無料ブログはココログ

« ≪Q10≫#09(最終回) | トップページ | ≪フリーター、家を買う。≫☆09 »

2010/12/13

≪獣医ドリトル≫★08

『最終章~安楽死』(あらすじ)

手術ができないということをテレビで告白した花菱(成宮寛貴)は、世間の非難にさらされていた。病院の客足も途絶え、ルミ(藤沢恵麻)は落ち込む花菱を励ます。一方、人気女優のユイ(夏帆)が、排せつがうまくできないという愛猫・ライムを連れ、鳥取(小栗旬)の病院にやって来る。フランスで1年間、仕事をすることになったユイは、ライムを安楽死させてほしいと鳥取に依頼する。あすか(井上真央)は、自分の都合でペットの安楽死を頼むユイに反発する。そんな折、土門(国村隼)が意外な人物を連れ、鳥取の病院に現れる。

cast
鳥取健一(とっとり けんいち)**小栗旬
多島あすか(たじま あすか)**井上真央
花菱優(はなびし まさる)**成宮寛貴
不動ルミ(ふどう るみ)**藤澤恵麻
土門順平(どもんじゅんぺい)**菅田将暉
富沢教授(とみざわ)**石坂浩二

ゲスト
ユイ***夏帆

*****

花菱は、過去のトラウマでオペが出来ない獣医だと告白した。
5日目。
今回の花菱獣医師の発言に対して 全日本獣医師会の土門会長はつぎのようにコメントしていた。
 自分の名声を守るために他人が行ったオペを
 自分の手柄として語り世間の信頼を得たとしたら
 これははとんでもない裏切り行為です。

ドリトル(鳥取)の所へ土門会長から、きびいしいコメントを出したが、個人としては穏便に事を終わらせたいと考えていると、電話がかかった。
だがドリトルは、あれはアイツの意志でやったことだ。
話す事は何もないと、間に入らなかった。

花菱の119(ワンワンにゃいん)テレビ番組が花菱の告白から、行ってして年内で終わる事になった。そこへゲストとして現れたのがユイだった。排便が上手くいかず、部屋中汚す悪癖に、可愛がっていたが、土門に診て貰ったら、しつけの問題だと整腸剤が出された。フランス行きの仕事も決まりかけていたので、残して行くのは忍びないと、安楽死を決めた。花菱に頼んだが、飼い主の都合での安楽死は認めたくないと断られた。

ネットで調べてユイは鳥取の動物病院に来た。
お金を払えば飼い主の意志にそうようにすると言った。
あすかは、安楽死させまいと抵抗を試みたが、鳥取は、安楽死させるとは言ってないと猫を取りだした。
ライムのオペが始まったが、その時、ユイがライムの件で鳥取を訪ねた。
詳しい事が話せないまま、あすかはすぐに呼ばれたし、ちょうどライムのオペが始まってしまった。お金だけ取って!と悪徳獣医師と悪態をつかれてしまった。

一方花菱は、世紀の告白以来客足が止まり、講演もキャンセルが相次いだ。
そこへ富沢教授がやってきた。
街のゴミ屋敷で持ち主の老人が孤独死した。検査の結果血液からブルセラ菌が検出された。老人が拾い集めた20匹の犬たちが感染源とみられた。ブルセラ菌は、厄介なことに、人間にもうつり、40℃以上の発熱、脳炎、髄膜炎と言った中枢神経系の炎症を引き起こす。それに子供が作れない体になったり、海外じゃ死に至ったケースもある。

感染源だった場合、20匹の犬はどうなるのかと花菱は聞いた。人間や他の感染源になる事を考えると、安楽死処分しなければならないかもしれないと言われた。
学生たちは安楽死に反対して、昨日から富沢教授に直談判していた。もし真剣に考えているなら政府にそういう施設を作らせることだと花菱は言った。君隊が真剣に考えているなら、僕は、力になると言った。
バッシングを受けているときに、表だって大丈夫かと教授は花菱に、聞いたが小さな命と向き合いたいと彼は答えた。

