無料ブログはココログ

« 《マルモのおきて》☆01 | トップページ | 《デカワンコちょっとだけリターンズ》 »

2011/04/30

《生まれる。》第2話

『家族の秘密』(あらすじ)

51歳で妊娠した愛子(田中美佐子)は、中絶を決意した。ところが、愛子は手術の直前に病院を飛び出す。心配して病院へ向かった娘・愛美(堀北真希)と出くわした愛子は、手術を受けたとうそをつく。一方、太一(大倉忠義)は、実家で発見したエコー写真に記されていた名前を見て悩み、その写真を先輩・真帆(酒井若菜)に見せ、相談する。真帆から写真の意味を聞かされた太一は、思わず絶句する。中絶手術を受けなかったことを誰にも言えずにいた愛子は、病院で診察を受けることにした。そこで産婦人科医の近藤(大杉漣)から意外な言葉を掛けられ、愛子の中に、ある決意が芽生え始める。

cast

林田家
林田愛美:堀北真希
林田太一:大蔵忠義(関ジャ二∞)
林田浩二:中島建人(B.I.Shadow)
林田美子:竹富聖花
林田新平:三宅祐司
林田愛子:田中美佐子
PANNTEN
村脇哲太:大竹浩一
西嶋丸子:宮武祭
ダブルエース
大川洋一:鈴木亮平
国木美和:戸田恵子
長澤:金田明
水川真帆:酒井若菜
小池晴馬:渕上泰史
その他
内田留美:西村知美
小山有紀:篠原愛実
山中裕也:福士蒼太
中野瑛太:斉藤歩
近藤卓巳:大杉蓮

産院の前で出会った愛美と愛子は喫茶店に入った。
手術は、したと愛子は伝えた。

会社に戻ると、編集長が、社長が下に就く者として名指しされたのが元彼の大川だった。
彼の企画がぽしゃって、今手が開いているのが彼しかいなかった。

太一は、実家に落ちていたエコーの写真を水川に見せた。
すぐに胎児のエコー写真だと分った。だが愛美に見せて聞くと、子宮に良性の腫瘍ができたというだけだった。年齢的にもおかしいと言った。

話を聞いて、気が楽になって、マンションから出ると、また太一の本当の父親だと言う男が待っていた。金づるだと思って、また金をせびりに来た。

近藤マタニティークリニックは患者の心のケアまでして救ってくれる所らしい!
国木編集長がどうしても話をできるようにセッティングしておくよう、愛実に言いつけたが、そういうのは嫌いだと一言で却下された。

愛子は、選んで来た近藤マタニティークリニックで、診察を受けた。すると院長は、スーパーで、愛子を割り込みと決めつけたあの男だった。いちいち言う事が缶に障ったが、内診し、椅子に座った愛子は、「おめでとう10週目です」と思いがけない言葉に救われた。
これはお腹の赤ちゃんに言ってる言葉だと言われた。

「・・・妊娠するってことは奇跡なんだ。
必死にここまでたどり着いたんだ。
この後たとえどんな運命になっても 
1回ぐらいはおめでとうって言われなきゃ
可哀そうだろうと思うんだ。
自分の意思で生まれてこようって頑張ってるんだ」」

院長のこの言葉に愛子は、
「本当は、別の産婦人科で診てもらったんです。
中絶しようと思ったんですが、手術直前で怖くなって
ホントにこれでいいのかなって 自分でもどうしていいか
分からなくなって。あ、そしたらこれ見つけて
(バッグから『高年齢で産む』(近藤卓巳著)を出して見せ)
今 すごく迷ってます。 私は産むべきなのかどうか」

「林田さん、あなたの状況で 子供を産もうとするのは
厳しい かなり厳しいと思う。
51歳という年齢からすると 流産の可能性も
早産の可能性もかなり高まる。
それにあなたのような高血圧の人は、
妊娠高血圧症が重なって 痙攣発作や
脳出血を起こす危険もある。
それは詰まり 大きな悲しみや苦難と隣り合わせている
ってことだ。。
それでもあなたが産むと決めるなら
私はとことん応援するよ。でもそれにはあなたの
覚悟が必要だ。うむってことは 1人の人間の人生を
生み出すことだ。だからすばらしい。でもそれは
これからの新しい自分の人生を すべて受け入れると
いうことでもあるんです。それを乗り越えて
やり通すのがあなたです。私には応援しかできない。
林田さん。決めるのはあなた自身です。」

それでも決めかねて悩む愛子だった。

愛美は、元同級生の4人と飲み会だった。高年齢出産の本を出すことを話すと、皆
が自分の身に置き換えたりして恥ずかしいとか、言っていた。愛美もその場に合わせて、適当な相槌をうった。

