無料ブログはココログ

« ≪外交官 黒田康作 ≫★05 | トップページ | ≪デカワンコ≫#05 »

2011/02/13

≪LADY~最後の犯罪プロファイル~≫☆06

『vs過去を捨てた脱走犯』(あらすじ)

通り魔殺人事件の犯人(忍成修吾)が裁判所への移送中に逃走する。逮捕後に氏名や動機の供述を拒み続けた犯人は、所轄署での留置番号を用い”38号”と呼ばれていた。38号の行方を追う翔子(北川景子)らは、彼が犯した事件をプロファイリングし、実は事件は通り魔殺人ではなく、初めから被害者の命を狙った怨恨(えんこん)殺人ではないかと考える。さらに、勾留中に弁護士以外に誰とも面会しなかった38号が4日前に訪ねてきたジャーナリストの恵美(紺野まひる)との面会に応じていたことが分かる。

CAST

香月翔子:北川景子
結城晶:木村多江
新堀圭祐:平岡祐太
奥居マリエ:須藤理彩
藤堂壮一郎:小澤征悦(ゆきよし)
寺田毅彦:要潤
柘植正樹:ユースケ・サンタマリア

朝からそわそわしている翔子。理由を知らないCPSの連中は、勝手なこと言っていた。
結城が戻るとすぐに翔子が飛び出た。今度の犯罪心理学会で特別講演できると朗報をもたらした。翔子の論文が高く評価されたのだ。それを聞いて面白くない新堀。

今日から公判の4人通り魔事件の38号が逃走。柘植がCPSに来た。
38号は、戸籍は別人のもの、1人死傷、3人を刺した。途中で自首するも、年令、名前など黙秘したまま公判がはじまった。自首までした38号がなぜ心変わりをしたのか?

結城達は、4人死傷の現場へ急いだ。新堀だけは、目撃情報があれば現場は要らないと1人残った。

酒癖の悪い酔っ払いが通行人に絡んで、理由もないのに、暴れていた。
後ろから来た38号は、暴れる男の背中を3か所刺した。
物音に出てきたバーのホステスに、「人殺し!」と叫ばれてその女や周りでもみ合う人達を次々刺した。

翔子は、単なる通り魔事件ではないかもしれないと言いだした。
1か所で多数の人を死傷するタイプの殺人犯。でも今回は1人しか殺していない。
寺田も執拗に刺したのは最初の1人だけで、ほかは殺意が感じられないと言った。

捜査資料によると、その後38号は、仕事場に向かい、夜勤し、同僚と食事し、帰宅した。
通り魔事件の犯人は学校や職場に上手く馴染めずそのストレスが犯行のスイッチになる場合も多い。でもこの犯人は、そういうタイプではない。

殺す相手は決まっていた!
翔子は、38号のターニングポイントを捜すと、拘置所へ急いだ。

本部では、38号の目撃証言が入っていた。今から30分前自動車整備工場で「手錠をはずせ」と脅した。行動予測で、それが新宿区百人町と計算で出た答えと一致した新堀は、結城に電話したが、拘置所で所持品を預けてしまったため出られなかった。
新堀はそのままの結果を捜査本部に持って行った。犯人はこのエリア内にいる可能性が高い。確立は97%。大至急捜査員を終結させてください!

柘植は、結城から報告を受けていないと新堀に正すと、僕が報告するよう言われたとごまかした。結果手薄になった違う場所で警官が撃たれた。

拘置所で係官は、いつも穏やかで罪を償う覚悟が見えたが逃亡するとは驚きだったっとコメントがあった。
38号は4日前から食事に手をつけず、翔子は、面会人の中に4日目にフリージャーナリスト日高恵美の名前を見つけた。弁護士以外とは誰とも面会していないのに、なぜこのジャーナリストだけ?

