無料ブログはココログ

« ≪ギルティ 悪魔と契約した女 ≫#04 | トップページ | ≪Q10≫#04 »

2010/11/05

≪医龍3≫☆04

誰も知らないカルテ』(あらすじ)

朝田(坂口憲二)が別の大学病院で行われる手術に呼ばれる一方、伊集院(小池徹平)は執刀医以外は必要ないと言われてしまう。晶(稲森いずみ)はそんな伊集院に、救急救命室へ行くよう命令する。そんな中、医療の格付け評価“IMA”取得のための審査日がやって来る。鬼頭(夏木マリ)と野口(岸部一徳)は緊張の面持ちで、審査員3人を迎える。審査は清掃や患者用の食事にまで及び、鬼頭たちは、シートに何かを書き込む審査員たちの様子を不安げに見詰める。伊集院はそんな状況とは無縁の救急救命室で、肩の痛みを訴える横田(本田博太郎)の診察に当たっていた。伊集院が診察を終えた横田に、4時間後に再検査をすると告げると、怒りだした横田は伊集院に殴り掛かる。


CAST

朝田龍太郎**坂口憲二 加藤晶**稲森いずみ
伊集院登**小池鉄平 荒瀬門次**阿部サダヲ
真柄冬実**谷村美月 木原毅彦**池田鉄洋
黒木慶次郎**遠藤憲一 藤吉圭介**佐々木蔵之介
鬼頭笙子**夏木マリ 野口賢雄**岸部一徳
*****

朝田が、患者の意思を尊重して、カメラを切ったため、野口には好都合となった。
黒木の桧舞台。日本初のカテーテル大動脈弁留置術が始まった。

弁輪経20mm。初お目見えはさらに太い23mmの黒木特注のカテーテル・K-VALVEが登場。
弓部大動脈にカテーテルは達した。
バルブの先端 および 中枢を大動脈に接触せずに運ぶ。そう言いながら、カメラで写しだされた画面を見ながら手を動かす黒木。
弁に触れたため血圧が急激に下がった。ノルアドレナリンで戻り、次はシリンジを取った。
中の空気を出し、先をカテーテルに固定し、注入。
頸動脈 パルス良好と報告を聞きぺーシング オンの指令を出した。
カメラには、弁がパっと開き、K-VALVEも開いた。ペーシング オフ。

藤吉によると、シリンジを一気に押す事によって、
液体の圧力で生体弁を開き、圧着させた。
高齢者に起きやすい大動脈弁 狭窄症。
人工心肺を回せないなど、手術がい患者に大使
カテーテルで生体弁を留置する。

手術を諦めていた人たちに、明るい未来が開かれる。

圧 格差10.問題なしだ。K-VALVE 留置終了。

野口は勝ち誇ったように、舞台で審査員に質問がある方は?と聞いた。
皆スタンディングオベーションで、喝采した。
最後尾の通路で見ていた加藤を見つけ、「かとう」と口を動かし
Vサインを送った。

記者会見で IMAの第一関門は通過。
だい2関門は、合理的な経営。

そう鬼頭に言われ、お任せ下さいと、野口は経営再建計画書を出した。
名付けて Nプラン。

「カテーテル手術による、ベッドの稼働率の上昇。
それに伴う 飛躍的な増収。清掃、病院食などの外部業務は
業者に発注。徹底したアウトソーシングの活用により
費用を抑え、1年以内に 黒字化を目指します。」

「問題は最後の関門。医療の質
患者にとって、より良い医療を提供できているか。
審査員が直接病院に来て、審査するわけね。」

「イエス、3人の審査員が病院を見て回り審査します。
いつ 誰に 何を訪ねるかは 事前に一切しらされない。
それらに全て的確に答えられなければ、アウト。」

言われて串刺ししたオリーブをテーブルに落とし、慌てて指で拾って口に放り込んだ鬼頭。
職員たちへの教育も野口はぬかりなくしていた。
加藤がいたが、お構いなしに話す2人。ていよく追っ払われ、伊集院たちはERを手伝うように命令された。
朝田は、常陽大から弁タールのオペに来てくれと頼まれた。執刀医だけ欲しいと言ってきていると加藤に言われクサル伊集院。

