った廉(玉森裕太)は、その証拠となる動画を社長の安藤(高嶋政伸)に見せると言いだす。焦った美男は、うそをついていたことを必死にわびるが、廉は許してくれない。美男は廉に、自分から安藤に本当のことを告げると約束する。一方、勇気(八乙女光)は、美男、廉、柊(藤ケ谷太輔)のやりとりから、あらぬ妄想を膨らませ、一人で混乱していた。そんな折、美男はマネジャーの馬淵(柳沢慎吾)から、ファンらしき女性(井森美幸)が事務所の警備員に託したという封筒を渡される。中に入っていた写真を見た美男は、その女性は自分の母親ではないかと考える。

cast  
秋庭美男・美子**瀧本美織 
桂木廉**玉森裕太 
藤城柊**藤ヶ谷太輔 
本郷勇気**八乙女光 
NANA**児島洋菜 
出口**六角精児 
橋本**山崎樹範 
馬場**清水優 
トオル**楽しんご 
沢木由美子**能世あんな

ホテル住まいをしていた廉は、美男が女だと、知ってしまった証拠を、美男に見せた。
この動画を、安藤社長に見せると脅された。初めからエーエンジェルはメンバーを増やさない方がいいと、頑固に頑張っていたから、美男を追い出すチャンスとばかりに、社長に見せに行くとエレベーターに乗った。
美男は、締まりかけたエレベーターに手を伸ばして、廉の携帯を取った。
そんなやり取りを、勇気が、柱の陰で見ていた。実は、かなりの妄想家で、見てはいけないものを見たと勇気は思っていた。廉と美男の男同士の痴話げんかと思っていたようだ。

マネージャーの馬淵が、美男に、歌を歌って有名になれば、母親の方から会いに来てくれると言われた事をまだ信じていた。

屋上まで、逃げた美男を負って廉が来た。mobilephoneは2人で取り合いになった。
廉は、この動画を消してもおまえが女である事実まで消せないと叫んだ。
言われて美男は、そうなんだと思って手を放した。廉は、反動で、mobilephoneを放り投げてしまった。
行方は、今建設中の隣のビルのかなり上の階の、ネットが張ってある上に落ちた。
下に行ってみて、見上げる美男は、絶対無理・・・廉の顔を見ると、顎をしゃくって、行けと命令した。必死で登り、携帯を掴んだ。携帯は無事ですと言った途端に、足元のネットが外れた。美男は、鉄棒のように足場にぶら下がった。だが力尽きた。
廉は梯子を探してやると叫んだが、もうダメんと聞いて、俺が下で必ず受けてやるからと、両手を広げた。美男は、上手く廉にキャッチされた。廉の肉布団は、心地よかった。そのまま乗っているとまた怒られた。
廉に、有名になれば、小さい頃別れた母が、会いに来てくれるのではと、謝りながら言ったが、廉は、自分の母、水沢麗子が、自分を捨てて行って、今ころ、やたら、母親顔するのに、腹を立てていた。美男のいいわけを、素直に聞けない廉は、
「俺はお前を認めない。
おまえがついたウソは最低だ。」

「分ってます。明日、必ず安藤社長に話します」
約束したが、馬淵マネージャに話すと、もうバレチャッタカ、早かったねと笑っていた。
だが、安藤社長に話すには段取りがあると言って、近づけなかった。
廉には、美男と会ってから、良い事がない、トラブルメーカーと怒られた。

合宿所に戻り、すりむいた手を消毒しようとすると柊が手当てしてくれた。
まだ売れない頃、アルバイトで、ヒーローショウに出た事があった。かぶり物があれば大丈夫と思っていたが、手違いで、お姫様役しかなかった。2度と女装する事がないだろうからと記念に撮ったと写真を見せてくれた。
美男が、廉とのやり取りで、落ち込んでいるのを笑わすためだった。何かあったら、柊に相談しろとも言ってくれた。このやり取りを勇気が聞いていて、完全な三角関係だと、独り悩んでいた。

