無料ブログはココログ

« 2011年夏ドラマ | トップページ | 《それでも、生きてゆく》★01 »

2011/07/07

《ブルドクター》Episode1

『暴走女医が感動究明夫婦の絆』(あらすじ)

ブルドーザーのような大胆な行動を取る法医学者の大達珠実(江角マキコ)が、死因を究明することで事件の真相に迫る医療ヒューマンミステリー。
脚本・橋部敦子、演出・久保田充、長沼誠ほか。 


米国留学から帰国し、大学の法医学教室の特任准教授に就任した珠実
(江角)は、初出勤の途中、ジョギング中の男性・赤井(須永慶)が突然倒れるところに遭遇する。珠実は応急処置をするが、赤井は病院で死亡した。連絡を受けやって来た刑事の知佳(石原さとみ)は、心筋梗塞の発作による病死と見なす。しかし珠実は、解剖してみなければ正確な死因は分からないと主張、知佳と衝突する。知佳は、法医学教室の准教授・名倉(稲垣吾郎)に、病死という死体検案書を書かせる。そんな中、男性の変死体が発見される。男性は妻・良美(野波麻帆)と激しいけんかを繰り返していたらしく、知佳は良美を疑う。一方、赤井の死に不審を抱く珠実は、赤井の司法解剖を妻の由紀子(手塚理美)に勧めるが、拒否される。

cast
国立上都大学法医学教室
大達 珠実(40 - 江角マキコ
名倉 潤之助(38 - 稲垣吾郎
武田 伸生(57 - 小日向文世
松岡 あやめ(28 - さくら
成海 耕平(50 - ブラザートム
八代 健吾(35 - マギー
武田 美亜(18 - 志田未来
藤村 春輔(26 - 大野拓朗
武蔵野警察署
釜津田 知佳(28 - 石原さとみ
和泉 浩二 - 池田成志
神岡 善彦(49 - 阿南健治
大達家
大達 高広(40 - 市川亀治郎
大達 康介(9 - 青木綾平(子役)
中川 瑞江(64 - 市毛良枝


上都大学医学部の特任准教授になった大達珠実は初出勤の日、自転車の前に現れたジョギング中の赤井が、突然倒れた。応急処置をしながら、病院に到着。だが、赤井は亡くなった。それを知らせた医師は、ジョギング中の死で、不審な所は無いと珠実と衝突。
珠実は、警察には、私が連絡して検視に立ち会いますと言った。
連絡を受けて現れたのが、武蔵野警察の釜津田知佳。
名刺を渡す釜津田にこの大学の法医学教室に今日から来たと自己紹介。
釜津田は、キャリアの刑事で所轄には、そんなに居ないとほのめかした。

遺体安置所で、遺留品を見ていると、赤井の妻が現れ、しきりに遺体に向かってごめんなさいと連発し、胸が痛いと言っていたのに、連れて行かないでと詫びていた。
知佳の部下の神岡が、近所でも評判の仲のいい夫婦だったようですと解説。
事件性が無いなら、と、大達に心筋梗塞と死因を書くように、示唆。しかし、断固として死因は不明を言う2人は、対立。法医学教室の名倉を呼び出して、事件性が無いから、心筋梗塞だと言わせた。
どうしてそう言えるのかと大達は聞いた。警察も僕も、今ある材料でベストと言える判断をしています。そう、これが日本の現状です・・・

釜津田は、また変死体発見の報告を受けてすっ飛んで行った。

朝になったらベッドで死んでいたと言うものだった。失業中の夫とは、激しい言い争いが連日続いた夫婦だった事が判明。

何も言わないからと、ついてきた大達が、鑑識に睡眠薬の検出を頼んでいた。

法医学教室では、暴走する大達に、皆が待ちぼうけを食っていた。
アメリカ帰りの先生だそうですが、態度がでかいですねと噂している所に
「背もでかいです」と現れた。
先ほどの遺体は検視が必要となったと報告する大達。名倉は、明日に組み入れると言ったが、ここでまた、搬送され次第始めると言う大達と衝突。
みんな都合悪いんですか?聞かれりゃ、そうとは言えない。畳み掛けるように