メディカル・ツーリズムの受け入れでこれからは、
外国語が話せる医者以外は必要無くなるって本当ですかね。
研修医の冬実は、またシンプルに考えていた。

朝田に審査員が、ロス手術の詳しい事を聞きたいと言ってきた。
その後、伊集院の前に、黒木が現れた。

なんですか?嫌味でも言いに来たんですか?

大変だな、下っ端の兵隊は。
いつもキツイ仕事を押しつけられる。
俺の時と一緒だ。

そう言って立ち去った。

IMA最終審査 当日。
長い一日になりそうだった。
審査委員が、色々聞いてきた。最期が、トレーサー法。
アトランダムに選んだ患者を、医者がどう診断するかを見る。

ERに呼ばれて伊集院が診たのは肩が痛くて救急出来た患者だった。
競馬新聞を見ながら、肩が痛いと騒いでいた。整形外科にコンサルして、またクサッていた。

屋上で遅い食事をと思うと、黒木が来た。
朝田が来る前は執刀医でもあった伊集院に、カテの井口の話をした。
伊集院より2つくらい下だが、もうバンバンカテをしている。
心臓外科は、執刀医になれるのが30後半。
45歳くらいに教授にでもなっていれば良いが
そうでもないと、お払い箱。

何がいいたいんですか?

言いように使われていると言われて反発する伊集院。僕たちはチームですと、胸を張った。

暇な朝田に荒瀬が話しに来た。
黒木はすごいカテ医だが、一緒にやると分かる。
あの男は、患者を見ていない。
あいつが見ているのは闇だ。

闇?

「ああ、自分の中の闇だ。
とてつもなく深い闇だよ。
あいつはそれと格闘してるんだ。
俺には分かる。」

階段ですれ違った黒木に藤吉が声をかけた。
弁置換をカテでやるとはな、
ロス手術に対するお前の怨念だ。
いい加減忘れたらという藤吉に、

あれがあったから俺は強くなった!

黒木の闇ってなんでしょうね。幾ら技術を持っていても、野口の手先で使われているようにしか見えません。

整形外科に回した患者をもう一度ERで、とメモがついてきたと言い、うるさがる患者を採血した。後3時間後に容体が変わっているか見たいと言う伊集院をその男が殴った。

こんなこと意味があるんですか?と朝田に文句言っていたが、朝田は、救命時代気付いた事を書きとめたノートだ、と言って数冊の記録を伊集院の前に出した。

医者は患者を救う。
そのことが全てだ

朝田のノートには、チームが大事だと書かれていた。それを読んで少し落ち着いた。
殴った患者もかなり落ち着いて、採決の結果が出た。
殴って悪かったなと患者とが言ったが、伊集院は、検査結果を見て顔色を変えた。
藤吉先生にコンサル取ってと看護師に命じ、説明を始めた。

急性冠症候群。いわゆる不安定狭心症の可能性があります。
即刻入院してもらいます。

ふざけるなよ、肩が痛いのが何で狭心症なんだよ。

立ち上がり、治療費をふんだくろうとして、と言ったが突然胸を掴んで崩れるようにベッドにしがみついた。

そのまま入院の患者を審査員たちが見ていた。
また伊集院が失態をと連絡を受けた鬼頭が飛んで行くと、委員は、カルテを見ていた。
素晴らしい、緊急外来から整形外科に回しものの、そこでも問題ないと言われたが担当医がわざわざ時間を開けて血液検査を行った。3時間という時間を置いた結果、ACS最初の検査では出なかったトロポニンTが陽性となり、ACSが発覚。しかもERの手が足りなくてたまたま手伝いに来ていた心臓外科の医師が、これだけの処置をするとは。

「これが・・・これが我が明真です!」

だいぶ鼻の穴が広がってましたね。

モニターーを見ていた伊集院が冠動脈造影終わりました。ヘパリンとニトロ 投与してだいぶ落ち着いてます。と藤吉に報告。

ACS 間違いないな。藤吉もそう言った。
一見 肩コリや、歯痛など一件心臓とは、関係ない症状でも
心筋症の場合はある。良くみぬいたなぁ、伊集院!

