無料ブログはココログ

« 《全開ガール》#03 | トップページ | 《それでも、生きてゆく》★04 »

2011/07/27

《チーム・バチスタ3アリアドネの弾丸》☆03

『偽りの死亡時刻り』(あらすじ)

田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)は笹井(小西真奈美)を訪ね、死亡推定時刻の鑑定を誤るケースは、どのような理由からなのかを聞き出そうとする。その時、笹井は警察から依頼された遺体の司法解剖を行っていた。遺体は殺害された可能性があったが、解剖で一酸化炭素中毒による事故死と判明する。白鳥は笹井の言葉をヒントに、友野(矢柴俊博)の死因をガス中毒と推測。ガス中毒は死亡時画像診断(Ai)でコンピューター断層撮影(CT)画像を見ただけでは診断できず、島津(安田顕)が異常を見つけられなかった可能性が高い。早速、遺体発見現場の磁気共鳴画像装置(MRI)室に向かった田口と白鳥は、常備されている液体ガスがあることに気付く。


cast

田口公平*伊藤淳史 
白鳥圭介*仲村トオル 
笹井スミレ*小西真奈美 
宇佐美*福士誠治 
藤原琴美*名取裕子 
斑鳩芳正*高橋克典

東城医大病院心療内科の特別

検視官が言っていた、死亡推定時刻は昨日の午後9時前後。
友野のコンピュータに死亡推定時刻の後に、あった、ログイン。これは何を意味する?
白鳥は、田口といっしょに笹井の元へ行った。
途中で、宇佐美が友野の初七日だからと花を持ってきたのと会った。
田口は、警察の人にも知っていて貰うと何かと良いだろうと、すらすら喋った。
3人で、笹井の所へいくと、ちょうど、二つのご遺体の死亡推定時刻が6時間も違うので司司法解剖が始まっていた。同じテントに寝ていて、一酸化炭素中毒で亡くなったようだったが、なぜ6時間も差が出たのか?

2人は、バイト先で、知り合った。好きなものも一致し、2日かかりのコンサートを聴きに行った。
降り続く雨にテントを張った。夜、一気に気温が下がり、中でコンロに火をつけた。
お湯を沸かしていたが、そこで不完全燃焼が起きた。翌日遺体で発見された。

笹井の父は、高名な法医学者だったが、その話になると、笹井は逃げた。父と同じ道を進むことにした笹井。
途中でご遺体から、心房中隔欠損症が見つかった。先天的な病気だった。心臓の左右を隔ててる心房中隔に穴があいているせいで、普段から酸素が供給されにくかった。
だから健康な人より、早く、酸欠状態になった。

白鳥は、心臓疾患なら、Aiで、見ればすぐに分ったと言ったが、一酸化炭素中毒は,Aiでは分らないと答えた。
解剖して、血中の一酸化炭素濃度を調べて初めて本当の死因が究明される。
殺人ではなく、事故だと分かれば遺族の気持ちもずいぶん違うと宇佐美も言った。

白鳥が、MRI室で死んだ、友野君の死因がガス中毒としたら?疑問をぶつけた。

一酸化炭素中毒なら肌がピンク色になるから察しは熱くはず。
それ以外のガスだと解剖しても分らない。毒性の強いガスなら体表に何らかの反応が現れると思う。・・・

白鳥はMRI室に行った。
磁場を冷やす液体Heは必ずあった。
友野さんがチェックしたとき、ボンベの目盛りは70L。しかしメーターは60Lを指していた。

宇佐美は、斑鳩にAiで分る病名は限られていると答えた。まだ分からない事が沢山あるのも事実だった。そしてDNA鑑定もと言った時、テレビでは、松崎行雄さん事件のやり直し裁判が写った。その当時のDNA鑑定に、笹井の父も関わっていた。斑鳩と、北山が、話していた。当時の鑑定について北山が自白を強要した経緯があった。
後ほど記者会見を行いますと、斑鳩は言った。
警察が市民に謝罪するなんてあってはならない。
なぜなら 我々は、絶対正義だから・・・
そう教えて下さったのは、審議官、あなたでしょう?

