無料ブログはココログ

« ≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#07 | トップページ | ≪外交官 黒田康作 ≫★08 »

2011/03/03

≪美咲ナンバーワン!!≫★08

;『辞めないで!!先生』(あらすじ)

美咲(香里奈)は同僚の三国(田中圭)から、今学期で学校を辞めなければならないと打ち明けられる。三国は金沢の造り酒屋の息子で、5年だけ教師を務めたら、家業を継ぐ約束をしており、その期限が近づいているという。一方、唯(大政絢)は誰かにストーカー行為をされているようだと言いだす。和真(藤ケ谷太輔)、亮介(北山宏光)たちは、犯人を捕まえようと、唯を警護するが、犯人らしい人物を見つけることができない。しかし、唯が和真たちと別れた直後、唯から和真の携帯電話にSOSの連絡が入る。和真たちがストーカーらしい人物を捕まえると、それは三国のクラスの生徒・柏原(桜田通)だった。

CAST

天王寺 美咲香里奈
(御堂学園高校・2Z組生徒)
九条 和真藤ヶ谷太輔Kis-My-Ft2
 亮介北山宏光Kis-My-Ft2
桜井 大政絢
長瀬 恭太郎市川知宏
星田 勇斗大野拓朗
(御堂学園高校)
三国 武志田中圭
姫島 菜々子臼田あさ美
川西 土屋裕一
南方 健治ハジメフォーリンラブ
北浜 義男桑野信義
天満 幸作金田明夫
鶴橋 静江戸田恵子
玉造 敏蔵:布施明
CLUB SOUTHERN SEA
ママ財前直見
梨奈小松彩夏
梅田塚地武雅ドランクドラゴン
まりえ: 小林優美
レイカ:手島優
(その他の2Z組生徒)【五十音順】
天見 成弥:稲垣成弥
安堂 将大碓井将大
今宮 美優:江原美優
大和田 :門脇麦
尾崎 成大:金井成大
加島 銀次川岸銀次
柴原 将也:河野将也

桜井唯が、誰かに後をつけられたり、無言電話があったりで、不気味さが、募っていた。
クラスの女子たちは、心配したが、男子達は自信過剰と取り合わなかったが、だんだんストーカーはエスカレートすると聞いて、和真は、唯を警護すると言いだした。

2-Dの担任三国は、最近影が薄くなっていた。
それがクラスの模試にも響いて、点数が落ちていた。
サザンシーで、実は、実家の造り酒屋の後を継ぐため先生を辞めなければならないと美咲に話した。

唯のストーカーは2-Dの柏原だった。
三国は、クラスに人気があるほうではなかったが、柏原に、好きな子が出来たと相談されて、「気持ちを貫け」と応援した。
結局、話が大きくなって柏原は、学校へ来なくなった。
教頭は、いつも学年トップ5の常連だった柏原が恋愛にうつつを抜かして、成績型落ちと立腹。
さらに三国は落ち込んでいたが、そこへ金沢から父が上京して、職員室に挨拶に来た。
5年間お世話になりましたと、自家製の酒を持参した。
三国はまだ学校に話をしていなかった。
教頭にカンカン文句を言われて三国は、明日退職届を出すと言ってしまった。

美咲は、そんな三国に、柏原に行ったことは何も悪いことじゃないと励ますが、三国は聞く耳を持たなかった。柏原の言えに行こうと誘っても、自分がやめれば、柏原は学校へ来ると言い、何も問題に積極的に対処しようとはしなかった。

柏原を捕まえた時、自転車に乗ってきた交番の巡査に見つかって、それで話が大きくなったと、責任を感じていた5人組は、柏原の家に急いだ。到着するとそこには、先客美咲がいた。柏原は間違っていないと話す美咲に「もう桜井さんには近づきませんから」と言ってすぐドアを閉めた。
だが聞こえるでしょうと、そのまま話す美咲。

「落ち込むことなんてないよ。
柏原君、何も間違ってないんだから。
好きな子に告白ようって 勇気出した
柏原くんカッコいいよ!
好きだっていう思い ちゃんと貫こうとしたんだもん。
だから胸張っていいんだよ。
私三国先生が言ってたこと 間違ってないと思う。
でも三国先生 柏原君のこと傷つけちゃったって
思ってすごく責任感じてるんだよ。
あのね、三国先生 家の事情で学校やめて実家に
帰っちゃうんだって。あなたのこと真剣に考えてくれる
先生がこのままいなくなっちゃってもいいの?」

4人は、お節介な美咲が隣のクラスの生徒の家まで押しかけて、説得する姿を見て、とても美咲らしいと思った。

「学校 おいでよ!
三国先生 きっと待ってるから」!