「やっぱりカテーテルですか?」

「短い一枝病変だから、それがベストだ。」

皆が伊集院の処置でIMA審査を通ったと認めてくれたが、話途中で朝田が通りかかれば、加藤までも、心臓外科の存続をかけて、意識は、朝田へ向いてしまう。
皆チームなんだよ。君のような前だちが居て、主役は輝くんだ。だけど、こんなに努力しているのにって思うんだよね。

また屋上で黒木に慰められる伊集院。
心臓外科は、足のけがや肝臓や肺と違う。
心臓を治すってことは、直接命を永らえさせるってことだ。
だから心臓外科医は傲慢になる。
命を自分が操っている気になるからな。
心臓外科はチームプレイだとい荒れている。
でもホントにそうなのか?
1967年。イギリスの医師 ロナルド・ロスによって発表された
画期的なオペ。彼の名前を取ってロス手術と命名された。
でもそのオペの前だちがいた、君のような。マツシタや
ノーウッドもそうだ。必ずそこには、前立ちや助手がいた。
だが彼らの名前は知られることはない。永遠に。
それが心臓外科の世界だ。
君の無念は俺にはよくわかる。

難で分かるんですか。内科の黒木先生に。

俺も心臓外科だった。だから分かる。
分るよ。
明真がIMAを取れたのは君のおかげだ。
俺は見たよ、君の書いたカルテ。
素晴らしい医者だ。君は。
俺は それ 知ってる。
良く頑張ってきたな、今まで。

言われて泣く伊集院。でもこれって、伊集院を朝田のチームから引き出す作戦でしょうね。

朝、ベッドを押す黒い集団の中に伊集院がいた。

カテーテルと内視鏡手術は、確かにここ5年くらいですごい発達を遂げました。
昔は、腹部をぎざぎざに切られて、大きな傷跡が残った開腹手術が、数個の穴で済むなんて、患者にとっては朗報です。でも、万が一の時は開腹しなくてはなりませんしね。
そうならないように、祈ります。

*****
今までの感想は、こちら

« ≪ギルティ 悪魔と契約した女 ≫#04 | トップページ | ≪Q10≫#04 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/49940307

この記事へのトラックバック一覧です: ≪医龍3≫☆04:

» 「医龍3」第4話★伊集院はアナキン状態 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「医龍3」第4話 『誰も知らないカルテ』 医龍(23)価格:550円(税込、送料別)  なんか、『医龍』への期待感からすると、異常に面白くないんですけど・・・。 【 かったるい 】  黒木(遠藤憲一)のカテーテルオペが終わって、ライブデモンストレーションの観衆が喝采。  壇上で野口(岸部一徳)が「サンキュー、サンキュー」  ここまでで、番組開始から6分強を要したカテーテルオペが、かったるかった。  時間だけが流れて行くんだけど、緊迫感は伝わってこない。 【 前座 】 ... [続きを読む]

» 病院臨床検査技師の求人募集転職採用情報ネットナビ&全国プチ情報 [病院臨床検査技師の求人募集転職採用情報ネットナビ&全国プチ情報]
とっても高待遇な病院臨床検査技師の求人募集転職採用の情報です。 [続きを読む]

» 医師の求人募集転職採用情報ネットナビ&全国プチ情報 [医師の求人募集転職採用情報ネットナビ&全国プチ情報]
とっても高待遇な医師の求人募集転職採用の情報です。 [続きを読む]

