無料ブログはココログ

« ≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#09 | トップページ | ≪デカワンコ≫#10 »

2011/03/26

≪LADY~最後の犯罪プロファイル~≫☆最終回

『終幕…もう一人の真犯人』(あらすじ)

無事に救出された舞子(岡本杏理)だが、彼女は深刻な精神的ダメージを負っていた。翔子(北川景子)は、犯人に対して強い憤りを覚える。そんな中、翔子たちは、鳴海(風間俊介)が殺害された事件と10年前に起きた未解決の「女子高校生連続殺人事件」の手口が同じであることに注目。結城(木村多江)は翔子たちに、女子高校生連続殺人事件の捜査中に、翔子の父親・香月(鶴見辰吾)に協力を求めたことを打ち明ける。香月は「犯人はレディーキラーだ」という連絡を結城に入れた直後に、亡くなったという。結城は、香月がレディーキラーによって殺害されたと考えていた。それを聞いた翔子は、自分が必ずレディーキラーの正体を突き止めると息巻き、一人で捜査に出る。

cast
香月翔子:北川景子
結城晶:木村多江
新堀圭祐:平岡祐太
奥居マリエ:須藤理彩
藤堂壮一郎:小澤征悦(ゆきよし)
寺田毅彦:要潤
柘植正樹:ユースケ・サンタマリア

*****

この事件を操ってる奴がいる・・・柘植は言った。
結城は、それが”レディーキラー”だと言った。
舞子が誘拐からやっと季報されても、心の傷はさらに深くなっていた。

翔子が、病室に行くと、「ごめんなさい、パパ」とずっとつぶやいている舞子の視線の先には、手作りの箱が置いてあった。開けると、オルゴールになっていて、中に翔子宛の封筒が入っていた。封筒を開けると
『私の戦利品をお返しする
辿りついてみろ 
私の命はキミの手の中にある』と書かれた紙と、父の写真、万年筆がでてきた。

CPSに戻った翔子は、この脅迫状に書かれた警察官って、結城さんですねと聞いた。
奥居も調べたら、結城が科捜研時代に調べていた女子高生連続殺人事件に行きあたった。
結城はこのこの事件のプロファイリングを任された。若い女の子を狙う犯人が許せなかった。でもプロファイリングに行きつまって、犯罪捜査学の権威香月教授に協力を要請。
教授は「犯人はレディーキラーだ」と連絡があり、火事に見せかけて殺された。
翔子は、犯人が憎いと個人で捜査を開始した。結城が皆を信用していないと言われ、CPSがばらばらになった。

柘植が鳴海と女子高生連続殺人事件が合同になり、CPSにプロファイリングの要請があったと知らせに来た。
新堀は、パスすると言った。結城は何でも1人で抱え込んでいた。だから1人で行けばいいと言った。

梶原は、アタッシュケースを大事そうに抱えて戻り「先生、また花火が見たくなりました。」
と電話した。この男と、今泉医師が関わりがあるんです。でも梶原は、爆弾魔だし、筋書きを描いたのは誰?
梶原は、精神を病んでいて、今泉医師の診療にかかっていた。
そんな梶原も母との軋轢があったようだ。「母は産まなきゃよかった:そう言ったと報告。
「僕だって言いたい、生まれてこなきゃよかった!
生きる意味が見つからないんですよ、先生」

「今の社会に生きてる意味なんてない。
1人で散る必要は無い。
準備ができたら教えてくれ」

「ハイ先生、もうすぐ終わります。」そう言って翔子の写真に赤い×が着いたのを時限爆弾の所に置いた。

翔子は現場巡りをしていた。
レディーキラーが最初に犯行を行った場所。殺害して遺体を縛りここに遺棄した。

捜査本部
結城は、」説明を開始した。

レディーキラーの犯行は10年前。
1年の間に関東広域で女子高生が5人殺された。
殺害は刺殺。梱包材で遺体を包みビニールひもで縛ると言うのが
レディーキラーの犯行の特徴です。本来体を縛るという行動は
被害者を拘束し、コントロールしやすくするため。
でもレディーキラーは殺害後に縛っている。
考えられるのは、遺体を持ち運びやすく隠しやすくするために
遺体を梱包したということ。しかし・・犯人は遺体を隠そうとしていない。
むしろ見せびらかすように遺棄している印象すらある。

注目すべきは、2件目以降。
遺体の顔だけが露出している点
犯人はわざと顔が出るように包んでいる。
そして人通りが多い場所にわざと遺棄した。
それは・・・被害者の顔をさらして見せしめに
するため?