「5時?」「5時10分?」「5時15分なら・・・」

型破りのアメリカブルドーザーの快進撃が始まった。

外表所見が終わり、検視が始まった。日本の習慣として皆は、黙とうしたが、手も合わせずにメスが入った。

所見では分らなかった頭部に傷が2つ。致命傷は、頭蓋骨骨折と硬膜外血種。

釜津田!と呼び捨てにし、パトカーをタクシー代わりにされ、さらに名倉とデートのルンルン釜津田は、大達を「女1人で生きて行くとこうなる」と決めつけていた。
名倉は、すっかり、彼女気分の釜津田に、忘れ物と置いてきた彼女の持ち物を持ってくるし、泊る気でいる釜津田に、目覚める前に帰ってくれればと、何さまの口調だった。

帰宅した大達は、新しい学校に、慣れない息子康介の話をじっくり聞いてやる気もなかった。母が、ちゃんと聞けと言っても。

通勤途中で、昨日の、赤井さんが倒れた場所に、花束を置くジョギング仲間がいた。
あんなにぴんぴんしていたのにと不思議がった。
大達は、赤井の部屋へ行くと、妻は、区役所に、死亡届を出すと言った。検視は、断られた。
大学の講義中に、釜津田が現れ、赤井の検視を勧めたと聞いたがと、カリカリした様子で言った。検視は拒否された。必要な捜査はした。捜査を終わったんじゃなくて、終わらせたのでしょ?「心筋梗塞」でと大達はいった。

捜査には、優先順位がある、と言い、袋から焼き物を出した。田口の凶器だと言った。
傷口との照合は、違った。これは凶器ではなかった。

帰宅すると、また康介が、話があると言ったが、祖母のお習字教室で洋服を汚した方に、気が言っている母は、また話をじっくり聞こうとしなかった。

気になる大達は、田口の家に。武田教授の娘で、医大1年の美亜も読んでないのに着いてきた。釜津田は、かなり、憤慨していたが、そこへ、田口の娘が来た。
両親が仲直りをしようとしていたのに、ママは、パパを殺していないと言う訴えをした。
パパが死んだ日は両親の結婚記念日だった。この家でやる最後のパーティだから美味しいもの作ってパパと仲直りしようと言っていた矢先の出来事だった。

釜津田は、親子のレシピでは、証拠にならないと返したが、大達は、パパとママが、仲直りする証拠はあるのかと聞いた。

パパと2人で、ママに内緒で、プレゼントするために、作っていたアルバムがあると、隠してあったものを出してきた。
表紙が初めてみる写真だった娘は、デジカメを持ってくるとその前が、ブレた空が写ったものだった。
外に出て、写した場所と思しき所に出た。
家の全景が見えるのは、家の前の草むらだった。周囲を捜すと、血痕が付いたブロックが見つかった。側頭部の傷跡とよく似ていた。鑑識の結果は田口の血と同一だった。

大達は、応接間で、田口母子に説明した。
ケンカした田口は、部屋にこもってこのアルバムを作っていた。
この家の写真をアルバムに残したいと思い世が開けるのを待って、こっそり撮りに行った。頭を強打しながらも起き上がり、家の写真を撮った。この時、田口の頭の中では、側頭部の骨折によりその付近の血管が傷つき、頭の中に血液が溜まり始めていたが、アルバムを作り続け、完成させてから、眠りについた。頭の中にたまった血液が脳幹という脳の大切な部分を圧迫し痛みを感じる事もなく亡くなったと考えられた。

アルバムの最後に

良美へ
ずっとダメな俺でゴメン。
早くい仕事探して 一から頑張る
これからもずっと俺をよろしく
             貢

そう書かれていた。

「先生、ありがとうございます」祐美は、泣きながら礼を言った。

釜津田は、さっさと出て行ったが、追いかけた大達は、赤井さんの葬儀は明日だからと容赦しなかった。

帰り道、学校へ寄った、大達は康介と一緒に帰宅。話って何?と聞いても口を開かなかった。自分が悪いと感じたので、すぐにゴメンと謝る母。
リビングで、連絡帳を渡され、「しゅくぶつずかん」と書かれていたが、「しゅ」と「しょ」野使い分けができなかった。あれ?とそこでピンと来たのが、祖母の書道教室で書いた
「三人いっしゅ」だった。これは「三人いっしょ」だったんだ!
そこかえ行きたいという康介のリクエストに、結局バーベキューをすることになった。