翌日も朝から仕事がびっしり入っていた。
リハーサルもあったが、廉に、せっつかれて、社長に面会しようとするが、RINAが、留守と言った。自分が原因で廉に知られたので、不注意だったとRINAは詫びた。

社長にどうしても言えなかった馬渕は、社長に殺される前に、逃げ出そうと、会社を出たが、ガードマンに、美男の親戚と名乗る女から、預かったと言って、赤い封筒を渡された。
慌てて戻る馬渕。

美男は、赤い封筒を受け取った。中には、父と、兄の美男と一緒の美子が写った写真が入っていた。「お父さん!」と叫ぶ美男に馬渕は聞いた通り、青い服を着た中年女性が届けてきたと教えた。もしかしてお母さんが?と思い、そのまま外に飛び出した。
美男加入を反対するファン達が沢山たむろしているイベント会場に、無防備のままの美男が出たからたまりません。人垣で動けなくなった。

それを上から見ていた、廉。何やってんだ、あいつと面白くなかった。
美男は、やっと抜け出して走った。「青い服」を探してお母さんとつぶやきながら、走った。
つい大きな声で、「お母さん!」と叫んだもので、周りに居た一般の人達にもわかってしまった。さらに大きな歓声が上がって、人々がそっちへ走った。
美男が振り返ると、腕を掴まれ、ぐいぐい走られた。廉だった。
早く車に乗れ!と言われたが、お母さんんが来たかもしれないんです。
廉さんには、この気持ち分らないと、言って、腕を振りほどいた。
実は、廉だって、小さい時、母と別れた。その悲しみは、よく知っていた。それを美男に言えない廉。

「分るかよ!、分ろうとも思わねえ!
母ちゃん母ちゃんうるっせえんだよ。
これ以上騒ぎを起こしてバンドに迷惑をかけるな」

その一部始終を週刊誌の記者に撮られた。
戻ると、社長が、廉を探していた。廉は、美男が社長に話があると、言った。
だが、社長は、これから会食があるので、明日にしてくれと断られた。
廉も連れて行かれた。

室内には、テーブルがセッティングされ、なんと、廉の母、水沢麗子がいた。
「はじめまして!」とはしらじらしい。
廉に、昔の水沢の持ち歌をアレンジさせて、もうひと花咲かせようとした。
廉は、即座に断った。が、水沢は、食べながらと、勧めた。仕方なく廉は食べたが、一口でエビが入っている事を知り、席を立った。安藤社長は、廉がエビアレルギーだと話した、水沢に、ご存じおないのは、当然ですと・・・
昔、食べないと言う、エビグランを、父親と同じ頑固さと怒られて、食べて、騒ぎになったのを、水沢は、忘れていた。我が子だから、有名になったので利用しようくらいにしか思わない女だった。

美男は柊に、誘われ、部屋に行くと、素晴らしい料理が乗っていた。
「廉と何が会ったか知らないけど、気にしなくていいよ。
おまえは、エー・エンジェルのメンバーだ。」

「柊さんは、どうしてそんなに優しくしてくれるのですか?」

「俺は・・・俺たちは仲間だ。当然だろ。
さあ、食べよう。」

美男は、一口目に食べ物をこぼした。洗ってくると、洗面所に行くと、そこで唸っている廉を見つけた。「ひょっとしてエビを食べたんですか?」「お前でも知ってる事なのに・・・」
そんな廉を放っておけず、外へ連れ出した。柊には、偶然会った廉が具合悪そうなので、と、会食をキャンセル。がっかりする柊。

廉に水を持って行くと、廉は、美男に母親が会いに来てくれるから歌うと言ったなと聞いた。
「無駄だよ。
おまえは捨てられたんだ。
おまえの事なんかとっくに忘れてる。」

「そんなことない・・・」

「そうなんだよ、思い続けたってみじめなだけだ!
さっさと諦めろ!」

「いやです!
ずっとずっとお母さんに会いたかったんです。
私はお母さんの顔すら覚えてません。
さびしくて いつも星を見てそれがお母さんだと
思ってた。でも・・・絶対にいつか手が届く、
会えるはずだって信じて生きてきた。
お母さんもきっと、そう思ってくれてるって。
だから、 やっぱり・・・会えるまで諦めたくありません。
廉さん、お願いです。私を、エー・エンジェルに置いて
ください。
バンドの役に立てるように、一生懸命頑張りますから。
これは大切にしている母の形見の指輪ですです。
これを預けますから、どうか私を信じてください。」

