無料ブログはココログ

« 《SP(エスピー)警視庁警備部警護課第四係》2夜連続スペシャル「革命前日」 | トップページ | ≪外交官 黒田康作 ≫★10 »

2011/03/17

≪美咲ナンバーワン!!≫★10

『生徒の未来のために』(あらすじ)

学年末テストが終了し、2Z組の生徒たちは浮かれる。だが、美咲(香里奈)は全員がすんなり進級できるか心配していた。テストの結果は、クラスの28人中、和真(藤ケ谷太輔)、長瀬(市川知宏)、星田(大野拓朗)を含む18人が赤点だった。そんな中、理事長の淀川(名高達男)が、玉造校長(布施明)と鶴橋教頭(戸田恵子)の元へ現れる。淀川は、元キャバクラ嬢の美咲と、問題ばかり起こす2Zを学校から排除しようと考えていた。そして、淀川は美咲に、2Z18人の追試について「全科目80点以上取らなければ退学にする」と、無謀な条件を突き付ける。

cast

天王寺 美咲香里奈
(御堂学園高校・2Z組生徒)
九条 和真藤ヶ谷太輔Kis-My-Ft2
亮介北山宏光Kis-My-Ft2
桜井 大政絢
長瀬 恭太郎市川知宏
星田 勇斗大野拓朗
(御堂学園高校)
三国 武志田中圭
姫島 菜々子臼田あさ美
川西 土屋裕一
南方 健治ハジメフォーリンラブ
北浜 義男桑野信義
天満 幸作金田明夫
鶴橋 静江戸田恵子
玉造 敏蔵:布施明
CLUB SOUTHERN SEA
ママ財前直見
梨奈小松彩夏
梅田塚地武雅ドランクドラゴン
まりえ: 小林優美
レイカ:手島優
(その他の2Z組生徒)【五十音順】
天見 成弥:稲垣成弥
安堂 将大碓井将大
今宮 美優:江原美優
大和田 :門脇麦
尾崎 成大:金井成大
加島 銀次川岸銀次
柴原 将也:河野将也

最終回です。
2-Zは、最後の試験が終わって、教頭は浮かぬ顔。実は、美咲がキャバ嬢出身だと理事長に知れ、おまけに理事長は2-Zをどうにかなくしたいものだと考えていた。鶴橋教頭は、娘の件で、美咲に世話になっているので、理事長には、歯切れの悪い応答しかできなかった。

2-Zは、教室に来た美咲に、派手な喧嘩を見せて、その下にケーキを隠していた。
サプライズバースデーパーティーが始まった。
皆、口々におめでとうと言われて、美咲は、泣きそうだった。
学校に来られるようになった。まさか3年になれるとは。こうなったら卒業したくなった・・・
そんなこと思えるようになったのは、美咲のお陰だと・・・

理事長は、校長、教頭にまさかキャバ嬢を教師に雇うとはと苦情を呈した。
そんな職についていた者に、伝統ある我が校の教師が務まるとでも思っているんですか?
その教師は、辞めさせた方がいいでしょう。
理事長に言われると、校長も教頭もたじたじで、美咲を庇ってやれなかった。
校長が勝手に作った2-Zの生徒たちもこの1年何かと問題を起こしたと聞いている。
我が校の名誉に傷がつく前に、何か手を打った方がいいでしょう。と不穏なこと言って・・・

サザンクラブで、クラスの進級問題を心配していた美咲に、梨奈達が”TOKYO Cawai COLLECTION"のポスターを見せた。女の子に超人気のファッションショーだった。
六本木中のキャバクラから選ばれた女の子たちが出る、と言うステージがあって、そこにサザンシーも選ばれていた。3人も出場すると言って、ママは、かなり気合が入っていた。

試験の結果が出た。
教頭に28人中18人が赤点を取ったと、言われて、頭を抱えた美咲。
ちなみに他のクラスでは、赤点を取ったクラスはありません。
それに答えて美咲は、会い年はしっかりやらせますんで、と言うと、ドアが開いて、その必要はありません。と、理事長が入ってきた。こんな派手な格好をした教師など居ませんからねと、初めから最後まで嫌味な役ですね。

