無料ブログはココログ

« 《マルモのおきて》☆05 | トップページ | 《幸せになろうよ》#06 »

2011/05/26

《グッドライフ》★06

『パパの悲しいこと』(あらすじ)

華織(井川遥)は韓国から提供された骨髄で移植が成功した事例を知り、来日していた韓国の小児白血病の権威・李教授(チョン・ウソン)を訪ねる。華織は彼との面会を願い出るが、会うことはできなかった。そのころ、羽雲(加部亜門)が肺炎を起こし、危険な状態に陥る。苦しむ羽雲の姿を見守ることしかできない大地(反町隆史)は、無力感にさいなまれていた。一方、諦め切れない華織はホテルの前で待ち続け、その姿に気付いた李教授に声を掛けられる。華織はすがる思いで彼に羽雲の血液検査の結果を渡し、息子の骨髄移植をかなえたいと訴える。

cast
反町隆史 
榮倉奈々 
井川遥 
伊原剛志 
鹿賀丈史

羽雲(わく)の血液中に、白血病細胞が増えてきていると言われた。明らかな再発を意味していた。
<僕のかなしいこと。
 セミの声がきこえなくなること。
 しょぼんとしているてるてる坊主。
 背が縮んだ ちびクレヨン。>

<パパの悲しいことはなんだろう?
 パパの一番悲しいことは  なんだろう?>

羽雲は、骨髄移植が必要だと言われた。華織も、大地も適合しなかった。
クラスメートが千羽ツルを作ってくれたから、お返しに退院したら、動物園を教室に送ると言って、折り紙で動物を折り始めた。抗がん剤が、効きにくくなり、スパンを詰めているために、寝た切りの生活が続いていた。ドナーが見つかったと言われた、勇んで行っても、HLAは合っていてもDNAがダメで、ただ待つばかりだった。

そんな羽雲を見て、もっと一緒に居てやりたいと、大地は、辞表を提出した。
社から出て行く時、直接の上司、奥田が、走ってきた。
屋上で話す2人。
奥田は、辞めてどうする?と聞いた。
そんなに具合悪いのか?

変わってやりたい、そう思っても何一つ変わってやれないんです。
アイツの苦しみを本当の意味で、分ってやれない、今できるのは、
アイツの側に居てやれるだけですから。

奥田は、知り合いの編集者だと言って、メモを書いて大地に渡してしてくれた。
ちょうどライターを捜しているらしい。
病室でも原稿は書けるだろうと言ってくれた。

華織は、図書館で骨髄移植について調べ出した。すると、韓国の世界的に有名な小児白血病の権威 李信其教授が来日中だった。
面識が無い李教授に面会に華織は走った。日本血液疾患学期学術大会で。特別講演中の教授を捕まえようと、した。

大地が、羽雲のために折り紙を買っていると、病院から羽雲の容体が急変したと連絡が来た。走る大地。病室には、居なくて、ICUに移動していた。肺炎を起こしていた。

外は雨が降ってきた。濡れても、待っている華織。そこへ李教授が傘をさしかけてくれた。受付で、押し問答していたのを見ていた教授は、すでに、韓国と日本の骨髄バンクは提携しているから、ドナーが見つからないのは、難しいことだ。医者は神じゃない、私にお願いされても、息子さんと適合するドナーが見つかるわけではありません。
香織は分ってるんです。何もしてやれない事を。でも・・・・ただ、こうして待っているだけだなんて、と涙ながらに訴えた。息子さんの名前は?

WAKU

羽が生えた雲。のびやかに自由にって あの子の父親がつけました。

「素敵な名前ですね。
なにもしてやれない・・・ホントにそう思いますか?
お母さんが、羽雲君にうしてあげられること
きっとたくさんあるはずです。」

羽雲が気がついた。ゴリおさんに餌をやったかと聞いた。
今日はまだだ。
忘れちゃダメでしょ。パパは餌係なんだから。
ちゃんと毎日餌挙げてね。もし、わっくんが死んじゃっても・・・