指輪をはずして廉の手の平に乗せた。

「本気でいつか母親に会えると思ってんのか?」

「思ってます。
心から願えば、夢はかなうって、信じてますから。」

「そうか、だったら、 試してみようぜ。
心から願えば、本当に夢がかなうかどうか。」

言うなり、廉は、池に指輪を放った。
「酷い!大事な指輪だって言ったのに!」

「心から願えば、 叶うんだろう?
だったら、あの指輪 見つけてみろよ!
そしたら、認めてやる。」

「分りました。
絶対見つけます。」

言って、美男は、ずぶずぶと池の中に入った。
廉は、指輪を投げてないように見えるんですけどね・・・

美男は、夜になっても水の中に入ったままだった。
ジョギング途中の廉が、上からそっと見ていた。握りしめた手を開くと、そこには、美男の大事な指輪があった。
いまさら、はいよこれというわけにはいきません。

意地悪な廉ですが、夜が明けると、気になるので、美男を探します。
見えない時は、「だよな」とつぶやいたが、水草の影から、ふらふらの美男が出てきて、倒れたのを見て、水の中へ入った。

「しっかりしろ!」と抱き起こすと、気付いた美男は、廉を見て
「廉さん!スイマセン、また迷惑かけて」

また起きあがって、必死に指輪を探す美男に、
「指輪なら・・・俺が・・・・」
捜してくれたと解釈して美男が、捜してくれたんですね。と言って抱きついた。

「ホントにほんとに ありがとうございます。
「いや、あの・・・」しどろもどろの廉。

「やっぱり、心から願えば、・・・
諦めずに頑張れば、夢はかなうんです!」

いつもの人差し指にはめて

「約束ですよね。見つかったらエー・エンジェルに
残ってもいいって」

「ああ」
大きな咳払いをして廉が
「俺は、お前の秘密を黙ってると
約束しただけだ。初ライブが成功するまでは
メンバーとして認めないからな。」

「はい、頑張ります。」

途端に、今いる自分の状況を知り、潔癖な廉は耐えられなかった。
頭の上には、カエル乗ってるし・・・卒倒した。

救急車に乗せられた、貧血を起こした廉を介抱している美男の写真がインターネットに乗った。
週刊誌の不仲説を払しょくするものだった。
安藤社長は、美男が廉を助けたと言うことにされている、この「出来事」の本当を知らないまま、馬渕とハイタッチして喜んでいた。

リハーサルで、音を外す美男に柊は、最後まで付き合うし、勇気も頑張った。
廉に完璧と言われて、嬉しかった美男は、勇気にありがとうと言って抱きついた。
男同士なのに、どうして、ドキドキするの?勇気は、なぜだか分らなかった。

夜、外で、ギターを弾く廉に
「色々教えてくれてありがとうございました」と礼を言う美男に、

「まだ早い。明日の初ライブ 成功させてから言え!」

「ハイ、頑張ります」

「届くといいな、母親に。」

「はいnote
でもお母さんのためだけじゃなくて
エー・エンジェルのためにも 絶対成功させます。」
廉が、二っと笑った。
それを家の中で、窓のガラス越しに見ている柊。かなり複雑です。

初ライブの日、最終リハの前に、馬渕が、美男を呼んだ。
この間の青い服の人が事務所に来たと言った。話せるようなら話してくるし、後で連絡するからと約束したが、かかって来なかった。リハが終わって、あと30分。そこですぐに、携帯に飛び付く美男。廉が集中しろと言った。携帯は預かると。初ライブも、エー・エンジェルのためにも成功させると言ったなと念押しされた。

初ライブは、無事に済んだ。すると「ミオ!コール」が自然とわき起こった。
社長は御満悦。

廉を探したが、見つからず、柊に携帯を借りた。
馬渕に電話すると、今メールを送ったと言われた。
母親ではなく、叔母だった。
母親は、もうすでに亡くなっていた。
廉も、馬渕のメールを読んでいた。

