無料ブログはココログ

« ≪新参者 赤い指≫ | トップページ | 《任侠ヘルパー》★SP »

2011/01/09

≪ LADY~最後の犯罪プロファイル~≫☆01

『天才プロファイラーVS紙を喰う殺人鬼!』(あらすじ)

犯罪者の行動や心理を分析し、犯人像を推定する「犯罪プロファイリング」。米国の連邦捜査局(FBI)アカデミーで犯罪プロファイリングを学んだ新人プロファイラー・香月翔子(北川景子)が、警視庁に新設された犯罪行動分析室(CPS)のメンバーらと共に、凶悪犯罪に立ち向かう。脚本・荒井修子ほか、演出・平野俊一ほか。

翔子(北川)が所属するCPSは、捜査1課の刑事たちを悩ませる難事件の捜査に協力することになった。夫婦が殺害され、一人息子が行方不明になっているという事件で、同じような事件が最近、連続して起こっていた。主任プロファイラー・結城(木村多江)の指示により、翔子は先輩の寺田(要潤)と共に事件現場へ向かう。捜査1課の柘植(ユースケサンタマリア)と合流した翔子たちは、現場の状況を分析。捜査本部は、外国人グループによる犯行との見解を示すが、翔子は単独犯による事件だと考える。

Cast
香月翔子:北川景子
結城晶:木村多江
新堀圭祐:平岡祐太
奥居マリエ:須藤理彩
藤堂壮一郎:小澤征悦(ゆきよし)
寺田毅彦:要潤
柘植正樹:ユースケ・サンタマリア

CPS(犯罪行動分析室)
犯行声明文

警察諸君へ

我々は 首都の一翼に 厳しい一撃を与える

愚民たちよ 誰が お前たちをわれわれから守るのか

犯人はテロリスト気取りの バカ。遅れた祥子は、そう呟いた。
主任プロファイラー・結城から犯人のプロファイリングが発表された。
犯人は男性 年齢は20代~30代。
知的水準は高い。横柄 。傲慢 自己愛性パーソナリティー

犯人は見栄っ張り おしゃれに敏感 仕立てのいいスーツ
目立ちたがりだからシャツはピンクとか
ネクタイは今年の流行黄色

男が多すぎると!と1課の柘植は苛立った。
階段で見ていた祥子は、だったら女を捜せばいいと言いながら、降りてきた。
犯人にとって、爆破は花火みたいなもの。だったら、誰と見ます?

女を口説いてる黄色いネクタイを捜せ!

窓から何が見える?
結城から聞かれて柘植は東京タワーが見えた。
大至急東京タワーの客を避難させろ!

祥子は、さらに階段上で女を口説く黄色いネクタイを発見。
職質をかけると言う柘植に待ったをかけて、結城は、祥子に、男を刺激しろと言った。
祥子はそのまま、接近し男の靴を踏んだ。
痛え!と叫ぶ男に通り過ぎてから、「ごめんなさ~い」可愛げに叫ぶと容疑者は祥子を見て「全然平気」と言った。さらにネクタイをセッテピエゲと祥子が当てると、「分かる?」得意気にたたみかけて、お仕事何されてるんですか?と聞いた。IT会社の社長と名乗った。
会社はミッドタウン。

柘植は確保しろと言ったが、マイクの前にいた結城は、決定的なものが欲しいと止めた。
すると寺田が祥子の肩を抱き、こういう男がタイプじゃないだろと言うと、男の顔色が変わった。まさかあり得ない。「こんなホラ吹きのキモイ男」と追いこみ、新堀が持っていたワインを男にひっかけた。
結城は彼が犯人ならここできっと言う

「この服、幾らしたと思う?
弁償しろ。同じ服を買って来い」

犯人を確保。内ポケットからは、東京タワーのキーホルダーに【演習用】と書かれたボタンがセットされていた。柘植が押して、タイマーは解除された。

本部ではお偉いさん達がリバプール大学とロンドン警視庁の共同開発した対テロリストの演習課題を30分以内でクリアするとは大したもんだと絶賛されたが、結城は、気に入らなかった。誰が足を踏めだのワインかけろだの肩をだけと言ったか!

