無料ブログはココログ

« ≪冬のサクラ≫☆06 | トップページ | ≪美咲ナンバーワン!!≫★07 »

2011/02/22

≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#06

『半年後』(あらすじ)

修二(三浦春馬)は半年間の謹慎処分を受け、夏実(戸田恵梨香)は修二との結婚式を中止した。半年後、修二は実家の酒店を手伝っているが、髪はボサボサで生気がない。来週から学校に復帰するというのに、元気がない修二を両親は心配していた。謹慎が解けた修二は学校へ向かうが、誰もいないはずの職員室には、夏実の姿があった。「会いたかった」と喜ぶ夏実に、修二は戸惑いを隠せない。教頭の鶴岡(風間杜夫)は修二に、ひかり(武井咲)2学期いっぱいで他の高校に転校すると伝える。駅の改札口でひかりと出会った修二は、彼女から事故の時に感じたことを告白される。翌日、夕方の理科実験準備室で、夏実は修二に妊娠していることを告げる。



CAST

上村夏実(戸田恵梨香)
柏木修二(三浦春馬)
佐伯ひかり(武井咲)
東堂さやか(篠田麻里子)
水谷亜弥(内田有紀)

*****

台風のような、修二と夏実を巻き込んだ嵐は、修二の謹慎半年と言う処分で、ケリをつけるように見えた。
バスケ部の部員たちは、買ってしまった結婚記念をようやく渡せると、夏実に見せた。
その場面に、佐伯ひかりが、現れた。直輝が、全部お前のせいやろが、と、顔を出した事に、腹を立てたが、夏実に、女の子のココ(胸の中)にある気持ちが分るようになりなさい。そう言ってかろうじて夏実は、教師としての体面を保った。

教頭に、何もなかったとは言え、生徒を家に泊めたのは、問題ありと言うことで半年間の謹慎処分になったと告げられた。
望未は、中西に先生は生徒と恋愛してはいけないのかと聞いた。1人に対して恋愛感情を持ったら、教師は辞めなくてはならない。生徒全員と向き合っていくのが教師だからと教えた。

帰り道。夏実はまた修二を待ち伏せた。

「待ち伏せばっかして 私は女子高生か!」

「結婚式キャンセルしたって?」

「さやかに聞いた?

「ごめん。辛い思いばかりさせて」

「そうじゃない。
私分かったの。修二にとって私は何なのか?
私ってガイドさんなの。」

「え?」

「フフ、次にどこで何をすればいいのか
全部先に行言っちゃう。安心だけど
旅の楽しみを奪ってる」

「そんなことないよ」

「初めて選んだのよ、修二は初めて
自分であの子を選んだのよ。」

「違う」

「佐伯ひかりと言う人を助けたと思ったでしょ?」

「それは・・・」

「好きとか嫌いとかそんなんじゃないかもしれない。
でもあなたは自分で選んで動いた。
これからなんだよ、修二は。
これからいろんなことを自分で選んで。
それで多分、もっとい男になるんじゃない?
だったら私は邪魔なだけよ。」

「夏実!」

「はぁ~、とか言って。
私がしんどいの、
前を歩くのも、ちょっと疲れた。」

「ごめん。」

「修二は私がいると、甘えちゃうでしょ。
だから、・・・」

側へ寄ってパンパンパンと修二の頬を打った。
涙をこらえて「さよなら」と修二の前から立ち去った。

実家を手伝っていた修二だった。何も言わず、家族も腫れものに触るようだった。

<挫折した人間がなかなか再起できない理由が分った
 傷ついた顔で 落ち込んでいるのは、実はとても
 楽なんだ。最初は ばん回しようとあがくけど
 時期にそれも馬鹿らしくなる。
 頑張っていたころの自分が
 ニセモノのように思えて 周りから 期待されることも
 なくなって、後はもう楽になれる。>

兄に飲むかとと聞かれた。イヤと気のない返事をする修二。
うちの両親もお前の挫折には免疫がないと話し始めた孝一。
今まで修二は黙ってても、親父や 母さんが望んだ通りの道を
歩いてくれてたから。

「もう降りたいんだ。
期待に,応え続けるのは しんどい。」

「お前さ、夏実ちゃんとは話 したの?」

「いや」

「そこに座ってたんだよ。」

「え?」

「夏実ちゃん、お前を信じて来たんだ。
羨ましかったよ。
お前さ、半年 地味役に回ったぐらいで
分かったような気になんなよ。
きついんだよ、マジで、期待されないってのは
キツいんだよ。・・・羨ましかったよ、お前が。
お前さ、学校 戻れ。」

