無料ブログはココログ

« ≪Q10≫#07 | トップページ | ≪獣医ドリトル≫★06 »

2010/11/29

≪竜馬伝≫☆48<最終回>

『龍の魂』(あらすじ)

大政奉還を成し遂げた龍馬(福山雅治)は追っ手から隠れるために近江屋に移り、新政府綱領八策を書き、各藩に送る。人々は「〇〇〇を盟主とし」という文を見て「〇〇〇」が誰なのかをうわさし合い、翻弄(ほんろう)される。龍馬は、新政府の人材を集めるために奔走していた。越前に松平春嶽(夏八木勲)を訪ね、経済に明るい三岡八郎(中川家礼二)を新政府に出してほしいと頼む。龍馬のおかげで稼いだ金を龍馬に渡そうと京へ来た弥太郎(香川照之)は、土佐藩邸にも入れない龍馬の立場を知る。近江屋を訪ねた弥太郎は、龍馬に「日本一の会社をつくって、日本人を幸せにしろ。達者での」と言われ、これで最後のような発言に言いようのない不安を感じ始める。

CAST
坂本龍馬*福山雅治 岩崎弥太郎*香川照之
*真木よう子  中岡慎太郎*
上川隆也 
坂本乙女*寺島しのぶ 小松帯刀*滝藤賢一
坂崎紫瀾*浜田学 藤吉*
久保孝真
土方歳三*松田悟志 沖田聡司*栩原楽人
高松太郎*川岡大次郎 千屋寅之助*是近敦之 
伊藤俊輔*加藤虎ノ介 井上聞多*尾上寛
中島作太郎*谷口翔太
 沢村惣之丞*要潤 
中島作太郎*谷口翔太新宮馬之助*松村良太 
木戸貫冶*谷原章介 近藤勇*原田泰造
陸奥陽之助:*平岡祐太 大久保利通*及川光博
西郷吉之助*高橋克実 松平春嶽*夏八木勲

*****

龍馬の夢に勤王党の武市達が顔を出した。

武市にようやったなと声をかけられ、感激しているところで陽之助に起こされた。
陸蒸気と蒸気船 どっちが早いかと競い合う時代が来るとので、どちらが早いかと考えていたら、いつの間に寝てしまった。
さらに陽之助に各藩の重役たちに送ってほしい、大事な文だからと念を押した。

『新政府綱領八策』を考えて、各藩の要人に送った。
大政奉還の後、陸奥陽之助の計らいで龍馬は、河原町通りの近江屋に居場所を移した。
龍馬は帝を中心とした、新しい政府の形が整うのを京にいてい届けようとした。

その頃弥太郎は、龍馬の居場所を捜して土佐藩に足を伸ばしたが、見つからなかった。
本来ならば、藩に守られていて良いはずの龍馬だったが、そこにもいられない複雑な事情を感じていた。

その頃、旧幕府の者たちは大政奉還を将軍に迫った 土佐藩、幕府に従おうとしなかった薩摩藩 長州藩への怒りを煮え滾らせていた。
新撰組のただの人斬り集団として残っていた。

龍馬は、そんな京を抜け出して弘前へ行き、松平春嶽に目通りした。
新政府綱領八策 を見せた。
これがあったら、みんなが同じ方向を向いて
新しい国の形を話し合う事が出来ます。

この○○○とはなんだと春嶽に聞かれた。
そこにはみんなの先頭に立って。帝の下で
政を取り仕切るお方の名前が入ると答えた。が具体的な名前は控えた。
それより、米や、味噌、醤油を下げてもらわないと、もっともっと値が上がると心配される事。皆が安心して暮らせるように、早く新政府を作って仕事を始めてもらわないと行けないと、意見を述べた。

春嶽は、ここへきて座ってみないかと、上座を示した。
松平慶喜公だから、座を開けてくれたが、これからはそうは容易には、
進まないだろうと春嶽はいった。
「この○○○」に誰が入るかと。

