無料ブログはココログ

« ≪LADY~最後の犯罪プロファイル~≫☆08 | トップページ | ≪冬のサクラ≫☆07 »

2011/02/27

≪デカワンコ≫#07

『容疑者Xの逆ギレ』(あらすじ)

画家の塚本(畠中洋)が殺害される事件が発生。13係の取調室に、巨体で一見、性別不明だが、調書上は男性の容疑者・なぎさが連行されてくる。凶器からはなぎさの指紋が検出され、ごみ捨て場からは塚本の血が付いたなぎさの服が発見されていた。重村(沢村一樹)の取り調べにも全く動じないなぎさは、事件当日、アイドルグループのコンサートへ行っていたとアリバイを主張。一子(多部未華子)5万枚ものチケットの半券を調べることに。容疑者は逮捕後48時間以内に検察に送検するか、釈放しなければならない。一方、重村は小松原(吹越満)になぎさのマンションを捜索させ、ある物を見つけていた。それを知ったなぎさは、顔色を変える

Cast
花森 一子多部未華子
重村 完一沢村一樹
桐島 竜太手越祐也NEWS
和田 石塚英彦ホンジャマカ
門馬 次郎升毅
柳誠 士郎大倉孝二
デューク・タナカ水上剣星
五十嵐 太一佐野史郎
小松原 勇気吹越満

*****

東京マラソン2011を見てしまって、すっかりアップが遅れましたsweat01

2011年、2月26日7時 目覚まし田鳴り響くワンコの布団。
警視庁捜査一課 第八強行班捜査 殺人捜査13係

長い所属を言いながらも眠いワンコ。本庁へ取り調べに出掛けなくてはならないのに、眠くて起きられない。

13係ではコマさんが、ここのソファの方が熟睡できると、寝ていた。
所轄で手こずっているマルヒを連れて来ると出掛けた。
門馬係長だけが、今日の健康診断を心待ちにしていた。

ワンコが門馬に電話し、祖父、祖母がそろって温泉に行き、アリサが試験で居ないからパトラッシュの世話が出来ないから、有休と言って怒られた。

8時。
パトラッシュともども出社して、喜んだのはチャンコさんだけだった。
代3会議室でヤナさんを手伝えと言われ、出向くと、卓上は、半券の山だった。
マルヒが「ジュース」のコンサート弐居ていたと主張するのdえそのアリバイ捜しで半券の山と格闘していた。

取調室で、かなり大型の男性が女装していた。山村なぎさと言った。
取り調べのルールを聞いてきた。
48時間で検察へ送検か、釈放。1日8時間の取り調べだった。
2月23日 画家の塚本の家に侵入。創作中だった塚本をアトリエに会ったペインチテングナイフで刺し殺した。すぐに曲がるナイフですよ。ち名称は与えられないと思うんだけど・・

そのナイフからなぎさの指紋が出た。それと渚のマンションのゴミ集積場から塚本さんの血のついた衣類が発見された。
付着していたDNA鑑定から、なぎさのものと分かった。

それに対してのなぎさの主張は、塚本さんとは親しくしていてアトリエにも行ったことがある。その時にペンチングナイフにも触った。
血の付いた衣服は、数日前に盗まれた。アリバイもあると言い張った。しかしコンサート会場での目撃証言が1件もなかった。

「一番肝心なこと。私には『動機』がない」

9時。
まだ検査前で、全員空腹でイラついていた。
ワンコは、半券を捜している皆の前で居眠りしていびきをかいていた。

休憩で、シゲさんの取り調べをこっそり覗く、ワンコとチャンコさん。
しかし般若心経も心霊も打ち返された。
「落としのシゲ」さんが落とさないで物証だけで送検するのかとおちょくられた。

戻って半券を調べるワンコたち。
そこへヤナさんの携帯にメールが来た。別れた奥さんからで息子の誠一が警視庁の見学に行ったが絶対に会うなと言うものだった。離婚調停中は子供に合わない方がいいと弁護士に約束させられていたと言うものだったが、禁止されれば思いは募ります。
皆が集まって昼の健康診断が終わったら、食べたいものを想像していても、ヤナは誠一のことばかり。

