無料ブログはココログ

« 《マルモのおきて》☆08 | トップページ | 《グッドライフ》★09 »

2011/06/14

《幸せになろうよ》#09

『別れの雨』(あらすじ)

春菜(黒木メイサ)は純平(香取慎吾)に隠れて矢代(藤木直人)の見舞いに通っていたが、そのことを純平に正直に話すことを決意。話を聞いた純平は衝撃を受けながらも、そんな春菜を受け止め、一緒に矢代の見舞いにまでついていく。まりか(仲里依紗)や上野(綾部祐二)は春菜のために尽くす純平を心配し、やりきれない気持ちを抱えていた。だが、春菜はそんな純平に支えられているからこそ、矢代から逃げずに会うことができると語る。そんな中、春菜と純平は再び、矢代の見舞いへ向かう。そこで、純平は矢代と真正面から正直に言葉を交わし、純平も春菜も互いの気持ちを確かめ合う。しかしその日、春菜の元に矢代が病院から姿を消したという連絡が入る。

cast

高倉 純平 - 香取慎吾SMAP
柳沢 春菜 - 黒木メイサ
矢代 英彦 - 藤木直人
小松原  - 大倉孝二
桜木 まりか - 仲里依紗
板倉 - 勝信
上野 隆雄 - 綾部祐二ピース
松下 みゆき - 国仲涼子
高倉 美津枝 - 原田美枝子

純平の家に行く日、聖子から気になる言われ方をして、春菜は矢代の事務所に行った。
彼は、抜け殻のようになっていた。もう名誉も地位も全て亡くして、ふらふら立ち上がったが、階段から落ちて、頭を強打し、脚を骨折した。春菜は、そのまま病院へ付き添った。
来ない春菜を心配した純平は、バス亭まで言ったが、姿は見えなかった。
家に連絡すると、弟がずいぶん前に出て行ったと言った。

やっと春菜から連絡が入った。知り合いが怪我をして病院へいると。

翌日、純平は所長から再度慰留をされたが、辞める決心は揺らがなかった。
バリバリ仕事していると、春菜からメールが来た。
昨日の事お詫びしたいです。

純平の母は、それでも歓迎してくれた。
帰り道、踏切にさしっかかった。春菜は、純平に、入院してるの矢代だと言った。

<彼女の言葉の意味が一瞬分からなくなった
 だから僕は彼女をただ見つめていた。
 追らそうな 申しわけなさそな彼女の表情を>

「最初は、わたしが関わる事じゃないと思った。もう別れたし。
でも奥さんに、私のせいだと言われて。
自殺するかもしれないって。でも、私・・」

「どうしてもっと早く行ってくれなかったんですか?」

「高倉さん」

「1人で抱え込まないでください。
明日僕も一緒に居見舞い 行きます」

普通行きますかね?!

病室へ、春菜と一緒に向かった。
「僕を笑いに来たんですか?」
野心家の矢代が、ズタズタになってベッドに横たわっていた。
2人は付き合っているのかと聞いた。笑いたいならもう充分だろうから帰ってくれと、凄い剣幕で怒った。矢代のプライドが許さなかった。

元彼の凋落を純平がほっとけないお節介で、気分を害しているのは分ります。

もう行かない方がいいですねという春菜に、今の矢代さんは、1人にしない方がいいと言った。いいんですかと春菜は嬉しそうだった。
信じてますから、柳沢さんを。

親友上野にお前はバカと、散々言われた。これは、普通の感覚ですよね。

純平と会ったその後に春菜は、桜木まりかと道で偶然会った。一方的話があると、まりかは飲み屋に連れて行った。あまりにアドバイザーと会員の付き合いを否定されて、春菜も挑発に乗った。受けて絶って、昼間から酒をあおった。

翌日、矢代の部屋に行くと、また何も食べていなかった。
散々、嫌なkとしてきたのに、なぜだと聞く矢代。

「あなたのこと本気で好きだったから。
あなたと別れた事のわたしって ずっと
逃げてたと思う。
辛い気持ちとか、未練とかそういうのから必死で
でも今は高倉さんがいてくれるから、もう逃げない。
このままあなたを放っておいたら、 後悔すると思うの。
だからちゃんとケリをつけたいの。」

前に暇ができたら読みたと言っていた本を買ってきたり、実はドーナツが大好きな矢代に持って行ったり春菜は、考えていた。
少しずつ、矢代は、日常を取り戻して行った。

純平に矢代がドーナツを好きだと話して一緒に笑う春菜。
ずーっと忙しくしていた人だから、今まで出来なかった事を
してくれたらって思って。
そういう春菜に、今度また矢代に会うと純平は言った。

純平の母、美津子は、春菜の父とも知らずに匠悟と会っていた。
一緒に食事し、美津子が就活の気持ちを引き出してくれて、面接を受けたが、全滅だったと、さっぱりした感じで話してくれた。年も年だしもっとはyは国こういう気持ちになっていたらと、残念がるゆとりもあった。

