無料ブログはココログ

« ≪ギルティ 悪魔と契約した女 ≫#06 | トップページ | ≪SPEC~ミショウ≫☆06 »

2010/11/19

≪医龍3≫☆06

朝田の心臓を救え!!』(あらすじ)

朝田(坂口憲二)が瀕死(ひんし)の状態で救急救命室へ運ばれてくる。晶(稲森いずみ)は別の手術で手が離せず、手術ができるのは伊集院(小池徹平)しかいない。藤吉(佐々木蔵之介)は伊集院を諭し、朝田を手術するよう懇願する。伊集院は自分には無理だと固辞するが、朝田が自分を今でもチームの一員だと考えていることを藤吉から聞き、執刀を決意する。しかし、冬実(谷村美月)らは伊集院に、心臓弁の再建という難手術ができるのか不安だった。そして、伊集院の執刀による手術が始まる。時間との闘いの中、手術開始早々、伊集院ら医師は重大な危機に陥る。

cast
朝田龍太郎**坂口憲二 加藤晶**稲森いずみ
伊集院登**小池鉄平 荒瀬門次**阿部サダヲ
真柄冬実**谷村美月 木原毅彦**池田鉄洋
黒木慶次郎**遠藤憲一 藤吉圭介**佐々木蔵之介
鬼頭笙子**夏木マリ 野口賢雄**岸部一徳
*****


心臓外科に誰もいなくて、伊集院がコンサルに行った相手は、なんと瀕死の朝田だった。
呆然とする伊集院。「朝田・・・先生」とつぶやいたのがERの医師にも聞こえて、すぐにオペ室へと動きが出てきた。僧帽弁、三尖弁ともに腱策が切れて逆流が激しかった。
急性心不全をおこし杯は水浸しだった。藤吉も駆けつけた。
周りの医師たちは伊集院が6年目でまだそこまでオペが出来ないだろうと囁いていた。

加藤は、オペには言ってしまい抜けられない。そこで荒瀬にどうすると聞かれた。

「今、朝田を救えるのはお前しかいない」藤吉

にそう言われても、目の前の難関は、二つの弁の損傷で、伊集院は金縛りにあっていた。

屋上で泣きじゃくる子供を相手に冬実が何があったのとと聞きだそうとしていた。
屋上の縁を歩いていたら、下を歩く朝田が飛んできた。
「俺がお前を助ける。俺を信じろ」と言いながら、近づいた手を伸ばせと言って、徹の手を握り引っ張る所でバランスを崩した。徹を落とすまいとかばった朝田が下へ落ちた。

藤吉に促されても、弁二つで躊躇する伊集院!早くしないと心臓は止まるよ!!

朝田の言葉が、次々と伊集院の頭に去来した。

助かる命を助けようともしないのはそれだけで罪だ・・!

皆で甘えあうのがチームじゃない。死に物狂いで仲間のために 力を尽くす、
それがチームだ

お前がバチスタを切れ。方法はそれしかない

医者と患者を結び付けるのは同意書じゃない、信頼だ

医者は患者を救う その事が全てだ

伊集院は決心した。それが加藤にも伝わり、こちらのオペもどんどんスピードアップした。

これより僧帽弁並びに三尖弁野形成術を行う。
伊集院が、執刀医の場所に立った。心電計はYFの警告音が鳴り響いた。
人工心肺 ポンプオンし、始まった。心停止液を注入。心臓が止まった。

僧帽弁を優先的に修復します。
三尖弁は 復温してからでも間に合う。
右側左房切開で僧帽弁にアプローチします。そういうと電メスを手に取った。

僧帽弁と三尖弁は2つの腱索という紐状の組織によって筋肉と繋がれている。
この弁を支えている 腱索がキレる事によって寝室から送られてくる血液が心房ないに逆流してしまってる。その切れてしまった腱索を人工腱索と交換。

前乳頭筋の断裂がひどかった。それに加えてP3の腱索 断裂。
弁が弁として全く機能していなかった。
加藤から電話が入った、人工弁置換にして。弁形成は時間がないと言われた。

