無料ブログはココログ

« 《高校生レストラン》★01 | トップページ | 《マルモのおきて》☆03 »

2011/05/09

《JIN-仁ー》★2-04

『江戸から消える』(あらすじ)

ペニシリンの粉末化に取り組む仁(大沢たかお)の元に、川越藩主の妻・恵姫(緒川たまき)を治療してほしいとの依頼が入った。それを引き受けた仁は、咲(綾瀬はるか)を連れて川越へ向かう途中、お初(畠山彩奈)という不思議な少女と出会う。お初と触れ合った瞬間、仁は電気が走ったような感覚を覚える。川越に到着した仁たちだが、恵姫から「治療をしなくていい」と言われてしまう。そんな折、大けがを負ったお初が運ばれてくる。再び不思議な感覚を覚えた仁が、お初の手術に取り掛かると、仁の体が消え始める。

Cast
南方仁 - 大沢たかお
友永未来 / 野風 - 中谷美紀2役、「完結編」では特別出演
橘咲 - 綾瀬はるか
橘恭太郎 - 小出恵介
佐分利祐輔 - 桐谷健太
山田純庵 - 田口浩正
橘栄 - 麻生祐未
勝海舟 - 小日向文世
坂本龍馬 - 内野聖陽

1865年 冬
龍馬から、仁に手紙が来た。

先生元気かえ?わしは元気にやっちょるぜよ。薩摩に来たわしは
 先生が手術した西郷さんとウマが合うてのう。手術4ん時の話も改めて
 聞いたぜよ。そんなことをしながら 長州にも顔を出しちょる。
 長州ではわしと同じ土佐の脱藩浪人で 長州の預かりとなっちょる
 中岡慎太郎いう男と会うたがじゃ。
 この男はなんとわしと同じことをたくらんじょって 今は二人で長州と薩摩の
 和解に走り回っちょるぜよ。
 そうそう、長崎で海軍操練所の仲間と共に亀山社中 いうカンパニーも作ったぜよ
 先生はどうぜよ?

龍馬さん
 お元気そうでなによりです。
 私の方はあの後 上様と和宮様よりお詫びを兼ねた
 お礼をいただきました。
 そのせいもあったのか 恭太郎さんの差控も解かれ
 橘家はやっと元通りになりました。
 さらに仁友堂の方にも良いことが色々と
 まず、横松先生と一緒に考えていた「遠心分離機」と言う道具が
 出来あがりました。これは血液型と言うものを判定するものです。
 これによって、輸血と言う治療ができるようになり象山先生のように
 失血死で亡くなる方を減らすことができるようになります。
 ペニシリンを扱いやすくするという件は粉末化に向けて
 実験を繰り返しています。この試みが成功すれば、ペニシリンは
 爆発的に広まると思います。
 咲さんも元気にやっています

(前にもまして、にこにこと接してくれていたが、時折その笑顔が妙に遠く感じる時があった)>

こうして俺は、江戸で四度目の正月を迎えることになった。

長州下関で、龍馬は、幕府に追われる身となっていた。薩摩と長州の盟約から護衛をと言われ2人が着いた。三吉慎蔵 と東修介だった。東は、京で龍馬に命を助けてもらっていた。

仁友堂に医学館教授多紀が来た。川越松平家のご先代のご息女の耳の後ろに出来たコブを取ってもらいたいという要望を伝えた。みな微妙な位置なので、失敗を恐れ、治療に踏みきれなかった。この手術には、徳川家二百六十年の由緒
ある お血筋の存亡がかかっておるのじゃ。
それを聞いて突然仁の頭が痛んだ。

ずっと気にかかっていたことがある。
 この世界のどこかには 確実に 俺の先祖がいる。
 もし 俺が自分の祖先と関わってしまったらどうなるんだろう?
 別段 何もおこらないのだろうか?それとも そのことで未来の何かが
 大きく変わったりするんだろうか?
 ひょっとして俺自身の手で俺が存在しない未来を作りだすことだって
 あるんじゃないだろうか?
 あの時と同じように。だけどそれこそがもし このタイムスリップの
 目的だとしたら・・・