» 医龍 Team Medical Dragon3 第4話:誰も知らないカルテ [あるがまま・・・]
伊集院がチーム・ブラックにっ!X(++*)ダメダメェ 疎外感や無力感を抱く伊集院に、言葉巧みに近付いて自分のチームに引き入れた黒木。 それって、本当に伊集院と自分を重ねての親切...... [続きを読む]

» 医龍3 誰も知らないカルテ [のほほん便り]
まだまだ続く、チーム・ドラゴンの劣勢と、その崩壊… 宿敵・野口(岸部一徳)がアメリカから連れてきた、黒木(遠藤憲一)による華麗なるカテーテルオペ・ライブデモンストレーションに会場は拍手喝采。すっかり場を魅了してしまいます。 朝田(坂口憲二)は、予定されてたライブ患者の少女が、思春期の乙女心から不安がり嫌がってた気持ちを優先。独断でカメラ中継を切ったのでした。加藤(稲森いずみ)のもくろみは、大ハズレ でも、分かる人は分かるのですね。中継こそ無かったものの記録を見たIMA審査員に朝田の手術を... [続きを読む]

» 「医龍 3」 第4話 [トリ猫家族]
 ( ゚Д゚ )あら〜伊集院が取り込まれちゃったワ・・・ 自分のことをぞんざいに扱う胸部心臓外科に見切りをつけたか・・・  ERに来た乱暴者・横田のおっちゃん(本田博太郎)のACS(急性冠症候群)を見つけ、IMA取得に大きく貢献したにも関わらず、ちょい褒め程度で終....... [続きを読む]

» 医龍 Team Medical Dragon 3 #04 [ぐ〜たらにっき]
『誰も知らないカルテ』 [続きを読む]

» 医龍3 4話 [Simple*Life ドラマ感]
黒木のカテーテル手術のデモンストレーションよかったですねぇ。 黒木と手元だけ映していても地味だよなぁ? どうするんだろう?と思っていたらCG駆使してるもんねぇ。 あの映像とマッチしてて緊迫感ありました! しかしIMAの認可を取りたいからと言って鬼頭ちゃんの 変わり身の早さにはびっくりだったわ。 野口が黒木のデモを行ったことをさも前から知ってました。 って感じでIMAの審査員に話してたりして・・・。 この人ってこういうキャラだったっけ??? 院長になってちょっと傲慢さが出てきた気がするわ。 カテー... [続きを読む]

» 医龍 TEAM MEDICAL DRAGON3第4話(11.4) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
医療版ミシェランIMAの最終審査を受けることとなった明真は 伊集院@小池徹平の患者@本田博太郎への好対応から 合格点を貰うことができたものの、 当の伊集院は自分の境遇に苛立ちを感じており、 接近してきた黒木@遠藤憲一の軍門に下ったという話 伊集院が何か問題をやらかしたのか?と苛立っていたのに、 審査員が伊集院の対応を絶賛しているのに気づくや、 「これが・・・これがわが明真です!」 などと言い出す鬼頭@夏木マリ、すっかり野口イズムに染まっているな 『医龍』も三期になりますし、 相変わらず成長を感じら... [続きを読む]

» 医龍 Team Medical Dragon3 (第4話 11/04) 感想 [ディレクターの目線blog]
10/14からフジテレビで始まった『医龍 Team Medical Dragon3 (公式)』の第4話 『誰も知らないカルテ! 天才の光と伊集院の涙…そのチームは誰のため』の感想。 明らかに詰め込み過ぎ! 今回は(も?)明らかに詰め込み過ぎ。“黒木の闇”、“伊集院の弱さ”、“評価基準が見えないIMA審査”の3つを描きつつ、もちろん心外の存続問題や明真医大の経営問題もベースにある。 何れも今後に描きたいテーマの提示なのはわかるのだが… 構成がイマイチ。もったいない…... [続きを読む]