編集会議で愛美は、国木から体外受精は日本ではどのくらいの割合か聞かれた。
100人のうち1理香2人は入ると答えた。
高年齢出産をする人の中には、不妊治療を経て妊娠している人がかなりいると前置きし、不妊治療のステップには4つあると話を勧めた。
まずは意志と排卵日を調べつつタイミングを相談する【タイミング法】
その後【人工授精】か【体外受精】【顕微授精】
人工授精は自然妊娠率の20%程度に比べて5~10%。
体外受精は、自然では妊娠しない患者さんのためにやる。子宮から卵子を取りだし、男性の精子を降りかける。受精卵を培養してから子宮に戻す。妊娠率は15~25%。
さらにステップアップしたのが顕微授精。大腿15~25%活発な精子を選んで直接卵子に注入。75%。妊娠するのは30%くらい。人間の手で精子を選ぶので、まさに神の領域に入る。受精卵が子宮に着床することで妊娠と呼ぶから、低くなる。
若いうちは気付かないけど、年を取って行くと、如何に妊娠が奇跡に近いかと言うことを知る。そう国木は言った。

PANNTENに、留美がきた。赤いもの一色で買い物してきたと見せた。不妊治療中の主婦だ。話をしている途中で出血が始まり愛子が倒れた。連絡を受けて愛実が飛んで行った。
この間来た人でしょうと、院長は、愛美を覚えていた。
切迫流産。正確には流産しかけてると教えた。
病室に行くと母が気がついていた。前の産院で、手術を受けようとしたが、麻酔の時、夫の指輪を落とした。さらに夫が、夫と供に育ててきたものがすべてがもっと遠くへ行ってしまうような気がして、全部消えて無くなっちゃう気がしてた・・・。それでそうしていいかわからないまま、この病院に来て・・そしたら「おめでとう」っと言ってくれた。それでも、流産という体験で、すっかり赤ん坊を諦めていた愛子。

帰宅すると、弟たちに聞かれた。愛子は腫瘍で通した。

翌日、国木編集長は、愛美に『もしも、自分の母親が50歳過ぎて妊娠したっていったら』の質問について、私下ろしてって言うと答えたが、よく考えてみたら値その年齢じゃ流産の可能性高いわけでしょ?だとしたら優しい言葉掛けてあげた方がいいでしょう。妊娠している本人が一番大変なんだから。そう言われた。

産科で検査すると近藤が、赤ちゃんが頑張っていると教えた。画面でも赤ちゃんが目いっぱい動いていた。愛子は決心した。
帰宅した愛美に、母子手帳を見せ、決心して産むからと伝えた。
万菜美は、リスクを言いたてた。どうにかなると答える母。何の根拠もないと猛反対の愛美。だがお父さんが残してくれたこの子を産みたいと答えた。
愛美は、その子のために自分の夢をあきらめたりはできないと強い口調で反対した。
愛子は、必死でお腹にしがみついたこの子を産みたいと頑張った。
「私は・・・いやだから」愛美はそう言って家から飛び出した。

マンションに戻ると入口で太一が、男ともめていた。太一は言葉を濁したが、男は執拗だった。太一の本当の親父だと名乗り、アンタの両親はこいつを俺たちから金で買ったとまで言った。

子共4人のそれぞれが問題を持ち、となると、またてんこ盛りの状態になりそうです。
国木さんの考えは、年齢が言わせるようですが、それは愛美には分からない。
見ている私達は、愛子の妊娠を遠い事のように見ているし、愛美だったらどう自分の答えを出すのでしょうか?

*****
今までの感想は、こちら

« 《マルモのおきて》☆01 | トップページ | 《デカワンコちょっとだけリターンズ》 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/51530438

この記事へのトラックバック一覧です: 《生まれる。》第2話:

» 生まれる。 [FULL OF LOVE]
 ども。正論っていうのは最強だからこそ、ずるいよなぁなんて思ったすももです。  どれが正解とかないんだろうなぁ・・・。愛美はお母さんの体は心配だし、今後のことも心配。 ... [続きを読む]

» 産むって? 高齢出産って? 〜生まれる。 第2話〜 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
堀北真希好きがたたって見始めた金曜ドラマ『生まれる。』 第1話は惜しむらく見逃してしまったので、第2話のレビューから。 シリアス一辺倒かと思ったら、近藤医師がやたら甘い物好きだったり、同僚がちょ...... [続きを読む]

» 生まれる。【第2回】TBS金10 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
家族の秘密  「無理だよ…、無理だよそんなの…。お母さん自分の年わかってる??ただの高年齢出産じゃないんだよ。お母さん、50歳超えてるんだよ。若い人と違っていっぱいリスクあるんだよ。お母さん高血圧だし、妊娠高血圧症になったら、お母さんの命も危ないんだよ。冷静になってよ。なんとかならないよっ!!!お母さん昔から、なんとかなるなんとかなるって言うけど、いつもなんの根拠もないじゃんっ!!!いい加減にしてっ!!!お母さん、もし生んだとして、子供がハタチになるときお母さんいくつっ!?子供が大きくなるまで、元... [続きを読む]

« 《マルモのおきて》☆01 | トップページ | 《デカワンコちょっとだけリターンズ》 »

最近の写真