犯罪者プロファイリングとは、
犯罪者の行動や心理を科学的に分析し
犯人像を推定する捜査手法である

日本でも凶悪化する 理解不能な犯罪に対応するため
4
人のプロファイラーによる専門チームCPS
警視庁に結成された。

犯罪心理学者で科捜研のホープ(結城)を中心に、元法医学者で表情分析の専門家(寺田)、統計学と年地理学のスペシャリスト(新堀)、精神科医でありながらFBIアカデミー出身(香月)の精鋭たち。彼らは警察庁所属の技官であり警察官ではない。

導入部が冗長過ぎました。緊迫感が分散。

現場では、プロファイルは否定的だった。だが、柘植は、なんでも犯人逮捕につながればと、思っていた。結城もチャンスをくれと言った。

捜査一課犯罪行動分析室 が誕生。

協力要請があった。
府中市で夫婦が惨殺され1人息子が不明。

臨場中の現場へ飛んだ。
惨劇のあった家から近所を見て回る祥子。この家には色がなかった。

現場は住宅街にある一軒家。
大通りから200mの位置。近隣に商店なし。
近辺の路地にあるのはすべて民家。
通りをはさんで公園。

犯人は秩序型。
夕飯時に奥さんが勝手口から出てくるのを待った。
ゴミ箱を開けると、ハンバーグが1個そのまま捨てられていた。

母親は洗濯機置き場で、父親は風呂場で殺され、遺体は外へ運ばれた。
庭に段ボールが2個。その中に血痕があった。こんなものがと☆を○で囲んだ図形が書かれた紙が乗っていた。その模様にリンクするものがないか、調べた。
証拠品のポリ袋を寺田が差し出した。子供の絵日記の一部だが、祥子が口を開けると、ソーセージの臭いがした。犯人が口に詰めて飲み込めなくて吐き出していた。

夕暮れ時。食事が終わったころ。
妻は食器の片付け。夫はテレビを見ている。
犯人は、勝手口で待つ。ゴミを捨てて妻の後から侵入し、入浴中の夫を襲った。
妻の髪を引っ張り洗濯機に撃ちつけた。

犯罪情報分析
寺田が来た。
ここ2カ月で同じような事件が八王子、荻窪で発生。
夫婦そろって惨殺され子供が行方不明。
手口はバラバラ、でこどもは連れ去りを目的にした
組織的な外国人グループの犯罪の線で捜査を進めていた。

祥子は単独同一犯説を主張。
新堀は反発。

リンク分析が始まった。
八王子から。
被害者夫婦は自宅で拘束された後7日間も食事を与えられず監禁された後刺殺された。8歳の息子は連れ去られて行方不明。
犯人はどうして、殺す前7日間も放置したと思う?
犯人は餓死させることにこだわったのでは?
解剖所見では胃は空っぽ。中に観葉植物の葉があった。

次は荻窪の事件。
被害者夫婦は拘束され体中にバーナーのようなもので焼かれた痕が無数にあった。
この事件でも7歳の息子が行方不明。

餓死、火あぶり、箱詰めと手口が違っていた。

犯人は成長している。現実と過去が交錯して、区別がつかなくなっていると祥子は言った。
犯一は成長しれいる。何らかのメッセージが届くはずだと結城は言った。

犯行声明が封書で届いた。


この声明文を新聞と警視庁のホームページに
載せろ。
従わなければ、どこかの家族が死ぬ。

止めたければ
早く俺を探してくれ。

本当の俺にたどり着いてみろ

色々と意見を言う分析室の連中に、合同で集まった刑事たちは、上司を差し置いて放任主義だと嫌味を言った。特に藤堂は、プロファイリングを認めていなかった。

結城に勝手にしゃべるなと釘を刺された祥子。
廊下でジュースを買おうとしたら、売り切れて、金を払い戻していると岡林が声をかけて、こだわりのジュースの最後の1本を譲ってくれた。座る2人。そこで岡林は、俺をプロファイリングして見ろと言って財布を渡した。

几帳面。周囲には温厚に見えるが実は頑固。
お札の向きがそろっている。アーどの種類は多くない。
信用した見せしか利用しない人だから。
最近は昔ほど仕事は好きじゃない。
厄介な事件が立て続けに起こることに嫌気がさしている。
だから趣味で始めたバードウオッチング。
よく行くのは、奥多摩。それに禁煙も失敗ですね。

声明文は結局新聞に載った。
夕飯を食べに行かにかとの結城の提案に、しぶしぶ乗ったのは祥子だけだった。
何でCPSに引っ張ったのかと聞いた。プロファイラーになったのはなぜかと聞かれ、犯罪者の頭の中が見てみたかったと答えた。大学時代の実習で医療刑務所にいき殺人犯の心理検査をした。報道だと彼は3人を殺した凶悪犯だった。実際の彼は悪いというより弱い人だった。その時犯罪者の心理が理解できるのではないかと思った。そこでFBIアカデミーに行ってプロファイリングを習ってみたいと思った。

