無料ブログはココログ

« <ドラマSP~熱中時代〉 | トップページ | 《BOSS 2ndSeason》☆01 »

2011/04/14

《ハンチョウ~神南署安積班~シリーズ4》#01

『正義の代償』(あらすじ)

神南署の警部補・安積剛志(佐々木蔵之介)が率いる刑事課強行犯係(通称・安積班)の活躍を描くシリーズ第4弾。初回は時間を拡大してのスペシャル。原作・今野敏、脚本・いとう斗士八ほか、演出・酒井聖博ほか。 神南署管内で路線バスが爆発する事件が発生。すりの常習犯を追っていた須田(塚地武雅)が乗車していたが、軽傷で済んだ。だが、一緒に行動していた刑事が死亡し、須田はショックを隠せない。特別捜査本部が設置され、指揮を執る警視庁捜査1課の高野(宇梶剛士)は、国際テロリストによる犯行の可能性があると安積(佐々木)たちに告げる。そんな中、安積たちの元に犯人と思われる男から、5億円を要求する電話が入る。警察の対応次第で、第二の爆破事件を起こすという。翌日、安積はダミーの札束を用意し、指定されたビルへ向かう。

cast

安積 剛志(42) - 佐々木蔵之介
村雨 秋彦(36) - 中村俊介
須田 三郎(31) - 塚地武雅(ドランクドラゴン)
水野 真帆(31) - 黒谷友香
黒木 和也(29) - 賀集利樹
桜井 太一郎(26) - 山口翔悟
金子 禄朗(52) - 田山涼成
速水 直樹(42) - 細川茂樹

通勤時間。雑踏の中で狙撃された ハンチョウ 安積。そのまま道路上に倒れた。
これが意味するのは・・・最後も続きます。

4月5日AM9:12
山手中央バスの中で須田たちは、スリを現行犯で捕まえるために張り込んでいた。
停留所に人影が・・・リモコンのスイッチを押した。
バスは、爆発した。
安積班の近くを走行中のバスと聞いてハンチョウ以下迅速に集合して動いた。
燃えたバスの中から、鑑識が警察手帳を拾った。それは須田のだった。
病院へ行くと、ナースが、刑事と聞いて亡くなったと教えられて、安積は、ショックを受けた。だが、廊下に腕を三角巾で結んだ須田が現れて、やっと余裕が生まれた。だがもう一人の刑事田中が殉職した。

特別捜査本部ができた。
事件の概要を安積が話した。
科捜研からの報告によると、爆発の原因は遠隔操作による爆弾と判明した。
何者かがバスに爆弾を仕掛け、リモート操作によって爆弾を爆破させた。
負傷者3名はまだ意識不明の状態。なお、死者4名のうち1名は神南署刑事課盗犯係
田中慎太郎巡査部長です。

使用されたのは、500mくらいのリモコンで使える爆弾と判明。

須田と亡くなった田中は、警察学校の同期でその当時から仲が良かった。4月から神南署に異動し、今朝のスリ一斉検挙で、須田と組んで働いていた。
須田の落胆ぶりを知っているハンチョウは、沈痛な面持ちだった。
署へ戻ると、ちょうど情報提供の電話が入った。ハンチョウが出ると、ボイスチェンジャーで声を変えた相手が、2回目の爆発を阻止したいとは思わないかと言った。

警察の対応次第で2度目の爆発があるかないかが決まる。
再びどこかで爆弾が爆発しないように、警察の誠意を見せて欲しい。
現金で5億円。これから失われるかもしれない多くの人の命の値段だと
考えれば、高い額でもないはずだ。
明日の昼12時までに5億円を用意して待ってろ!

ハンチョウは、お前が爆破犯人だと分からないのに、そんな要求飲めるかと言った。
無視するなら、犠牲者が出ると言った。

12時にまた連絡が来た。
本当の爆破魔かどうか、爆弾の種類を言わせた。リモート操作の爆弾だと答えた。
ヴィレッジ通りの電話ボックスまで来いと言った。
途中の電話ボックスで、携帯が鳴った。この携帯を持てと命じた。
地下の駐車場から屋上へ来いと携帯から命令された。安積が屋上へ行くとそこから金を撒けと言われた。金は、見せ金だった。それがばれると、高野警部から言われ時間切れとなった。神南公園で爆弾が爆発した。誰もいない屋上でそれを聞いた安積。

もっと人の集まる場所はあったはずなのになぜここなんだ?2度目の爆破を防げなかった安積は考えた。そこへ電話が鳴った。今度は、ちゃんと金を用意しろ。罰として倍の10億だと、電話の主をは言った。4日の猶予を与えると言った。4日後の午後3時また電話すると言って切れた。

5億で50kg、10億だと100kg。単独犯じゃなければ、持ち運ぶのはどうする?
犯人の目的は、金なのか?