『路地裏は笑顔で抜けるんじゃないですか?』
私は抜けましたよ。あなたのお陰で。

「は?」

小松原の件をとにかくまとめたと、純平は頑張った。
お見合いパーティーにどんどん参加させた。

まりかは、上野から矢代の事とかいろいろ聞いていたが、
とても無理しているように見えると純平に言った。
春菜とは、ただのアドバイザーの介入で、どう見ても
彼氏、彼女として付き合っているようには見えないと
言われてしまった。

考え込む純平。

まりかは、春菜の家の前で待った。
矢代さんは元気になりましたかと聞いた。
全部高倉さんには話しているし、理解してくれているからと言って中に入りかけると

「甘えてますよね!完全に。
先輩顔には出していないですけど
正直無理してますよ。
もうすぐ会社も辞めちゃうし。
彼女だったら、 普通彼氏のこと
第一に考えるべきなんじゃないですか?
私には理解できないです。

あなたのやっていること!」

翌日、春菜は、純平と一緒に矢代ん見舞いに行った。
元気そうになったtお言う純平に、お陰さまでといやいや応える矢代。
その後については、僕でよければ相談に乗りますよと、またアドバイザーが顔を出した。

「とことんいい人ぶりますよね。高倉さんって。
自分のカノjyを 元彼の見舞いによこしたり。
わざわざ人のこれからのを心配して見せたり」

「そんな言い方!」

「あ、ん」頷く純平に、春菜は、急須を持って廊下に出て行った。

「すいません却って失礼な事言って」

「僕は、あなたのようなタイプ大嫌いなんです。
献身的で、自己犠牲的で。
結局自分が損してくタイプだ。
僕の父親とおなじですよ。」

「お父さん?」

「父も弁護士でした。
僕と違って、 金にならない仕事ばかり引き受けてましたよ。
親子3人 狭い団地暮らしで 僕が小学生ん時に
死にましたけどね。2人で事故で。
親戚をたらい回しにされながら 必死で勉強して
僕は父と同じ弁護士を目指した。
でも父のようにはなりたくなかった。
地位と名誉が欲しかった。」

「欲張ったんですね」

「普通でしょ。欲張ることなんて」

「欲張りでも間違えない人はいます。
温かい家庭を作りたかった。
ホントはそれが一番野望みだったんじゃないですか?
矢代さんが御両親と一緒にいたころの温かい家庭。」

「そうかもしれない。
なら、間違えたんだな、僕は。」

話を切り上げて純平は職場へ戻った。
ほったらかしにしてという春菜に、もうすぐ仕事も片付くからそうすれあ、沢山2人の時間が取れるからと言った。御夕飯どうですかt誘われたが、遅くなるかもしれないと言う純平に待ってますと答える春菜。

食事する場所を捜すために雑誌を見ていると病院から矢代が消えたと電話がかかった。
純平も交えて、矢代を捜しまくった。どこか行きたい所はと聞かれて、タクシーに飛び乗った。矢代の住んでいた団地の屋上。そこへ行くと、矢代がいた。
タックルで彼を救った。
また病院へ。
何で分ったんだと聞く矢代に、前に両親ん命日にあの屋上へ連れて行ってもらった事があったと答えた。あの時の夕焼けが奇麗だったのは、思い出にあると春菜。矢代は覚えてないと言った。
純平が飲み物を買ってくると出て行った。
泣きだした矢代にあなたは大丈夫だからと寄りそう春菜。そんな2人を見て、純平は、そのまま戻った。
ハッとした春菜は廊下に出ると、缶コーヒーが置いてあった。
外に走りですと、雨が降っていた。高倉の背中が見えた。
「高倉さん、わたし・・」

「矢代さんの側に居てあげてください。
これからもずっと」

「どうして?」

「その方がいいと思うんだ。矢代さんにはあなたが必要です。
あなたも矢代さんの側にいた方が幸せになれると思うから。

「違います、私・・・」

「自分のためでもあるんです。
あなたと別れれば、仕事を辞めなくて済みますから。
ホントはこんなkと出辞めたくなかったんですよね。
今の仕事水だから。
もういいんです、最初はあなたが望む事だからイイと思ってたんです。
やっぱり僕。そんなに強くないんです。
結局僕は、あなたのアドバイザーでしかなかったから」

純平が、激しさも、嫉妬もなくというのは、まりかの言う通り、春菜をアドバイスしていただけなんですね。
だから、すっと消えてしまう不安感と、信じてますと言う後ろ盾が無くなって、元彼の所にぽいと置かれたら、落ち着きませんね。
ずっと居心地の悪い、純平の言葉に、まりかの啖呵が小気味よかったです。