レディーーキラーは 犯行を通して何かを訴えようとしている。
強烈な社会への恨みが犯行の根底にはあるはずです。

でも犯人には、犯行へのこだわりがない

藤堂管理官は、犯人をわれわれの手で捕まえると意気を上げていた。

なぜレディーキラーは10年経って犯行に及んだか?悩む翔子の部屋が石綿刑事によってノックされた。
梶原の怪しい姿が、病院の防犯カメラに写っていた。
妹の病室にも入って行ってる。
梶原秀人9年前に逮捕され、半年前に出所した爆弾魔だ。

10年のブランク・・・
石綿は彼がレディーキラーかと聞いた。

捜査本部に脅迫状が届いた。
東京に季節外れの花火があがる
見物するがいい

翔子に届いた脅迫状と同じ主だった。

石綿が、柘植に翔子が梶原を追っていると知らせると、すぐに結城に連絡が来た。
だが結城は、連れ戻すと言ったが、心臓の発作で意識を失った。
柘植が翔子に追いついて、声をかけた。それでも、階段を上がって私が捕まえるんですといきり立っていたが、柘植が腕を掴んで引き戻した途端に2階の部屋が爆発した。

CPSに戻ると、翔子は寺田に脅迫状が来ていたのに隠してと責められて席を立ったが、
結城が倒れたと聞いて動きが止まった。
心室中隔欠損症。
すぐにでも手術が必要だったが、断り続けていた。自分が任されたチーム・CPSを潰したくないと思っていた。
医務室でベッドに横になる結城を覗きに行った翔子。
そこで結城は、今までの心情を話し出した。
アメリカのFBIでプロファイリングの勉強をしていた翔子を見て宿命かと思った。
すぐにチームに入れて一緒にレディーキラーを捕まえたかった。
でも一緒に働くようになって、真相を明かすのを戸惑うようになった。
香月は犯罪者の頭を覗いてみたいって言ってたでしょう。
あなたには犯罪者の心理に寄り添える素質がある。
お父さん譲り。プロファイラーの素質を持ってる。だから、
お父さんの死の真相を聞いたら、きっとあなたは事件に
冷静でいられなくなる。犯罪者を憎しみの対象でしか見られなくなる。
そうなったら香月は、プロファイラーで居られない。
お父さんが言ってたの
『娘がねこの前言ったんです「なぜ人は人を殺してしまうの?」って』

難しい質問ですね。

『恥ずかしながら私も答えられなかった
でもあの子なら いつか答えを見つけられるでしょう
あの子は人の心に寄り添える
あの子なら いつか犯罪を無くす手助けが
できるんじゃんないかと期待してるんです

香月にずっとプロファイラーで居て欲しかった。
だから言えなかった。ずっと黙っててほんとにごめん・・・

椅子から立ち上がりベッドの足もとに座った翔子は、視線を合わせないようにして言った。

「一緒に捕まえてください。
父のためにも・・・一緒に」そう言って顔を見た。

2人でCPSに戻り結城は、このチームで爆弾魔も、レディーキラーも捕まえると宣言、
またチームとして始動し始めた。

翔子は、父の残した「レディーキラー」と言う言葉が引っかかっていた。
猟奇的連続殺人犯は妄想や空想 ファンタジーを抱いている。
そのこだわりは犯行を重ねるごとにエスカレートしていく。
でも犯行へのこだわりは薄くなっている。
4件目の犯行ではテープの色が途中から赤色に変わり
5件目の犯行では、最初から赤色だった。

それに犯行の決定的な違いがもう一つ見受けられた。
テープを巻く方向。1件目は左巻きだったのに、2件目行は右巻きだった。

2件目以降は顔を露出されているのに対し、1件目は顔までテープで巻かれていた。
犯行の1件目と2件目では違いがある。

きっとファンタジーもちがいます。
結城さん、レディーキラーは2人います

殺された女子高生の学校へ行った。
担任は何であの子がと絶句した。
一時期同級生にいじめられていた。
いじめは2年の夏に編入してしてきた転校生に移った。
被害者の坂下さんとは幼馴染の詩織・・・
そこで翔子も何かを思いだした。