新聞に声明分を載せたのは警察のミスだ、また一つ、尊い命が消えた。
社会的動揺は広がって行った。
捜査の刑事たちは、反感を募らせた。現場で呆然と立ち尽くす祥子に、お前が殺したと悪態をつく者までいた。それでも祥子はいいわけが出来なかった。ガイシャの奥さんが握らされていたと、暗号の書いた紙を柘植が、祥子に渡した。
新聞掲載は、さらに上の判断だが、今回は、藤堂管理官の判断で、CPSは今回は抜けてもらうと言われた。
CPSでは、各人が、得意分野で、必死に動いた。結城が戻ると、暗号が解けたと新堀が出てきた。
画面にはRIBBON ANCHOR DEALER MIKAN と並んだ。途端に犯人からの動画のメッセージ、処刑終了までが画面に広がった。すぐに消してと言われたが、面白半分に広められてしまうと言われた。さらにプロファイリングを上の者たちに認めさせると息まき外すのは香月だけでいいでしょうという寺田に、チームだから連帯責任だと教え、事件から外されたと知らせた。

研究材料に、プロファイラーのメンツか。くだらないと言い、寺田と、新堀を、香月のブースに連れて行った。丸めた紙が山になっていた。プロファイラーとして確かに香月は自信過剰で危なっかしい。だけど、純粋に犯人を突き止めようとしている。犯行を止めようとしている。

「みんなで止めるの!
それがこのチームの仕事」

「でも・・・」(新堀)

「捜査は外された でも
プロファイリングを止めろとは
言ってないでしょ?」

今回の見どころですね。

祥子は廊下で、頭を抱えていた。
そこへ岡林がたばこを出しながら、現れた。祥子を見るなり、記念は失敗したと言い、今度は、君のプロファイリングをしてみようかと持ちかけた。
「犯人が自分の予想を裏切る犯行に及び
自分の判断が間違っていたことが悔しい。
また新たな犠牲者が出て自分のせいだと
責めてる。でも自分は、誰よりも、犯人を
理解しているはずだ。だから絶対に犯人に
たどり着きたい。どうだあたってるか。」

「私たちは捜査を外されました。
私のせいで。」

「君の敵は、自分じゃない。
藤堂君でもない。
犯人だ。辿り着いてくれ。」

そうだ、自分の仕事は、犯人追い辿りつくことだったと思い直して、戻ると、結城がCIAやるよと声をかけた。全員集合したが、そこに柘植が犯人が出頭したと知らせた。

帰宅して、ソファにごろんと横になった祥子。妹は、強迫神経症のようだ。
それでも、うどんを作ろうとしてくれていた。テレビをつけると、ちょうど、連続殺人犯んと名乗る男が大写しになった。男は、一軒家に両親と住み・・・プロファイリングとは違う・・・

柘植が、結城に、出頭とした男は素直に自供を始めたが、犯人の臭いがしないと言った。
プロファイルとはかけ離れていると答えた。岡林課長の会見を止めさせようと走ったが、時すでに遅し・・・人殺しに正義などありません
人の命を平気で奪う人間に正義を語る資格はない。と犯人を刺激することを言った。

これが岡林の最期となった。
帰宅した岡林を犯人が、待ち伏せていた。妻と娘にさるぐつわをして。物音に気付いた岡林が、娘のさるぐつわを外そうとして犯人の振り下ろす凶器に倒れた。

早朝電話で叩き起こされた祥子。飲み物にこだわる祥子に譲ってくれた岡林の優しさを思い出し、ゴミ箱を蹴飛ばし、大泣きする祥子。

CPSに戻ると、最後まで辿りつくはずだったんじゃないのと結城に言われ、寺田も熱くなって、犯人は、正義を否定されて、何で怒ったんだと疑問を投げた。
結城は、最初の現場に行ってみようと祥子を誘った。
そこで殺された夫婦は、7日間監禁され、犯人はそれにこだわって、たびたび現れた。
犯人は、どうしても観葉植物の葉を食べさせたかった。
連続殺人事件の殺され方は、虐待と同じだったsign03

新堀が考えていた暗号も組み合わせを変えると、
ORANGE-RIBBON(虐待防止のしんぼるマーク) 
DEALER-ANCHOR(親への怒り)