さらに斑鳩は、白鳥の過去を調べさせていた。

白鳥は、友野の死亡推定時間を、逆算して出した。
白鳥は、さらに島津にきいた。そこで液体Heは、普通には漏れないこと。
クエンチと呼ばれる事故の時は、今は、すぐに沈火する仕組みになっていた。
液体Heは、マイナス269℃ 温度がちょっとでも上がれば、
一気に700倍近くに膨張して爆発する。
MRIへの吸着事故が引き金となって起こり得る危険な事故だ。

そんなことが起きたら当然気付くよね。
当然。アラームも鳴るし。
今はクエンチが起きた瞬間に部屋全体に強制排気が起きるシステムになってます。
島津は、教えてくれた。

田口は、ずっと気になっていた、アクリル製の四角い箱を島津に聞いた。隣のMRIで使おうと思った、棺だと言った。遺体からの感染を防ぐためで、技師がうるさいんだよと答えた。

田口は、その横の床を指指し、友野さんは、そこに倒れていました。
何らかの方法で意識を失わせ、アクリルの棺をかぶせ、Heガスを充満させた。
彼は窒息死しますね。
白鳥も、Heは気体になっても低温だから、急激に体温を奪う。
だから検視官が、直腸温度から計算した死亡推定時刻は、
実際の死亡時刻よりも随分と早かった。
友野君は、夜中の12時過ぎに、一度磁場調整を行ってるんだよ。
彼が殺されたのは、それより後だ。

殺された?そう、これは殺人事件だよ。

Aiではそもそも ガス中毒は分らない。
友野君が息耐えた後、Heのボンベを元に戻して
アクリルの棺を元の位置に置いておけば、
事件性を疑われる可能性はまずない。

何を根拠にそんな事を?

白鳥は、ボンベを叩いた。

島津は、メーターと友野のチェックを比べた。
何でこんなに減ってんだ!?

万が一、解剖に回されたとしても、Heは、血液中には溶け込まない。
だから、解剖されても死因は特定できない。
見事な完全犯罪だよね。
で、島津先生は、あの夜、どこで何してた?

犯人は、液体ヘリウムやアクリルの棺、この2つをよく知ってる人間だ
島津は、今までは、病変を探そうとしたから見つからなかったが、殺人事件だと思ってみれば、何か見つかるかもしれないと、部屋を出た。

玉村刑事に、この間みたいにいきなりマスコミに発表されると困るから、と念を押して、早めに教えてくれるように頼んだ。彼も、原因不明の死体で、事件性があるのに見逃す事が怖いと言った。

笹井は、父親が、あの鑑定ミスを死ぬまで後悔していたと助手の須賀に話した。

須賀は、笹井とあの夜9時ころまでいたと言った。でも・・・言えなかった。

容器類をせっせと洗う、須賀を見て、田口は、自発的に手伝い始めた。
今日は4件解剖があり、合計8時間立ちっぱなしだったと言った。
笹井が、そんなによくしゃべる須賀を珍しいねと言った。
愚痴外来の田口先生、はさすがだと持ち上げた。

人と話すのが好きなんだと、田口は言った。
大変なんですね、法医学の先生って。

そりゃ大変よ。大事な臓器保管するのだってこんな容器を
使いまわさなきゃならないんだもの。

それを聞いて田口は真っ青になった。

人も物も圧倒的に足りない。
この国の人は、死因究明なんてどうでもいいと思ってんのよね。

安くてお手軽に死因が分るから、法医学者なんて必要ない、
そこまで言う臨床医もいると、笹井は言った。
田口先生だって、遺体を調べるよりは、生きてる患者を見たいって
思うでしょ?私の父は、法医学者だったけど、
私が同じ道に進むって決めたらものすごくがっかりしてた。

どうして?

父は知ってたから。
法医学者がこの国で・・・
医学の世界でどんな立場に置かれているかを。

その話を田口は白鳥にした。
派手なプロジェクトで、予算を分捕ってきた放射線科を
良く思ってなくても当然か。

だからって、笹井先生が友野さんを殺すなんて・・・考えられません。

島津に呼ばれて、部屋に入った。
胸鎖乳突筋の内部に出血が見えます。

クビを締められたのか。

断定はできませんが・・・

愚痴外来で、いっしょに食事する田口と白鳥、。
そこへ玉村が、アクリルの棺には、友野の指紋しか見つからなかった。
そこで白鳥の仮説が正しかった事が推測された。
だが事件として立件は出来なかった。死体検案書も書かれ、これを覆すことはできないとさらにいわれた。