梶原は、学生時代の成績もよく自己評価も高かった。
新堀に誇大妄想を抱きやすいタイプだと言われた。
監視カメラの映像から寺田と新堀は、梶原が連続爆破魔のユナボマーを意識していることを見つけた。

藤堂が、真鍋理事官が消去したパソコンから、復元してみると、CPSの情報をある精神科医と頻繁に交わしていた。今泉だった。
真鍋理事官の息子はいじめが原因で自殺していた。当時そのことで気を病んだ理事官はこの男の診察を受けていた。すぐに内定調査をしますと藤堂は、柘植に言った。
柘植は、泥をかぶるのは俺だけでいいと止める柘植に、不正を暴けないならキャリアにしがみつきたくないと藤堂は言った。

犯行現場で翔子は、詩織が坂下を殺害したことをはっきり分かった。

今泉詩織  

結城に連絡した。

柘植は、今泉の診療所に行くと誰もいなかった。ドアは開いたので部屋を覗くと、パソコンに翔子が写り、赤いテープでXがしてあった。
振り向くと今泉が柘植の胸をナイフで刺した。

今泉は翔子に教会に1人でこと言った。全て話すと。
さらに梶原に花火の時間だと連絡した。

父が言っていた「レディーキラー」は犯行の原点は女性の殺人者だと言う意味だった。
詩織ちゃんを指していた。詩織は転校するたび学校になじめず酷いいじめにあっていた。
5人の被害者は皆 詩織をいじめた子たちだった。
高校2年の夏詩織は転校することとなり、1件目の被害者坂下と再会。2人は幼馴染みだった。でも坂下が来ることは無かった。坂下は自分の身を守るために、いじめる側に回った。唯一仲の良かった幼馴染に裏切られ、人生に絶望した。そして変わった幼馴染に裏切られ、殺した。だが友達を殺したと言う罪悪感にさいなまれ、ここで自殺した。
それから先生が犯行を引き継ぎ詩織ちゃんをいじめた子たちを殺して回った。

復讐を続けてやろうと思ったんだよ。
いじめを見て見ぬふりをした連中を殺して顔をさらした。

違う顔をさらしたんじゃない。
復讐したかったんでもない。
生まれ変わってほしかった。
昔のように優しかった仲の良かったころの友達に。
だから殺した。

オルゴールに入っていたまゆ玉。好きなものに生まれ変われると信じてた。
蚕が繭を作り上げ生まれ変わるように自分も友達も繭の中に入れば、
生まれ変われるそう信じてた。自分自身も生まれ変わろうと。
ここで命を絶った。寝袋にくるまれて死んでいたのも、繭を
イメージしていたから。

違う、あれは復讐だ。

詩織ちゃんは復讐を考える子じゃない。
復讐したかったのは先生ですね。

君たち親子は、全然分かってない。
そう言ってアタッシュケースを開けた。
中には爆弾がぎっしり詰まっていた。タイマーはもうセットされていた。

柘植は、捜査に来た藤堂達により病院へ運ばれた、薄れる意識に中で、香月と心中するつもりだと知らせた。

全然分かってない。
お父さんも 私の愛を否定した。
詩織ちゃんが望んでいることはそんなkとじゃない、
君のやっていることはただの殺人だ。
そう言われて殺された。

君は詩織の思いを否定した。詩織は被害者だよ。
この社会は間違ってる。詩織だけじゃない
私の下には多くのこの社会の犠牲者が訪れるが
彼らの苦しみを和らげてあげたかったんだ。

だから許した。
人を殺したいと言う思いは間違っていないんだ
彼らはこの社会が生み出した。
この社会には彼らはを受け止める責任がある。

そんな考え間違ってる!