そこへミハイルが来た。
表彰されたので、メダルを首からかけていた。ワンコと一緒じゃなければ、本領発揮できると田村さんに言われてしまった。そんな中に駈け込んで来た婦警の琴美も表彰状を持っていた。ヤナは舞い上がって喜んでいたが、そこに電話がかかった。
ヤナさんの息子誠一郎が行方不明になった。
そこでワンコは、ミハイルに挑戦。息子の臭いが付いている者、完投した時のウイニンをボールを出させて臭いを嗅いだ。
エレベーターに乗り各界を押して臭いをかぐワンコ。
11階で臭いが強烈になった。
総監室に続く臭いにドアっをノックし中へ入った。
総監は中にいてちょっと待ってと言われたが、臭いは、デスクの下に続いていた。
そこにすっぽり収まって誠一がいた。
「柳誠一君だよね。大丈夫私 パパと同じ課の花森一子。
パパに会いに来たんだよね。
だったらどうして捜査一課に行かないの?」

「パパは秘密に出来ない、
パパに会ったのが分ったらパパの立場が悪くなる。
これを渡してください。」
と今年のウイニングボールを差し出した。
「来年 パパが見ている前で優勝したいから」
なんて健気なsweat02

総監に会った時、ガラさんの話をすると、すぐに話をそらせようとした。

13係の戻ったワンコは、誠一の今年のウイニングボールも渡し、
『来年は パパの見ている前で優勝したい』ってちゃんと伝えた。

シゲさんは、なぎさのへやの写真を見ていて不似合いな1枚の絵を見つけた。
取調室に目覚ましを置いた。
塚本の絵を持ってるんですねと言い、この絵は幾らぐらいと聞くとお金の話なんか絵に失礼よと噛みついた。コマさんに居場所を聞くと、マルヒと絵画家の結びつきを調べに画廊にいると言った。そこでシゲさんは、マルヒの部屋から絵を持ってきて、その値段の鑑定もしてもらってくれと言った。マルヒはカンカンになっていた。
目撃者が現れた。チャンコさんが、女装して横に並び同じようにしゃべった。隣室で、目撃者は、なぎさを指差した。

キリさんが、○日の部屋から絵を持ってきた。鑑定ではそれでも50万。だが渚はそれを500万円で買った。

ヤナさんと2人、半券チェックが後1枚になった。マルヒが書いたと言う赤井星印は無かった。2人は、がっかりした。
なぎさの取調室へ向かうと、誰もいなかった。そこで所と鏡の部分を顎で指すなぎさ。
半券チェックでアリバイがなかったと言い、さらにがっかり咲いたと言うワンコにバッカじゃないと渚はワンコ達を言った。気付かなかったけど、無実だったらいいな~って思ってたと。

シゲさんが、絵を持ってきた。
ワンコが「かわいいheart01」と言った。
この絵を500万で買い、法外な値段に怒って塚本を殺したとシゲさんは言った。

「そんなことじゃ怨まないわ
私は500万払う価値があると思ったから払っただけ。
画商や鑑定しとか行った人たちがつけた値段には興味がないの」

そういうと、ワンコも同調。
「気に入った洋服、レジに持って行って、
初めて値段を知っても、元の所に戻せなくて
買っちゃう。よくあります。」

「何でそんな格好してるの刑事でしょ?」

「なぎささんは何でそんな恰好してるんですか?」

「好きだからよ」

「同じじゃないですか。」

「あんたと一緒にしないで」

「同じですよ。」

「どこが?」

「だってこの絵 可愛いって」

「この絵は可愛いじゃないの。
癒されるの。」

「・・・てかわいいってことでしょう?」

目覚ましのアラームが鳴った。

「わかっとぁわよ、アンタさ、
気持ちイイことも、美味しい事もみんな
『かわいい』って言っちゃうんじゃない?」

「そうかもしれません」

「で、ムキニなるのよね自分の可愛意を否定されると」

「そうそう!
『なんで子の可愛さわかんないの?』って!」

「だよね~。
だから塚本さん殺しちゃったの。」

「え?」

「今のそれって自白ですよね。」(シゲ)