自分がその○○○になるべきと思う者も多いかもしれないと、三岡に言われた。

「それでえいがです」

春嶽は驚いた。
誰が相応しいか、みんな真剣に考え始める。

「お前は 承知の上で皆を煽ったのというのか?」

「春嶽様
日本人は、もう みんなが前を向かないといかんがです。」

<龍馬が言った通り、 皆 その「○○○」をめぐり
 議論し始めた。>

薩摩にいた中岡は、龍馬の手紙で、気分を害していた西郷や、大久保達に、手紙を見せられた。確かに徳川をそこに当てはめれば元に戻ってしまう事を危惧していた。そう言いながら、明治の時代には、活躍していた大久保でしたね。

龍馬を捜して、寅之助が近江屋に入って行くのを見つけた弥太郎。
大きな声で、案内を頼むと藤吉に投げ飛ばされた。
弥太郎を見つけた龍馬は、隠れ家へ連れて上がった。
大政奉還をして幕府を倒した英雄なのに、
薩摩、長州にとっては、大恩人だと語った。

そう簡単には行かないと龍馬は言った。

弥太郎は、もうこれきり会わないが、その前にと言って手形を出してポンと畳の上に置いた。ミニエー銃9000丁を売って5245両儲けた。
土佐商会とは関わりない、わしが儲けた金だ。

手形を見て龍馬はほんまの金持ちになったと喜んでいた

「こりゃすごいことぜよ!」

「けんどのう、この金は要らんがじゃ!「は?」

「わしはのぉ戦が起こると見越して
9000丁を仕入れたがじゃ。
おまんノ言う大政奉還らありえんと
思うちょった。けんど・・・
もしかしたら、お万はやってしまうかも知れんと
わしは弱気になった。
おまんを信じてしもうたがじゃ!
こんな悔しい事があるかえ!
おまんにも儲けさせてもろうた金ら
欲しゅうない!これはおまんのかねじゃ!
おlまんに くれてやるぜよ!わしには
自信があるがやき。
坂本龍馬ら 足元にも及ばん男に
なってみせるがじゃ!」

待ちや!
おまんはそんなにわしのことが嫌いか

ああ、大嫌いじゃ!
この世の誰よりものぉ
!」

「・・・そうかえ。
けんどわしはのぉ おまんの事を嫌ろうたことは
いっぺんもないがじゃ・・・
岩崎弥太郎ゆう男は、土佐におるころから
わしゃ、死ぬまで友達じゃと・
・・」

そういうところが 嫌いながじゃ!
おまんは 自分の思うまんまに生きて
それがどういうわけか ことどとく
上手(うも)ういって!
おまんと一緒におったら わしはのぉ
わしは自分が なんちゃあできん
こんまい つまらん人間に思えたがぜよ!
県土のう、龍馬。
人がみんなぁ 自分のように新しい世の中を
望んじゅうと思うたら 大間違いじゃぞ。
口ではどういうちょったし 扉が開いたら
戸惑い おじけづく者は山のようにおるがじゃき
恨みや、妬みや、恐れ 保身 そのうち 怒りの
矛先はおまんに行くろう。
わしにはわかる。眩しすぎる日の光が
無性に腹が立ついうことをしっちゅうきのう・
・・・」

龍馬は眼をつぶり、顔をあげて言葉を絞り出した。
おまんの言う通りかもしれん。
わしゃぁ気付かんうちに、人を傷つけ
人に恨みを買うちゅうかもしれん

世の人は、我をなにとも言わば言え
 我が成す事は 我のみぞ知る

わしはのう、弥太郎・・・
自分に出来る事をしただけじゃ。
おまんもそうじゃ。おまんの思うように
思うように好きに・・・好きに生きたらえい

わしのことは気にせんでえい。」弥太郎の腕を掴むと、手形を押しこむためにもみ合っただ。

お前はよう!今はこの金で世の中と繋がっとうじゃぞ!
弥太郎!おまんは、この金で日本一の会社を作って
日本人みんなぁを幸せにせんといかんがじゃき!
それはの、それはわしには到底できん。
この世で岩崎弥太郎言う男だけが出来る大仕事ぜよ!
わしにやるべき事があったように、おまんにも
必ず ・・・必ずやるべきことがある。・・・・・
達者でのう。達者でのう、弥太郎・・・

これは龍馬の遺言と捉えた方が良いでしょうね。
どう帰ったか分からにほど混乱していた弥太郎。
大嫌いというのは、大好きの裏返しと言われることから、弥太郎は、龍馬を大好きだったんでしょうね。食うや食わずの家に生まれて、どれだけ龍馬に助けられたことか。