犯人は何故リモコンで爆発する爆弾を作ったのか?
今回の爆弾は500m以内で操作しなければ そこに居る必要があった。
犯人は誰が死ぬかと言うのを見届けていた。そこで重体の3人や亡くなった方たちを調べ出した。

調査すると、バスで亡くなった岩淵と、公園で亡くなった柏田の2人は今から20年前無免許運転によるひき逃げをし、親子3人の命を奪っていた。共に神奈川県横須賀市出身の地元では有名なワルだった。その時もう一人いたのが辰沼。

捜査本部での報告に新たな一面が見えてきたと報告した。
被害者は結城省吾(36歳)妻香奈恵(34歳)娘志乃(5歳)。省吾さんと香奈恵さんは即死。志乃ちゃんは病院に運ばれたあと息を引き取った。もしその場ですぐに救急車を呼んでいたら、志乃ちゃんだけは助かったかもしれなかった。
結城家には当時8歳になる男の子がいた。その日は風邪をこじらせて肺炎になり、市内の病院に入院していた。難を逃れたと言うか、彼が入院していなければこの事故は起きなかった。亡くなった3人は、病院に彼を見舞っての帰り道だった。

彼の名前は結城篤人。現在28歳。
ハンチョウはこの結城篤人が今回の連続爆破事件の犯人だと我々は考えていると言った。
施設を出てから、今まの所行方がつかめていない。

爆弾を作る知識を持ち合わせていた可能性は?
ましてや中東で多発した爆弾テロと同種類のものなんか
どうやって?

今はインターネットを使えば、知りたいものはすべて手に入ると答えられて課長はへえと言う顔をした。

辰沼は、二川と言う子連れの女と一緒になり、辰沼となった。
ハンチョウに話を聞いた彼は、家族を守るためにまだ動かなかった。

結城の借りていた部屋が見つかった。令状を取って、部屋を捜すとパソコンがあった。
そのパソコンから二川の娘の結婚式場の見取り図が見つかった。
おそらく、結城は、披露宴を襲い二川を殺害するつもりだ。
二川は、奥さんに、披露宴の前に話があると言った。
式が終わり、話をしようとすると、奥さんはすべて知って辰沼と結婚し、娘にも高校に入るとき話をした。そのことで辛い事もあるかもしれないからと。しかし娘は、私のお父さんは、今のお父さんだけだと言ってくれた。それを聞いてさらに後悔する辰沼。ハンチョウは、さらにこの一家を守ろうとした。

駐車場で車が爆発し、刑事が1名負傷した。その音で披露宴会場の客たちは、動揺した。誘導しようとするとそこへ、結城が現れた。蝶ネクタイを外し、上着を脱ぎ捨て、花嫁のまどかを人質にした。結城は、体に爆弾を沢山つけて、リモコンを手に持ち脅した。
20年前に、両親と妹をひき逃げし、まだ息がある妹を捕まるのが怖くて逃げだした辰沼の事を絶対許さないと宣言。残された家族がどんな思いになるか知らせてやると言った。
これは正当な復讐だと。

安積は、「この世に、人を傷つける正義などない!」

「『人を傷つける正義などない!』だったら教えてやるよ。
何で俺が、こんなことをしなきゃいけないか。
この国がこいつらみたいな犯罪者を守るから。
今、アンタ達がしてるようにな。
こいつが重大な事件を起こしたくせに
少年法に守られていた。だけど、俺は親を殺され
妹を殺されても誰もなにも守ってくれなかった。
どんなに俺が傷ついても、誰も俺を助けようとしてくれなかった。
だから俺は誓ったんだ。俺の手で、こいつらを絶対
裁いてやるって。」