CPSに戻った翔子たちは、早くデータをよこせとわめく新堀に、私ならもっと違う方法で、自分のミスを自分で埋めると言われて、部屋にこもった。

柘植も交えて、検討がはじまった。
ターゲットとして殺された高いには前科もあり、同じような避けが原因でのトラブルが続いていた。被害者家族を当たったが38号らしき者には当たらなかった。
柘植に加害者家族も事件を起こしたのは家族でも、自分も犯罪者のように見られ苦しんでる人たちは多いと言われた。

38号に面会した日高恵美は、雑誌気記者だった。インテリア雑誌菜っかで記事を書いているだけの記者だった。38号は取材依頼を全て断っていたのになぜ?
面会記録によると、名前も聞いていなくて、、最後に急におかしな質問をしている。
『音楽はお好きですか?この前やっと見つけたんです。
古いレコード。<オーバー・ザ・レインボウ>』

日高は38号を知っていた。そしてオーバー・ザ・レインボー が何かの暗号ではないか?

今回は寺田が、新堀の遅い初恋を翔子に知らせた。
お腹すいたでしょと差し入れを持ってきた結城に、すいませんでしたと言った新堀。

「新堀君の計算は、完ぺきだった。
そう思ってる。
でも人間は、計算通りには動かない。
嵐の海でおぼれた子供を救いたいと
飛び込む人もいる。
幸せになれないと分かってても好きになる恋もある。
人間ってエラーする生き物だと、私は思う」

徹夜で仕事して目星がついたらしい新堀は、単独行動を選んだ。
ビル街の工事現場を探していて、中に、盗まれたバイクを見つけた。
柘植に詫びて、バイクを見つけたと住所を言おうとして銃声がした・・・
電源を切られた新堀の携帯は繋がらなくなった。

奥居が殺された高いの18年前の状況を呼び出した。愛人を殺した時、高いには家族がいた。妻と、姉と10歳になる陽介。高井陽介が当時住んでいた家の近くに戻ってきていた。
38号は 高井陽介 
あの事件は 通り魔 じゃなくて
父親殺しだったってことか。

事件後家族は離散。
母親は子供のために多額の借金をし蒸発。

エディプス・コンプレックス。
父親に対する強い犯行心や複雑な憎悪を抱く心理

背景が分ってきて皆でこの事件を解き明かしていきます。新堀の事そっちのけでね。

新堀は、撃たれたがすぐに命の危険があるほどではなかった・・・?

何も語らない38号は新堀の地図を見ていた。
新堀は、少し体勢をずらして話した。
何でここが分ったと思ってるんでしょう。
人には巣に帰る本脳がある。
君が逃げて真っ先に来たのが君が過去に住んでいた家だ。
そこで警官に見つかった。逃げるしかない、でもここから離れたくない。
だからあの現場からそう遠くへは行かないと思った。
君は過去を捨てたくて捨てたんじゃない。
僕は君が何者か名前も分からない。それでも君に辿りついた。
僕らからは逃げられない。

そう話すと拳銃を突きつけて、お前に捜して欲しい者がいると言った。

CPSに日高恵美が来た。
お姉さんですねと、名乗らないうちから翔子が言った。
これ以上犯行を重ねさせたくないから、と頼みに来た姉に、ではお母さん、目の不自由なお母さんの居場所を知らせてとまた驚かせた。
テレビで顔が映っても、母には見えない。名前さえ言わなければ母を悲しませない。

会いたかったのは、母だったのに、父と出会ってしまったために、こんな事件が起きた。
捕まった後に千葉の病院から担ぎ込まれたと連絡が来た。38号はその後どこにいるか電話があったが、教えないでいた。

新堀は、犯人には協力できないと言ったが、さらに拳銃を突きつけられて、それでは、CPSに電話させろと言った。
一通り詫びた。
結城には僕をプロファイラーにしてくれた事を感謝。
寺田には一緒に働けて楽しかった。
マリエさん、僕の作ったデータべースよろしくね。
柘植さんがいるからこのチームが成り立っている事。
香月。最後だから思いきって言うよ。
ずっと君が好きだった。
いつも君を見ていた。

左斜め14度を見上げる君の顔が好きだった。
実は夜中に君に会いたくなって、僕の家から
君の家に行こうとしたことがあるが、
でも途中で立ち止まった。
勇気が無かったんだ「好き」って言う。
最後に会いたかった。
皆ありがとう、みんなのおかげで・・・