ご家紋の診察をするならと山田が、医学館に話をした方がと気を使った。
それでなくても今まで来ていた医学所の生徒たちが、仁友堂は、医学館とツルンデいると言う噂を信じて、顔を見せなくなったと聞かせた。
先はそれを聞いてペニシリンの粉末化を早めなくてはと言った。粉末になれば本院で野使用も増える死、交流も自ずと増えるので、と、聞き、仁はそうかと思った。先は、それでは川越行きの支度をするといったが、助手は私で良いのですねと念を押した。仁はそのつもりだったが、目音でもない男女が、一緒に旅をするのはと山田は言った。だが、ペニシリンの実験と、佐分利先生と、山田先生には、診察で稼いでもらわないと、それに川越での礼も頂けるであろうからと、経理の咲はあてにしていた。

龍馬がたつ時、東は、仕方なく護衛をすると言った。あなたに命を助けてもらっているしと。正直だと龍馬は、そういうところが好きだと飛び付いた。
今の薩長も嫌いあっているが、情の垣根を越えて手を結ばせるもんが一つある。
それは『利』だ。この場いい『利』というのは倒幕だった。それを聞いて東は、証人の考えだと言った。龍馬は、それは「医者の考えだ」と言った。
南方先生?と東はびっくりして聞いた。すぐに龍馬は、さあ、今日へ行こうと出掛けた。

へとへとになって仁は、咲と共に川越の手前まで到着。
宿でお初という女の子がお茶を運んで来た。礼を言って受け取ろうとして、仁は、飛び上るほどの電流を指先に感じた。お初は、平然としていた。

川越のお殿様の大事な客人ということで、最高の部屋を用意してくれたが、一部屋だけだった。今日は満室で、おもてなしがよくなかったと知れたら大変なことに尾なると旅館の亭主に言われて、2人は、屏風を真ん中に立てて、就寝。

お初にせがまれて、折り紙を折った時、仁は、「イカヒコーキ」を折ってしまった。未来の物を折ったのだと、咲にはわかった。仁に今からどれくらい未来かと聞いた。140年くらい、

咲の孫の孫くらいの年だと言いあった。
突然川越のこれから行く藩の内情について咲が言いだした。
婿養子を取ったが、こぶが大きくなった直系の姫は、尼寺に行くと実家に戻った。
養子の方は、妾が妊娠中で、このままいくと血筋が絶えることになるので、大騒ぎになっていた。
武家の娘は、子を産んで、家のためになると教えられていると咲は言った。
咲さんはと問う仁に、応えなかった。だがそっと「私の子は仁友堂です、先生」とつぶやいた。

奥方は、はなから、診察を受ける気が無かった。礼をもらって、変えるがよいと消えた。
家老たちは、もう一度説得をといったが、咲がおなご同士だからと進んで行った。
御髪が、と頭巾から出ている部分を指して、これをお使いくださいと、渡した黒い櫛。受け取って見ると、徳川の葵の紋が入っていた。咲がそれは、和宮様から頂いた物と話、町医者でも俺を頂けるような方だからと説得した。
奥方は、婿殿と息女との間にこが生まれたと聞き、祝いの品をと言った。

すぐに戻ると咲が急いでと仁を急かした。
良性の腫瘍だった。だが指を見て仁の顔が曇った。
スプーンネイル・・哲欠乏性貧血。案の定眼瞼の裏側は白かった。
出血が酷い場合は、輸血しなければならないと話した。
背に腹は代えられないと奥方も覚悟を決めた。
だが一族に話すと、そんな事は聞いたことが無いと、皆口をつぐんだ。
奥方は、これから殿とやり直し、子をもうけた糸希望を述べた。その時一族の血っが入っていればこんなに心強いことはないし、子にも受け継がれるだろうと世彼と思ったことが、皆の反対に遭った、どう行って戻りかけるとおばば様が、一番に手をあげてくれた。

手術は出血があったが、大成功だった。

龍馬は、薩長同盟を結ばせる気で動いていたが、お互いに頭を下げるのが苦手な藩で、どうしようもなかった。薩摩は、長州から頭を下げて来るのが筋だと吠えれば、長州は、幾ら負けているとは言え、頭は下げないと言う。飛んで行った龍馬は、西郷の着物をはだけて、ここに見中た先生に助けられた傷跡があるはずだと言った。初め皆の手前手術を断ったが、南方先生は、あなたを助けさせてくださいと土下座をした。だから皆のmまえだったが、その手にすがることができただろうと、龍馬は、力説。
「そのおぬしがどういて、長州の気持ちを汲んでやれんがじゃ」
龍馬の人たらしで、歴史は変わった。