土佐にいるお龍に手紙を書いた龍馬。

お龍。達者で暮らしゆうか。
退屈はしちゃあせんかえ。
わしは今 自分の役目の最後の
仕上げに かかりゆう。
これが終わったら もうわしの出番は
ないがぜよ。そうしたら わしは、
おまんを連れて 土佐に帰り
みんなあで 世界を旅して回るのじゃ。
その前に おまんもエゲレス語を学ばんと
いかんのう。実は、海援隊のみんなあに
エゲレス語の辞書を作るように言いゆう。
がじゃ。
わしはのう、お龍。
子供ら この国に生まれてきて
まっ事良かったと思うようなそういう
日本を作りたいがじゃき。
そうじゃ、おまんに一つ簡単なエゲレス語を
教えちゃる。
『アイ ラブ ユウ 』ゆう言葉ぜよ。
アイはわし ラブは好き ユウはおまん 
わしはおまえが好き じゃ。
よう覚えちょきや。わしらにとっては一番
大事なことばじゃきにのう。

西郷に、中岡は、坂本龍馬が、徳川を大政奉還で助けたと言われた。
それなら、新政府綱領八策の「○○○」は何なのか、確かめてきましょう。

「アイツが言ってはならん名を口にしたときは、
その場であいつを斬る。」

それで納得の、もうすぐ新しい未来が来るのを見られない慎太郎さんと西郷どん。
それがなかったら、きっと永く存命で、日本のために働けたのに!

龍馬は、風邪気味だった。
寅之助が土佐藩によると、手紙が来ていた。中岡慎太郎からで

「居場所を知らされたし」

とだけ書かれていた。
京へ来た中岡は道で新撰組と遭遇。刀を抜かれた。
逃げようと試みたが、近藤が制した。俺がやる!と。鍔競り合いになった。近藤は、中岡の刀を握った。2人はやっと離れた。

「この刀が、何の役にも立たない世が
目の前に来てるがじゃ!」近寄り懐紙を汚した手に握らせ

「おんし ・・・これからどうするが!」

「分からん、そんなことは分からん!」

大政奉還で、そういえば、新撰組も、非業な最期を遂げましたね。
土方の五稜郭での攻防に、涙しながら読んでました。

中岡を遠巻きに見ていた武士の一団がいた。
彼らは、割烹で毎日酒を食らっている弥太郎に、土佐の者だなと念を押して、龍馬の居場所を探った。

「わしは、龍馬とはかかわらんことにしちゅうから、
あんな奴は知らん」そう答えてその場を逃げようとした。

「あんな奴は、殺されて当然ぜよ!」と叫ぶと退散した。
弥太郎は、しばし考え後を追った。

「けんどのう、龍馬は殺されるほどのことら
しちゃあせんがじゃき!
あいつは、あいつは・・・日本のために考えちゅうだけやき!
そりゃ出すぎたことをしたかもしれんけんど・・・
龍馬にはのぉ 何ちゃあ悪気はないがぜよ!くそ!
いかんぞ!龍馬を殺したら いかんぞ!
町屋!殺さんといてくれ、そうじゃ、そうじゃ!
金ならあるき!5千両あるき、おまんらに全部やるき!」

「坂本龍馬。その男は徳川に忠義を尽くす
我ら侍を 愚弄した。我らの全て・・・
われらの全てを無にしたんだ」

弥太郎は、当て身を食らい、雨の中へ倒れ込み、動けなかった。

同じころ、龍馬は寅之助と話をしていた。働きすぎと言われて、めでたい日なのにと龍馬は答えた。今日が誕生日だと寅之助に教えた。めでたい日なのに風邪をひいてと怒られた。
酒の代わりを用意し、寅之助が帰ると、龍馬は皆の写真の前に名前を書いた紙を広げた。そして武市さんと呼びかけた。

