無料ブログはココログ

« 《リバウンド》#03 | トップページ | 《生まれる。》第4話 »

2011/05/14

《BOSS 2ndSeason》☆04

『絵里子が倒れた!』(あらすじ)

真田という若い男が、ボーガンで射殺される事件が起こる。絵里子(天海祐希)は事件の詳細と、真田が偽名で、実際は身元不明だという報告を受ける。さらに、石田という男もボーガンで射殺されるが、彼も偽名で身元不明だった。その後、理香(成海璃子)が行った遺留品の捜査から、あるコンビニが浮上。そこで得た目撃証言から、石田の不可解な素顔が浮き彫りになる。そんな折、山村(温水洋一)に実家の母親から、大けがをしたので金を送ってほしいという連絡が入る。山村は慌てて銀行へ振り込みに向かうが、壁に張られたポスターを見て凍り付く。そこには、振り込め詐欺の容疑者として真田の顔写真が載っていた

CAST
大澤絵里子 天海祐希
野立信次郎 竹野内豊
片桐琢磨 玉山鉄二
岩井善治 ケンドーコバヤシ
花形一平 溝端淳平
山村啓輔 温水洋一
木元夏実 戸田恵理梨香
田所幸子 長谷川京子
沼田良美 釈 由美子
黒原理香 成海璃子
森岡博 大森南朋

絵里子が倒れた。
野立は、他のメンバーに、活躍次第でそのまま絵里子のポストにスライドさせるといったから、たまりません。みんなボスの座を狙いだした。
そこへ事件です。
凶器はボーガン。ガード下で人が殺された。目撃者は、散歩中の老人。左わき腹に1発、左胸に3か所撃ちこまれていた。現場に、半分消された足跡。
調べて行くと、免許証は偽造。目撃証言は、あまりに具体的だった。

絵里子は、胆石で、通院していた。待合室で黒木という初老の男と知り合った。
待ち時間を将棋で楽しんでいたが、黒木に、絵里子は、責めているときは強いが、守りに入ると弱いと指摘された。定跡を一度壊してみると良いと教えられた。
状況証拠が全て1人の暴力団員を示していた。だが当人は、知らないの1点張り。

そこで目撃証言をもう一度洗うと、街灯が壊れて暗い所もあるのに、ピアスまで見えるかということになった。調べて行くと、目撃者は、全員俳句の会に入っていた。
墓参りをしている老人会の人たちの所へ、絵里子が行った。
お墓に入っている人は尾上八重子さん。
優しくて明るい八重子さんが、オレオレ詐欺にかかった。計400万。全財産取られて、俳句の回にも顔を出さんくなり、1年前の今日、首をつった。

八重子さんには、同郷の幼馴染がいた。堅気ではなかった。

絵里子は、病院の待合室で黒木に1局申し込んだ。弟子と師匠の対局は2回と言われ、分ってますと、絵里子は答えた。
座ると、黒木は絵里子にアンタはデカだろうと言った。
わかるよ。独特の目つきしぐさ。
一流になればなるほど洋服みたいにまとわりつく。

「あなたは?」

「元ヤクザだ。分るか?」

「ええ、最初 お会いした時から。
雰囲気そしてとても几帳面に
整理整頓されてるところ。
懲役が長いと、刑務所の習慣でそうなる。」

「ムショ出てきたら、すっかり世の中 変わってたよ。
でも今の世のなか なんだ?
素人が やくざまがい。
いや、やくざのやらい事をし、へ平気でのさばってる。
金さえ稼げば 何やったって 許される。
いつから こんな日本になったんだ?
後期高齢者?前期 後期>
いつから国が、年寄りの寿命まで決めるようになった?
そう言われてる人たちも 敗戦から 今の日本を
作ってきた人たちだよ。その年寄りを 敬わないで
何を敬う?金か?え?」

「熱くなったら 将棋は させませんよ。」

「俺にも友人がいた。
俺なんかと違って、ぜいたく一つせず
身の丈を知り 家族を大切にし
文句一つ言わずに 生きてきた人だ。
そんな人が詐欺にあった。
絶望して 誰にも言わず 自分で首をつった。
殺されたんだ、若くて 最低な奴らに。
俺は、俺のルールで裁く」