必要がないと理事長が言ったのは、彼らを退学させる意向だった。
美咲は、追試があるのではと言うと、それはあるが、合格点は、80点とベラボーな事を言われた。
「彼らのためです。学校に残っても意味がない。
落ちこぼれは、 しょせん 落ちこぼれなんですよ。」

そう言われて猛反発する美咲。
「そんなことありません。
理事長からしてみたら、ただの落ちこぼれかもしれませんが、
でもみんな 少しずつき変わって来てるんです。」

「そもそも2-Zなんて初めから作る必要など
無かったんです。そんなクラスより、優秀な生徒のための
特進クラスを作った方がよっぽど 学校のためなんです。」

「そんな!」

「しかも、元キャバ嬢の教師に担任を任せるなんて
私にはまったく理解できません。
とにかく 追試で、80点に達しなかった生徒には
辞めてもらいます。
天王寺先生はおっしゃいましたね。『彼らも変われる』と。
だったらそれを見せてもらいましょうか」

クラスの落ちこぼれたちは80点という、高ハードルの高さにやる前から逃げていた。

「何 甘ったれてんの?
そりゃあ 理事長の言ったことは、無茶だと思うよ。
いきなり80点なんて。
でもそんな風になっちゃったのは、自分たちにも
責任があるんじゃない?
この間のテストで赤点だったのは事実じゃない。
このクラスにだって、ちゃんと点数取ったコだって
いるんだよ。なのにアンタ達は、イイ点取れなくても
きっとなんとかなるって甘えてたんじゃない?
頑張ろうよ!皆『卒業したい』っていってたじゃん。
だったら、諦めないでやってみようよ。」

和真は、英語が得意の亮介におしえてくんない?と頼んだ。
他の生徒たちも、それぞれヘルプを頼んでいた。
学校を出ても、歩きながら、歴史の勉強したり、クラスが突然勉強モードになった。
サザンシーのママも差し入れを持ってきてくれたりして、いよいよ追試当日となった。

皆頑張った。
採点が出来あがった。
理事長は、結果は見るまでもないでしょうと言った。
追試を受けた18名のうち5名が全教科80点をクリアした。
理事長は、その5名の進級を認め、残り13名の退学を決めた。
美咲は、三国先生が持ってきた回答を手に取り、1枚ずつ見て行った。
「待ってください、あの子たち頑張ったんです。
見てください。みんな少し点数が足りないだけなんです。
それでも駄目ですか?」

「天王寺先生、受験と言うのは、1点2点の差で
結果が左右されるんですよ。
1点の差の重みを考えたらそんな甘い事を
言えないはずです。」

「おっしゃる通りです。
でもその重みをあの子たちこれから分かって行くんだと
思います。
九条和真 数学75点。この間は28点でした。長瀬恭太郎
46点アップしてます。星田勇斗 77点。・・・

皆前回よりずっといい点なんです。
理事長は『落ちこぼれはおちこぼれたままだ』と
おっしゃいました。
『どうせ 何をやっても無駄だ』って
『変われない』って。でも生徒たちはたった1週間で
こんなにも点数を上げたんです!
それでも『変われない』っておっしゃるんですか?」

「約束は約束です。
本当はあなたにも辞めてもらいたいんですがね。
残念です。」

そう言ってドアの所まで言った理事長のに、美咲がまた声をかけた。
「理事長!」

「まだ何か?」

「私が責任取ることで落ちた13名の進級を
許していただけませんか?」

「『責任を取る』?
それはあなたが辞めると言うことですか?」

「はい」

「天王寺先生、何言ってるんですか?」(鶴橋)

「なるほど、所詮 あなたは腰掛け程度の気持ちで
教師をやってたんでしょうからね。
辞めるのも簡単だ。」

「私は 今日と言う仕事を 本当に続けたと思ってました。
ホントに・・でも生徒の未来の方が大切です。
私は2-Zの生徒たちのために教師になりました。
なのにあの子たちを進級させられないなら、
私は教師になった意味がありません。
どうか生徒隊の努力を認めてやってください
お願いします。」