ドアは開かなかった。美咲は少しして帰って行った。
ドアは開いた。覗く柏原に、4人が声をかけた。

「柏原、悪かったな。」(和真)
「ごめん。」「ごめん」

「あのさ 俺らもあいつが言ってた通りだと思う。
お前間違ってねえよ。」(湊)

そのまま戻る彼らを見送る柏原・・・

唯を真ん中にして5人組は、柏原の家に行ったことを話した。
今日は、柏原は学校に来るだろうか?
すると、先に登校していた柏原が5人に意を決して近づいた。

川の横の遊歩道で退職願を握りしめる三国「逃げるんですか?」と美咲が声をかけた。

「三国先生の人生だから、私が口だしすることじゃないって
分かってるんですけど けど・・・・逃げちゃダメだと思います。
私も 三国先生尾t同じで 最初から教師になろうとして
なったわけじゃないんです。正直最初は甘く見てました
教師って仕事。でもやってみたら 全然違って
ホント大変でやって行くうちに 生徒に教えるだけじゃなくて
私が生徒たちに 色々教えられて私自身が生徒たちと
一緒に成長して行ってる気がして 今はこの仕事が
大好きです。三国先生もそうですよね。
違うんですか?ホントにこのまま辞めちゃって良いと思ってるですか?」

「思ってるわけないじゃないですか。
僕だって辞めたくない。
ホントは教師続けたいですよ!
生徒たちと真正面からぶつかって真剣に
教師やりたいと思ってますよ!」

「そういう強い思いもってるじゃないですか。
三国先生、柏原君に言ったんですよね?
『自分の思いを貫け』って。
『そうしたら後悔しない』って。
だったら、なんで 自分がそうしないんですか?
自分の思い 貫き通せば いいじゃないですか。」

城のウい階段を5人が降りてきて「美咲ちゃん!」と声をかけた。
最後尾から柏田がおずおずと前に出てきた。

「先生・・・昨日はすいませんでした。」
頭を下げる柏田。
「酷いこと言っちゃって・・・」

「柏原・・・」

「柏原、さっき唯に告白しに来たんだ」(湊)

「振られちゃったけど、ちゃんと告白出来て
スッキリしました。」

「そうか」

「三国先生の言ったとおりです。
今は、何も後悔してないです。
また勉強 頑張れる気がします。」

「そっか。
ちゃんと思いを伝えたんだな。」

「はい!」

「って言うか、
ホントに 学校辞めちゃうのかよ。」(和真)

「はい、いや・・・」

「先生!辞めないでください。」(柏田)

「次は、三国先生の番ですね。」(美咲)

手に持った退職願を握りしめ父に会ってきますと走った。だがタクシーを捕まえたのは美咲の方が早かった。

空港行きのリムジンにノロ込むj前の父を捕まえた。
「お父さんにお話ししたいことがあってきました」

「話?」

「あの・・・
僕 教師を続けたいです。
続けさしてください!」

「何を言ってるんだお前は。」

「元々、僕が教師になったのは
お父さんから逃げ出したかったからなんです。
中途半端な教師だったと思います。でも今、
やっとちゃんと生徒と向き合って、成長を
見続けて行きたいって思うようになったんです。
一人前の先生になりたいって ホントに思ってるんです。
この気持ちは・・・この気持ちだけは
たとえお父さんでも譲れません。
お願いします。続けさせてください。」
頭を下げた三国先生。

「武志、お前が本音をぶつけてきたのは
初めてだな。気が済むまでやってみろ、。
大事な酒蔵を中途半端な気持ちで継がれてはこっちも
迷惑だ。」

「お父さん。ありがとうございます。」

「お前が変わったのは、あの人の影響なのか?」

父は、リムジンバスに乗り込み、成長した息子に頷いて帰って行った。
教頭に文句を言われながらも明るく断りの言葉を言った。
他の教師たちは、酒が安く手に入るのかと、近づいてきた。

2-Dの連中は、三国が美咲に告っても、いつも聞いてないことを見ていた。
冷やかす生徒たちに、美咲は、授業が始まるよと、声をかけた。

*****
今までの感想は、こちら


« ≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#07 | トップページ | ≪外交官 黒田康作 ≫★08 »

ドラマ(ま)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/51018653

この記事へのトラックバック一覧です: ≪美咲ナンバーワン!!≫★08:

» 『美咲ナンバーワン!!』第8話★三国教諭と月9の柏木(三浦春馬)を比較 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「美咲ナンバーワン!!」第8話【送料無料】美咲ナンバーワン!!(1)価格:540円(税込、送料別) 三国先生(田中圭)が柏原君(桜田通)の恋愛相談に乗って、思いを貫けとアドバイス。 これで柏原君は勇気を出して唯(大政絢)に告白しようとするが、なかなか告白しきれないうちにストーカーと間違われて、警察に補導される始末・・・・。 この事件で、三国先生は責任を感じて落ちこんじゃう・・・・・。 【 三国教諭と柏木教諭を比較 】 実家を継ぐために教師をやめなければいけないことと、柏原君のことで... [続きを読む]

« ≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#07 | トップページ | ≪外交官 黒田康作 ≫★08 »

最近の写真