「済まなかった、今更謝っても済まないことは分かってる。
俺はまどかに教えられた。俺がはじめてまどかに会ったのは
まどかが5歳の時だった。そう、もう死んだ君の妹さんと
同じ年だったんだ。まどかを見て思った。
俺たちはこんなにも小さい掛け替えのない命
奪ってしまったのかって。
俺たちはどれだけ取り返しのつかないことをしちまったのか
改めて思い知ったんだ。だからまどかだけは殺さないでくれ!
俺はどうなったっていい。俺は死んでいい。俺を憎むんだったら
俺を殺せばいいんだ!
だからまどかだけは殺さないでくれ。助けてくれ
頼む。この通りだ」

床に両手を着き、土下座した。

「ウソをつくな!おまえたちがそんな事を思うわけがないだろう。
お前たちがそんな心を持っているわけがない。
お前たちを裁くため俺の人生を捨てたんだ!」

「そのためなら、バスや公園でなにの関係もない人たちの命を奪い
傷つけても構わないのか?」

「あれは仕方なかったんだ」

「仕方ないだと!」

「多少の犠牲はつきものなんだよ、安積さん」

「ふざけるな!
この世のなかに 多少なんて言葉で
片付けていい命なんて 一つもないんだ!
命に大きいも小さいもないんだ!
すべての命が尊くて大切なものなんだ!
お前のお父さんの命 お母さんの命
妹さんの命も掛け替えのない命だ。
だからこの人は苦しんだんだ

「苦しんだ?」

この人が毎月、お前の家族のお墓に手を合わせに行ってる
のを知っているか?この人は今までも そしてこの先もずっと
自分が犯した罪に向き合い生きて行く。
お前がやっている行為はそのすべてを否定する行為だ。
お父さんのお母さんの妹さんの命の重さをも否定する行為だ。
確かにお前は、悲しく辛い人生を送ってきたかもしれない。
でも、だからといって、罪を犯してはいけない。
人を傷つけてはいけないんだ!
お前がこの人と同じ過ちを繰り返してどうする!
お前がお前と同じような悲しみ苦しむ人間を作り出して
どうするんだ。結城。俺はお前をこのまま死なせない。
お前がやるべきことは自分が犯した罪と向き合い
償うことだ。さあ、そのリモコンをこっちに渡すんだ。

「近づくんじゃない。いまさら辞めることなんてでいるわけないだろう
もう遅いんだよ」

一瞬、まどかの涙が捕まえていた結城の手に流れた。それに気付いた結城は躊躇した。
その手を安積が撃った。
殺せ!と叫ぶ結城。

「いや、「お前には生きてもらう。
生きて罪を償ってもらう。
それがお前の取るべき責任だ。」

二川は、連行される結城に、もう少し早く捜しだして謝っていればこんなことが起こらずに済んだんだろと、戒めの言葉を言った。撃たれた手にまどかがナプキンを巻くと、
「すまなかった」と結城が声をかけた。

「これから先どんなに時間をかけて謝ったとしても
あなたの罪は消えることはないでしょう。
でも一生かけて 向き合い続けるなら
分かってくれる人はいると思います。
今あなたには守るべき人がいます。
強く生きてください。」

久しぶりの安積節堪能できました。

須田は、殉職した同期の田中の両親に会い、屋台のおでん屋で、彼を偲んでの飲み会をしていると、鑑識の石倉が来た。今夜は3人分俺のおごりだと言ってくれた。
昔仲間を失ったことがあった。その犯人を挙げるために、小さな事も見のがさない、鑑識乃腕を上げた。だからお前もいいデカになると言ってもらえた。
事件は解決したから、泣け、痛みは我慢することが大事だが、悲しみは我慢しちゃいけないと言ってくれた。

村雨が、高野に呼び出された。
本庁内部に特別捜査班が新設される。部屋は本庁内部置くが、直轄するのは警察庁だ。広域化する犯罪に対し管轄に捉われない広域捜査班が設置される。そこの班長を高野が務める。そこで村雨を引き抜きに来た。

安積が席に戻ると花束があった。そこに入っていた手紙を開けると

お前は 偽善者だ!

と書かれていた。
まさか、こんな日が訪れるとは思ってもいなかった。
そして冒頭の安積狙撃・・・・

謎は引きずるようです。
でも久しぶりに蔵さまの安積節聞けて楽しかったです。
もっと早くアップできると思いましたが、座ると寝てしまい、遅くなりました。
ただ、毎日母の入院先へ行かねばならず、仕事もしての疲労が溜まります。
良い知らせは、1週間ぶりの食事。完食!

