無料ブログはココログ

« ≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#02 | トップページ | ≪美咲ナンバーワン!!≫★03 »

2011/01/26

≪冬のサクラ≫☆01

命をかけた最後の愛運命の出会いは残酷な死へと…』(あらすじ)

一度も恋をしたことがない実直なガラス細工職人(草ナギ剛)と、事故で記憶を失った女性(今井美樹)の切ない愛を描く。原案・戸部真里香、脚本・高橋麻紀、演出・山室大輔ほか。

「冬に咲く桜」を見るために山形県を訪れた萌奈美(今井)は、不慮の事故に遭い、ガラス細工職人の祐(草ナギ)に助けられる。萌奈美は、事故によって記憶を失い、自分が誰かも分からなくなっていた。身元を証明する物もなく、唯一の手掛かりは、彼女が持っていたデジタルカメラで撮影された桜の枝の写真だった。今まで一度も恋をしたことがない祐だったが、萌奈美に好意を抱き始める。その後、萌奈美の身元が判明し、彼女は自分に夫と娘がいることを思い出す。程なく、夫・航一(高嶋政伸)が迎えに来るが、萌奈美は複雑な思いを抱く。

cast

稲葉祐(36歳) - 草彅剛

石川萌奈美(45歳) - 今井美樹

稲葉肇(24歳) - 佐藤健

向井安奈(27歳) - 加藤ローサ

稲葉百合(63歳) - 吉田日出子

稲葉哲也(58歳) - でんでん

稲葉香織(53歳) - 大島蓉子

石川航一(41歳) - 高嶋政伸

石川琴音 - 森迫永依

石川章子(71歳) - 江波杏子

中里次郎(36歳) - 山崎樹範

村瀬千尋 - 遊井亮子

それは、萌奈美が、冬に咲く桜を見るために、山形 大沼温泉に来た事から始まった。
バスを降りて、温泉街の雪の中を萌奈美を、トラックから降りた祐が見かけた。

<あなたは優しい人でした。
 一日 一日を大切に生きている人でした。>

祐は、自分の仕事をしていると「止めて!放して!誰か~!」という叫び声が聞こえた。
萌奈美がひったくりに遭い、バッグを盗まれた。バッグをもみ合ううちに石垣に額をぶつけられて、座り込んでしまった。そこへ駆けつけたのが祐だった。
おびえる萌奈美の肩に手を置き、「大丈夫ですか?大丈夫ですから。」と言ってくれた。

診療所に連れて行った祐。夕方またい¥呼ばれ、何だろうと思っていると、身元がわからず、しゃべらず、おまけに診療所にはベッドが無かった。祐の家で止めてやってくれと言われた。
祐の家は、認知症のを患う母が寝たきりになっていた。
用があると、天井から下げた紐を引いた。それは、ガラスの風鈴につながっていて、真冬でも、ちりんちりんと音をたてた。
今は空き部屋になっている、弟肇の部屋を提供した。
母の介護と、仕事だけの生活だった祐に初めて起きた事件だった。
祐の生活に突然降ってわいた美女の出現。

夜中に母のおむつをかけて、戻ると、萌奈美が、いた。持っていtデジカメをわたr¥されたが、自分で覚えがないと祐に言った。祐が中身を見ると空の写真と啓翁桜のまだ堅いつぼみが映っていた。冬に咲く桜だった。

キッチンのテーブルに、食事の支度がされて、ラップが掛っていた。
祐が、残したもので、良かったらどうぞ。僕はすぐそばのガラス工場で働いていますとメモが添えてあった。
ガラス細工の鳥が部屋にあった。それを見ていると、黄色いカナリアと廊下を行く男の姿が見えて、酷い頭痛がした。

祐の周りは親戚や、友人だけだった。
駐在のジロウもそんな中間だった。萌奈美が思いだせないと電話したので、様子を見に寄った。工場から戻ってきた祐が、母の世話をしている時だったのでちょっと出てと頼まれ、萌奈美が応対すると、聞かれもしないのに、ジロウは、祐の母についてしゃべった。
恋多き女で、好きな男が出来ると、一緒に出かけてそのまましばらく帰ってこなかった。
年の離れた弟がいるが、今東京で医者をしていた。物心ついてから、祐は、ずっと金を送って肇を育てた。

翌日、萌奈美を連れて病院で検査を受けた。廊下で、白衣の医師とすれ違って、動揺する萌奈美。祐は寄り道していいかと聞いた。

雪の仲、祐の秘密の場所に萌奈美を連れて行った。
枯れ木に見える桜が雪をかぶって立っていた。
子供のころ、初めて来た時、花も葉もないから枯れ木だと思った。
ある日、見事な花を咲かせていた。
冬の間、寒さにずっと耐えて咲く日を待って
いたのだろうなって。
それから泣きたくなるといつもここに来てました。
ぼーっと座って、景色眺めて、この木見て
大丈夫って言うんです。
そうするとそんな気持ちになってきて。」