君は犯罪者の心に共感できる。

共感なんてしてない。
ただ行動を理解しているだけ。

覚えてるよ。殺した時のことを
お父さん、君と舞子ちゃんの写真を握りしめて
めらめらと一緒に燃えた。
そう、その目 その犯罪者の目だよ。
今の君なら私を殺せる。
私の命は、君の手の中にある。

間にあった結城は、教会に飛び込んだ。
翔子は、今泉に飛びかかっていたが引き離された。
梶原は、花火が一番よく見える所で捕まったが、爆弾の解除パスワードを知らせなかった。

翔子は、今泉が君の手の中にあると言った事を思い出して、万年筆を取り出し振ってみたカタカタと乾いた音がした.。開けると中から数字を刻んだ鉄板が出てきた。
それを持って悩む翔子。だが父のなぜ人は人を殺すのか答えが分ったら教えてくれとの言葉を思い出していた。

後1秒でタイマーは止まった。
翔子は、今泉を殺さなかった。

連行される今泉は、入口にいた翔子にどうして殺さなかった?と聞いた。

「人は 人を殺したってだれも幸せにはなりません

これまで殺人現場を見てきてそう思いました。
私も先生を殺したからと言っても きっと幸せにはなれない
そう思います。」

結城に抱きしめられて泣く翔子。

柘植はすぐに職場復帰した。藤堂はそんな柘植に食事をおごれと催促した。
いつでもと柘植は答えた。

CPSでは結城が退院したニュースが入ったが、いつ戻るか分からないで言いたいことを言っていると、すぐに結城が顔を見せた。

「協力要請だ」と柘植が顔を見せた。

何事もなかったようにCPSは時を刻んで行った。

いつでも続編が出来そうで終わりました。

*****
今までの感想は、こちら

« ≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#09 | トップページ | ≪デカワンコ≫#10 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

cafe名無しさん。
あまりにひどかったので、申し訳ありませんでした。

誤字脱字ひどすぎ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/51223431

この記事へのトラックバック一覧です: ≪LADY~最後の犯罪プロファイル~≫☆最終回:

» LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 #10 最終回 [ぐ〜たらにっき]
『終幕…もう一人の真犯人』 [続きを読む]

» 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」最終話 [またり、すばるくん。]
Final Episode「終幕…もう一人の真犯人」  [続きを読む]

» LADY~最後の犯罪プロファイル~ (第10話 最終回 3/25) 感想 [ディレクターの目線blog]
1/7からTBSで始まった『LADY~最後の犯罪プロファイル~ (公式)』の最終回『終幕…もう一人の真犯人』の感想。 詰め込みすぎの割りに、これと言った部分も無いまま… 前回から2週間空き、あの震災を挟んだから、余計に前回までの内容と繋がらないが、最終回だけ観ても、レディーキラーやら爆弾犯やらと香月(北川景子)の父の事件まで絡めて、いろいろ詰め込んできた割りに、終わってみると意外とあっさり風味のハッピーエンド。 「続きは劇場で」にならなかっただけでもよしとするか。 ... [続きを読む]

» Rio&LADY [別館ヒガシ日記]
Rioは遂にリオ対リナ最終バトルも 決戦前もう少し欲しいが ロールルーラー凄過ぎだけど ジョーカーがディーラーなの良いが 最終ポーカー対決は楽しみも... [続きを読む]

» LADY~最後の犯罪プロファイル~ 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
無事に救出された舞子(岡本杏理)だが、彼女は深刻な精神ダメージを 負っていた。 翔子(北川景子)は、犯人に対して強い憤りを覚える。 そんな中、翔子たちは、鳴海(風間俊介)が殺害された事件と10年前に 起きた未解決の「女子高校生連続殺人事件」の手口が同じであるこ... [続きを読む]

» ドラマ「LADY-最後の犯罪プロファイル-」第1... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
レディキラーに殺された父の仇を取る-----------!!・・・正直なところ、前回の話を忘れてしまっていたという(^^;)そっか、最終回まだだったねって感じで見てしまいましたわ。ま... [続きを読む]

» LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 EpisodeFinal (最終回) [ドラマハンティングP2G]
「終幕…もう一人の真犯人」 翔子(北川景子)は誘拐された妹・舞子(岡本杏理)を無事に救い出すことが出来たものの、舞子が犯人によって精神的ダメージを大きく受けてしまったことに激しいショックと犯人への憤りを覚える。 CPSでは舞子の誘拐事件とつながっていた…... [続きを読む]

» 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」最終回感想 [Kanataのお部屋へようこそ]
 香月翔子(北川景子)の父親を殺したのはいったい誰なのか?   妹、舞子(岡本杏理)は病室で怯えている。 [続きを読む]

« ≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#09 | トップページ | ≪デカワンコ≫#10 »

最近の写真