これが場所の特定を出来た鍵だったようです。

柘植は管理官に頭を下げた。CPSも新堀も仲間だと言って。
罪を償えば会えるとと新堀は38号に言った。だが迫る足音に自殺しようとした。
僕は科学者だ。天国も地獄も信じていない。生きていなければ会えないんだと叫ぶ新堀。刑事が飛びついて逮捕された。
もうダメかもしれないと言いながら新堀は護送車で38号と一緒に行きたいとわがままを言った。
柘植はしばらくして左折を命じた。訝る全員。そこには恵美が押した車イスに母が乗っていた。父のDVで、視力を奪われ、借金苦で、逃げまどい、医者にもかかれず担ぎ込まれた時には癌で余命が無かった。
泣きながら窓に近寄りオーバー・ザ・レインボーを口笛で吹き続けた。

柘植の犯した罪。来週は、それが解明されるようです。

*****
今までの感想は、こちら

« ≪外交官 黒田康作 ≫★05 | トップページ | ≪デカワンコ≫#05 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/50856293

この記事へのトラックバック一覧です: ≪LADY~最後の犯罪プロファイル~≫☆06:

» 「LADY〜最後の犯罪プロファイル」第6回★女の直感で事件解決!? [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『LADY〜最後の犯罪プロファイル』第6話 意外にも前回視聴率はまさかの10%台回復!? 前々回の6.8%が正当な評価だと思うのだけどなぁ・・・。 興味本位の野次馬として、今回も重箱の隅をつついちゃお。 【 警察トップは、謝罪会見必至 】 無差別通り魔事件の犯人「氏名不詳38号」が裁判所に着いた直後に逃走。 護送していた警官はドンくさい上に、銃まで奪われる大失態。 警察トップは、謝罪会見必至です。 あまりにも簡単に逃げられたこの場面、もう少しどうにかならないものか・・・。 ... [続きを読む]

» LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 #06 [ぐ〜たらにっき]
『脱走犯を追え…最期の告白』 [続きを読む]

» 別館の予備(レベルE&LADY) [スポーツ瓦版]
別館ヒガシ日記から他ブログTB送信が出来なくなりまして 他ブログからのTB受信は出来ますので下記アドに願います 2月12日 レベルE&LADY TBアドレス http://trb.ameba.jp/ ... [続きを読む]

» 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」第6話 [またり、すばるくん。]
Episode6「逃亡犯を追え…最期の告白」 視聴率7.5% [続きを読む]

» LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 Episode 6 [ドラマハンティングP2G]
「脱走犯を追え…最期の告白」 初公判を迎え、裁判所へ護送中だった無差別通り魔事件の犯人が裁判所に着いた直後に逃走したとの連絡がCPSに入る。 逃走した殺人犯は一人を殺害、三人を切りつけた通り魔で、事件後に自ら出頭。取調べでは犯行を素直に認めたものの、自身…... [続きを読む]

» LADY~最後の犯罪プロファイル~ Ep... [レベル999のマニアな講義]
『脱走犯を追え…最期の告白』内容公判のため裁判所へ護送中の、無差別殺人犯“留置番号38号”(忍成修吾)が、裁判所に到着直後、、、逃走する。1人殺害、3人を切りつけた38... [続きを読む]

» LADY~最後の犯罪プロファイル~ (第6話 2/11) 感想 [ディレクターの目線blog]
1/7からTBSで始まった『LADY~最後の犯罪プロファイル~ (公式)』の第6話『禁断のプロファイリング』の感想。 テコ入れか?路線変更か?どっちでも良いが(苦笑) 先週、「無駄を削ぎ落とせ!」と書いたが、なんと今週は香月翔子(北川景子)がひと休みするとはね。そしたら、急にCPSは結束するわ、CPSと捜査一課は仲良しだわ、柘植(ユースケ・サンタマリア)は『外交官・黒田康作』並みに病的に暗いわ、新堀(平岡祐太)の殉職風味まで突っ込んで… 一時6.8%まで下落した視聴率も... [続きを読む]

« ≪外交官 黒田康作 ≫★05 | トップページ | ≪デカワンコ≫#05 »

最近の写真