無料ブログはココログ

« 《高校生レストラン》★02 | トップページ | 《マルモのおきて》☆04 »

2011/05/16

《JIN-仁ー》★2-05

『消えた体の謎』(あらすじ)

(大沢たかお)は女形の歌舞伎役者の田之助(吉沢悠)から、天才歌舞伎役者の吉十郎(吹越満)の診察を頼まれる。吉十郎は、おしろいに含まれる鉛で中毒を起こしているようだ。仁は痩せ衰えた吉十郎を「仁友堂」に運び治療に当たる一方で、咲(綾瀬はるか)に食事療法の用意の指示を出す。治療のかいあって、吉十郎は快方に向かう。

cast
南方仁 - 大沢たかお
友永未来 / 野風 - 中谷美紀2役、「完結編」では特別出演
橘咲 - 綾瀬はるか
橘恭太郎 - 小出恵介
佐分利祐輔 - 桐谷健
山田純庵 - 田口浩正
橘栄 - 麻生祐未
勝海舟 - 小日向文世
坂本龍馬 - 内野聖陽

川越のお初の手術をしている時、仁の体が消えた。まるで夢を見ているように、婚礼の席を上から眺め、仁の子供のころ住んでいた家を見、仁と書いてあるが、仁は当人ではないと
咲に話した。
仁が戻ると、お初が死んだ。生きていれば、仁の先祖と結婚し、今の仁とは違う仁が生まれていた。

寺田屋で、龍馬が謀反を企てたかどで、捕まりそうになったと、勝が知らせた。今度龍馬と関わるときには、十分用心しろと言われた。
勝に付いて、恭太郎も来た。気になっていた、川越行きを聞かれた、仁は、咲をどうするつもりかと。
私に出来ることは、咲さんを一人前の医者にする事です。
咲さんも、それを望んでいると思います。」

「本当にそうでしょうか?」

「身元も分りませんし、こんな幽霊みたいな男と
一緒になろうなんて思いませんよ。」

俺が聞いた話は、あの『寺田屋事件』てやつだと思う。
 俺と言う異物を抱え込みながらも歴史はおそらく
 史実通りに進んで言っているんだろう。龍馬さんの暗殺に
 むけて。
 『南方仁がおれば俺は死なん』『助けますよ、俺が』
 そんなことはできないんじゃないだろうか。
 もし、俺が 襲われた龍馬さんを助けられたとしても
 それは やはりつかの間の延命ですべては無 に
 帰していくのではないだろうか。
 歴史の修正力とでもいうものによって。
 だとしたら、俺は、何のためにここへおくられてきたんだろう

田之助が久しぶりに顔を出した。
見てもらいたい者がいると連れて言ったのが、吉十郎という、兄弟子だった。
寝たきりで、両手足が壊死を起こしていた。
坂東吉十郎。裸一巻から名題まで上り詰めた天才役者だった。
歯茎も、黒くなっていた。鉛縁がみられた。鉛中毒だった。
鉛が体内に蓄積し、神経・内臓・冠雪なその痛みや障害を引き起こす中毒症状だった。
舞台で使うおしろいに入っていた。田之助は、塗っただけで中毒になるのかと聞いた。
おしろいを落とす時はどうしているかと聞いた。
風呂場で、湯気と一緒に、知らず知らずのうちに
大量のおしろいを吸いこんでしまうんじゃないでしょうか?

体が痛み、唸る吉十郎。田之助は、治るのかと聞いた。
鉛を体の外に出す薬が無いと仁は言った。
残念だが、手足を切って延命を図ることが・・

「じゃあ、せめて もう一度 舞台に
立たせることは無理かい?」
そう田之助に聞かれたが仁は否定的だった。
「来月は、兄さんの当たり役 朝比奈 をやれるから、
もう一度朝比奈をやりたいってのが兄さんの最後の
希望なんだからさ。」