ユイが、獣医師会に、詐欺にあったと苦情を申し立てた。
安楽死を頼んだが、何もしていないで、金をだまし取られたと言う事を訴えたのがユイだった。

土門が鳥取の所へ来た。
花菱の権だと思っていた鳥取は、話しあうことはないと言ったはずだと言いながら出てきた。土門は今日は、あなたの件で来たと言った。
ユイが後から入ってきた。猫の診療に対するあなたの詐欺行為が獣医師会で問題になった。このまま刑事事件に発展すれば、場合によっては獣医師免許の取り消しもあり得ると一方的に言われた。あなたのような優秀な獣医師をを失うのは私の本意ではない。もちろん穏便に対処するつもりだ。

「ずいぶん恩着せがましい言い草だな。
俺に恩を売りたい事情でもあるのか?
そもそも、何で俺が問題になってる?」

「問題でしょう、鳥取先生。
あなたはユイさんの猫の安楽死の依頼を
引き受け高額な料金を受け取りながら
なにもせず、猫の返還すら拒んでる。」

「ライムをすぐに返してください」

「返したら他の獣医に安楽死を頼むのか?」

「まだ生きてるのに、殺すなんて 可哀そうです。」(あすか)

「治癒の見込みのない動物と飼い主の多大な
苦しみを軽減するため、欧米では安楽死は
常識的です。飼い主は、真剣に苦しんだ末に
安楽死を選択する。それを否定するなら
あなた自身が命と向き合う責任 そこから
逃げてることではありませんか」

「あんたが安楽死の権威だってことは知ってるよ。
俺だって安楽死を否定している訳じゃない。
場合によっては、当然必要な措置だ。」

「でもライムは、トイレが上手く出来ないだけで
不治の病でもないし、ユイさんは自分勝手な
仕事の都合で安楽死させようとしてるだけじゃ
ありませんか?」

「そう解釈するあなた方こそ 勝手じゃありませんか?
獣医師なら、飼い主の事情もちゃんと理解して結論を
下すべきだ。なのにあなたは、それを怠った。
安楽死派、彼女にとってもギリギリの選択だった。」

「私は、ガンなんです。」

「ガン?」

「はい。乳ガンです。
1カ月前。ガンを告知されたのは、ライムと出会った
その日でした。と階の真ん中で、一人ぼっちのライムに
自分を重ね合わせました。それから間もなくして
フランス映画辺出演オファーが舞い込みました。
私は悩みました。ライムはどんなにしつけてもトイレが
出来なかったから、引き取ってくれる人なんて誰もいない。
でもフランス映画は私の夢でした。だから私はガン治療を
諦めて、フランスへ行く道を選んだんです。」

「そっれって、死を選ぶってことですか?」

「だって、治療しても100%治る保証はないでしょう?
どの道、私はライムより長生き出来ないから
結局ライムは引き取り手のいない哀れな猫として
路頭に迷うことになる。だから、安楽死を選ぶしか
なかったんです。身勝手な飼い主だと言われたら
返す言葉もありません。」

「私はそうは思いませんよ。
あなたは死にかけた野良猫を救って 愛情を注ぎ
素晴らしい1カ月をプレゼントした。
誰も安楽死を責められません。」

「素晴らしい1カ月sign02
猫がそう言ったのか?
少なくとも俺は、あの猫にはこの先も
生き続ける権利があると思うな

「はたしてそうでしょうか?あなたがあの猫の立場だったら
生き続けたと思いますか?醜態を晒してただ迷惑を
かけるだけの日々を本当に望みますか?」

醜態をさらして迷惑をかけるのも、
生きるってことじゃないのか
?」

「そこに生きる価値を見いだせるのか?」

価値があるかないかを決めるのは
人間じゃない。勝手に価値を決めるのは
人間のエゴだ。
生きる価値は、全ての命にある。
だから、ライムに安楽死は必要ない
。」

「だけど、・・」

「飼い主でもないあなたが、何の権利があって
安楽死の邪魔をするんだ?」

「権利じゃない、ビジネスだ。」

「ビジネス?飼い主の意に反して勝手な
事をするのがビジネスか。」

「あんたたちの方こそ、勝手な解釈で
ライムを安楽死にするべきだと決めつけてる!
大体アンタは自分ん猫が糞をする所を見た事が
あるのか?」ユイは、目を伏せた。

「だろうな・・・あんたはライムが野良猫だったから
トイレのしつけが出来ないと考えてるようだが
それはちがう。猫は本来しつけられなくても
トイレで用をたす習性がある。野生の猫は
的に自分の居場所をs居られないようにフンを
埋めるんだ。フンを隠すのは、野生の本能だ。」