川越松平の姫さんはすっかり元気になりました。
こぶも取れて、今はうっすらと傷跡が残っています。
藩医たちに居術を教えてくれたそうでと、礼を言われた。

帰り道、あの奥方をどうやって、説得したのかと仁に聞かれ、上様と和宮様の威光をお借りしましたと櫛を見せた。だんだん咲さんも、肝が据わってきたと仁は笑ってどんどん前を歩いて行った。咲は、さらに、意地を張ってはいけないことを奥方に話した。人として貼らねばならない意地だったが、好きな人がいたがもう一緒になれることはないと。
奥方は別れの時、咲に意地は、張ってはいけないと、笑顔で言ってくれた。

大井の宿出、またお初野所に泊った仁たち。お初のために千代紙を持ってきた咲。
お方様は、こができるかという仁に一応オギノ式を説明したと、咲は平然と答えた。
いい人がいたら、結婚という仁に、私は後世に仁友堂を残したいだけだと言う咲。
ならばなぜ、あの時と言いかけて凄い勢いで、咲から反問されてしまった。

「じゃあなぜ、あの時、断られたんですか?
私がいなくなるからですか?」

「私とて・・・」

そこにお初が戸板で運ばれてきた。
原には、枯れ木が突き刺さっていた。腹腔内出血が見られた。
緊急手術になった。
腹腔内にメスが入るとかなりの出血だった。
傷が分ったので、助かるぞと、言った途端に頭痛がひどくなり手が、足が消えてきた。

龍馬は寺田屋で、おりょうに命を助けられていた。

お初ちゃんをこのまま見殺しに出来ませんね。どうなるんだろう?

*****
今までの感想は、こちら

 

« 《高校生レストラン》★01 | トップページ | 《マルモのおきて》☆03 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/51620744

この記事へのトラックバック一覧です: 《JIN-仁ー》★2-04:

» JIN-仁- #04 [ぐ〜たらにっき]
『江戸から消える』 [続きを読む]

» JIN -仁- 第4話 感想「江戸から消える」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
JIN 仁ですが、南方仁(大沢たかお)は遠心分離機なるものを使って江戸時代で輸血なるものまでやろうとしています。ペニシリンの粉末化などで忙しいですが、徳川眷属の松平家・恵姫(緒川たまき)のコブを取らないといけません。 坂本龍馬(内野聖陽)は日本初のカンパニー亀山社中設立と坂龍飛騰ですが、薩長同盟の為に西へ東へ南船北馬、東奔西走します。盟友・中岡慎太郎(市川亀治郎)とも久々の再会ですが、山本勘助と武田信玄は頬ずりせんばかりに久闊を叙しまくります。晴信もカピパラ笑いで嬉しそうでしたが、出番これだけです... [続きを読む]

» JIN-仁- 第4話〜意地を張っていてはロクなことはない。 [平成エンタメ研究所]
★手術あり、恋愛あり、歴史あり、謎・ミステリー(あのホルマリン・ベイビーは何か?)あり、SF(タイムスリップ・神の意思)あり、何とぜいたくな内容なのだろう。  しかもこれらが見事に融合している。  次に何が起こるのか、予想できないのも楽しい。  かくして我々...... [続きを読む]

» JIN 仁 完結編 第4話 感想 [オタクと呼ばないで]
昨夜放送のTBS系ドラマ「JIN 仁 完結編」第4話の感想など。時は1866(慶応2)年。南方仁(大沢たかお さん)が江戸へ来て4回目の正月を迎えました。医学館の多紀玄琰(相島一之さん)が、要人の治療の話を持ちかけてきます。その内容は、川越藩主の正室・恵姫(緒川たま... [続きを読む]

» ウソつき!とにかく意地を張らずにオギノ式(JIN-仁- 完結編#4) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『JIN-仁- 完結編』時は1865年冬・・・先週は何年だったんだw遠心分離機で血液型を判定することが出来、輸血が可能になったのね!川越・松平家の恵姫@緒川たまきのこぶを取るように ... [続きを読む]

» JIN−仁−第4話 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
仁先生が消える!!!?? おはつちゃんとどんな関係が!? 気になるところで終わりました。。。 あー続きが気になるうう。 龍馬もどうなるんでしょ… 仁先生が助けてくれるよね ... [続きを読む]