だがしばし考えて伊集院はこのまま弁形成で行きますと答えた。

朝田を殺す気かと叫ぶ加藤に、

「弁置換なら障害が残ります。
僕はこの弁を、いや、朝田先生を 元に戻したい。」

「無理よ!」

「やります!」

「伊集院!」

「僕が・・・執刀医です!」

乾いた声で言い放った。

時間がかかりながらも、弁の修復は終わった。
次は三尖弁。しかし、三尖弁事態に裂け目が入っていた。
ここはコッホ トライアングル。心臓に 電気を送る刺激伝導路で
三尖弁近くにあり、非常に繊細な場所。この伝導路を傷つけたら
防湿ブロックになり、一巻の終わり。
伝導路を傷つけずに、慎重にしかも素早く縫わなければならない。

まるで爆弾処理・・・

三尖弁の形成に入った。すると鬼頭が中止を命じた。
「あなたに弁形成など到底無理。
とにかく中止しなさい。
相手は朝田よ。
下手に処置をして死なせたらどうするの?
加藤先生が来るまで待ちなさい。」

優秀な若手が、腕をふるえない・・・

もういい私が行く!と叫んで受話器を叩きつけた時、

チーム・ドラゴンは到着。

加藤は、術部を除いてもう少し糸を深くと話しただけで
あなたがやりなさい、伊集院先生!

すぐに変われと叫ぶ鬼頭に、モニターで彼の手技を見ていてこのまま続けさせると言った。

学長命令と叫ぶ鬼頭に、

このチームの責任者は、私です。
私が全責任を持ちます!
外野は黙っていてください。

荒瀬が、
これからは執刀に専念させてや。
俺たちが全面的にバックアップする。
朝田を必ず戻す。

弁の形成は終わった。
フローダウンした。

大動脈遮断解除。

バックアップし、体温は36℃に戻った。
荒瀬がまた叫んだ、

朝田、戻ってこい!

皆の願いが集まった。

息をのむ時間が長く感じたが、自発鼓動になった。皆ほっとして縫合が始まった。

良くやったわ、伊集院先生sign03
あなたじゃなければ朝田は救えなかった。
チームの一員として 礼を言うわ。
ありがとう

響まで見事でしたと言葉を残し、荒瀬は、肩に手を置いた。

1人残った伊集院は、動けなかった。
腰が抜けて、床にヘタり込んだ。

学長は、加藤に何故逆らったと聞いた。

何かあればすぐにフォローに入るつもりだったが、あのまま続けさせて良いと判断した。

鬼頭は、腕の言い外科医は傲慢になると言った。

学長もそうだったんじゃないですか?

だから 自分の意のママにならないものは我慢ならな。
これ、覚えておきなさい。

朝田はまたオペが、出来るようになるわね。

はい。

オペが出来なければ、彼もただの患者だから。

ICUで、まだ意識の戻らない朝田に、伊集院は声をかけた。
「朝田先生。今日初めてあなたと同じポジションに立ちました。
あのチームでの、執刀医というポジション。
初めてあなたが見ていたのと同じ景色を見ました。
闘ってるのは・・・僕だけじゃなかった。
あれが・・・あれがチームなんですね
。」

看護師が来てまだ時間尿量が安定していませんと声を掛けられた。

エレベーターで乗り合わせた荒瀬と黒木。
野口が飛ばされたらしいなと言う荒瀬に権力闘争に興味がなと答える黒木。
俺はいつも1人だ。
あんたが日本に来た目的は?わざわざ明真に来なくても、アメリカで十分実績があったはずだろ?

ここに最高のチームがあると聞いた。
それがどんなものか、見てみたくてね
。」

カテの医局の戻ると伊集院がいた。
朝田は?と聞くとまだ意識が戻ってませんと答えた。

「全員で駆けつけて助けたって?
いつまで仲良しごっこをやってるんだ。
朝田は助かったからいい。
だがもし しんでいたら「誰が責任
取るんだ?おまえか?加藤か?
仲間とか、チームとかそんな甘っちょろいもんは
どん底になった時、本性を現す。」

「黒木三世も心臓外科だったんですよね」

「昔の話だ。」

PCで、黒木を腱索する伊集院。
手術ミス?