「だから、猫用トイレは、砂とかでフンを隠せるように
なってるんですか」(あすか)

「そうしておけば、猫が自然とそこでしてくれるからな。
本能である以上、猫がトイレでフンをしないのには
必ず原因がある。老齢 出産後 そして病気。」

「でもライムは病気じゃないって病院で診察を受けました。」

「それは、診察した獣医の見落としだ。」
そういうと、写真を見せた。

「ライムの大腸に5個のポリープが出来ている。」

「ポリープって、ライムもガンなの?」

「いや、病理検査の結果は、良性だった。
しかし複数のポリープが完全に大腸をふさいで
いてフンが肛門まで行けない状態になっていた。
フンをまき散らした原因はここにある。」

「でも肛門に行けないのにどうやってフンを?」

「消化管にあふれて逆流したものを 口から吐いたんだ。」

「フンを口から出す?」

「猫は、 フンは砂に隠すが、毛玉を吐く習性があるから
嘔吐はどこにでもするんだ。そのせいで、フンをまき
散らしたような結果になったってことだ」

「じゃあ、ライムは、手術すれば トイレもちゃんと出来る
うようになるの?」

「だとしたら?どうしたい?」

「手術をお願いします。
私の一番の望みはライムが健康で、
幸せに暮らせる事ですから。」

「鳥取先生は言いましたよね
お金さえ貰えば、あなたの望みは叶えてやるって。
もう手術は終わってますよ。
ライムは元気になりましたよ。」

「治療費は50万、あんたが振り込んだ金で賄った。
これを詐欺だと言うんなら、今からでも幾らでも
殺してやる。」

ユイはどうしたらと言う顔をしていた。

「ごめんなさい、あの時ライムの手術をして
たんですけど、ちゃんと伝えられなくって」

あすかが、ライムを抱いてきた。

受け取って
「私は死ぬ必要がなかったあなたを
殺す所だった」ごめんねと詫びた。

「謝る気があるなら、飼い主として
果たすべき責任があるんじゃないのか?
元気になったライムは、この先何年も
生きる。アンタも飼い主として生きる道を
捜すべきだ。
アンタは、告知に動揺するあまり冷静な
判断力を失っている。沢山のガンが
早期治療で治ってる現実を見ていない。」

「私・・不安で怖くて」泣いた。

「大丈夫ですよ、一緒にいいお医者さん
捜しましょう 私も手伝います。」

「ありがとう。不思議ですね。
ライムが元気だと分かったら
なんだか生きる勇気がわいてきました。
私、フランスに行くの止めます。
ちゃんと治療受けようと思います。」

「しかし、あなたは獣医師として間違ってる。
依頼主の依頼に応えるのが獣医師の仕事だ。
だがあなたは勝手に 治療行為を行った。」

「会長さん、問題にするんなら 最初に
ライムを診断した動物病院の診療態度を
改めさせるべきじゃないのか?
診断結果は、下痢以外に問題なし。
症状を甘く見て決定的な検査を怠ったんだろう。」

「いったいどこの病院だ?」

「たしか・・・官所が忘れて行った薬の袋・・・
あ~ エンペラー動物病院とある。
また、貸ができたな。
心配するな、俺も穏便に対処するつもりだ。
知らない間柄じゃない。ただし花菱の件に関しては
批判を撤回しろ。」