玉村は、お役に立てなくて申し訳ないと言って帰った。
白鳥は、後は犯人の自供だけだと言った。

斑鳩は、通りかかった廊下で、待ち構える記者に聞かれた。
だが、我々は、適正に捜査したと信じていると、言っただけだった。
北山は悩んでいた。ゆうに、20年前のDNA鑑定と、今のAiが同じだと言った。
危なっかしいのについ信じたくなる。・・・
あの時取調室で自白まで追い込んだのは、北山だった。
忘れられるわけないだろう。これは俺の事件なんだ・・・

廊下を、両手に本と、段ボールを抱えた須賀が歩いていた。
田口がお手伝いしましょうかと言い、断った直後に、脇に挟んだファイルが落ちた。
田口が持ってくれた。
つい気になった「あの時の人」の事を田口に話した。
忘れ物を取りに法医学教室に戻ると、男が笹井と話していた。
見た事もない男だった。

白鳥まで、法医学教室に来ていた。
今まで見た事もない男だと須賀は言った。医者って風にも見えなかった。
部屋では、やり直し裁判の報道をしていた。そこに映る斑鳩を見て、須賀は、

「僕があの夜見たのは、・・・」そこに笹井が戻ってきた。
須賀君、最後まで喋っちゃおう。そう言ったが、分りません。
笹井は、共犯がいたのではと聞かれたが、

私を調べたかったら、捜査礼状を取ってきてそう言った。

話は、皆を巻きこんで、大きくなってきました。



*****
今までの感想は、こちら

« 《全開ガール》#03 | トップページ | 《それでも、生きてゆく》★04 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/52324466

この記事へのトラックバック一覧です: 《チーム・バチスタ3アリアドネの弾丸》☆03:

» ぬらり千年魔京&バチスタ3 [別館ヒガシ日記]
ぬらり千年魔京は過去スタートだが 総大将&珱姫の出会いから求婚も 最後は羽衣が珱姫を奪い 花開院との因縁あるし今後に期待だ [続きを読む]

» 別館の予備(ぬらり千年魔京&バチスタ3) [スポーツ瓦版]
7月28日 ぬらり千年魔京&バチスタ3 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10964008624/34a4751e [続きを読む]

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸【第3回】フジ火10 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
偽りの死亡時刻  「まだ怒ってんの??グッチー。謝ったじゃない。『ごめんごめん』って2回も~」by白鳥圭輔(仲村トオル)。 軽いな~白鳥。いいな~白鳥。っていうか、「ごめんごめん」って謝ってないのと同じですからっ!!!大事なことだから2回言ったって感じの「ごめんごめん」じゃありませんからっ!!!とりあえず言っとくか的な「ごめんごめん」ですからっ!!! まぁなんだかんだ白鳥とグッチーのおかげで(←ドラマとしてはきっとここ重要)友野さん(矢柴俊博)の死因がわかりました。明らかに殺人です。犯人はまだ... [続きを読む]

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 episode3:偽りの死亡時刻 [あるがまま・・・]
なるほどねぇ.....φ(◎ω◎--))フムフム 法医学や警察、それぞれの立場で何故Aiに対して否定的なのかが語られましたねー。 だけど、それならそれぞれに協力しあって、よりよい結果を導くように すればいいのにって思うけど、そうはならないんですよね そんな中、特に警察の高圧...... [続きを読む]

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸第3話(7.26) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
友野@矢柴俊博の死亡推定時刻が間違っていたことに 気づいた田口@伊藤淳史と白鳥@仲村トオルが 友野の死を殺人だと確信したという話 事件発生時に斑鳩@高橋克典と会っていたと知り、 笹井スミレ@小西真奈美に疑惑の目を向ける白鳥さんでしたが、 例によって、的外れなんだろうなあ(笑) この3期がこれまでのバチスタシリーズで一番面白いかもしれない Aiに対する登場人物の考え方・思惑の違いが興味深い。 登場人物の何人かは、冤罪事件を引き起こした 20年前のDNA鑑定のミスを引き摺っているようだ 法医学者笹井ス... [続きを読む]

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 #03 [ぐ〜たらにっき]
『偽りの死亡時刻』 [続きを読む]

« 《全開ガール》#03 | トップページ | 《それでも、生きてゆく》★04 »

最近の写真