美男は、走りだした。後を追う柊たち。

廉も、あんなに、夢はかなうと言っていた美男を思った。

人気のない所で号泣する美男。
椅子の背にしがみついて泣いていると、廉がそっと肩を抱いてくれた。
お母さんが、と泣きながら言う美男に、いいからと言った。
勇気と柊が追いついたが、この2人を見て、複雑だった。

美男が、女だと知って、絶対メンバーに入れないと頑張った廉。
女と聞いただけで、母親の嫌悪感でいっぱいの廉でしたが、世間を知らないシスターの卵だった、美男には、心を開き始めました。
ただ、グンソク演じたテギョンは、おシャレで、シャツも、オーダーメードでした。
着ている姿も、素晴らしかった。こちらの廉は、少しブカブカみたいです。

でも、ま、無条件で、楽しみましょう。

*****
今までの感想は、こちら

« 《それでも、生きてゆく》★03 | トップページ | 《陽はまた昇る》#01 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/52286952

この記事へのトラックバック一覧です: ≪美男ですね≫☆02:

» 「美男ですね」第2話 [またり、すばるくん。]
第2話「恋の初ライブ!!」    [続きを読む]

» 美男ですね 第2話 恋の初ライブ!! [レベル999のgoo部屋]
『恋の初ライブ!!』 内容 RINA(片瀬那奈)とのやりとりを廉(玉森裕太)に目撃、録画され、 “美男”が女だとバレてしまった美子(瀧本美織) 必死に謝罪をしようとするが、受け入れられず。 廉「こんな大ウソをついて、人を騙してまで有名になりたいか?   お前...... [続きを読む]

» 美男ですね 第2話 [ぷち丸くんの日常日記]
美男(滝本美織)が本当は女性だと知った廉(玉森裕太)は、その証拠となる 動画を社長の安藤(高嶋政伸)に見せると言い出す。 焦った美男は、うそをついていたことを必死に詫びるが、廉は許してくれない。 美男は廉に、自分から安藤に本当のことを告げると約束する。 一方、... [続きを読む]

» 美男ですね #02 [ぐ〜たらにっき]
『恋の初ライブ!!』 [続きを読む]

» 「美男(イケメン)ですね」(#2) 玉森裕太より「おひさま」#96 高良健吾 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「美男(イケメン)ですね」第2回と「おひさま」第96回 中身が薄くて「美男(イケメン)ですね」だけで感想を書くのはキツイ。 で、翌朝「おひさま」第96回で、いがぐり頭の高良健吾の笑顔を見たら、凄くホッとするというか、爽やかで感じが良い。 「美男(イケメン)ですね」のイケメン玉森裕太よりも、いがぐり頭の高良健吾の方が”心のイケメン”って感じかな・・・。 【 美男(イケメン)ですね 】 我が娘(11歳)が第2話を見終って泣いてる。 美男(瀧本美織)が会いたがっていたお母さんが死んでた... [続きを読む]

» 美男ですね 第2話:恋の初ライブ!! [あるがまま・・・]
展開、早っ!?ヾ( ̄0 ̄;ノ オーット! 初回でメンバー二人に女である事がバレ、今回は母の死を確認。 母との再会を夢見て、男のフリしてバンド活動する事にした美男なので、 もうバンドを続ける意味がないんじゃ・・・ てか、続けるにしてもモチベーションが・・・ 見る前は「イ...... [続きを読む]

» 美男(イケメン)ですね 第1話 [ドラマハンティングP2G]
「韓国No.1超胸キュンラブストーリーが日本上陸!!イケメンバンド新メンバーは女の子!?恋の四角関係始まる」2011年7月15日 初回2時間スペシャル 児童養護施設で育った桜庭美子(瀧本美織)は、修道院でシスターの修行をしているが、いつも失敗ばかり。 そんな美子は修行…... [続きを読む]

« 《それでも、生きてゆく》★03 | トップページ | 《陽はまた昇る》#01 »

最近の写真