『大丈夫』・・・

「今でも時々来るんです。
焦るななんて言ってすいません。
あなたの気持ちも考えずに。」

「いえ」

「でもきっと、きっと思い出しますよ。
大丈夫です。」

「ありがとうございます。」

「ここに誰かを連れてきたのは初めてです。
良かった、あなたが笑ってくれて
良かったです」

「きれい・・・」

萌奈美もきっと心が洗われる思いがして、祐の優しさが心に染みたひと時だった。

もう少し、ここに居させて欲しいと、萌奈美は祐に頼んだ。
思い出せない過去が怖かったが、今は、思い出すのが怖くなってきていた。
母を「この人」と呼びながら、大事に世話をする祐。
何かあったらと携帯の番号を渡した。
この人の、手をお湯で温めながら、世話していると、呼吸が荒くなってきた。祐が戻って来た時で、すぐに診療所の医者に連絡した。心臓がだいぶ弱っているからと言われた。
明日連れて行くと答える祐。

布団を治しながら、母の手を出してそっと自分の手で包み込む祐。
5歳の時、なんだか無性に寂しくて、寝られなくって大泣きしたときがあった。
その時にこの人がこうやって手を握ってくれたんです。
大丈夫。ここにいるからって。
その手がすごく安心して。・・・たった一度きりの思い出。

朝までベッドの横で母の手を握っていた祐を母が起こした。
しっかり祐と呼び、ありがとうねと言いながら、顔を反対の手で撫でまわした。
起こされて祐も、正気に返った母を嬉しく思った。そして泣いた。優しくもう一度顔を撫ぜると目をつむり、二度と開けなかった。

葬儀で、弟の肇も戻ってきた。だが、研修医でその日夜勤があるからと、そっと席を立った。親戚への挨拶が一通り終わり、祐が萌奈美に肇は?と聞いた。バス停に走った。
手には、酷い網目になった青いマフラー。病気になったころ、肇が戻ってきたらといって編みだしたが、最後は目が飛んで、ぐちゃぐちゃになっていた。
最期の時、母と一緒にいられたから、これは肇が持てと渡してくれた。バスが来て、乗り込んで、座席に座り、ひどい網目を見ていたが、気付いて窓を見ると、祐がずっと見送ってくれていた。

帰りに寄り道をして、祐の桜の前に立った。

冬の桜の水をかけていると、風鈴が鳴った。
ずっとこの人中心で生活してきたので、もうしなくてイイと言うのも変な感じだと、戸惑う祐がいた。
正直しんどいと思った事もあったんですけどね。今はもっとやれたことがあったんじゃないかと思う。残された者の心情を萌奈美に語った。
あの時のお母さんの笑顔嬉しそうだった。お母さんは祐さんと過ごせて本当に幸せだったんです。そう言われ、泣く祐。

東京の萌奈美の家では、夫が浮気をし姑は、いつまでも息子から離れられなかった。明日まで待って捜索願を出そうと言った。

駐在が、隣町の駅のゴミ箱にあったと、バッグを届けてくれた。携帯と現金は抜かれていたが、免許証があったのでどこの誰だかわかると言われた。

石川 萌奈美 住所の世田谷だった。

心配して家に電話をと言う祐に、名前と住所が分っても私はどんな人生を送っていたのかわからないと躊躇していた。
夜眠れない2人は話合った。
祐はあなたは幸せだったと思うと安心させた。
もし幸せじゃなかったら、ここに戻ってくればいいと、精一杯のラブコールをしていた。

目をつぶって静けさを楽しんでいる萌奈美にのど元まで出ている言葉を言えなかった祐。
朝気付くと2人はソファでもたれかかりしっかり手は握ったままだった。

家には私が電話をすると言った。
出たのは娘だった。断片的に思いだす萌奈美。

夫は、妻が1人だったのかと調べさせていた。自分は浮気しているのに。

駅で一家で再会した萌奈美を見た祐。
それが別れになった。萌奈美の家族は、タクシーに乗り、遠ざかった。
萌奈美は無のの中で「大丈夫」とつぶやいていた。

市民病院の担当医から電話がかかった。
先日の検査結果が出たと言うものだった。
東京に帰られたなら至急再検査が必要であると・・・

ずいぶん遅くに見ることが出来て、これはそれでもぼつぼつと続けてアップしていきたいドラマだと思いました。

祐の佇む姿がイイですね。皆忘れている感情ですよ。肇を送る、萌奈美を送る。気持ちが一杯詰まっていました。






« ≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#02 | トップページ | ≪美咲ナンバーワン!!≫★03 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/50692301

この記事へのトラックバック一覧です: ≪冬のサクラ≫☆01:

» 冬のサクラ 第1話:命をかけた最後の愛運命の出会いは残酷な死へと… [あるがまま・・・]
つよぽん、いい人だ〜!o(*´∇`*)oニコ 年の離れた弟を親代わりとなって面倒を見たのちに、認知症で寝たきりとなった 母親の介護に追われ、恋をする暇もなかったらしい祐。 その母が亡くなっても、恨み言ひとつ言うでなく・・・ つよぽんの本領発揮って感じの人物像ですなぁ...... [続きを読む]

» 布団クリーニング [布団クリーニング]
布団クリーニングの情報です。 [続きを読む]

« ≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#02 | トップページ | ≪美咲ナンバーワン!!≫★03 »

最近の写真