» 「JIN -仁-」完結編 第4話〜意地を張るとろくなことはありませぬ [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「JIN -仁-」第4話 薩長同盟のくだりを見てると、やはり『龍馬伝』を思い出さずにいられません。 で、薩摩も長州も意地の張り合いで、高杉や西郷たちにも咲ちゃん(綾瀬はるか)から「意地を張るとろくなことはありませぬ」と言って説得してもらいたいところです。 たまたま『仁』の世界では西郷さんの腹の傷が薩長を結び付けましたけどねぇ・・・。 それにしても、駆け回り身を賭して薩長同盟を進めた坂本龍馬と、携帯電話1本で連立依頼した菅首相とでは、人間性が違いすぎます。 −◆− 恵姫(緒川たまき... [続きを読む]

» 「JIN-仁- 完結編」第4話 [またり、すばるくん。]
第四話「江戸から消える」 視聴率20.7%                            あらすじ(公式サイト) [続きを読む]

» 「JIN -仁-」第4話 [日々“是”精進! ver.A]
仁の体が消えてしまった 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105080005/ 日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック posted with amazlet at 11.05.04 ワニブックス 売り上げランキング: 247 Amazon... [続きを読む]

» JIN−仁− 第四話 江戸から消える [レベル999のgoo部屋]
『江戸から消える』 内容 1865年。 龍馬(内野聖陽)が薩摩の西郷(藤本隆宏)を訪ね。。。その後、 長州で中岡慎太郎(市川亀治郎)と出会い、亀山社中を設立。 そして、東修介(佐藤隆太)と再会しているころ。 皇女和宮の件により、 咲(綾瀬はるか)の兄・恭太...... [続きを読む]

» 「JIN−仁− 完結編」 第4話 江戸から消える [トリ猫家族]
  L(゚□゚ L)Ξ(」゚□゚)」 仁先生やーーーーい!! 今までは、魂だけ未来に戻っちゃってたけど、今回は肉体ごと消えちゃったぞ! やはりお初(畠山彩)は仁のご先祖様?って事 ... [続きを読む]

» JIN―仁― 第4話 [MAGI☆の日記]
JIN―仁―の第4話を見ました。 仁の元に龍馬から手紙が届き、同郷の中岡慎太郎と出会った龍馬は、薩摩藩と長州藩を和解させようと2人で奔走していることが分かる。 仁は血液型を判別する遠心分離機を...... [続きを読む]

» JIN-仁- 完結編 江戸から消える [のほほん便り]
なんだか随分、盛り沢山でしたね。はたして、今回から見はじめた方は、ついていけるのでしょうか? 龍馬(内野聖陽)の活躍あり。仁(大沢たかお)と咲(綾瀬はるか)の、微妙な関係。じれじれ道中あり、川越藩主の妻・恵姫(緒川たまき)のコブの治療あり。 遠心分離機を発明による血液型の判定から輸血の可能性に、ペニシリンの改良 最初からずっと続いてる、謎の頭痛。タイムスリップによる歴史にかかわってしまうことへの不安。とくに自分のご先祖様と関わってしまったら…  と、不安は的中?! 謎の少女を... [続きを読む]

» JIN~仁~2 第4話 [ぷち丸くんの日常日記]
ペニシリンの粉末化に取り組む仁(大沢たかお)の元に、川越藩主の妻・ 恵姫(緒川たまき)のコブを治療してほしいとの依頼が入った。 それを引き受けた仁は、咲(綾瀬はるか)を連れて川越へ向かう途中、 立ち寄った宿でお初(畠山彩奈)という不思議な少女と出会う。 お初と... [続きを読む]

» 「JIN-仁-」第4話 感想です [徒然”腐”日記]
昨日は「母の日」でしたね子供らに特に何をして貰ったわけでもないんですが日頃から1号なんかはよく手伝いをしてくれるので毎日が母の日・・・・って事で良いんだろうなぁなんて無... [続きを読む]

» JIN-仁- 第二期(完結編)第四話 [ドラマハンティングP2G]
「江戸から消える」 時は経ち、薩摩藩預かりの身となった坂本龍馬(内野聖陽)は、仲間と共に『亀山社中』という海運商社を立ち上げる。さらに、同じく土佐の脱藩浪人で、長州藩の預かりとなっている中岡慎太郎(市川亀治郎)と出会い、意気投合。2人で長州と薩摩の和解を…... [続きを読む]