「新しい政府には 志を持った者が
集まらんといかんがじゃ。
ほんで 考え方の違う者も
おらんといかん。
いろんな考えがあってえいがじゃき」

そう言って盃に酒を注いだ。
ここに武市さんの名を書きたかったのお。

そう言って酒を飲みほした
新たに盃を裂いて以蔵 と呼んだ。
おまんは優しい男だき、人を助ける仕事が向いちゅうのう。

おまんの事も忘れちゃせんでようお。長次郎。
おまんにはのう 世界中を回ってもらう。
そんな大仕事を任せるがじゃ。

高杉さん。
高杉さんが夢見た新しい日本がク来るぜよ。

中岡が到着。
新政府の要人のたたき台を作ってあったが、そこに松平春嶽の名を見て、中岡は、激怒した。○○○には、「みんな」が入るんだと言った。志のあるもんをみんなが選ぶ。上士も下士もない、商人でも 百姓でもない志がある者だったらあの「○○○」には誰もが入れるがぜよ!それをみんなで選ぶ。選んだ人達をこの人たちが支えたらえいがじゃ。
わしを斬る前によう考えろ。

・・・おまんの名がない!

わしは役人になる気はこれっばあもない。
長崎の海援隊と一緒に世界を回りたい。
世界中の知恵と世界中の技術を持って帰りたい。
この日本に世界中から知恵と技術と人々が集
まったらこの国は、まだわしらが感じた事のない
ような夢と希に溢れた国になるがじゃぞ!

希じゃ。

船があったら、この北の蝦夷地まで行けるがじゃ。
わしはの、この蝦夷を開拓して一から新しい村を
作ろと思うちゅう。

それも面白そうじゃのう。

中岡は泳げないと告白。

その時、木戸を叩く音がした。峰吉が軍鶏を買って戻るにしては早かった。だが女の声で、中岡慎太郎の家内ですと言った。

雪崩のように刺客が入りこみ、龍馬と中岡は斬られた。
これが近江屋の暗殺だった。
中岡は史実によると龍馬より3日ほど生きたが、知っているはずの刺客を言わなかったそうだ。

中岡、わしはこの命を使い切れたがかえ

なに言うがじゃ・・・・。おまんは まだまだ・・

そうかえ、まだまだかえ・・・

龍馬、龍馬!!

猫たちの鳴き声が響いた。きっと龍馬は猫が好きだったのだろう。座敷に子猫がいても追い払うでもなかったし・・・きっと彼らも悲しかったのでしょうね。

近江屋から血しぶきを浴びた連中が出てきた。
走ってきた弥太郎はそれを見て、なんちゅうことをと言ったが捨て置かれた。
号泣している弥太郎。初めて大事な人だったと悟った。

土佐では、お龍が龍馬の幻を見ていた。

お龍!気持ちがえいのう。
この海の向こうに広い広い世界があるじゃぞ。
ええか、お龍、「海」じゃぞ、「うみ!」

笑い方を教えて消えた。

後方から乙女姉やんと権平兄がお龍さんと呼んだ。涙をためても「うみ」と言って笑った。

弥太郎は、新聞記者に龍馬の事を話していた。
明治政府も、西郷木戸がいなくなったら醜い勢力争いばかりしていると文句を言った。

時はかかるかもしれないけど、龍馬さんが思い描いとった国にきっとなると思います。

そんな甘い事ではないがぜよ。
そう言って弥太郎はソファから落ちた。

龍馬はのう 能天気で! 自分勝手で! 人たらしで!
女子に好かれて! あればあ 腹の立つ男は
おらんかったがじゃき。
わしはこの世で・・・あいつが一番嫌いやった
あんな男・・・!あんな・・・龍はどこにもおらんがぜよ
sign03

明治18年(1885年)2月7日
 岩崎弥太郎死去(50歳)

龍馬33歳、中岡慎太郎30歳。
明治政府が出来るまで後2カ月だった。

弥太郎が見てきた明治政府の時代と、平成になっても、政治は変わらないようです。
「志」のある人が出ても潰されるんですかね?一段でも高い所に上がると、人が変わる?
そんな人を選びたくないけど、駒不足の時はどうしたらいいんでしょうね。

*****
今までの感想は、こちら














« ≪Q10≫#07 | トップページ | ≪獣医ドリトル≫★06 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

cafetarouさん。
コメントをありがとうございます。

>実史の出来事がたまりません。

この龍馬暗殺の事件も辛かったですし、
暗殺した人たちの無念さも感じられました。
彼らはこれで、新しい波を防ぐと信じたのでしょうか?