*****
今までの感想は、こちら

« 《マルモのおきて》☆08 | トップページ | 《グッドライフ》★09 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/51939818

この記事へのトラックバック一覧です: 《幸せになろうよ》#09:

» 幸せになろうよ 第9話:別れの雨 [あるがまま・・・]
そうなっちゃいますか・・・Σ|´Д`*|ァラマッ!! まぁね、春菜と別れたら純平も職を失わずに済むし、いいんじゃない つか、その方が純平にとって幸せなんじゃないかって思うぞ 自宅に招待された日に、ケガをした矢代に付き添う事になってしまい 約束をすっぽかしてしまった時点...... [続きを読む]

» 幸せになろうよ #09 [ぐ〜たらにっき]
『別れの雨』 [続きを読む]

» 幸せになろうよ 第9話 感想 [オタクと呼ばないで]
フジテレビ系ドラマ(月9)「幸せになろうよ」第9話の感想など。次回の第10話は最終回ではないんですね。意外にも第11話以降があるとは。申し訳ないけれど、1週間楽しみに待っているわけではないので。感想は書いていませんが、この後22:00からテレビ東京系で放送の「鈴木... [続きを読む]

» 幸せになろうよ。九話&鈴木先生。八話感想 [NelsonTouchBlog]
■幸せになろうよ。九話 仲里依紗と綾部祐二のふたりがいつも正論言っていていいね。 その分主人公がね(苦笑)黒木メイサに、すべてを失った藤木直人の看病を許す香取慎吾だったが・・。最後には嫉妬して、自分は恋人ではなく最後までアドバイザーだったと捨て台詞。なんか最後のシーンの黒木に言う香取の台詞が女子みたいな感じだったな(苦笑)そもそも最初に許してあげてるなら、最後まで許せばまだ度量があるとこ見せられたのにね。 仲里依紗が彼女なら今の彼氏のことを一番に考えてあげるべきじゃないんですか?と黒...... [続きを読む]

» 幸せになろうよ 第9話 [ぷち丸くんの日常日記]
春菜(黒木メイサ)は純平(香取慎吾)に隠れて矢代(藤木直人)の見舞い に通っていたが、そのことを純平に素直に話すことを決意する。 話を聞いた純平は衝撃を受けながらも、そんな春菜を受け止め、一緒に 矢代の見舞いにまでついて行く。 まりか(仲里依紗)や上野(綾部祐... [続きを読む]

» 幸せになろうよ (第9話 6/13) 感想 [ディレクターの目線blog]
4/18からフジテレビで始まったドラマ『幸せになろうよ (公式)』の第9話『別れの雨』の感想。 「純平くん、あなたバカですか?」 これ、途中で隆雄(綾部祐二)が純平(香取慎吾)に言う台詞。正に私の純平への気持ちを代弁した秀逸な台詞だ。脚本家は確信犯で、純平を究極のお節介か自己犠牲の人物に描いて、何を描こうというのか… 「それって、ただのアドバイザーですよね」 更に、まりか(仲里依紗)が純平に言うこの台詞と、矢代(藤木直人)の「僕はあなたみたいな人間が大嫌い... [続きを読む]

» 幸せになろうよ 第9話 [ドラマハンティングP2G]
「別れの雨」 高倉純平(香取慎吾)は柳沢春菜(黒木メイサ)と交際するため、ついに会社に辞職願いを出す。河原新造所長(橋本さとし)たちは引き留めるが、純平の決意は変わらなかった。 妻に追い詰められ、弁護士という職も地位も全てを失った上に大けがを負ってしま…... [続きを読む]

» 幸せになろうよ 第9話 [レベル999のgoo部屋]
『別れの雨』 内容 春菜(黒木メイサ)と交際するため会社を辞める決意をする純平(香取慎吾) そして、、、春菜を母・美津枝(原田美枝子)に紹介するため 家に食事へと誘っていたが、やってこない、、、連絡もない春菜。 事故にでも?そんな思いを感じ始めたとき、 春...... [続きを読む]

» 処女性vs経験値!アバンチュールな夏祭りの浴衣姿(幸せになろうよ#8・9、鈴木先生#7・8) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『幸せになろうよ』しゃしゃり出てきた元カノ・みゆき@国仲涼子が邪魔なので、今カノ・柳沢春菜@黒木メイサに「浮気されるな」と忠告する度量を見せた桜木まりか@“伏臥上体反 ... [続きを読む]

» HAU BLANCHE(ハウ ブランシュ・はう ぶらんしゅ) [HAU BLANCHE]
ドラマ「幸せになろうよ」着用、 モデル、芸能人が愛用、オンオフどちらも心地よく過ごす着替えが嬉しい2WAYピアス。ふたつの誕生石と想いを包みこむセミオーダージュエリー。 [続きを読む]

« 《マルモのおきて》☆08 | トップページ | 《グッドライフ》★09 »

最近の写真