「日本は法治国家です。
我々に任せてください。」

「任せた結果がこれだ。」

「逮捕することになります。」

「証拠は?
若い奴らから一つ学んだよ。」

「王手!」「卒業だな、これで」

「わざと負けましたね。」

「今度て会わせするときは、
お互いに手加減なしだ」

黒木泰平 元龍千回 組員。
いわゆる武闘派で組みを裏切った組長を射殺して 懲役20年。
去年の暮れに出所。昔ながらのやくざだった。

岩井の報告を聞いていると携帯が鳴った。
野立から、振り込め詐欺の主犯を保護しろと命令された。
友人が、4人殺され、友人の会社に、友人の血染めの写真が貼ってあったので、友人も殺されているのではと保護を求めてきた。今友人のオフィスを創作しているが、何も出ない。尾上八重子の名前と金額は出てきたがそれを詐欺と結びつけるには、関連性がない。そうなると一般市民を保護しなけれんばならない。

黒木から、お嬢さんと絵里子に電話がかかった。
1人若造を預かってるから、くれば、返すと言うものだった。
徳川は生きていた。

保護を求めた織田は、このビルに入れる人と指くわえて見ている人の2種類しかいないと、かなり上から目線だった。IT企業を興しこれが正業だと言っても元は犯罪者。絵里子に付き添われて入ってきたが、これから先は、機密事項だからと中には入れなかった。

片桐から電話で、徳川の死体があっただけ出、黒木はいなかった。
そこで織田を狙ってくるはずと絵里子は緊張した。

ガードマン2人をやっつけ、織田のオフィスに来た黒木。ファイルを取って動かなかった織田だが、やっと絵里子と共に逃げ始めた。階段で撃たれて、初めて本気で逃げ出した。地下の駐車場で、撃ち合いになった。後1発と数えていた黒木だったが、往生際が悪いと、絵里子に言って、通路に出せさせた。これd絵、終わりと言われても黒木は、半側無視。
今年の初めに脳梗塞を起こし、左半分だけ脳が認識せず、見えない。
だから黒木は、自分の足跡も半分しか消せなかった。
最初は何かのメッセーjかと思ったが。
将棋をしているときは、頭の中に将棋盤をイメージ出来たが、物を書くときには、
半側無視の人は片側に寄って書くことになる。それに左側で話しかけても聞こえなかった。
そこで、部下たちが4人、拳銃を構えて左側に立っていても見えなかった。
ここで死なすわけにいかないから銃を下ろして。犯罪者は逮捕するのが私の仕事だからと言った。

石が出たと喜んで報告した絵里子。お祝いだと野立て屋バーテンたちににこやかに迎えられた。でも胆石は、尿路結石とは違うから、出ませんよね。
携帯には木元から子宮連絡をというメールが来ていた。

絵里子の部下たちは、それぞれ、はみ出しですが、かなり優秀。出し惜しみなく、聞き込みするしね。なんと言っても片桐が、積極的に動いているのが好感持てます。

*****
今までの感想は、こちら

« 《リバウンド》#03 | トップページ | 《生まれる。》第4話 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/51664558

この記事へのトラックバック一覧です: 《BOSS 2ndSeason》☆04:

» BOSS CASE 04:羊たちの反撃! [あるがまま・・・]
そんな病気があったとは・・・((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ ボスが話しかけた際に聞こえなかったみたいだったので 左の耳が聞こえにくいのかと思ったら、脳が半分しか認識出来ない病気だったんですねー。 半身不随とか片方がマヒして動かない病気は知ってるけど、 こんな病気がある事...... [続きを読む]

» BLEACH&BOSS [別館ヒガシ日記]
は死神VS霊骸の開戦だったが &大前田&&戦闘も 大前田の顔違いは凄く良かったけど 同士の戦闘美学は流石と思うし... [続きを読む]