藤吉に荒瀬が聞いた。
黒木は何であそこまで外科を怨むんだ。
藤吉は語り始めた。15年前、 俺は港北大学病院に
バイトに行っていた。黒木とはそこで知り合った。
あの頃のあいつは、生意気だが才能にあふれた
外科医だった。
ある時 大動脈弁 狭窄症の患者が来て
弁置換手術をする事になった。黒木は助手で入ってた。
所が執刀した教授は、功名心から、術式を 弁置換から 
ロス手術に変更すると言いだした。
このチームではロスは無理だと採算申し入れたが教授は
聞き入れなかった。

結果は失敗。患者は死んだ。
所が 教授は責任逃れのため、前立ちだった黒木のせいにした。
そして教授に逆らうのを恐れたチームの全員が教授に口裏を合わせ
黒木1人が責任を背負わされ医局を追放された。
信じていたチームに裏切られた揚句、患者を亡くした。
あのオペがヤツの人生を 一変させたんだ。

そうか・・・

亡くなった患者は、アイツの婚約者だった。

荒瀬が、驚いて藤吉を見上げた。

どれほどのショックがアイツを襲ったか
俺には計り知れない。
ただ、黒木を信頼してオペを受けに来た
最愛の人を結果的にアイツは自らの手で
死なせてしまったんだ。
その銃所かを背負って、ヤツはカテーテルに
転向した。
黒木のカテーテルは、外科医への復讐なんだ

ICUで、まだ意識の戻らない朝田に、向き合い伊集院は決心した。

黒木と屋上で話をした。

「あのあのぽペを執刀して分かりました。
患者を救いたいと言う心からの思い。
そしてその自分を支えてくれる仲間たちのいる事が
今まで僕のやってきた事にも意味があった。
初めてそう思いました。

まだそんな甘い事言ってるのか

きっと朝田先生も、いや、ロス手術を考案したロス先生も
同じ気持ちだったでしょう。」

「いざとなったら奴ら簡単に仲間 裏切るんだよ。」

「黒木先生にカテーテルを教えてもらった事は本当に感謝しています。
でも僕はあなたとは違います。もう一度チームに入ります。、
僕は外科医です。お世話になりました。」

朝田は3日間意識が戻らない。
鬼頭は、予定していた胸部心臓外科のオペを中止しなさいと言いだした。
朝田があの状態じゃ、仕方ないでしょう。

後ろから伊集院が
「ちょっと待ってください。」

伊集院、藤吉、荒瀬、響 が並んで来た。

「オペはやるぜ、予定通り」(荒瀬)

「何?」

「オペはあんたと野約束じゃない。
患者との約束だ。」(藤吉)

「出来るの?朝田抜きで?」

「1人が掛けても機能する。それが真のチームだ。」(藤吉)

「朝田は回復するよ。必ず」(荒瀬)

「其れが朝田先生です」(伊集院)

「分かってるわね、絶対失敗は許されないわよ。」

「はい」

ICUで聞きの検査をしていた看護師の白衣を掴む者がいた。
朝田だった。
ベッドが起こされ、挿管は取られ、酸素マスクだけになっていた。
皆が走って戻り、朝田と声をかけた。
またオペしましょうと言うと

「オペ?誰?」と声を発した。

一時的な記憶障害を起こしているのでしょうか?

久しぶりの荒瀬の「お立ち台!」が聞けて楽しかったです。
それにしても、今回の朝田のセリフの少なさ!
彼が主役だったよなと改めて思うんですけど・・・

*****
今までの感想は、こちら

« ≪ギルティ 悪魔と契約した女 ≫#06 | トップページ | ≪SPEC~ミショウ≫☆06 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/50069865

この記事へのトラックバック一覧です: ≪医龍3≫☆06:

» ギルティ 悪魔と契約した女 結末 [見せます!芸能おもしろネタ大集合!]
----[PR]--------------------------------------------------なんかこれってタダで見れちゃいけないものな気が(汗)こういうのって普通は売ってるよね?→ 流出?------------------------------------------------[PR]------≪医龍3≫06: まぁ、お茶でも トラックバック. この記事のトラックバックURL: http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4851... [続きを読む]

» 「医龍3」第6話★朝田の転落事故で心臓手術 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「医龍3」第6話 『朝田の心臓を救え!!』 医龍(23)価格:550円(税込、送料別)  面白いのか、面白くないのか、よくわからない〜〜〜。 【 朝田を伊集院が 】  伊集院(小池徹平)が執刀して朝田(坂口憲二)の手術が進む。  小生がいい加減に観ていたせいか、屋上からの転落事故で、なぜ”心臓手術”なのかよく分からない・・・。  「転落事故=重篤な骨折」とかのイメージが強いんだけど、とにかく伊集院が弁形成心臓手術を進めてる・・・。  ま、適当に流しておくことに・・・。 ... [続きを読む]