聞いていた祥子は犯人のファンタジーが分ったと言った。
「犯人を犯行に駆り立てた妄想は、
虐待する親への復讐
犯人には虐待された過去があるはずです」

捜査一課は全く進展がなく行き詰っていた。そこへCPS登場。
結城が藤堂管理官にプロファイリングを聞いてほいしいと言ったが監理官は、要らないと言い、捜査員に現場へ戻れと号令をかけた。しかし、柘植は

「俺は聞きたい!」

「この捜査の指揮官は、私です」

「一捜査員として聞きたいと言ってるんです。
役に立たないかどうかは聞いたうえで
判断すればいい」

「座れ」

結城は語りだした。
「犯人は過去に父親から虐待を受けていたはずです。
犯人はなしえなかった父親への復讐という妄想を
虐待家庭の親を殺すこちで実現しようとしてます。」

「なしえなかったとは?」

「犯人の父親は小さなころに死んだんです。
だから いるか父親に復讐してやろうという計画は
なしえなかった。
父親が死んだのは犯人が7~8歳のころ
被害者家族が、3人家族で子供が7~8歳なのは
犯人が当時の自分と重ね合わせていたからだと
思われます。」

「バッファーゾーンは半径5kmのこの楕円形
この中に犯人が済んでいるまたは職場がある
確率は 87,6%」(新堀)

「犯人はスbての被害家族に虐待があったことを知り得る
立場にいた人間です。役場や児童相談所 学校など」(寺田)

「でもそこの職場の人間だとは限りません。
仕事はコンピュータ関係 それらの場所に出入りしてる
IT業者の中にいるかもしれません」(新堀)

「捜査対象は2カ月前にその仕事に
関わるようになった人物だけでいいです」(祥子)

「どうしてそう言えるんです?」(久保田)

「虐待から10年以上たって犯行に
及んだのは 犯行に駆り立てる
何らかのストレスがあったから
犯人は2カ月前に虐待を間近に見て
妄想が蘇った」(祥子)

「全てが当たってると思うな。
これだけ言えば、どれかは当たる
捜査の道具にすぎないと思え。」(藤堂)

「そうです。プロファイリングは
捜査のツールでしかありません。
犯人を捕まえるのは 皆さんです。
我々はそれを全力で支えます」(結城)

「ホシは進化したモンスターだ 油断するな」(柘植)

そっと柘植に寄った同僚が子供たちに配られていたNPO児童虐待ホットラインのカードを出した。子供たちから虐待のSOSを受け付ける団体だった。

祥子は現場へと言って部屋を出た。
柘植達が言った事務所には女性職員しかいないと言われたが、中で見ていた祥子は壁に貼られた国木田の名刺を見つけた。
国木田譲 26歳ホットラインのIT全般を担当。3日目から仕事を休んでいた。
部屋に踏み込むと、写真が沢山貼ってあった。

国木田は、SOSを発した伊野充の家にいた。
近所の人が知らない男と一緒にた満を見て交番の巡査に知らせた。
巡査が訪問すると、国木田が襲って、拳銃を奪い発砲し籠城した。
SITの要請があった。

満の母親は買い物で家を空けていた。戻ってきて事件を知った。
祥子は送られてきた写真で、国木田と、プロファイルの間に差があることを知った。
闇サイトを立ちあげて、 公開処刑を宣言。
母親役として祥子が行くと言いだした。すぐに婦警が手配できず柘植はそれを許した。
中には言った祥子は、3人が映る写真立てをふらついた足取りで倒し、カメラをセット。
充に父親を殺させて、公開処刑は完了すると思っていた国木田は拳銃を構え、充に引き金を引けと命じた。虐待をされていたが、充には出来なかった。
祥子は私が止めると言った。母親になり済まして、入り込んだが、国木田に警察だなと言われ、お前から処刑すると脅された。祥子はそこで、7歳だった弟を守れなかった国木田に、そう言った。虐待する父親が憎かった。でもお母さんは助けてくれなかった。
虐待されている弟を助けるために、脚にしがみついてお母さんと叫んだが、母は、見ているだけだった。
拳銃を構える国木田に

「もうやめて、お兄ちゃん。もう止めようよ」
この言葉で国木田は、子供のころの虐待現場に戻った。
混乱する国木田に声をかけ続ける祥子。そこへ一発の銃声。
SITが撃った銃声で国木田は、倒れた。