「兄ちゃん・・・」

言われて初めて分かる、兄の嫉妬。同じ兄弟でも、親は違う接し方しますしね。

夏実は、亜弥と会った。
病院で切迫流産しかかり、自分で選べない自分に戸惑っていた。
産むか産まないか、その決断が出来ずに先延ばしにしていた。流産に期待する夏実がいた。誰かのために頑張って、強い自分で要るのが好きなんじゃないかなと、亜弥に言われた。守りたい者がいるのってラッキーだとお腹をさすった。夏実がシングルマザーになるのは、亜弥も責任あるからと言うと出来るだけフォローしますと答えた。

いつの間に、亜弥の病的なおせっかいは、夏実に向かってます。

謹慎期間が解け、自宅に戻った修二だったが、問題と真摯に向き合ってと言う生活ではなかったため、今自分がすべきことも、どういう態度を取ったらよいかも分からなかった。母親代わりの夏実が目の前から消えたせいもあります。

どういうスタンスで、生徒たちに向かったらイイのか、分からないまま、学校へ来ていた。逃げるために来たのかもしれない。胸には辞表を忍ばせていた。
誰もいないと思っていた職員室に、夏実がいた。出てきて良かったと先を越されて言われた。修二は、すべて投げ出すつもりで来たと答えた。夏実は何でそんなに強いんだ!

「強くなったの、前よりももっと」
子どもがいるからと言えない夏実。
別れた元カノが、もっとイイ女になってたりして、後悔してる?・・・返事が出来ない修二。

そこへ中西が出勤してきて嬉しそうに声をかけた。
まとまらないまま、自分のクラスに行く修二。あれだけ生徒たちにバッシング受けてますしね。地に落ちた偶像は、這い上がるのも大変・・・

帰りの駅で、修二は、佐伯の母が電車を降りて来るのを見た。
いつも修二は自転車なのにちょっと不自然。
ベンチに座り、出せなかった辞表をじっと見つめていた。学校では、教頭に、佐伯が2学期以降は、転校すると聞かされた。登校してもほとんど保健室に言っていたとも。

佐伯の母は、転校する学校には女子寮があるから、知らない街へ行けば、ひかりも伸び伸び出来ると考えていた。あの子は、私と居ると苦しそうだからと話す母に、お母さんが離れたいのではないかと聞く修二。

「どうして先生には分かって、
私には分かんないんですか?
あの子の気持ち。
もう、疲れました」

じっと見ているひかりがいた。

久しぶりにひかりと話しながら帰る修二。
親も人間だから、子供2人を全く同じようには愛せないと、大人びたことを言うひかり。
事故の時、両親は、助かったのは姉妹のうちの1人だと聞かされていた。
慌ててきた両親が一瞬だったけどがっかりしていた。
「生きていたのが私だったから。
おねえちゃんじゃなく私だったから、
分かってる、ちゃんと愛してもらってたから。
でも量が違った。」

「俺も言われたよ。『お前が憎い』って。」

「え?」

「兄ちゃんに。
俺は多分、少し多く愛されてた。
それで 何も気付いてなかった。
兄ちゃんがどんな気持ちだったかも。
自分がどんな風に 生きてきたのかも。」

「ふふ、こんな風に話せると
思わなかった。」

「あ、そうだね。」

「半年間 つぎに先生に会ったら
なんて言おうってそればっか考えて
でもいい言葉なんか 全然思い浮かばなくて。」

「俺も、君にも 夏実にも 生徒たちにも
なんていったらいいか 分からなくて。
何のために学校に行くのかも、分からなくて。
分からないまま行ったよ。」

「ごめんね、先生。」

「ち、ちがうよ。俺の問題なんだ。」

「先生は戻れるよ。」
目に涙をためて言ったと思ったら、点滅する青信号を走って渡ったひかり。
立ち止まり、

「先生は戻れる!
戻れる場所があるし、皆先生を待ってる!」

「君は?」

「私は いいの!
誰も待ってない!
でもずっとそうだったから平気なの。
先生帰って!誰か側にいると
期待しちゃうの。だから、
1人の方が楽!」

夏実は、さやかが、カフェインフリーのコーヒーを買ってきてくれた。おまけに実家の母から、赤ちゃんの産着や夏実の体を心配してのサプリメントなど、沢山送られてきた。
私は大丈夫だねと、ふと和んだ顔になる夏実。

翌日、出席を取る修二。遅れてひかりが顔を出した。
教頭から、佐伯の母が、退学届を出したと教えられた。
放課後、残り少ない時間なので、授業出ようかなと思ったと言う佐伯。