「お気持ちは分りますが、無理ですよ。
手も足も神経が麻痺してるんですよ。」

「でもやってみなきゃ、わからねえだろう。」

「でも養生しても、ひと月やそこらで
動き回れるようにするなんて
絶対に無理です。」

「無理無理ってそれでも医者なのかい!
無理無理 言うだけなら誰だってできらあ。
無理一つ通せねえで何が医者先生さまだ。
そんだったら辞めちまえ!」

切ない田之助之言う事も分るが、そこを咲がフォローした。

「先生にとってできることと・・・」

「そうですよね。・・・
吉十郎さんを仁友堂に運んでもいいですか?」
仁は頬を張られ様な衝撃を覚えた。

仁友堂に運んだ吉十郎は、ペニシリンを点滴し、しらす干し ゆず しょうが ビタミンCやミネラル カルシウムを多く含んだものを多く摂らせた。
先生がたには塩化カルシウムの製造を手伝って頂きます。
鉛中毒によるカルシウム不足を塩化カルシウムで補えると考えていた。
塩化カルシウムは、いしばい から作ることができた。
いつもに増して、忙しそうに立ち動いていた仁。

<鉛中毒には、通常キレート剤が使用される。だがこの時代に
キレート剤をつくりだすのは 不可能だ。>

  キレート剤・・・人体から金属製の元素の排出を促進する薬

<となれば、生薬を調べてみるしかない。>

あらゆる中毒に効く・・・柴苓湯
植物の中毒に良いとされる・・四苓散
毒による発熱の解熱作用があるとされる・・荊防敗毒散

果たしてどれが効果あるか、ネズミで試した。まず、鉛中毒のネズミを作るために蒸し器に鉛を仕込んで、蒸気を当てた。そのネズミに漢方を練り込んだ餌を与えて、調べた。
ペニシリンが聞いて、手足の傷も乾いてきた。
佐分利も熱心に吉十郎を診ていた。
鉛に効く生薬はなかなか見つからず、仁は、焦っていた。
咲は、とても経過がいいと満足していた。
仁は、延命にすぎないとと言った。だが、咲の意見は違った。

延命だけではいけないのですか
すべての医術はしょせん延命にしかすぎぬのでは
ございませぬか?未来が行かに進んでいるのか存じませんが
人はやはり死ぬのでございましょう?
勝の負けるのおっしゃいますが吉十郎さんを
鉛中毒から 完璧に救え70まで生きのびさせたとしても
先生がここに来なければ、そもそもそういう運命であった
という考えからするとそれとて勝ったと言うことにはならないの
ではございませぬか
。」

「じゃあ、私は何のためにここへ来たのでしょうか?」

吉十郎が息子を折檻していた。曾我対面(そがのたいめん)のホンだけが無くなっていた。。今度はここで厄介者になるのかと言われ、父を荷車に乗せ、戻って行った。
経過が気になる仁は、咲と歌舞伎座へ行った、すると最後の力を振り絞るように稽古している吉十郎がいた。見栄を張る所で足を踏ん張るが、また指先が破れた。駆け寄る仁をわけるように佐分利が、すんまへんと現れた。

田之助に、このまま練習を続けるのは無理だと説く仁に、「親だから」と言った。
口止めされていたがと語った。
「兄さんは役者バカってやつで
芸の肥屋知って言っちゃあ 飲む 打つ 買うを
繰り返し女房と まだ言葉も出ねえ与吉を
面倒癖えと追い出しちまった。
だけど、今度は、その母親に男が出来たらしてね
行く場所の無くなった与吉はここに転がり込んできたってわけさ。
その頃兄さんはもう体を悪くしてたし長くないだろうから
なんとか 道をつけてやろうと躍起になって芝居の稽古を
させようとしたのさ、。けどあの子も強情で全く覚えようとしなかった
ついに兄さんも、手が出るようになっちまって・・・・与吉は与吉で
口もきかなくなっちまってさ。」