解放されて戻る祥子の頬を結城は張った。
幾らFBIアカデミー出身と言ったって、警察官ではないから、無鉄砲すぎます。

国木田役のDAIGOが熱演。
2時間は長すぎ。かなり中だるみがありました。
プロファイリングする専門家としては、それぞれ分担するか所があるのでそれをモット強調するといいですね。チームワークが出てくると見ている者も安心します。
ヒロインの華やかさがもう少し欲しいですね。黒いドレスを着たら、周りを圧倒する輝きが欲しいです。
お待ちどうさま。

« ≪新参者 赤い指≫ | トップページ | 《任侠ヘルパー》★SP »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

mari@管理人 さん
人の投稿に手を加えないでください。
mari@管理人 さんご自身のメールの誤字を訂正するのはかまいませんが、当方が上げたコメントに手を入れるのはルール違反です。

>夕飯を食べに行かにかとの結城の提案に
 
上記はブログの文章から抜粋しました。

cafeコナンさん。

>ドラマの内容は詳細に紹介しているのだから、
その事も記載するべきでは。

残念ながら、HDを消したので、もう詳細は、書けません。申し訳ありません。

mari@管理人 さん

>この回は、たがう注釈がついていました。

ドラマの内容は詳細に紹介しているのだから、
その事も記載するべきでは。

cafeコナンさん。
>CIA・アメリカ中央情報局」ホワイトハウス直属の情報機関で、交戦国に対する
スパイ活動を行う「情報機関」の事です。

この回は、ちがう注釈がついていました。
紛らわしいですね。

「CIA・アメリカ中央情報局」ホワイトハウス直属の情報機関で、交戦国に対する
スパイ活動を行う「情報機関」の事です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/50532938

この記事へのトラックバック一覧です: ≪ LADY~最後の犯罪プロファイル~≫☆01:

» LADY 最後の犯罪プロファイリング [Akira's VOICE]
初回の感想  [続きを読む]

» LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 #01 [ぐ〜たらにっき]
『日本初!犯罪分析のドリームチーム誕生!   天才プロファイラーvs紙喰う殺人鬼!哀しき少年神隠しの深き闇』 [続きを読む]

» LADY 最後の犯罪プロファイリング第1話(1.7) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
捜査一課に設置されたプロファイラーチームが難事件を解決していく話 プロファイラーものとしては、悪くない初回でした 決してこの作品を評価してるわけではないのよ。 あくまでプロファイリングものとしては・・・の話。 僕は刑事ドラマや推理小説が好きな人間なのですが、 プロファイリングものはあまり好きではないのよね。 事件は猟奇的で、 犯人は知能指数は高いけど幼稚な人物とかトラウマを抱えた人物、 プロファイラーの思いつきと迷走で展開が進む・・・というのが定番ですし。 普通の人が起こした普通の事件を追う展開の方... [続きを読む]

» TBS「LADY 〜最後の犯罪プロファイル(新番組)」第1話:日本初! 犯罪分析のドリームチーム誕生! 天才プロファイラー vs 紙喰う殺人鬼! 哀しき少年 神隠しの深き闇 [伊達でございます!]
  警視庁捜査一課に新設された犯罪行動分析室(通称「CPS」)を舞台に、犯罪者の行動や心理を分析し、犯人像を推定、犯人を追い詰めていくプロファイリング捜査チームが活躍するサ ... [続きを読む]

» 横になってキラキラ星は歌いません!タイムリープしない長谷川桃子・交渉しない真下正義(LADY〜最後の犯罪プロファイル〜#1) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
2011冬ドラマ、何見よう?『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜』脚本:荒井修子(モップガール・キミ犯人じゃないよね?)・渡辺雄介(探偵学園Q・ブラッディマンデイ・小田霧響子の嘘)演出: ... [続きを読む]

» LADY〜最後の犯罪プロファイル [平成エンタメ研究所]
★プロファイラーもの。おそらく日本のドラマで本格的に扱ったのは初めて?  イメージとしては海外ドラマ「クリミナルマインド」かな。  前半は事件と香月翔子(北川景子)を始めとする登場人物の描き込み。  翔子が犯人と同化して犯行を再現していく...... [続きを読む]

» どSどや顔ファンタジー [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
「FACEMAKER」「モップガール」の荒井修子が脚本「ジョシデカ!-女子刑事」の平野俊一が演出、そして、女性が選ぶなりたい顔ランキング1位の北川景子主演ドラマLADY~最後の犯罪プロファ... [続きを読む]