「だから何?」

「『何?』って」

「5時過ぎての取り調べは無効でしょ?」

「え?無効?」

「約束したんです。5時までに落とせなかったら
釈放するって。」

「ああ~、そんな約束無謀だろ。」(コマ)

「落としのシゲさんの意地だな。」

「あのーすいません。
『塚本さん殺した』って言ってましたけど、
ちょっとよく意味が分らなくって」

「だから、私が塚本さんを殺した動機。
アンタが言ったことと同じ。
『かわいい』を否定されたの。
事もあろうに。絵を描いた本人に。
私はこの絵に惚れたの。値段なんてどうでもよかった。
私は彼のアトリエに行くたびにこの絵の素晴らしさを
語ってた。作者相手に・・・今思えば恥ずかしいことだった。
でもそれくらいこの絵が好き。でもある日。
彼の自宅でパーティが開かれた時・・・
(塚本)あんな絵 ゴミですよ。
    便所の落書きみたいなもんで・・・
    捨てようと思ってたらどうしても
    欲しいってやつがいましてね。
    まあ、冗談で「思い入れのある作品だ」
    誰にも譲りたくないって500万円って値を
    言いだしましてね。ははは
    即、OK出しましたよ。・・・・
許せなかった。」

「やはり 価値のないものを売りつけられたから?」(シゲ)

「そうじゃない!」

「作者に愛されてない絵がかわいそうに
なったんですよね。」(ワンコい)

「そうそう。」

「私もがっかりすることあります。
自分の売ってる洋服を かわいいって
思ってない店員さんとか。」

「そうなのよ!」

「でも人を殺すのは間違ってます」

「山村なぎささん、罪は償っていただきますよ」(シゲ)

「送検するの?
約束が違うじゃい」

「私は時までに落とせなかったらと言いました。」

「いやだから、5時過ぎてるでしょ!」

ワンコが臭いを嗅ぎだした。夕方の臭いがしない!
夕陽のにおいがしない!

シゲさんは、携帯を捜査して、時報を呼び出した。

午後4時4分30秒をお知らせします!音声ガイダンスは、まだ5時前を知らせた。

もう少し子のこと話がしたいとなぎさが言って、ワンコが調書を作った。
13係に戻ると、健康診断を終えた仲間が待っていた。
シゲさんに、今どんな臭いがしますかと聞かれ部屋の空気を嗅ぐが

「嫌な臭いがします」
後ろで門馬が

「それを言うなら『嫌な予感』だろ!」と引き取った。

ガラさんン絡みの不穏な空気なんでしょうね。
大したことを扱っていない13係ですが、課員の個性が絡み合ってきました。

*****
今までの感想は、こちら

« ≪LADY~最後の犯罪プロファイル~≫☆08 | トップページ | ≪冬のサクラ≫☆07 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/50983590

この記事へのトラックバック一覧です: ≪デカワンコ≫#07:

» 「デカワンコ」第7回〜一子のカウンセリングマインドは美しすぎるプロファイラーより優れてる!!! [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「デカワンコ」第7回 【送料無料】デカワンコ(1)価格:440円(税込、送料別) 今週も、多部ちゃんに癒されました〜〜〜。 柳清(大倉孝二)に頭突きを食らいながらも明るく無邪気でありつづける一子(多部未華子)を見てるだけで楽しくなっちゃう。 退屈な『外交官 黒田康作』、陰鬱な『LADY〜最後の犯罪プロファイル』を見ても、心にわだかまりが湧いてくるだけですが、単純に明るく楽しい『デカワンコ』を見ると心が解放されます。 【 偽マツコ 】 画家殺害事件の被疑者・山村なぎさは、明らかに「... [続きを読む]

» デカワンコ #07 [ぐ〜たらにっき]
『容疑者Xの逆ギレ』 [続きを読む]

» デカワンコ 第7話 [ぷち丸くんの日常日記]
画家の塚本(畠中洋)が殺害される事件が発生する。 13係の取調室に、巨体で一見、性別不明だが、調書上は男性の 容疑者・なぎさ(マツコ・デラックス)が連行されて来る。 凶器からはなぎさの指紋が検出され、ごみ捨て場からは塚本の血が 付いたなぎさの服が発見されていた... [続きを読む]