「与吉ちゃんはどうして稽古をしなかったのですか?」

「芸のために捨てられた 与吉は
役者稼業は恨みでしかないんだろうさ
それなら仕方ねえ、奉公の口を捜したらどうかって
そしたらさあ、兄さんは、
『与吉にオレの芝居を見しちゃやれねえだろうか
一日だけでいい 朝比奈をやらしてもらえねえかって
座頭に頼んじゃくれまいか』『兄さん悪いけど 飲めないよ
子んんあ役者を客の前に出したら 座の名折れだ』
『オレg亜与吉に残してやれるもんは もうそれしかねんんだよ』
『兄さん、・・・』『おっれ派 人間のクズだ恨まれて当然だ
今から謝って許してもらおうとは思っちゃいねえし
そんなくせえ芝居なんてできねえよ けどよ俺が全てを注いだ芸だけは
見せてやりてえんだよ。いまのままじゃよアイツ、クズの父親から
生まれてきたんだと思てって生きてくしかねえだろ
けどよ、その屑でも たった一つだけでも取り柄があったって
思えりゃ生きてくのもちっとは増しになるってもんだ
田之助 後生だ 田之助』

兄さんにとちゃちゃ「手足を切って行きながらえる
ことはたいして値打ちがないのさ。先生。
命の値うちってのは長さだけなのかい?」

吉十郎は、佐分利に何でかなってくれたんだと聞いた。
私は移住を際寝たいんです。
だからアンタが最後の芸を極めたいってのがよくわかると答えた。

仁は、咲と、暮れる江戸の風景を皆がら話していた。
「自分の気持ちに振り回されて、
患者をちゃんと見れていなかった。
長生きさせることばかりにとらわれて」

「先生がここに送られてきた目的は
1人1人の命を救うこととは違うものではないでしょうか?」

「どういう?」

「もっと大きな1人1人の世の営みを
超えたもののため と言いますか
何とは言えぬのですが、」

「世の営みを超えるもの・・」
仁の頭の中を風が抜けた。

仁友堂に戻ると、福田医師が、薬を調合していた。
吉十郎さんの落ち込んでいるからだの働きを
元に戻すことを考えて調合したので名前と言われると・・・

ありがとうございます、使わせていただきます。

はい。

咲がミカンを持って部屋に行くと、襖の陰で、じっと食い入るように父の練習を見ている与吉がいた。

仁は、横松医師と、サポーターを開発していた。試作品をつけて、あるいている横松に聞くとよい感じですと答えた。
庭で咲が前に与吉が動かしていた庭石をどかそうと気合を入れていた。℃貸すとそこに歌舞伎の曾我対面のホンが隠されていた。

明日初日という夜、じっと歌舞伎絵を見る与吉。

当日、顔を作り、衣装を着て、仁に包帯を巻いてもらった。何かあっても部隊の袖に控えているからと言った。田之助二例を言ってくると廊下に出た所で倒れた。役者は血反吐履いても、カブいた芝居であればいいと言う田之助。だが座頭は代役を立てると言った。
吉十郎も楽屋に運ばれ、桂も、着物も取った時、目を見開いた。

「カブイタしばいだったろう」そう言って、皆の芝居を邪魔しないように身を引いた。

仁は開発中のサポーターをつけて立った。
与吉は逃げようとしたが咲が押さえた。
死にそうでも芸のことしか頭に無い父にもっと何か言って欲しかったのだろう。だが父も不器用で、言えなかった。

「おとっつあん、 いま与吉ちゃに
話しかけようとしているんじゃないかな。」

布団の上で足を踏み鳴らすことがもう激痛で出来ない父。
倒れ込むのを見て与吉が泣きながら

「や、・・・大和屋
大和屋!」

「あいすまぬ~、与吉!」

「よ、日本一!」

父と子の心が通じた。

<つかの間の延命。
 もしかしたら延命にすらなっていないのかもしれない。
 こうしたことで 命を縮めた可能性すらある
 だけど、この瞬間には長さでは、語れない命の意味がある。
 残された時間を輝かせるという 医療の意味がある。>