» 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」第一回 ... [今日も何かあたらしいこと]
「LADY~最後の犯罪プロファイル~」第一回、残酷な犯罪場面がきつすぎる。こんな悲惨な証拠写真など、延々と見せられる裁判員さんは本当に気の毒だ。「LADY」っていうタイトルが意味... [続きを読む]

» LADY~最後の犯罪プロファイル~ 初見感想 [Kyan's BLOG IV]
金曜ドラマ「LADY~最後の犯罪プロファイル~」|TBSテレビ 北川景子さんと木村多江さんがお出になるというので見てみました。 お二人ともお綺麗で,その意味でとても良いドラマだったと思います。 ... [続きを読む]

» LADY~最後の犯罪プロファイル~ (第1話 1/7) 感想 [ディレクターの目線blog]
1/7からTBSで始まった『LADY~最後の犯罪プロファイル~ (公式)』の第1話『日本初! 犯罪分析のドリームチーム誕生! 天才プロファイラーVS紙喰う殺人鬼! 哀しき少年神隠しの深き闇』の感想。 既視感ありすぎ! 竹中直人さんや竹中直人さんの配役はもちろん、“プロファイリング vs 既存の捜査”や“現場 vs 会議室”の基本設定など挙げたらきりがない。 唯一新鮮だったのは、全く天才プロファイラーに見えない北川景子さんと、映画『東京島』に続くミスキャストの木村多江さん(笑... [続きを読む]

» 「LADY 最後の犯罪プロファイル」 第1回 日本初! 犯罪分析のドリームチーム誕生! 天才プロファイラー VS 紙喰う殺人鬼!哀しき少年神かくしの深き闇 [トリ猫家族]
 いや〜どうでしょう・・・σ( ・ω-;)正直、私はあんまり・・・ でも、翔子がプロファイラーになった理由が父親の死に関係しているみたいで、 そのあたりは気になったかな〜 あと ... [続きを読む]

» 【LADY~最後の犯罪プロファイル~】第1話 [見取り八段・実0段]
本当~に簡単な、簡単感想のみで~。。。2時間、必要でしたかテレビの中の人たちが色々考えたり解いたりしているのをボーっと見続ける視聴者。。。って感じの前半。寝そうなくらい... [続きを読む]

» 『LADY~最後の犯罪プロファイル~』第1話 よかった~! [北川景子を応援する]
 『LADY~最後の犯罪プロファイル~』第1話、香月翔子役の北川景子さん良かったです [続きを読む]

» LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 Episode 1 [ドラマハンティングP2G]
警視庁に新設されて間もない「犯罪行動分析室」(通称:CPS)に、初めて、本格的な殺人事件の協力要請が入る。 夫婦が惨殺され、一人息子が行方不明になっているという事件で、最近同じような事件が別の場所でもすでに2件発生していた。 新人プロファイラーで現場プロフ…... [続きを読む]

» LADY~最後の犯罪プロファイル~ Ep... [レベル999のマニアな講義]
『日本初!犯罪分析のドリームチーム誕生! 天才プロファイラーVS紙喰う殺人鬼!哀しき少年神隠しの深き闇』内容捜査一課第五強行捜査班の柘植正樹係長(ユースケ・サンタマリア... [続きを読む]

» LADY~最後の犯罪ファイル Episode1 [昼寝の時間]
公式サイト 演出:平野俊一、山本剛義/脚本:荒井修子、渡辺雄介、徳永友一/音楽: [続きを読む]

» 【LADY】初回感想と視聴率~最後の犯罪プロフ... [ショコラの日記帳]
初回視聴率は13.8%(関東地区)でした。前作『SPEC』は、一度も13%を超えたことがなかったので(最高12.9%(最終回))、それに比べると良かったかもしれません。裏の映画『千... [続きを読む]

» 『LADY 〜最期の犯罪プロファイル〜』 第1話 [英の放電日記]
 グズグズしている間に1週間が経ってしまいました。なので、簡単に。  そもそも、プロファイル自体をテーマとすると、プロファイラーの思い込みなどご都合主義で事件が進展し、解決するパターンが多い。さて、このドラマは…… ?導入部のオシャレなデモンストレーション...... [続きを読む]

» 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」第1話 [またり、すばるくん。]
Episode1「日本初! 犯罪分析のドリームチーム誕生! 天才プロファイラーVS紙喰う殺人鬼!哀しき少年神隠しの深き闇」                                視聴率13.8%... [続きを読む]

« ≪新参者 赤い指≫ | トップページ | 《任侠ヘルパー》★SP »

最近の写真