福山@龍馬がカッコ良すぎましたね。

実史の出来事がたまりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/50160345

この記事へのトラックバック一覧です: ≪竜馬伝≫☆48<最終回>:

» 医龍 霧島先生 [今日の一日!振り返ってみよう♪芸能・経済ニュース]
----[PR]--------------------------------------------------なんかこれってタダで見れちゃいけないものな気が(汗)こういうのって普通は売ってるよね?→ 流出?------------------------------------------------[PR]------≪竜馬伝≫48<最終回>: まぁ、お茶でも 【Q10(キュート)】第7話 (見取り八段・実0段); FACE MAKER 第8話 「整形し逃げる女、人殺しの娘の苦悩」 (電視劇... [続きを読む]

» 龍馬伝(第四部) 龍の魂 [*Refreshing-wind blows*]
  NHK大河龍馬伝完結編龍馬デザイン。価格:1,890円(税込、送料別)歴史街道2010年12月号[雑誌]価格:630円(税込、送料別)↑ 内容は歴史街道HP大河ドラマ 龍馬伝第48回「龍の魂」【... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「龍馬伝龍の魂」遂に最終回、あぁ終わってもたぁ [DragonWomanの気になるアレ!]
いやぁ「龍馬伝」遂に最終回を迎え終わってしまいましたね福山雅治の龍馬、コレまで実写化された龍馬の中で一番格好良かったなぁ今回、汚れ役とも言えるぐらい妬 ... [続きを読む]

» 龍馬伝 最終回 [Simple*Life ドラマ感]
終わった。。。。終わりましたねぇ。 にしても・・・龍馬・・・斬られてから死ぬまでに どんだけしゃべれば気が済むんじゃっ! と思ってしまったよ。 確か史実では、最後の一振りが脳にまで達していて あっというまに絶命ってことらしかったですよ? のんきにあんなに日本の将来について語ってなんて いらんないっつーの! しかも中岡さん?この人龍馬とそんなに親しい間柄だったっけ? この大河ドラマの龍馬伝では 突然現れて風のように去っていく「よくわかんない存在」としてしか 私の中では認識されてないんですけど・・... [続きを読む]

» 龍馬伝~最終話「龍の魂」 [事務職員へのこの1冊]
第47話「大政奉還」はこちら。 前回の視聴率は17.6%で全番組中4位。当たった [続きを読む]

» NHK「大河ドラマ 龍馬伝」第48話(最終回):龍の魂 龍馬暗殺の時… 龍馬が託した夢、希望とは? [伊達でございます!]
堂々の最終回で龍馬と中岡を襲った選挙速報のテロップ。流すタイミングを考えてほしかったものです(苦笑)。 [続きを読む]

» 龍馬伝最終回「龍の魂」 [森の中の一本の木]
今日は冒頭のシーンから、涙がジワっと来てしまいました。 海辺の訓練のシーン、海援隊がいるのかなと思ったら、そこに龍馬がやってくると、なんと向かえたのは武市さんに以蔵にそして長次郎までいるではありませんか。 そしてみな嬉しそうに「もうす...... [続きを読む]

» 暗殺者は弥太郎の従兄弟 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
坂の上の雲第2部への壮大なる序章龍馬伝昨日、ようやく最終回が放送され20%越えが当然の大河にかかわらず20%はおろか15%すら割り込む等苦戦を強いられたが、最後は21.... [続きを読む]

» 「龍馬伝」最終回 [日々“是”精進!]
  最終回「龍の魂」大政奉還を成し遂げた龍馬は追っ手から隠れるために近江屋に移り、新政府綱領八策を書いて各藩に送る。その後、新政府の人材を集めるために奔走する龍馬は越前... [続きを読む]

» 龍馬伝 最終回「龍の魂」 [昼寝の時間]
公式サイト 近江屋に龍馬を尋ねてやってきた弥太郎。 おまえと会うのはこれが最後だ [続きを読む]

» 龍馬伝 [Akira's VOICE]
最終回ぜよ!  [続きを読む]

» 龍馬伝 最終回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
・・・いやもう、あの もうラストの弥太郎さんの最期の余りのインパクトに・・・!!!!(^^;)いや 何か今呆然としています(^^;)何か・・・近江屋で起きた事以上のインパクトでした(^... [続きを読む]