吉十郎は、そのまま逝った。
枕元で、与吉は田之助におとっつあんの後を継ぎたいと言った。
仕込んでもらえますか?
楽な世界じゃないよ。
はい。

<世代を超え、受け継がれて行く芸のように
 世の営みを超えて行くもの 歴史の修正力に
 あらがえる者を俺も残したい>

咲が高濃度のアルコールを消毒用に薄めたつもりで、ペニシリンの入れた。
白濁におどろく咲。ペニシリンの結晶化が起きた。これを漉せば粉末ができる。

龍馬と関わることに憶病になっている仁。
咲にお尻を叩かれて、また戦の中へ旅をすようです。

まだ仁の秘密は分っていませんね。

*****
今までの感想は、こちら

« 《高校生レストラン》★02 | トップページ | 《マルモのおきて》☆04 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/51683774

この記事へのトラックバック一覧です: 《JIN-仁ー》★2-05:

» 「JIN -仁-」完結編 第5話〜鉛のおしろいは「ただちに健康に影響が…」 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「JIN -仁-」第5話 お初(畠山彩奈)が助かってたら、仁(大沢たかお)と結婚する未来が待ってたのかぁ・・・。 仁は、紙飛行機のせいで初に怪我をさせた責任を感じるうちに、だんだん気持ちが通じ合うって未来だったのかなぁ。(藤本敏史39歳と木下優樹菜22歳みたいな年の差婚やないの??) その場合、咲ちゃん(綾瀬はるか)は?? 痛ましいことに、歴史の神様がお初を召されたので、「たられば」を言っても始まらないのであります。 −◆− 田之助(吉沢悠)の兄弟子・坂東吉十郎は手や足の指が潰瘍... [続きを読む]

» Jin-仁-2  #5 [よくばりアンテナ]
なんと、消えかけた仁先生はタイムトラベルしてしまいましたね〜 トラベルっていうか見えただけですけど。 お初ちゃんを助けたら、仁先生は生まれてこないってことが、 っていうか、別人の南方仁が誕生す...... [続きを読む]

» 「JIN−仁− 完結編」 第5話 消えた体の謎 [トリ猫家族]
 さて、消えてしまった仁は、時の流れを上り、お初とそして自分の運命を見ました。 命が助かったお初は南方家の男と結婚し、子をもうけた。 しかし、その後産まれた「南方仁」は ... [続きを読む]

» JIN-仁- #05 [ぐ〜たらにっき]
『消えた体の謎』 [続きを読む]

» 幸せになろうよ 第5話 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
小松原さん主役ドラマ だと勝手に思ってみてます(笑) その小松原さんは春菜をふってしまったよ!!! 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 あてつけで付き合ったのがいけなかったの ... [続きを読む]

» 「JIN -仁-」神に試される医師5延命だけが医者の使命じゃない!意思を継承させる事も医者の役目だという事に気づかされた [オールマイティにコメンテート]
「JIN -仁-」第5話は仁が救おうとしたお初は自ら消えてしまった事で救えなかった。消えた時仁はここでお初を救うと未来が変わってしまうという事を見せつけられたのだった。お初は ... [続きを読む]

» 〔感懐5.15〕無から仁義の戦を始めるもの、それもまた勇者也。 [義風捫虱堂]
DOG DAYS EPISODE 07 JIN−仁− 第五話  [続きを読む]

» JIN−仁−第5話 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
ラスト10分くらいからクライマックスで、 次回が楽しみになる展開にまんまとはまっている… そんな感じです(笑) 身体が消える話があっという間に終わってしまったよ。 でも ... [続きを読む]

» JIN−仁− 第五話 消えた体の謎 [レベル999のgoo部屋]
『消えた体の謎』 内容 旅先で知り合ったお初(畠山彩奈)が、折り紙で遊んでいて大けがをしてしまう。 その治療を始めた仁(大沢たかお)と咲(綾瀬はるか) しかし、次の瞬間、姿が薄くなる仁。。。消えゆく仁に、慌てる咲。 その薄らぐ意識の中、仁は、、、“未来”を見...... [続きを読む]