» デカワンコ 第7話 [MAGI☆の日記]
デカワンコの第7話を見ました。画家殺しの被疑者を送検するか釈放するかの拘留期限が迫る中、重村が取り調べを行うことになるのだが、被疑者であるなぎさは重村の作戦にも動じず否... [続きを読む]

» 「デカワンコ」第7話 [日々“是”精進!]
   FILE.7一子の所属する13係の取調室に、画家殺害事件の被疑者・山村なぎさが連行されてきた。「自分には動機がない」「アリバイがある」の一点張り。被疑者は逮捕後48時間以... [続きを読む]

» 「デカワンコ」 第7話 容疑者Xの逆ギレ [トリ猫家族]
 今回は、遊び心いっぱいの13係のなが〜い一日。 いつもとはちょっと違う雰囲気。 でも、しっかりと次週に繋いでましたョ〜  朝、7時、ワンコ(多部未華子)起床。 目覚まし、4 ... [続きを読む]

» デカワンコ (第7話 2/26) 感想 [ディレクターの目線blog]
1/15から日テレで始まった『デカワンコ (公式)』の第7話『容疑者Xの逆ギレ』の感想。 今週も“あばたもえくぼ状態”だが、一点だけ。 リピーターさまはご存知の通り、このドラマのファンの私には、十分にスルー出来る範囲だが、今週も一応書いておこう。 犯人・なぎさ役が、俳優でない北条ふとしさんがマツコ・デラックスのものまねで演じる時点で、冒頭から「嫌な臭い」がした通りの仕上がり。ここまで楽屋オチと無駄なエピソードの連続では、ドラマとして残念すぎる。 ただファン目線だと、それが... [続きを読む]

» デカワンコ 第7話 [昼寝の時間]
公式サイト 原作:「デカワンコ」森本梢子 13係の1日、といったお話でしたが、落 [続きを読む]

» 【デカワンコ】第7話と視聴率「容疑者Xの逆... [ショコラの日記帳]
第7回の視聴率は、前回の13.3%より少し下がって、13.1%でした。シゲさん、今回は苦戦しましたね(^^;)なぎさってマツコ・デラックスさんかと思いましたが、違いましたね。マツコ... [続きを読む]

» デカワンコ FILE.7 容疑者Xの逆ギレ [レベル999のマニアな講義]
『容疑者Xの逆ギレ』内容所轄での取り調べがお手上げ状態のため、取り調べのため、ある事件の被疑者を連れてきた小松原(吹越満)その直後、柳(大倉孝二)とともに、5万枚もある... [続きを読む]

» 【デカワンコ】第7話 [見取り八段・実0段]
ツイッターでも構わないほど簡単な感想を上げる事にした土曜日。。。って言うかTwitter自体が調子悪いままなんですけど~何か、今日は本当にただのコメディ&ほんわかストーリーって... [続きを読む]

» デカワンコ FILE.6:容疑者Xの逆ギレ [あるがまま・・・]
ガラさん脱走!?(+¬д¬)うそぉ〜 無実かもしんないガラさんなのに、脱走なんてしたら余計にややこしく なるんじゃないの〜なんでそげな事を・・・ ワンコが嗅いだ嫌な匂いはこの事だったのねん そして総監から匂うゆりの匂い。これも何か意味があるんでしょうねぇ。 その...... [続きを読む]

» デカワンコ 第7話 [ドラマハンティングP2G]
「容疑者Xの逆ギレ」 一子(多部未華子)の所属する13係の取調室に、画家殺害事件の被疑者・山村なぎさが連行されてきた。一見、性別不明で巨体のなぎさは、 「自分には動機がない」「アリバイがある」の一点張り。 被疑者は逮捕後48時間以内に地検に送検するか釈放され…... [続きを読む]

» 「デカワンコ」第7話 [fool's aspirin]
マツコ登場!と思いきや、マツコ風だったのね〜(笑シゲさんの落としのテクニックが効かない容疑者X。ワンコたちは口を割らせることができるのか?! [続きを読む]

« ≪LADY~最後の犯罪プロファイル~≫☆08 | トップページ | ≪冬のサクラ≫☆07 »

最近の写真