無料ブログはココログ

« ≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#08 | トップページ | ≪外交官 黒田康作 ≫★09 »

2011/03/10

≪美咲ナンバーワン!!≫★09

『Z組vs教頭娘!!』(あらすじ)

数々の問題を起こしてきた2A組の歩実(山本ひかる)が、鶴橋教頭(戸田恵子)の決定でZ組に編入してくる。何と、歩実は鶴橋教頭の娘だった。美咲(香里奈)は早く歩実をZ組に溶け込ませようと張り切るが、彼女は美咲やクラスメートに心を開こうとせず、挑戦的な態度を取る。かつて歩実は模範的な優等生だったが、2年生の2学期当たりから、なぜか変わってしまったという。ある日、学校帰りの美咲は、夜の繁華街で歩実を捜す鶴橋教頭を見掛ける。鶴橋教頭は美咲に、なぜ歩実の素行が悪くなったのか分からないと打ち明ける。一方、和真(藤ケ谷太輔)たちは、歩実がZ組の悪口を書いたブログを発見する。

cast

天王寺 美咲香里奈
(御堂学園高校・2Z組生徒)
九条 和真藤ヶ谷太輔Kis-My-Ft2
 亮介北山宏光Kis-My-Ft2
桜井 大政絢
長瀬 恭太郎市川知宏
星田 勇斗大野拓朗
(御堂学園高校)
三国 武志田中圭
姫島 菜々子臼田あさ美
川西 土屋裕一
南方 健治ハジメフォーリンラブ
北浜 義男桑野信義
天満 幸作金田明夫
鶴橋 静江戸田恵子
玉造 敏蔵:布施明

卒業式も無事に済んで、職員室もほっとした空気が漂った。
2ーZもまとまりはじめて、美咲も、このまま持ち上がりで3-Zと校長に言われて、嬉しかった。そこへ、昨夜、1人でクラブに行った2-Aの生徒が補導されて、教頭は、2-Zへの編入を言い渡した。
2学期から数々の問題を起こした生徒だった。
教室へ現れたのは、鶴橋教頭の娘歩実だった。
おちこぼれたから2-Zへいかせたと、言われた。

歩実は、挑戦的だった。友達なんていらないととけこもうとしなかった。
女子たちが気を使って声をかけても、2-Zをゴミだと思っている歩実は、さらにブログに悪口を書き足した。
さすがの5人組も、持て余した。
和真は、許せないと憤る仲間に自分の気持ちを話した。
去年の4月2-Zに扁入された時、終わったと思った。あんときは、学校からも親からも見捨てられたと思いこんでた。
彼らは、2-Zに悪口が知られるとヤバいことになると本気で心配していた。

美咲は鶴橋教頭から御指名をうけて、舞い上がっていたから、こんな問題児とは知らず、後になって、大騒ぎしていた。

夜になり、ぶつぶつ言いながら歩いている美咲は、教頭が、昨夜、歩実が補導されたクラブに顔を出しているのを見た。
そんな教頭をサザンシーに誘った。
どうせ私は、ダメな母親ですと言って帰ろうとするのをママが引きとめた。

「自分の子供の気持ちが分らなくなったり、
何を聞いても放してくれなくて
不安になったりそれはどんな母親でも
普通のことなんじゃないかと思いますが。」

教師としてではなく、母親として苦しんでのかもしれないとママは美咲に言った。

歩実の悪口がクラスの者たちに知れ渡った。
集中攻撃を受けて、こんな学校辞めてやると、飛び出して行った。
美咲は、歩実のブログを読んで、どんな気持ちで、書いているのかを知った。
歩実の行きそうな場所を捜すと言ったが、誰も動こうとしなかった。
去年の夏休み明けに、一番信じてた親友に裏切られた。
それがきっかけでクラスの中で一人ぼっちになって、
どうしてそんなことになったのか自分でも分からなくて、
彼女は凄く傷ついた。
暗くて寂しくて死んじゃいたいくらいだった。
皆だって、そんなことになったら、何も信じられなくなるんじゃない?
もう友達なんかいらないって思ってもおかしくないんじゃない?
鶴橋さんが2-Zの悪口を書いたことは、良くないことだと思うよ。
でもあれは、誰かに自分の存在を気付いて欲しいって言う
鶴橋さんの心の叫びだったんじゃないかな。
自分より最悪な人達がいると思いこむことで
救われたかったんじゃないかな。
あんたたちだってきずついてたじゃん。
初めて会ったころ、1人1人が傷ついた心を抱えてた。
今のあの子は、あんときのアンタ達と一緒なんだよ。
だから私は鶴橋さんを ほっとけない。
そんなに苦しんでる子を ほっとくことなんか
できないよ。