» 龍馬伝 最終回「龍の魂」 [平成エンタメ研究所]
★無私の理想主義者・坂本龍馬(福山雅治)。  あまりにも立派すぎて、僕には荷が重かったなぁ。  まず無私にはなれない。  目指すべき理想社会って何だろうって思ってしまう。  あるいは龍馬は弥太郎(香川照之)に「自分の出来ることを思うようにす...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」最終話 [またり、すばるくん。]
最終回「龍の魂」 視聴率21.3% [続きを読む]

» 「龍馬伝」第48回(最終回) 福山雅治さ... [今日も何かあたらしいこと]
ついに最終回という事で、気合を入れて見た大河ドラマ「龍馬伝」、いきなりの、有無を言わせぬ暗殺シーンの激しさに肝を冷やしました冷徹なテロリズムに、むしろ鮮やかとさえ言いた... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」第48回『龍の魂』 [徒然”腐”日記]
はい、最終回でございました一言だけ、昨夜書いたんですがまぁ・・・・・改めてとうとう龍馬暗殺・・・・・・と言う事で初っ端からいきなり”あの世”に先に行っている友人たちと会... [続きを読む]

» 龍馬伝 最終回 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
あーーーテロップがあああああ 暗殺・・・・・・>< テロップが気になって暗殺シーンがよくわかりませんでした(笑) あれだけ長く話していられるのも不自然に感じてみたり… テ ... [続きを読む]

» 龍馬伝 最終回「龍の魂」 [ぷち丸くんの日常日記]
大政奉還を成し遂げた龍馬(福山雅治)は追手から隠れるために近江屋に移り、 新政府網領八策を書き、各藩に送る。 人々は「○○○を盟主とし」という文を見て「○○○」が誰なのかを噂し合い、 翻弄される。 龍馬は、新政府の人材を集めるために奔走していた。 越前に松平春... [続きを読む]

» 龍馬伝、最終回!! [函館 Glass Life]
龍馬伝も遂に最終回{/hamster_6/} 龍馬の偉業を称え武市半平太や近藤長次郎など亡く なった人が再登場しました。 大河ドラマにつきもののシーンでしたね{/kuri_1/} 個人的に尊敬してやまない中岡慎太郎ですが、態々 殺されに来ただけのようで何か釈然としません{/hamster_5/} 史実では頭に太刀をあび即死状態だったと言われて いる龍馬ですが、慎太郎は瀕死の状態で2,3日生きた と言われています{/fuki_oshirase/} 史実はともかく… 『己の命は使い切ったか?』と瀕死... [続きを読む]

» 龍馬伝 第48回(最終回)「龍の魂」 [みはいる・BのB]
『龍馬伝』最終回です。 今年も遂にこの時期がやってきました。 昨年・今年・来年と、スペシャルドラマの放送があって、大河ドラマは例年よりも短い 放送期間になっております。... [続きを読む]

» 龍馬な1年 [笑う学生の生活]
ドラマ「龍馬伝」を見ました。 NHK 大河ドラマであります 大河を見るのは 2回目で 新選組! 以来ですね いやー 面白かったですね 毎話 見せ場という感じで、見逃せなくて 勢いというか そんな力強さも感じさせるドラマで...... [続きを読む]

» 『龍馬伝』最終回 [悠雅的生活]
〜龍の魂〜 [続きを読む]

» 「龍馬伝」第四十八話(最終話) [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
京都、近江屋。 第四十八話『龍の魂』 [続きを読む]

» 『龍馬伝』最終回(48)「龍の魂」 [strの気になるドラマ 気になるコト]
武市半平太が門弟に稽古をつけている。平井収二郎、岡田以蔵、望月亀弥太、そして近藤長次郎。今は亡き土佐の仲間が、土佐の海辺で龍馬を出迎えてくれる。龍馬を、よくやったと褒め... [続きを読む]

» ★「龍馬伝#最終回」あい らぶ ゆう~ [・*:・ふわゆら生活・:*・]
今日で最後。。「龍馬伝」楽しみました~最終回「龍の魂」坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 木戸貫治(谷原章介) 沢村惣之丞(要潤) 後藤象二郎(青木崇高) 陸... [続きを読む]

» 【龍馬伝】第四十八回 最終回統括 [見取り八段・実0段]
龍馬は夢を見ていた。懐かしい桂浜で、武市をはじめ、たくさんの土佐勤皇党士が剣を振っていた。武市の号令に副ってみんなが掛け声をあげて鍛錬する懐かしい様子に龍馬は声を掛けて... [続きを読む]