昼も夜もずっとお前と一緒に居られる。

<パパが悲しいことは。
 パパが一番悲しいことは・・・
 僕のために何もできないこと>

華織と連絡が取れたと七海が知らせてきたが、大地は待合室で泣いていた。
華織が来たが、待合室の椅子に背中あわせに座った。

「会ってやってくんねいか。寝顔だけでも見たやってくれ」

「羽雲は、あの子は、私に会いたいのかな・・?」

「お前が作ったウサギの人形を、
アイツはお前が家を出た時から、放そうとしない。」

ベッドサイドに立つと、羽雲がウサギの人形を握りしめたまま、寝ていた。
香織は、涙をこぼしながら、呼びかけた。すると羽雲が気付いた。
羽雲が気に入っていた画家の「絵の本をありがとう」と言った。

丸山医師が、李に電話した。
資料を送るというと、

「羽が生えた雲。いい名前だ。
親の思いは いつでも同じだな。
僕に出来ることがあれば全面的に協力させてもらう。」

<その時はまだ知らなかった。
 パパも 僕も知らなかった。
 サヨナラの時間が近づいてるってことを。>

頑張る、大地パパ。
病院の中で、耐えているパパが、羽雲と一緒に居られる時間をさらに長くするために退職。大人たちのわだかまりは、とっくに消えているけど、羽雲の命が気になります。

*****
今までの感想は、こちら

« 《マルモのおきて》☆05 | トップページ | 《幸せになろうよ》#06 »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/51771089

この記事へのトラックバック一覧です: 《グッドライフ》★06:

» グッドライフ #06 [ぐ〜たらにっき]
『絆』 [続きを読む]

» 鈴木先生第5話 & グッドライフ ありがとう、パパ。さよなら第6話(5.23-24) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
・鈴木先生第5話 小川蘇美@土屋太鳳の旧知の男性続木先生@夕輝壽太が現れ、 小川さんが好きな人は誰なのか?という疑問に 鈴木先生@長谷川博己らが悶々としたという話 親友と思っていた中村加奈@未来穂香(メズールちゃん)を奪われたという思いから 小川さんに敵意を抱くようになった入江沙季@松本花奈が やはり小川さんを嫌うよそのクラスの神田マリ@工藤綾乃と手を組み、 (神田さんは山崎先生@山口智充を嫌ってた子ね。今度は入江さんを狙ってるのかね) 更に、小川五人衆の一人に片想いの酢豚樺山あきら@三浦透子は 小... [続きを読む]

» グッドライフ 第6話 [レベル999のgoo部屋]
『パパの悲しいこと 『絆 内容 母・華織(井川遥)との再会を拒否し、 父・大地(反町隆史)を選んだ羽雲(加部亜門) そんななか大地は、主治医の円山(伊原剛志)から羽雲の病の再発を告げられる。 抗がん剤治療での完治は難しいと、骨髄移植を勧められるのだった。 し...... [続きを読む]

» グッドライフ (第6話 5/24) 感想 [ディレクターの目線blog]
4/19からフジテレビで始まったドラマ『グッドライフ (公式)』の第6話『パパの悲しいこと』の感想。韓国で200万人が涙したベストセラーは未読。 予告編のおさらいで終了… 先週の記事で、“良い意味で、先のお話しか興味が沸かない(笑)”と書いたが、今回は正にその予告編のおさらいだけ。新たな情報は、これまた予告編に大地(反町隆史)が倒れるのを加えただけの客寄せ演出。 どれだけ主題歌を聞かせたいのか?あとは私の予想を裏切って欲しいと願うだけ… あと4話も引っ張るのは… ... [続きを読む]

» グッドライフ 第6話 [ぷち丸くんの日常日記]
順調に治療が進んでいたはずの羽雲(加部亜門)の白血病が再発した。 抗がん剤治療での完治は難しいと判断した円山(伊原剛志)は、大地 (反町隆史)に骨髄移植を提案するが、大地の白血球の型が羽雲と一致 せず、移植は不可能と判明。 大地はプライドを捨て、華織(井川遥)... [続きを読む]

» グッドライフ〜ありがとう、パパ。さよなら〜 第6話 [ドラマハンティングP2G]
「絆」 順調に治療が進んでいたはずの羽雲(加部亜門)の白血病が再発した。 抗がん剤治療での完治は難しいと判断した円山(伊原剛志)は、大地(反町隆史)に骨髄移植を提案するが、大地の白血球の型が羽雲と一致せず、移植は不可能と判明。 大地はプライドを捨て、華織…... [続きを読む]

« 《マルモのおきて》☆05 | トップページ | 《幸せになろうよ》#06 »

最近の写真