» 別館の予備(BLEACH&BOSS) [スポーツ瓦版]
5月13日 BLEACH&BOSS TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10884129448/9dad31d8 [続きを読む]

» BOSS 2nd 第4話★対策室下剋上!? [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
BOSS 2nd CASE4 古谷一行が出演したけど、混浴シーンはなしかぁ・・・。 絵里子(天海祐希)が胆石で通院。 ここで知り合った黒木(古谷一行)が偶然にも事件のキーパーソンだったのは出来すぎた話で、他のドラマだったら「ご都合主義!!」ってボロカスに言いそうなんだけど、『BOSS』は面白いから少々のご都合主義はスルーして楽しめます。 −◆− 絵里子の胆石による不在で、部下たち大騒ぎ(から騒ぎ?) 山村(温水洋一)がBOSS気取りで『特別犯罪対策室』を仕切ろうとして、少ない... [続きを読む]

» BOSS【第3回・第4回】フジ木10 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
【第3話】悲しき暴力の連鎖 【第4話】羊たちの反撃!  第3話でも第4話でも調子こく野立参事官(竹野内豊)が好きだわ。竹野内君がはっちゃけている役って微妙な感じもするけれど、なんだろな、あのくだらない野立参事官に救われる気持ちだわよ。野立参事官にも人知れず悩みはあるのかもしれないけれど(イヤ、野立に限ってそれはないと信じたいわけだが)、あぁやってノー天気にふるまえるってホント素晴らしいと思っちゃうわけで。←なにがあった?? なんかもういろいろいろいろありすぎて、くだらねぇドラマなんて見ている場合... [続きを読む]

» BOSS #04 [ぐ〜たらにっき]
『羊たちの反撃!』 [続きを読む]

» BOSS 2ndシーズン (第4話 5/12) 感想 [ディレクターの目線blog]
4/14からフジテレビで始まったドラマ『BOSS 2ndシーズン (公式)』の第4話『羊たちの反撃!』の感想。 今週こそ絵里子の大活躍を願ったが、冒頭から撃沈! Wikiによれば、先週の第3話が1stシーズン含めた『BOSS』史上の最低視聴率14.7%を叩き出した。残念だが当然の結果と言う印象。 そこで、今週こそ大澤絵里子(天海祐希)の大活躍を願ったのだが、冒頭から胆石で通院、今やマンネリ感さえ漂うギャグの連発で遭えなく撃沈。 今週こそ現場で大活躍すべきだったのに、主役が... [続きを読む]

» 「BOSS」第4話 [日々“是”精進! ver.A]
いろいろと“伏線”が繋がっていたんですね 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105120003/ BOSS DVD-BOX posted with amazlet at 11.05.11 ポニーキャニオン (2009-10-21) 売り上げランキング: 1299 Ama... [続きを読む]

» 「BOSS 2nd」第4話感想 [Kanataのお部屋へようこそ]
 大澤絵里子(天海祐希)が、病気で通院することになった。  野立信次郎(竹野内豊)は、絵里子の写真を遺影のように飾り遊ぶ。 [続きを読む]

» 「BOSS 第2期」第4話 [またり、すばるくん。]
CASE 04「羊たちの反撃!」 視聴率14.2%  [続きを読む]

» BOSS 羊たちの反撃! [のほほん便り]
また、いちだんとコミカル度が上がりましたね しかし、BOSS、大澤絵里子が胆石で入院、および通院してるのに、机に写真と花まで飾り、手を合わせる、野立(竹野内豊)他メンバーの一同は、ちょっと悪ノリすぎ? (^^;) そして、なぜか後釜の座をめぐる、メンバー達のお茶目なドタバタ劇も、今回のスパイス。 オハナシは、振り込め詐欺を軸に、かなり捻ったもので、ゲストの古谷一行。さすがの存在感!でしたが、それだけに、余韻が、ややビター。もちまえの爽快感に欠けたのが残念だったかな? 最初のシ... [続きを読む]

« 《リバウンド》#03 | トップページ | 《生まれる。》第4話 »

最近の写真