「退学届出したそうだね。」

「はい。・・・・これで本当にサヨナラだね、先生」

泣く佐伯。

「今 分かったよ。
僕が何のために学校にきたのか。
佐伯 僕は君を1人にしないために
ここへ来たんだ。僕は 毎日 学校で君を待つよ。」

イイのかなぁ、こんな展開で。去る者は、追いたくなるだけじゃないですか。

理科の実験室で備品をチェックしている修二に夏実がノックした。
まだ帰らないの?と聞く夏実。

「良かった、なんか急に顔つきが変わった。
今なら言えるかも・・・」

「どうしたの?」

「私・・・おなかに子供がいるの。
ごめんなさい、ずっと言わないで。」

「何で?・・」

「子供を理由に引きとめたくなかったの。」

「だけど子供が出来たら もう俺たちだけの
問題じゃなくて。その 親として」

「そうなると 思ったのよ。」

「え?」

「言ってたら、わたしと別れなかったでしょ?
修二は優しいから。
あの時はちゃんと考えたかったの。
私たち2人の事を。
だから言いたくなかった。」

「でも」

「この半年は。私にとってすごく大切な時間だった。
この子を産んで ちゃんと育てられるって思えた。
私は独りじゃなかったから。
・・・私は後悔してるよ。」

「え?」

「こんな風にしか、この子の未来を考えて
あげられなくて。ホントは修二と2人で
生まれてくる事を喜んであげたかった。」

「ならどうして!?」

「私が先走ってたの。
結婚は私がしたい時にするんだって思ってた。
相手の気持ちがどうであろうと私が好きなら
いいんだって。でも違ったの。
愛情ってやっぱり、どちらかが重すぎたら
ダメなのよ
。」

「俺は同じように、愛せてなかった?」

「私が好き過ぎたのかも。ふふ
自分が相手を思うのと同じくらい
相手も 自分の事を思ってくれてる。
そういうタイミングで一緒になるのが
結婚なのよね。たぶん・・・
もうないかもしれないけど、
私たちがいつかそういう風になれたら 
今度はお互いに結婚しようって
言えるんじゃないかな。
わたし、修二とは もう一度出会いたい。」

何も答えられなかった。
 夏実がすごく大人で自分が幼すぎて
 情けなかった

情けない修二。なんだか、写真が公開されてから、化けの皮が剥がれたようにすっかり無気力です。
守るものがある夏実とやっと守るものが分った修二。傍目には、かなりの優柔不断男です。確かに夏実の方がかなり先を行く大人です。これからどう収束していくのでしょ?

*****
今までの感想は、こちら

« ≪冬のサクラ≫☆06 | トップページ | ≪美咲ナンバーワン!!≫★07 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

cafeぶんさん。
コメントをありがとうございます。

>次回がどうなっちゃうのー!?気になります!昔の修二に戻ってほしいです

過去に戻れて、やり直せたら、と、思うことが沢山ありますね。
でも現実は、そうはいかないbomb
修二は、これから、どう筋を通して行くのでしょうね。
かなり気になりますね。

次回がどうなっちゃうのー!?気になります!昔の修二に戻ってほしいです!wobblyあんな事がなければ良かったとと思いますwobblyでも、ひかりも反省してたし一件らくちゃく!っと思いたいのですが次は修二が・・ですよね。でも、私は、
大切な事はすべて君が教えてくれた
毎週見ます!
これからも!頑張って下さいsign01

heart01heart01heart01heart01heart01heart01heart01heart01heart01heart01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/50938574

この記事へのトラックバック一覧です: ≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#06:

» 『大切なことはすべて君が教えてくれた』第6回〜戸田恵梨香と内田有紀がお友達に!? [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
月9『大切なことはすべて君が教えてくれた』第6回 婚約破棄に至った相手の”夏実”と、大問題になった”ひかり”が居る学校に、おめおめと復帰する修二って、無神経なのか神経が太いのか・・・なんとも表現しがたい妙な男です。 【 元通りの形で復帰!? 】 ひかりと関係を持ったワケではなかったとはいえ、記憶を失うほど酩酊の上、結果的に担任する女子生徒を家に泊めた修二を、元通りの形で復帰させる「私立明稜学園高等学校」って、一般的な組織論やリスクマネージメントの上からは有り得ない・・・・・。 所詮は... [続きを読む]