» 『JIN〜仁〜』(完結編)第5話 [悠雅的生活]
〜消えた体の謎〜 [続きを読む]

» 「JIN -仁-」第5話 [日々“是”精進! ver.A]
命の値打ちについて考える・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105150005/ 日曜劇場 JIN-仁- オリジナル・サウンドトラック~ファイナルセレクション~ posted with amazlet at 11.05.12 TVサントラ SMD i... [続きを読む]

» 「JIN-仁-」5話感想 [徒然”腐”日記]
JIN5話目なんですねぇ前作は11話でしたが、今回も11話まで何でしょうか?だとしたら折り返し地点って事なんでしょうかあらすじはJIN-仁-公式サイトから南方仁(大沢たか... [続きを読む]

» 鉛中毒 [アカシックレコード]
《JIN-仁ー》★2-05 カルシウムの製造を手伝って頂きます。 鉛中毒によるカルシウム不足を塩化カルシウムで補えると考えていた。 塩化カルシウムは、いしばい から作ることができた。 いつもに増して、忙しそうに立ち動いていた仁。 鉛中毒には、通常キレート剤が使用される 新選組血風録?「胡沙笛を吹く武士」&JIN-仁-第5話 初との関係、異なる未来を自覚→カムバック・初死亡→第1部同様に無力感に苛まれるが今回は歴史の修復に抗う決意をする 鉛中毒(レイノー症候群)の治療だし、舞台は芝居小屋と... [続きを読む]

» JIN―仁― 第5話 [MAGI☆の日記]
JIN―仁―の第5話を見ました。 お初が転落事故で重傷を負ってしまい、仁と咲は輸血法を導入してお初を助けようとするが、仁の体がタイムパラドックスで消滅しかける。 その際、お初が助かってしまうとお...... [続きを読む]

» JIN-仁- 完結編 第5話 [昼寝の時間]
公式サイト 原作未読です。 一度のみの視聴を思い出しながら書いていますので、セリ [続きを読む]

» JIN−仁− 第5話:消えた体の謎 [あるがまま・・・]
咲さま、大活躍!( ̄ε ̄〃)bグッ!! 咲さまのうっかりで、ペニシリンの粉末化にも成功しそうだし、 時に暴走したり、停滞したりする仁先生を修整するのも咲さまのお役目。 二人に結ばれてほしいけど、いついなくなるやもしれないし、 ましてやこの時代にいなかったはずの人...... [続きを読む]

» JIN -仁-【第5回】TBS日9 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
消えた体の謎  「兄さんにとっちゃ、手足を切って生き長らえることは、たいして値打ちがないのさ…。先生…、命の値打ちってのは、長さだけなのかい??」by澤村田之助(吉沢悠)。 うん、病気になったら延命してもらいたい人ばかりじゃないはず…。まさに今回の坂東吉十郎(吹越満)がその典型的な人だわね。♪芸の~~ためなら~~~女房も泣かす~~~♪(←古い)を地で行く役者みたいだし。女房どころか子供まで泣かしちゃってますし。 息子・与吉(大八木凱斗)が「大和屋っ!!!よっ!!!日本一っ!!!」って泣きながらい... [続きを読む]

» 「JIN -仁-(完結編)」第5話 これは仁友堂の使命でございます [バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る)]
世代を超え受け継がれていく芸のように世の営みを超えていくもの歴史の修正力にあらがえるものを俺も残したい [続きを読む]

» 『JIN−仁−』 第5話 [Noble&Pure]
第5話『消えた体の謎』 [続きを読む]

» 【JIN(完結編)】第5話と視聴率「消えた体の... [ショコラの日記帳]
第5話の視聴率は、前回の20.7%より少し上がって、20.8%(関東地区)でした♪20%台キープで順調です♪(^^)次回、また、放送時間が午後9時~9時59分と、5分枠大するそうです。高視... [続きを読む]

« 《高校生レストラン》★02 | トップページ | 《マルモのおきて》☆04 »

最近の写真