» 龍馬伝最終話(11.28) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
身分の上下のない自由な世の中を作りたい・・・ という強い思いから動いていた坂本龍馬@福山雅治は 不可能と思われた大政奉還を一人で成し遂げたものの、 何をしてたのかよくわからん中岡慎太郎@上川隆也と共に 旧幕府方の過激一派に暗殺され、その波乱の生涯を閉じたと なかなか息を引き取らないので、ビデオを早送りしてしまったわ 龍馬暗殺のシーンに愛媛県知事選の速報のテロップが流れ、 一部の視聴者を苛立たせたようですが、 当選した中村時広氏は三菱商事に勤務していた経歴があるそうで、 『龍馬伝』で散々道化役をさせら... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者の最期これからの日本は志ある者をみんなが選んでいく時代にして役目を終えた [オールマイティにコメンテート]
28日大河ドラマ「龍馬伝」最終話を視聴した。 今回は大政奉還を成功させた龍馬は次に新政府の設立を立案していた。 その中で新政府綱領八策を書き、各藩に送る。 その中には〇 ... [続きを読む]

» 医龍 スペシャル deep [医龍 坂口憲二 最新情報]
医龍3 第7話 簡単感想 | Laugh Happy 医龍3 第7話 簡単感想. 2010.11.27 Saturday. 野口型マトリョーシカ(爆) なんだありゃ・・特注か?ww 以下 感想です *“腐”な感想含まれますのでご注意. ■記憶障害をおこす朝田ベッドから落ちて四つんばいでハアハアしながら痛がる朝田・・なんかエロ ...(続きを読む) 所さんの目がテン! 「冬ファッション 徹底検証スペシャル」 その1 ... Jack Daltonのテレビ番組 時事ネタなど書いていきます。... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」 最終回「龍の魂」 [空色レールウェイ]
遂にこの日がやってきました・・・大河ドラマ「龍馬伝」、最終回です・・・ 何て言うんでしょう・・・言葉が見つからないですね{/face_setsunai/} 武市さんや以蔵など懐かしい人物の登場や、「大政奉還」が成され揺れ動く薩摩藩と長州藩・・・ 龍馬が作成した新政府綱領八策の○○○の人物・・・久し振りの訪れた越前と松平春獄公・・・ 龍馬と弥太郎最後の会話・・・京の街で中岡慎太郎と新撰組・近藤勇が刃で語る・・・ そして・・・慶応3年(1867年)11月15日、京都・近江屋の2階・・・ 中岡慎太郎と... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第48回 「龍の魂」(最終回) [くまっこの部屋]
浜辺で剣術の稽古をする集団。そして少し離れたところから饅頭を食べながら海を見てい [続きを読む]

» 月刊真木よう子 SPECIAL (SHINCHO MOOK 99) | [見つけます]
月刊真木よう子 SPECIAL (SHINCHO MOOK 99)新潮社 刊発売... [続きを読む]

» 龍馬伝アカデミー賞PART1 [事務職員へのこの1冊]
「龍の魂」特集はこちら。 最終話の視聴率は21.3%とめでたく大台越え。ちっくと [続きを読む]

» 龍馬伝・最終回「龍の魂」 [山吹色きなこ庵・きままにコラム]
最終回、とても良かったです。 冒頭の死んだ人たちの中に迎えられる龍馬で。 もう一 [続きを読む]

» 龍馬伝 最終回 龍の魂 [のほほん便り]
あ、以蔵だぁ、武市さんもいるではないですか… オープニングの夢で、郷里の桂浜。土佐勤皇党士の面々が揃って談笑してるのが、なんともいえず切なかったです。 賛否両論あれど、「アマデウス」風に、サリエリの目を通してモーツァルトを描いた物語じゃないけれど、弥太郎(香川照之)の目を通した龍馬像は、それはそれで、なかなか味だった気がしました (それにしても、あの派手な絶命姿、インパクトで龍馬を上回ってた…かも) それにしても… 今回の龍馬伝。いつになく、脇役達の人選が「なかなか…」で、場合によっては... [続きを読む]

« ≪Q10≫#07 | トップページ | ≪獣医ドリトル≫★06 »

最近の写真