« <ドラマSP~熱中時代〉 | トップページ | 《BOSS 2ndSeason》☆01 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/51383606

この記事へのトラックバック一覧です: 《ハンチョウ~神南署安積班~シリーズ4》#01:

» ハンチョウ~神南署安積班~ シリーズ4 [ドラマQ]
ハンチョウ~神南署安積班~ シリーズ4 月曜 20:00 TBS系 2011年4月11日~  【キャスト】 安積剛志 - 佐々木蔵之介 村雨秋彦 - 中村俊介 須田三郎 - 塚地武雅(ドランクドラゴン) 水野真帆 - 黒谷友香 黒木和也 - 賀集利樹 桜井太一郎 - 山口翔悟 山口友紀子 - 安めぐみ 速水直樹 - 細川茂樹 金子禄朗 - 田山涼成 【スタッフ】 原作:「神南署安積班」シリーズ(ハルキ文庫刊) 今野 敏 脚本:い... [続きを読む]

» TBS「ハンチョウ 〜神南署安積班 シリーズ4(新番組)」第1話:あのチームが帰ってきた! 波瀾の幕開け… 安積撃たれる! 姿なきバス連続爆破犯を逮捕せよ [伊達でございます!]
  ひとまず、ひとこと。   早いもので、第4シーズンとなりました。これまで同様、人情路線で展開するのかと思ったら、波瀾の幕開け。狙撃される安積(生死はいかに?)。安積の ... [続きを読む]

» ハンチョウ~神南署安積班~シリーズ4~正... [レベル999のマニアな講義]
『あのチームが帰ってきた!波乱の幕開け…安積撃たれる! 姿なきバス連続爆破犯を逮捕せよ内容ある日のこと、神南署管内で路線バスが爆発される事件が発生する。緊急指令を受け、... [続きを読む]

» ハンチョウ 神南署安積班4第1話(4.11) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
神南署の管轄内で路線バスが爆発する事件が発生 爆発の原因はリモコンによる遠隔操作で起爆する爆弾と判明 やがて、神南署に五億を要求する脅迫電話がかかってくる。 要求に従ったフリをして、犯人をおびき出そうとする安積@佐々木蔵之介だったが、 犯人は五億をビルの屋上からばら撒けと指示、 安積の嘘を悟った犯人は、公園に仕掛けた爆弾を爆発させ、また犠牲者を出してしまう・・・。 『ハンチョウ 神南署安積班』の4期がスタート 刑事ドラマというとテレ朝のイメージがありますが、 『ハンチョウ』もまた堅実な刑事ドラマな... [続きを読む]

» ハンチョウ~神南署安積班~シリーズ4第1話 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
第1話公式HPよりあらすじある日、神南署の管轄で路線バスの爆発事件が発生。署内に緊急指令を知らせる警報が鳴り響き、安積(佐々木蔵之介)ら強行犯係に緊張が走る。しかも、そのバ... [続きを読む]

» ハンチョウ4~神南署安積班 第1話 [ぷち丸くんの日常日記]
神南署管内で路線バスが爆発する事件が発生。 すりの常習犯を追っていた須田(塚地武雅)が乗車していたが、 軽傷で済んだ。 だが、一緒に行動していた同期の刑事が死亡し、須田はショックを 隠せない。 特別捜査本部が設置され、指揮を執る警視庁捜査1課の高野 (宇梶剛士... [続きを読む]

» ハンチョウ ~神南署安積班~ シリーズ4 ~正義の代償~ 第一話 [ドラマハンティングP2G]
「あのチームが帰ってきた!波乱の幕開け…安積撃たれる!姿なきバス連続爆破犯を逮捕せよ」初回2時間スペシャル  ある日、神南署の管轄で路線バスの爆発事件が発生。署内に緊急指令を知らせる警報が鳴り響き、安積(佐々木蔵之介)ら強行犯係に緊張が走る。しかも、そのバ…... [続きを読む]

» ハンチョウ4&WJ18号 [別館ヒガシ日記]
ハンチョウ4は初回2時間SPだったけど シリーズ4作目にして初2時間だったが 連続事件が過去の復讐と判明して 被害者&加害者の20年も表... [続きを読む]

« <ドラマSP~熱中時代〉 | トップページ | 《BOSS 2ndSeason》☆01 »

最近の写真