» 医龍 Team Medical Dragon3 KARTE 06:朝田の心臓を救え!! [あるがまま・・・]
意識は戻ったけど…Σ(・ω・;|||ゲッ! 記憶が混沌としてる??? 徹@今井悠貴くんを助けようとした龍ちゃんが転落したのは、 徹くんが足を滑らせたせいだったん... [続きを読む]

» 「医龍 3」 第6話 [トリ猫家族]
 徹(今井悠貴)を助けようとして転落し、ERに運ばれた朝田(坂口憲二)はショック状態。 急性心不全と肺不全も起こしており『僧帽弁、三尖弁、共に腱索が切れて、さらに高度の逆流。 特に僧帽弁は弁の役目をしていないほど逆流している』・・・  って、書いてても何がな....... [続きを読む]

» 「医龍-Team Medical Dragon-3」第6話 [またり、すばるくん。]
KARTE:06「心停止!朝田の心臓が止まった!! 命をかけて救った命…伊集院、お前が救え!」 視聴率15.2% [続きを読む]

» 医龍 Team Medical Dragon 3 #06 [ぐ〜たらにっき]
『朝田の心臓を救え!!』 [続きを読む]

» 医龍 TEAM MEDICAL DRAGON3第6話(11.18) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
執刀医として朝田@坂口憲二を救うことで、伊集院@小池徹平がチームに戻ったという話 やはり、救急の連中は、朝田の顔を知らなかったらしい。どんだけ影が薄いんだ?(笑) 「誰かが抜けても機能する。それが真のチームだ・・・」 朝田の理想どおり、朝田が欠けた状態でもオペは何とかなりましたが 朝田が活躍しないと、ドラマ自体は引き締まらないのう 「このチームの責任者は私です。 私が全責任を持ちます。外野は黙っていてください。」 「よくやったわ、伊集院先生、 貴方じゃなければ、朝田は救えなかった。 チームの一員と... [続きを読む]

» 医龍 Team Medical Dragon3 (第6話 11/18) 感想 [ディレクターの目線blog]
10/14からフジテレビで始まった『医龍 Team Medical Dragon3 (公式)』の第6話 『心停止! 朝田の心臓が止まった!! 命をかけて救った命…伊集院、お前が救え!』の感想。 相変わらず、強引にクライマックス増産中・・・で良いのか? 先週の感想に続いて、今週も強引なまでにクライマックスを作ってるって感じ。確かに、主役の朝田(坂口憲二)がベッドで寝ちゃってるんじゃ、あれこれネタを放り込まなきゃ視聴率稼げないのはわかる。でも、この方向性で良いのだろうか・・・ ... [続きを読む]

» サムライガール医龍3&SPEC [別館ヒガシ日記]
サムライガールは半蔵拒否だけども 千&半蔵の関係拒否サムライならず 兼続は完全に邪魔者と同じ状態... [続きを読む]

» 医龍TeamMedicalDragon3... [レベル999のマニアな講義]
『朝田の心臓を救え!!内容屋上から転落し、処置されていたのは朝田(坂口憲二)だった!どうやら、助からないと悲観した真鍋徹(今井悠貴)が、屋上にいたのを説得。“オレの手を... [続きを読む]

» 医龍 Team Medical Dragon3 第6話 [昼寝の時間]
公式サイト 原作:「医龍 Team Medical Dragon」乃木坂太郎  [続きを読む]

» 医龍 Team Medical Dragon3 KARTE:06 [ドラマハンティングP2G]
明真の屋上から落ちて初療室に運ばれてきたのは朝田龍太郎(坂口憲二)だった。オペのため常陽大に向かおうとしていた朝田は、屋上にいた真鍋徹(今井悠貴)を発見。自分の病気は助からないと絶望していた徹に助ける約束をした朝田は、戻ろうとして足を滑らせた徹をかばっ…... [続きを読む]

» 医龍3 第六話「心停止!朝田の心臓が止まった!!命をかけて救った命…伊集院、お前が救え!」 [掃き溜め日記〜てれびな日々〜]
屋上から転落した患者がER室に運ばれてくる。僧帽弁と三尖弁が損傷している上、逆流の程度もひどく急性心不全状態という、朝田龍太郎(坂口憲二)でなければ助けられないほどの重体患者だ。しかし朝田は不在で、加藤(稲森いずみ)も重症患者の手術中。オペが出来る心臓外科の医....... [続きを読む]

« ≪ギルティ 悪魔と契約した女 ≫#06 | トップページ | ≪SPEC~ミショウ≫☆06 »

最近の写真