「もちろん、穏便に済ませるつもりだ。」

「明日までだsign03

大学では、学生たちが
「やっぱり無理なんですかね。伝染病の
びゅ現金を持つ犬の受け入れ先なんて・・・」

「いまさら 弱音を吐くのか?」
「でも・・」
「僕らが諦めたら20匹の犬は助からないんだぞ」

ルミから携帯で119で20匹の犬について乗せる事が決まったから頑張ってくださいね。と伝言があった。

テレビでは119のるみがブルセラ感染症の犬たちの話を放映。
受け入れ先が見つからなければ、y¥安楽死処分となってしまう事を言っていた。

大門は、花菱批判の釈明をマスコミ各社に送るよう指示し、息子を呼んだ。
お前の眼は節穴かとライムの薬をポケットから出してデスクに叩きつけた。
いきなり勇蔵「を殴った。1発2発3発・・・
「わざとやってるのか?うん?
原社長の犬の件も、犯人はお前だろう!
どこまで端描かせたら 気が済むんだ!
お前は最低の獣医だ!」

「お父さんこそ、動物の事よりセンター計画しか
みてないじゃにですか。」

「ああ,痛い!」また数発殴られた。

悔しさで眠れなかった勇蔵は、朝から氷をアイスピックで割って強い酒を飲んでいた。
弟の順平がそれを診て、起きてたんですか?と声をかけた。眠れなくってなと応え酒をもって庭に出た。
バルザックは、庭に面した床におとなしく寝ていた。そこへ父が顔を出した。
順平は進学の相談を父にしたが父は、長男の不祥事から、自分の仕事を継がせるのは二男になりそうだと考え出していた。
それを聞いて勇蔵は父を診た。ガラス越しに目があった土門は何も言わず庭に近い安楽椅子かあ立ち上がり、奥へ入った。
勇蔵医が庭から上がってきた。

突然、「あ~~~~」と叫び目の前の氷の容器に当たった。アイスペールはアイスピックと一緒に宙を飛んでアイスピックはバルザックに刺さった。

「これは無理だ。肺からの出血で窒息しかけてる。」

「無理って?」順平は泣きそうだった。

「どう考えても助からん。これ以上苦しまないように・・」

「また安楽死ですか?」

「それしか選択肢はない」

順平は、バルザックを抱えて、どこへ行くと言う父の声に

「バルザックを治してくれる獣医の所です」と応えて走った。

「そんな獣医がどこにいる?」

鳥取動物病院では、あすかが、動物看護の資格を取るため各種学校のパンフレットを診ていた。花菱から電話で、ブルセラ感染症の犬たちの受け入れ先をと言ってきたがボランティアはいやだと鳥取はゴネていた。最後に今朝の新聞はお前だろうと花菱はいい、

「ありがとう」と言って電話は切れた。

エアメールは、アフリカ保護区に働く獣医師からで、新しい伝染病が発生し、人間に感染する可能性もあるからと応援要請だった。行けば1年・・・

そこへ順平が掛け込んできた。
アイスピックハ、杯を貫き心臓まで達していた。
人工弁に過えないと助からないと言い、なぜこんな事にと聞く鳥取に、順平は苦しそうに

「僕の不注意から」と答えた。

バルザック、何も悪いことしていないのに、なんてこと!
助けて欲しいです。

順平は、父が認知症になった祖父の事を隠して、また延命措置は願わなかったこともしっていましたから、バルザックは助けたかったんですね。。
ブルセラ感染の犬たちもどうなるんでしょう?

*****
今までの感想は、こちら

« ≪Q10≫#09(最終回) | トップページ | ≪フリーター、家を買う。≫☆09 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

cafe名無しさん。
コメントをありがとうございます。

>犬ブルセラは人間にうつりますが、症状は軽い倦怠感、風邪に似た症状が出るだけで、抗生物質を飲めば簡単に完治します。
脳炎や、不妊症などの怖い症状が出るのは家畜のブルセラ症のことです。

今回の取り上げ方だと、かなり大変な病気と受け取れます。
犬から人へうつることはあるようですが、さらに人から人へはないそうですね。

>ブルセラには4種類か5種類あり症状が違います。
犬ブルセラはドラマで言われていたような重い症状は出ません。
怖いのは牛や豚などの家畜のブルセラです。
誤った情報なのでTBSにも意見するつもりです。
一度ご自分でも調べてみてくださいね。


犬ブルセラは、完治しないようですが、だからといって、安楽死では、あまりに可哀そうです。
ドラマではどう解決するのでしょうか?