» 〔感懐5.08〕いざなわれし義の仁の物語 [義風捫虱堂]
JIN−仁− 第四話~  DOG DAYS EPISODE 06 [続きを読む]

» 「JIN -仁-」神に試される医師4輸血知識を駆使して姫を助けたが紙飛行機を教えた少女を助けようとしたら仁は消えた [オールマイティにコメンテート]
「JIN -仁-」第4話は龍馬が亀山社中を立ち上げて、薩長同盟に走る中で仁は咲と共に川越藩主の妻のこぶの治療をするように依頼を受けて早速そのこぶを診察に川越へ向かうが、仁はそ ... [続きを読む]

» JIN−仁− 第4話:江戸から消える [あるがまま・・・]
仁先生、消えた!Σ( ̄▽ ̄;||| お初ちゃん@畠山彩奈てば何者?助けてはいけない人なの? この少女と仁先生はどんな関係なの??? このお初ちゃんを演じた彩奈ちゃんは朝ドラ【つばさ】ではちょっと 憎たらしい感じの子どもだったけど、今回は何て愛らしい・・・ 初対面...... [続きを読む]

» JIN-仁- 完結編 [ドラマQ]
JIN-仁- 完結編 日曜 21:00 TBS 2011年4月17日~  【キャスト】 南方仁……大沢たかお 橘咲……綾瀬はるか 野風・友永未来……中谷美紀 (特別出演) 坂本龍馬……内野聖陽 橘恭太郎……小出恵介 佐分利祐輔……桐谷健太 西郷隆盛……藤本隆宏 佐久間象山……市村正親 新門辰五郎……中村敦夫 東修介……佐藤隆太 中岡慎太郎……市川亀治郎 橘栄……麻生祐未 勝海舟……小日向文世 【スタッフ】 原作:村上もとか『JIN-仁-』(... [続きを読む]

» 『JIN−仁−』(完結編)第4話 [悠雅的生活]
〜江戸から消える〜 [続きを読む]

» ドラマ「JIN-仁-」完結編 第4話「江戸から... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
江戸で4度目の春------。薩長同盟、亀山社中、操練所----------昨年馴染んだ言葉がたくさん出てくる今の龍馬のいる場所。一方、遠心分離機を発明した仁。これで血液型が判明することにな... [続きを読む]

» ドラマ「JIN-仁-」完結編 第4話「江戸から消える」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
江戸で4度目の春------。 薩長同盟、亀山社中、操練所----------昨年馴染んだ言葉がたくさん出てくる今の龍馬のいる場所。 一方、遠心分離機を発明した仁。 これで血液型が判明することになるという。 すごいなぁ。 一応これで血液型が判明して、輸血を必要とす...... [続きを読む]

» JIN-仁- 第4回 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
安道名津の一件で、将軍と和宮からお詫びを兼ねた品を受け取った仁と咲。 遠心分離器 [続きを読む]

» 別館の予備(バブ&トリコ&JIN) [スポーツ瓦版]
5月10日 バブ&トリコ&JIN TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10884135583/17a4c0d2 [続きを読む]

» バブ&トリコ&JIN [別館ヒガシ日記]
バブは古市回だったけども 古市の男気&葵ら見れ良く 東条は少しだけ登場も引張られ 男鹿より古市メインも良かったよ [続きを読む]

» JIN-仁- 完結編。第四話 [NelsonTouchBlog]
南方仁のもとに、坂本龍馬から手紙がきた。龍馬は薩摩に身をよせてから、そこの西郷隆盛と意気投合、ふたりは仲よくなっていた。西郷から、仁に手術してもらった話を聞かされたことも手紙には書いてあった。 仁が手術で西郷の腹を切ることを説明したら、その腹を切るという行為を、薩摩藩士達から反対の怒声を浴びせられた。しかしそれでも、無理やりつれて来られてきて、帰ることもできたはずなのに、それでも仁は、西郷の命を救うために、頭を下げてまで手術を願いでたのだ。龍馬はその話に感動していた。... [続きを読む]

» JIN-仁- 完結編 第4話 [昼寝の時間]
公式サイト 原作未読です。 今回も面白かったです! じっくり見直す時間がなかった [続きを読む]

» 「JIN -仁-」レビュー [ドラマレビュー トラックバックセンター]
「JIN -仁-」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *第2期(2011/04~) *出演:大沢たかお、綾瀬はるか、中谷美紀、内野聖陽、小出恵介、麻生祐未、桐谷健太、田口浩正、佐藤二朗、相島一之、奥田達士、小日向文世、市村正親、藤本隆宏、佐藤隆太、市川…... [続きを読む]