大学で、名倉が、武田教授に鑑定書を提出しながら聞いた。
「それと・・・
どうして大達先生をここにお呼びになったんですか?」

「やりづらいですか?」

「いえ」

「武田教授がお呼びになった理由に興味があります」

「たとえ、現状が変える事などできなくても
おかしい事Hじゃ岡嫉妬言える 信念を
貫こうとする人がいてくれると なんだか
いいじゃないですか」

「理由はそれだけですか?」

「はい、ほかに思いつきません」

携帯にメールが来た。それを見ようとして武田教授の手が震えた。名倉が訝ったが、何でもないと行って、部屋から出して、自分は慌てて、酒を飲んだ。
武田教授の個人的理由からだったんですね。

赤井のジョギング仲間からその日、奥さんから勧められたビタミン剤のカプセルを飲んだと聞いた仲間がいた。それを釜津田に知らせると、昨夜、友人と、これで、終わると話しているのを聞いてしまったと、応えた、2人は慌てて飛び出した。

火葬場で会った2人。
大達は、元は、救急救命医でERにいた。
重症の患者が次々に運ばれてきてそこでは、命を救う事だけ考えていた。
患者さんが亡くなったら、そこで終わり。
10年前法医学に移ってから初めて分かった。
死んだら終わりじゃない、どうして亡くなったか分かるまで終わりじゃない、
だから本当の死因が分るまで亡くなった人の冥福を祈る気にはなれない。

死因を突き止めるために、できる限りのことをしたい。
御遺体が焼かれてしまう前に。

赤井さんは・・・
到着した。任意同行は警察の仕事。

赤井良治(62)
死因 他殺
死因の種類  青酸カリ中毒

だとすると、一番最初に、接した、大達に、アーモンド臭が感じたはずですけどね・・・
途中少し動きがだるいところがありましたが、たらこ唇の釜津田(石原さとみ)と、大達(江角マキコ)野闘いも、楽しかったです。これにゴロちゃんが絡んで、どう展開して行くのでしょ?

« 2011年夏ドラマ | トップページ | 《それでも、生きてゆく》★01 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/52141445

この記事へのトラックバック一覧です: 《ブルドクター》Episode1:

» 「ブルドクター」第1話★いかにも江角的なキャラ… [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「ブルドクター」第1話 武田教授(小日向文世)が学生に「解剖率11%」という現状を講義してる。 くしくも『チーム・バチスタ3・アリアドネの弾丸』の原作者・海堂尊が「死因不明社会」として警鐘を鳴らし続けてる問題と被るなぁ・・・。 −◆− アメリカ留学から帰国してきた法医学者・大達珠実(江角マキコ)は解剖原理主義者って感じ。 はっきりして妥協を許さない言動は、いかにも江角マキコのためにつくられたキャラみたいな・・・。 大達珠実は、息子の康介(青木綾平)の言葉に耳を貸さずに母親ペースで突き... [続きを読む]

» ブルドクター 第1話:暴走女医が感動究明夫婦の絆 [あるがまま・・・]
間に合った・・・ε-(´▽`) ホッ あたしも釜津田同様、もうご遺体は焼かれてしまったのかと・・・ てか釜津田ったら、思い込みで捜査してるのが危なっかしいよぉ 今回も病死かと思われた赤井さんが他殺で、妻の犯行と思われた 田口さんの死は事故死と、釜津田の推理とは真逆...... [続きを読む]

» 女の価値は男の数!満帆商事出身の正義の味方(ブルドクター#1) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
2011夏ドラマ、何見よう?再放送中 【タグ】 正義の味方 『ブルドクター』ジョギング中の満帆商事鹿島常務(違 赤井良治@須永慶が心臓発作で倒れた!!!その場に居合わせたの ... [続きを読む]

» 「ブルドクター」第1話 [またり、すばるくん。]
episode1「暴走女医が感動究明夫婦の絆」 視聴率13.9%  [続きを読む]