犬ブルセラは人間にうつりますが、症状は軽い倦怠感、風邪に似た症状が出るだけで、抗生物質を飲めば簡単に完治します。
脳炎や、不妊症などの怖い症状が出るのは家畜のブルセラ症のことです。
ブルセラには4種類か5種類あり症状が違います。
犬ブルセラはドラマで言われていたような重い症状は出ません。
怖いのは牛や豚などの家畜のブルセラです。
誤った情報なのでTBSにも意見するつもりです。
一度ご自分でも調べてみてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/50288572

この記事へのトラックバック一覧です: ≪獣医ドリトル≫★08:

» 獣医ドリトル #08 [ぐ〜たらにっき]
『最終章〜安楽死』 [続きを読む]

» 「獣医ドリトル」第8話 [またり、すばるくん。]
第八話「最終章~安楽死」 視聴率13.2% [続きを読む]

» 獣医ドリトル 第8話 [ぷち丸くんの日常日記]
人気女優の三島ユイ(夏帆)は、1か月前に拾った愛猫ライムがなかなか 上手に排泄出来ないと、鳥取(小栗旬)の元を訪れる。 そこで、念願のフランスで1年間仕事をすることになったから、ライムを 安楽死させて欲しいと申し出るユイ。 あすか(井上真央)は、自分の都合で安... [続きを読む]

» 獣医ドリトル 第8話 安楽死 [レベル999のマニアな講義]
『最終章 安楽死』内容涙するあすか(井上真央)そして、無力さを感じる鳥取(小栗旬)と花菱(成宮寛貴)その5日前のことだった。オペができないことを告白した花菱そのことで、... [続きを読む]

» 獣医ドリトル 第8話 [ドラマハンティングP2G]
人気女優の三島ユイ(夏帆)は、1か月前に拾った愛猫ライムがなかなか上手に排泄出来ないと、鳥取(小栗旬)の元を訪れる。 そこで、念願のフランスで1年間仕事をすることになったから、ライムを安楽死させて欲しいと申し出るユイ。 あすか(井上真央)は、自分の都合で安…... [続きを読む]

» ドリトル&WJ2号 [別館ヒガシ日記]
ドリトルは安楽死する可能性に直面だけど 花菱バッシング安楽死を回避を願うも 鳥取&あすか安楽死を飼い主が願うも治り 土門の家族ネタを色々と詰め込んで来たが 全体的に悪くないが色々と詰め込み過ぎで 次は最終回SPで安楽死させる様だね は転生ナイ... [続きを読む]

» 獣医ドリトル 第八話 「最終章;安楽死」 [掃き溜め日記〜てれびな日々〜]
手術ができないということをテレビで告白した花菱(成宮寛貴)は、世間の非難にさらされていた。病院の客足も途絶え、ルミ(藤沢恵麻)は落ち込む花菱を励ます。一方、人気女優のユイ( ... [続きを読む]

» 『獣医ドリトル』第8話 [strの気になるドラマ 気になるコト]
時に、動物を殺すのも獣医師の大事な仕事だ。人に声を届けられなくなった花菱。こんなときだから自由になった。本来の自らの役目に立ち返る。フランス映画のオファーを受けた。乳癌... [続きを読む]

» ブルセラ感染症 [また会いましょう]
もうすぐ、クリスマス●●●【NAISSANCE】ペアストラップ&ネック●●●【2010年クリスマス限定】獣医ドリトル・第8話 花菱にその件を引き受けてくれるよう頼みに来たのだった。 富沢の大学に、一時的に「保護」しているものの、ブルセラ感染症は人間にも感染する恐ろしいウィルスで、大勢の人が出入りする大学に、いつまでもおいておくわけにもいかない。犬たちの「安楽 ≪獣医ドリトル≫★08 119で20匹の犬について乗せる事が決まったから頑張ってくださいね。と伝言があった。 テレビでは119のるみがブル... [続きを読む]

« ≪Q10≫#09(最終回) | トップページ | ≪フリーター、家を買う。≫☆09 »

最近の写真