» JIN -仁-【第3回・第4回】TBS日9 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
【第3話】さらば愛しき人 【第4話】江戸から消える  「お断り申し上げます。私の幸せは、先生と一緒になることではございませぬ。私の幸せは、後の世に仁友堂を残すことでございます。私は、先生が、いつかお戻りになる世のことを考えていらっしゃるのが、情けなく感じるときがございました。それはなにゆえかと、心に問うてみますれば、先生がお戻りになる未来に私がいないからなのでございます。ならば、残せばよいと思いました。私が、私たちが、つかの間先生と生きた日々を。いいえ、きっとお戻りになります。実はそれも大きゅうご... [続きを読む]

» ドラマ「JIN−仁−完結編」第4話 [腐女子のオタク感想文+]
日曜劇場・ドラマ「JIN−仁−」の第4話『江戸から消える』感想です。 【 あらすじ 】 江戸から消える 仁が幕末の江戸へタイムスリップして3年。この地で生きる事を決意した仁は、満足のいく医療器具も薬もない環境の中、仁友堂の面々と共にこの時代の医療を変えるべくペニシリンの粉末化に情熱を注いでいた。そんな折、多紀から川越藩主の妻・恵姫(緒川たまき)の手術依頼を受けた仁は、咲と川越藩診療へ向かう途中、立ち寄った宿で不思議な少女との出会いを果たすことに…。 (※あらすじはYahoo!テレビから頂戴しました)... [続きを読む]

» 「JIN -仁-(完結編)」第4話 咲殿 意地を張るとろくなことはない のう? [バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る)]
奥方様 子をもうけるのはおなごの戦 どうか助太刀させてくださいませ [続きを読む]

» 『JIN−仁−』 第4話 [Noble&Pure]
第4話『江戸から消える』 [続きを読む]

» 『JIN-仁-完結編』 第4話 [美容師は見た…]
もう~、急に中身濃すぎ~の展開早すぎ~の。龍馬も仁先生も心配なのよ~(ノ゚ο゚)ノ 1865年に中岡慎太郎(市川亀治郎)と出会い、亀山社中を作った龍馬。1866年に桂小五郎(山口馬木也)がちっくと登場し、薩長同盟も難航。それを龍馬は、西郷の盲腸手術をしてくれた仁の恩義を... [続きを読む]

» 【JIN(完結編)】第4話と視聴率「江戸から消... [ショコラの日記帳]
昨日、頭痛で昼間から寝てたので、レビュー、遅くなってしまいました(汗)第4話の視聴率は、前回の20.4%より少し上がって、20.7%(関東地区)でした♪20%台キープで順調です♪(^... [続きを読む]

» ペニシリン 抽出 [最新!最旬!ニュース速報]
飯綱遣いの部屋 JIN -仁- 完結編 第4話 ペニシリン監修: 花木秀明 (北里大学) 土佐弁監修: 橋尾直和 (高知県立大学) 時代考証: 山田順子方言指導: 澤田誠志 (土佐弁) : 西田聖志郎 (薩摩弁)(4話) プロデュース: 石丸彰彦 中井芳彦 演出: 平川雄一朗(1,2,3) 那須田淳(4) 山室 ...(続きを読む) TATEVISION ドラマ JIN -仁-完結編 第4話 長州から三吉と東の護衛を受ける・仁は輸血の為に遠心分離機を製作、さらにペニシリンの粉末化を模索していた・多紀... [続きを読む]

» JIN -仁- 5話 [Simple*Life ドラマ感]
仁先生が消えてしまった。 あの女の子と関わると手がしびれてしまって 触れない。 あの女の子は仁先生の祖先か何か? でももし祖先なら生きていなくちゃいけないはず・・・ でも手術をしようとしたとたんに消え始めた仁先生。 一体どういうことなんだろう。 前回の和宮を救ったということで お礼をされる仁先生。そして医学館の多木先生と 共同でペニシリンを量産するようになり もっともっと使いやすくするために研究をし始めた。 大学同士の垣根がとれるように 医学館と仁友堂ともペニシリンの研究で垣根がとれそうですね... [続きを読む]

« 《高校生レストラン》★01 | トップページ | 《マルモのおきて》☆03 »

最近の写真