無料ブログはココログ

« 《生まれる。》第1話 | トップページ | 《幸せになろうよ》#02 »

2011/04/25

《JIN-仁ー》★2-02

『未来との選択』(おらすじ)

仁(大沢たかお)が、かっけの治療に効果がある菓子として考案した「安道名津(あんドーナツ)」が江戸で評判となり、皇女・和宮(黒川智花)への献上話まで持ち上がる。咲(綾瀬はるか)たちは、安道名津が献上品として認められれば、経営が苦しい仁友堂が潤うと喜ぶが、仁は歴史を変えてしまうのではないかと悩む。そんな折、仁は職を探しているという野風(中谷美紀)と出会う。仁は野風に仁友堂で働くことを勧め、咲も快く彼女を受け入れる。身寄りのない野風を救うためにも仁友堂の経営状態を改善したいと考えた仁は、安道名津を和宮に献上することを決める。

cast
南方仁 - 大沢たかお
友永未来 / 野風 - 中谷美紀2役、「完結編」では特別出演
橘咲 - 綾瀬はるか 橘恭太郎 - 小出恵介
佐分利祐輔 - 桐谷健太 山田純庵 - 田口浩正
橘栄 - 麻生祐未 勝海舟 - 小日向文世
坂本龍馬 - 内野聖陽

*****

あんドーナツは江戸の町で大人気になった。西洋医学所の松本良順が仁に、あるお方が脚気の疑いがあるので献上して頂きたい。と相談を持ちかけた。初めは、耳打ちされてもそんなに気にならない名前だったが、それが『皇女・和宮』で、現在上様の奥方になっている事を知り、仁は驚いた。だがそれを立ち聞きする影があった。
仁友堂のアンドーナツを、本道の物として和宮様に献上するから、中身の組成を書けと、元世話になっていた福田が呼び出されて、医学館教授の多紀に責められた。

仁友堂は、まだ皆に給料を払えていない。あんドーナツが御用達になれば潤うのが分っていた。献上はありがたいと言うしかない話しだ。だけどこのところの俺は、あまりにも歴史上の人物に関わりすぎている。この上和宮様に会ったりでもしたら、・・・こうなってくるとなんだかここに骨をうずめろと言われているような気がしてくる。
江戸はいい所だけれど、ここで死んでもいいと思えるかと聞かれれば「いい」とは言いきることはできない。俺にも残してきた親もいれば、友達もいる。それにここに居る限りは未来がどうなったかを知るころはできない。それでもいいと言い切る日が来るのだろうか。・・・

そんな日はきっと永遠に来ない気がした。

ふつふつと考えながら歩いていると野風に会った。色目を使っていると長屋を追い出された。
仁は、野風を仁友堂に連れ帰った。仁友堂の台所は火の車だった。咲は、質屋通いで着物も少なくなった。それを兄に見られた。

野風も、故郷がないと言う話を聞いて、仁は、それなら、ずっと仁友堂に居てもらえばいいと考えた。そして急に和宮も、帰る故郷がないと、田の助に教えてもらって、あんドーナツを献上しようと気持ちが固まった。
福田は、また古巣に呼び出され、仁が献上すると話が決まったことを言い、どうしてもそれが失敗するように計画しろと命じた。福田は、毒を入れた。

和宮が田の助の芝居を見に来られた時に、献上が決まった。
芝居が始まるとき、またドーナツをつまんだ。付き添いの者にたしなめられて、お茶を飲んだがすぐに苦しみだした。
症状からヒ素だと松本医師は言った。仁は胃の腑を洗ったらどうかと言って、胃洗浄の仕方を教え、和宮を助けた。だがすぐに吟味のためと言われて、咲も仁も捕縛された。

小伝馬町の牢に仁は入れられた。新入りは、世渡りの儀式として牢名主にツルと呼ばれる金を持っていなかった。そこで体を痛めつけられた。

福田が挙動不審で問い詰められた。すると、医学館に脅されてやった事が判明。
しかし奥医者の松本医師は、吟味が医学館だと絶望的なことを教えた。

小伝馬町の牢送りになったのであのまま、消されるかもしれないと、咲の牢番は教えてくれた。

<口では分かったような事を言いながら、
 私はずっと心の底では望んでおりました。
 先生がお戻りになる日など来なければ良い。
 できるなら ずっとここに居て欲しい
 もしやそんな私を哀れと思い 願いを
 お聞き届けくださったのでしょうか?
 なればどうかもう一度だけ哀れと思って下さいませ。
 どうか先生をお助け下さい。
 いますぐに、今すぐに先生を未来へお戻しください。>

咲は牢の中で神に祈った。

仁は、ツルを持ってこないので、殺されそうになった。すると、高層ビルが見えた。
このまま死ねば俺は戻れるのか?