そう言って、頭を下げた。

「いいでしょう。
生徒は1年経てばいなくなります。
あなたに辞めてもらった方が
こちらも助かります。」

「ありがとうございます。」

「校長、教頭、後は宜しく」

教頭は、自分の娘との絆絵御取り戻せて以来、美咲を認めたのに、他の先生がたの反応が悪いですね。皆対岸の火事だと思ってるみたい。

2-Zの教室は、静まり返っていた。
こんなにまじめに勉強したことg会ない彼らは、テストで、進級を勝ち取る経験を初めてして、頑張ればできることも会わせて勉強していた。

誰もいなくなった、教室。薄くらい中に美咲は1人いた。
クラスの集合写真を壁からはがし、じっと見入る美咲。やっと成れた教師を辞めるkと、生徒たちと別れることを考え、泣いた。

終業式。
鶴橋が、天満とすれ違った時式次第のプリントを落とした。それを拾って驚いた。
クラスに取って返し、みんなに美咲が学校を辞めることを話すと、彼らはそろって職員室に乗り込んだ。

教頭は、追試で不合格だった13人のか代わりに辞めると、本当のことを知らせた。
「その気持ち、ちゃんとうけとめなさい!」

ずいぶん変わった!のは、教頭も同じです。

クラスに戻り、皆が口々にゴメンと言った。

美咲は、正直無理かと思ったが、皆は前に向かって進み、自分たちの力で進級をもぎ取ったと言った。
皆は、ちゃんと前に向かって進んでる。
学校に来るようになった。
一人ぼっちじゃないってことも知った。
逃げてばっかじゃだめだってことも気付いた。
本気で誰かを好きになった。
どんだけ親が自分のことを愛してくれていたことも知ったし、
心の中に貯め込んでた思いを正直に口にすることも
できるようになったし、腐ってばっかいないで
変わろうって気持ちをちゃんと持てるようになった。
みんな少しずつちゃんと成長していってる。
皆は、落ちこぼれって言われてきたよね、
いろんな挫折も経験してる。
でもそれって良い事なんだよ。
だって挫折を乗り越えた人の方が強いから。
これからの人生 思い通りに行かないことだってあるし
楽しいことばっかじゃないし、
躓くことだってあるし
失敗を怖がらないで、どんなに苦しくても諦めないで、
勇気を持って前に進んで行って欲しい。
私 皆には ホント感謝してるんだ

私はなんの経験もなく教師になった。
正直『先生なんか無理だ』って諦めかけた時もあったけど
そんな私を皆がささえてくれた。
だって、私が何か言ったら、本気でぶつかってくれた。
ちゃんと私の思い受け止めてくれた。
教師になって良かったって・・・そう思わせてくれた。
皆が私を先生にしてくれたんだよ
だから、私は胸張って辞める。」生徒達のすすり泣く声

ホントにありがとう。

去って行く美咲を追いかける生徒たち、もう振り返らない美咲。
このままでいのかよ。何できないのか?生徒たちは考えだした。

サザンシーに報告すると、キャバ嬢たちは、美咲がまた店に戻ってくると期待した。
だが美咲は学校を辞めたらここに戻るとは考えてなかった。

生徒たちは、職員室に、校長と教頭を前に、美咲を学校に戻せ、と迫った。
このままじゃ納得できない。俺たちとあんなに真剣に向き合ってくれる先生、ほかにはいなかった。俺たちの卒業まで 見届けて欲しいんです。
お願いします。そう言って、全員が、頭を下げた。

TOKYO Cawai COLLECTION で、サザンシーのレイカがねん挫した。
美咲が代わりに出場。その場に「天王寺先生!」とさけばれて、2-Z担任に決定と書かれた横断幕を見て驚く美咲。ついにステージから降り生徒たちの所に戻った。

職員室で、校長から教頭がクビを賭けて、美咲を学校へ戻した事を聞き、感謝。
また2-Zの担任に戻って・・・3年生になった続編は、期待できるのでしょうか?