» ブルドクター【第1回】日テレ水10 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
暴走女医が感動究明夫婦の絆  「日本で発見される変死体は、年間17万体。解剖できる医師は、たったの170人です。これが紛れもない日本の現実です」by名倉潤之助(稲垣吾郎) これが本当のことなら、殺人事件で死んだとしても、病死ってことでそのまま闇に葬られているってことも多いんだろうなぁ…。その裏でほくそえんでいる人もきっと多いんだろうなぁ…。うわ、そう考えたらなんか怖いわ…。 えっと、「きらきらひかる」みたいなのを期待していたんですが、それの足元にも及ばないというか、そもそもキャスティングに全く... [続きを読む]

» ブルドクター 第1話 [ぷち丸くんの日常日記]
米国留学から帰国し、大学の法医学教室の特任准教授に就任した大達珠実 (江角マキコ)は、初出勤の途中、ジョギング中の男性・赤井(須永慶)が突然 倒れるところに遭遇する。 珠実は応急処置をするが、赤井は病院で死亡した。 連絡を受けやって来た刑事の知佳(石原さとみ)... [続きを読む]

» ブルドクター 第1話 [Happy☆Lucky]
第1話 JUGEMテーマ:エンターテイメント [続きを読む]

» 『ブルドクター』 第1話 [英の放電日記]
【ドラマ公式サイト、「イントロダクション」より】========================== ブルドクター「犯罪死」を見やぶる名医か。掟をやぶるただの暴走女か。 自分の大切な人がある日突然死んでしまったら、なぜ死んでしまったのか、真実を知りたいと思いませんか? いま、...... [続きを読む]

» ブルドクター 第1話 [ドラマハンティングP2G]
「暴走女医が感動究明夫婦の絆」 法医学者の大達珠実(江角マキコ)は、2年3ヶ月のアメリカ留学から帰国し、上都大学法医学教室の特任准教授に就任することに。彼女は初出勤の途中、ジョギング中の男性・赤井が突然倒れるところに出くわす。 珠実が応急処置をほどこし…... [続きを読む]

» ドラマ「ブルドクター」 第1話 感想「暴走女医が感動究明夫婦の絆」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
アメリカ帰りの凄腕法医学者が日本へ帰国-----------!! 今期初のドラマ。 キャストが豪華だし、楽しみにしてました。 タイトルが「ブル」なので、ブルドックをイメージしてたんですが、そうではなくて「ブルドーザー」の「ブル」だったんですね(^^) ブルドー...... [続きを読む]

» ドラマ「ブルドクター」第1話感想「暴走女... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
アメリカ帰りの凄腕法医学者が日本へ帰国-----------!!今期初のドラマ。キャストが豪華だし、楽しみにしてました。タイトルが「ブル」なので、ブルドックをイメージしてたんですが、... [続きを読む]

» 「ブルドクター」遺体の真実1死因は司法解剖しなければ解らない2つの事件で事故と他殺を分けた写真と良き妻の不審な行動 [オールマイティにコメンテート]
「ブルドクター」はアメリカ帰りの法医学准教授が遺体からの真実を追求するために司法解剖するまで真実は明らかにならない信念を導き通す医療ミステリーである。事件は司法解剖し ... [続きを読む]

» ブルドクター (第1話 7/6) 感想 [ディレクターの目線blog]
7/6から日テレで始まったドラマ『ブルドクター (公式)』の第1話『暴走女医が感動究明夫婦の絆』の感想。 日テレらしくない冒頭の初期設定説明はなかなかだ! 冒頭の11分間、珠実(江角マキコ)の性格や背景、知佳(石原さとみ)の嗜好や珠実との力関係、名倉(稲垣吾郎)の立場や考え方だけでなく、国立上都大学法医学教室のメンバーたちのざっくりとした紹介まで、コンパクトに(若干台詞に頼りすぎてはいるものの)スピーディーにまとめてきたのに驚いた。 日テレのドラマらしくない秀逸な滑り出しに、今... [続きを読む]

» 日本テレビ「ブルドクター(新番組)」第1話:暴走女医が感動究明 夫婦の絆 [伊達でございます!]
  個人的には好みのタイプで、期待のもてる雰囲気ながら、前シーズンの「BOSS」から続けて見てしまうと、その亜流のようにも見えてしまいます。さらに、殺人と思われた事件が事故 ... [続きを読む]

« 2011年夏ドラマ | トップページ | 《それでも、生きてゆく》★01 »

最近の写真