<でもここで戻ってしまったら、どうなるんだろう?
 咲さんがどうなったかを未来から知ることは
 きっとできない。あの不器用な優しさに応えることはできない
 あの笑顔を見ることはできない。
 それでも いつか 新しい日々の中で
 「それで良かった」と言いきれる日が
 来るんだろうか?
 そんな日など・・・
 絶対に来ないと思うなら・・・
 俺はここでいきるしかないんだ。>

絶対絶命・・・でも医は仁術で、乗り切るようです。
野風も気が強いから、金のない話を聞いてしまったので、あんなふうに立ち去ったのでしょう。

*****
今までの感想は、こちら
 

« 《生まれる。》第1話 | トップページ | 《幸せになろうよ》#02 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/51488028

この記事へのトラックバック一覧です: 《JIN-仁ー》★2-02:

» 「JIN -仁-」完結編 第2話〜江戸の胃洗浄 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「JIN -仁-」第2話 仁(大沢たかお)が牢獄で殺されそうになって、不器用な優しさと笑顔の咲(綾瀬はるか)の姿が頭をかすめて、死んで現代に戻るよりも生きて江戸にとどまろうと頑張って、そこに何かが囚人と仁の間に割り込んできて、「何? どうしたの?」っと思ったところで、次回につづきになるのは、かつての『巨人の星』並みの絶妙さ・・・。 やっぱり「JIN -仁-」は面白いわ。妙な出来栄えの大河より面白い。 【 奥医師の松本!! 】 奥医師の松本良順(奥田達士)が印象的でした。 皇女和... [続きを読む]

» JIN-仁- #02 [ぐ〜たらにっき]
『未来との選択』 [続きを読む]

» JIN−仁− 第2話:未来との選択 [あるがまま・・・]
仁先生、ピ〜ンチ!!!(||゚Д゚)ヒィィィィ 予告で見た、ひどい仕打ちは正式な刑罰かと思いきや、 牢の中でのイジメ(?)だったんですねー。 せっかく咲さまが仁先生の為に遣り繰りして購入した上等の着物も 牢の親分みたいになってる宇梶さんに取られちゃったよぉ〜! 幸い、咲...... [続きを読む]

» 別館の予備(JSQ&JIN) [スポーツ瓦版]
4月26日 JSQ&JIN TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10869283254/097d4f6e [続きを読む]

» JIN -仁-【第2回】TBS日9 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
「口ではわかったようなことを言いながら、私はずっと、心の底では望んでおりました。先生がお戻りになる日など、来なければよい…、できることなら、ずっとここにいてほしい…と。もしやそんな私を哀れと思い、願いをお聞き届けくださったのでしょうか…。なれば…、どうか…、もう一度だけ哀れと思うてくださいませ。どうか、先生をお助けくださいっ!!!今すぐにっ!!!先生を未来へお戻しくださいっ!!!」by橘咲(綾瀬はるか)。 咲さんの健気さに涙が出ちゃいました。拷問を受けているときの南方先生(大沢たかお)のセリフ... [続きを読む]

» 『JIN−仁−』 第2話 [Noble&Pure]
第2話『未来との選択』 [続きを読む]

» 「JIN−仁− 完結編」 第2話 未来との選択 [トリ猫家族]
 щ(゚ロ゚щ) ギャーーーー!!仁先生がぁ!死んじゃうよお!! って、思ったら奇跡が起こったようで、予告編見た感じじゃ助かりそうだね。 うまいこと病気になった男を治して、 ... [続きを読む]

« 《生まれる。》第1話 | トップページ | 《幸せになろうよ》#02 »

最近の写真