そういうと職員室に戻り、教頭に、たった一人の生徒でもほっとけないから
捜しに行くと宣言して消えた。
教頭に派、ブログのことを言い、読んであげてください。彼女のほんとうの気持ちが書かれているとURLを置いて行った。

クラスに残った唯は、中学の時、クラスの女子から無視されて、毎日このまま親じゃいたと思った。でも支えてくれる友達がいたから立ち直れた。
その支えが彼女にはなかったんじゃないかな?と話し出した。

アイツ捜しに行こうぜ、と和真は立ち上がった。5人は、走った。
美咲に合流したが、クラスの皆も捜すなら大ぜいが早いとばかりに、出てきていた。

ま、こういう感じでしたが、たと言う美鈴に、

心配なんて、
最初から死ぬ気なんかなかっただし
皆が私のことを心配する理由もない。

アンタは友達なんかいらないって言うけど、
私には『一人ぼっちで寂しい』って
叫んでるみたいに見えた。だからほっとけなかった。

ほんとに死ぬ気だったなんて関係ないんだよ。
死にたいと思うくらい苦しかったんでしょ?
それで十分だよ。

あのね、この子たちアンタのこと本気になって
捜してくれたの。この5人だけじゃない。
2ーZの全員が本気になって捜してしてくれたんだよ。

今はまだ誰の事も信じられないかもしれないけど、
皆が本気で捜してくれた。その気持ちだけ信じても
いいんじゃない。
アンタから見たら、落ちこぼれの集まりかもしれないけど
2-Zの子たちはみんな、いろんなことを頑張り始めてる。
少しずつだけど前に進んでるの。
だから居場所がないなんて決めつけないで、一歩足を
踏み出してみようよ。ちゃんと顔をあげて
しっかり前に進んでいれば学校だって家だって
どこだってそこがアンタの居場所になるんだよ。

そこへ教頭が走ってきた。
アンタのブログ全部読んだわ。
気付いてあげられなくてとごめんねとしっかり抱きしめられていた。、

クラスに戻り、皆の前で何かみんなに言うことがあるんじゃない?と美咲に促され、
「ごめんなさい、心配掛けました。悪口のこともゴメン。

今日から鶴橋さんも2-Zの一員だよ、
いい?みんな これだけは忘れないでアンタ達はまだ
たまたま このクラスに集められた なんでもない
集まりかもしれない。でもこの中から本当の中間や
一生の友達が出来るかもしれないんだよ。
だからこの出会いを大切にしてほしい。
よ~し、みんなで写真撮ろうか!

どこまで行っても昭和の発想の人でした。

校長が鶴橋に、お嬢さんを2-Zに入れたいっておっしゃったの
あれ天王寺先生のクラスだったからですか?と聞いた。

違いますよ。

そうですか、最後の望みを天王寺先生にかけて
いらっしゃるんじゃないかなと思いました。

今日は理事長に呼ばれて会議があったはずだった。それを聞くと、
天王寺美咲が元く¥や場状だったことが知られ、理事長は大変御立腹。
天王寺先生も2-Zもこのままでは済まないとそうおっしゃってました。

さあ、美咲の大ピンチが待ってるようです。
生徒たちも、現実を見て真剣にならざるを得ないようです。

*****
いままでの感想は、こちら

« ≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#08 | トップページ | ≪外交官 黒田康作 ≫★09 »

ドラマ(ま)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/51080547

この記事へのトラックバック一覧です: ≪美咲ナンバーワン!!≫★09:

« ≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#08 | トップページ | ≪外交官 黒田康作 ≫★09 »

最近の写真