» 大切なことはすべて君が教えてくれた 第6話:半年後 [あるがまま・・・]
修二ってば、ダメじゃん・・・┓( ̄∇ ̄;)┏ヤレヤレ... 夏実が大人過ぎるせいか、修二がただの優柔不断男に見える 夏実は強がってはいるけど、誰より修二を必要としてるのに・・・ あ〜〜〜〜修二にはほんとイライラするっ! 中西先生が生徒を主観的に見るようになったら教師失...... [続きを読む]

» 大切なことはすべて君が教えてくれた【第6回】フジ月9 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
半年後  えっと…、文句を言うなら見るなって感じですが、今回も見てしまいました。そしてもう今後は見るのをやめようかとさすがに思っています。期待していたわけではないけれど、やっぱりどうしようもなくくだらないドラマでした。終わってみなければわからないわけですが、その終わりを見届けたいとも思っていません。 なにしろ見れば見たで文句ばかりを書いてしまうわけで、「イヤなら見るな」とのごもっともな意見も聞こえたりして、精神衛生上よろしくないなぁと思っていたのです。 もうね、半年経ったというのに修二(三浦春馬... [続きを読む]

» 大切なことはすべて君が教えてくれた (第6話 2/21) 感想 [ディレクターの目線blog]
1/17からフジテレビで始まった『大切なことはすべて君が教えてくれた (公式)』の第6話『半年後』の感想。 イライラしても、つい観ちゃう?! だって“月9”だもんね。 まあ、何とも感想が書きにくい第6話だろう。ってことで、いろんな方のレビュー等を読んでみると、皆さんイライラしながら観続けてる印象。私も含め「イライラするなら観なきゃいいのに…」と言うところなんだが… みんな、“月9”が好きなんだ。相手に対してイライラしてしまうのは、「相手が変わることを無意識に期待しているから... [続きを読む]

» 大切なことはすべて君が教えてくれた 第6話 [レベル999のマニアな講義]
『半年後』内容ひかり(武井咲)の告白で修二(三浦春馬)の疑惑は、とりあえず解けたが、鶴岡教頭(風間杜夫)から、半年間の謹慎を命じられる。その間は、、生徒との接触も禁止。... [続きを読む]

» 大切なことはすべて君が教えてくれた  [to Heart]
             結婚を約束した2人の教師。ところが、男性教師は女子生徒と関係を持ってしまう。男性教師は自分の罪をどう償うのか。“試される愛”をスリリングに描き出す。 教師と生徒の愛というテーマを象徴的に取り上げ、主人公たちは生徒からの「私たちは大...... [続きを読む]

» 大切なことはすべて君が教えてくれた#6 [JAOの趣味日誌]
大切なことはすべて君が教えてくれた - Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表] 修二半年間謹慎、夏実との結婚もキャンセルに・・・・・・ 半年後、ひかりが退学届を・・・・・・・ 夏実は妊娠していた。 それを修二に隠していた夏実。 どうする修二・・・・・ 人気ブログランキング    ←応援クイックよろしくお願いいたします。... [続きを読む]

» 大切なことはすべて君が教えてくれた #6 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
修二ともう一度やりたいの… って聞こえました。ラスト。 何を?(爆) 結局、ひかりのことが好きになった!(キリッ なようですよ。 教師が誰か一人を主観的に見たら教師失格by中西 ... [続きを読む]

» 大切なことはすべて君が教えてくれた 第6話 [ドラマハンティングP2G]
「半年後」  夏実(戸田恵梨香)は、修二(三浦春馬)との結婚を止めることにする。ひかり(武井咲)に対する修二の思いを知ったからだった。  ひかりの告白で、彼女と修二の間には何もなかったことを知った直輝(菅田将暉)や涼子(広瀬アリス)らバスケットボール部…... [続きを読む]

» 大切なことはすべて君が教えてくれた [ドラマQ]
月曜 21:00~ 大切なことはすべて君が教えてくれた フジテレビ系 2011年1月17日~  【キャスト】 上村 夏実・・・戸田 恵梨香 柏木 修二・・・三浦 春馬 佐伯 ひかり・・・武井 咲 平岡 直輝・・・菅田 将暉 園田 望未・・・剛力 彩芽 加川 涼子・・・広瀬 アリス 児玉 賢太郎・・・中島 健人(ジャニーズJr.) 渡辺 優奈・・・石橋 杏奈 金子 雅代・・・能世 あんな 東堂 さやか・・・篠田 麻里子(AKB48) 水谷 亜弥・・・内田 有紀 中西... [続きを読む]

« ≪冬のサクラ≫☆06 | トップページ | ≪美咲ナンバーワン!!≫★07 »

最近の写真