東日本の大震災で、暗くなっているんですから、少しでも楽しいドラマが増えると嬉しいです。

*****
今までの感想は、こちら

« 《SP(エスピー)警視庁警備部警護課第四係》2夜連続スペシャル「革命前日」 | トップページ | ≪外交官 黒田康作 ≫★10 »

ドラマ(ま)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/51141576

この記事へのトラックバック一覧です: ≪美咲ナンバーワン!!≫★10:

» 美咲ナンバーワン!! [ドラマQ]
水曜 22:00~ 美咲ナンバーワン!!  日本テレビ系 2011年1月12日(水)~ 【キャスト】 天王寺 美咲・・・香里奈 九条 和真・・・藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2) 湊 亮介・・・北山宏光(Kis-My-Ft2) 桜井 唯・・・大政絢 長瀬 恭太郎・・・市川知宏 星田 勇斗・・・大野拓朗 三国 武志(数学教師)・・・田中圭 姫島 菜々子(英語教師)・・・臼田あさ美 北浜義男(美術教師)・・・桑野信義 梨奈・・・小松彩夏 梅田・・・塚地武雅(ドランクドラ... [続きを読む]

» 美咲ナンバーワン!! 第10話(最終回) [レベル999のマニアな講義]
『生徒の未来のために』内容学年末テストも終わり、和真(藤ヶ谷太輔)たち2Zの面々も浮かれ気味。そんな姿に、美咲(香里奈)は、進級出来るかどうかを心配するが。。。。そんな... [続きを読む]

» 美咲ナンバーワン!! (第10話 最終回 3/16) 感想 [ディレクターの目線blog]
1/12から日テレで始まった『美咲ナンバーワン!! (公式)』の最終回 『Z生徒の未来のために』の感想。 フツーの教師ドラマ… 最終回ほど、フツーの学園、いや教師ドラマな回は無かった。これは良い意味で、問題発生、教師と生徒のぶつかり合い、他者からの攻撃とその守備、問題解決と言うフツーの流れが踏襲されていた。ただ、最終回と言うのが残念。もっと早くからやっていれば… 最終回まで「なぜ元キャバ嬢の必然性」は見えず… 私は当初から「元キャバ嬢である必然性」が描かれ... [続きを読む]

» 美咲ナンバーワン!! 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
学年末テストが終了し、2年Z組の生徒たちは浮かれる。 だが、美咲(香里奈)は全員がすんなり進級できるか心配していた。 テストの結果は、クラスの28人中、和真(藤ヶ谷太輔)、長瀬 (市川知宏)、星田(大野拓朗)を含む18人が赤点だった。 嫌な予感が的中し、ガック... [続きを読む]

» 「美咲ナンバーワン!!」自分探し最後の授業美咲は生徒たちの意識を変えて再び教師を続ける事になった [オールマイティにコメンテート]
16日ドラマ「美咲ナンバーワン!!」最終話を視聴した。 今回は2Zの生徒たちは学年末テストの試験を受けた。 しかし試験結果は28人中18人が 30点以下の赤点で追試となった。 ... [続きを読む]

» 美咲ナンバーワン!! 第10話(最終話) [ドラマハンティングP2G]
「生徒の未来のために」 学年末テストが終了し、「終わったー」と浮かれる和真(藤ヶ谷太輔)、亮介(北山宏光)、唯(大政絢)ら2Zの生徒たち。「3年になれるなんて思ってなかった」「美咲ちゃんのおかげ」という生徒たちの言葉にジーンとくる美咲(香里奈)だったが…... [続きを読む]

» 美咲ナンバーワン!!10話の感想 [本とTVとDVDの感想日記]
 美咲ナンバーワン!!10話を観ました。今回で最終回です。振り返ってみるとなかなか面白いドラマでした。  今回は、赤点を獲った生徒が、追試で80点以上取らないと退学と言うキツイ条件を理事長が出...... [続きを読む]

« 《SP(エスピー)警視庁警備部警護課第四係》2夜連続スペシャル「革命前日」 | トップページ | ≪外交官 黒田康作 ≫★10 »

最近の写真