» サムライガール&ナサケの女&医龍3 [別館ヒガシ日記]
サムライガールは新キャラ直江兼続も 宗郎&千し千マスターサムライで 1度で後は自分でマスター覚醒も 最終的... [続きを読む]

» 「医龍-Team Medical Dragon-3」第4話 [またり、すばるくん。]
第4話「誰も知らないカルテ! 天才の光と伊集院の涙…そのチームは誰のため」 視聴率12.9% [続きを読む]

» 医龍TeamMedicalDragon3... [レベル999のマニアな講義]
『誰も知らないカルテ内容患者のためと、ライブデモンストレーションの中継を中断した朝田(坂口憲二)その行いにショックを受ける加藤(稲森いずみ)であったが、次の瞬間、野口(... [続きを読む]

» 医龍3。第四話感想 [NelsonTouchBlog]
医療版ミュシュランと目されるIMA取得のための公開ライブオペ。坂口憲一の凄腕は、まさにそれにもってこいの腕前だったが、患者の女の子が公開手術を嫌がっていたため、ビデオのスイッチをすべて切ってしまう。彼には患者がすべてにおいて第一優先なのだ。(すばらしい) 会場は混乱するも、遠藤憲一による公開カテーテル手術が始まった。それは・・今までの常識をくつがえす新しい提案だったと言ってよい、すばらしい内容だった。このやり方なら、今まで身体的に手術できなかった患者でも処置をほどこすことができるのだ。カ...... [続きを読む]

» 「医龍3」第4話 医者は患者を救うそのことがすべてだ [バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る)]
あの男は患者を見てない あいつが見ているのは闇だ 自分の中の闇 とてつもなく深い闇だ あいつはそれと格闘しているんだ [続きを読む]

» 医龍 Team Medical Dragon3 第4話 [昼寝の時間]
原作:「医龍 Team Medical Dragon」乃木坂太郎 原作未読です。 [続きを読む]

» 【医龍 TeamMedicalDragon3】第4話 [見取り八段・実0段]
あいつが見ているのは闇だ。自分の中の闇。とてつもなく深い闇だ。ライブデモンストレーションは、黒木が日本初のカテーテル大動脈弁置換術を成功させて終了。ロス手術の方も、もち... [続きを読む]

» 医龍3 第四話「誰も知らないカルテ!天才の光と伊集院の涙…そのチームは誰のため」 [掃き溜め日記〜てれびな日々〜]
朝田龍太郎(坂口憲二)は患者の意思を汲んでライブデモンストレーションの中継映像を遮断するが、その代わりにと野口賢雄(岸部一徳)が流した黒木慶次郎(遠藤憲一)のカテーテルオペは審査員から賞賛を浴びる。鬼頭学長(夏木マリ)は、記者会見で明真はカテーテル治療に力を注ぐ....... [続きを読む]

» 坂口憲二 母 奈良 [医龍 Team Medical Dragon3』 坂口憲二 最新情報 ]
un5ママのblog:一番側にいてほしい人 (。v_v)ポッ - livedoor Blog みんなに坂口憲二は家政婦か と笑いながら叱られた まずblog更新して、子どもの帰りを待ちます。 家事をしながらなんだけど、 その家事を坂口憲二がするってのはどう? コーヒーも入れてくれないかなぁ~。 でも、一番家にいてほしいのは ...(続きを読む) 10月28日木曜日の視聴率 - たなっぺのあーだこーだ 母と子壮絶ドキュメント運命の瞬間生中継 12.0% 21:00-21:54 TBS 橋田壽賀子ドラ... [続きを読む]

» 「医龍Team Medical Dragon3」第4話 [fool's aspirin]
伊集院、ハイ!落ちた〜!早々に落ちたと思われた荒瀬は、黒木の心の闇を見抜いていた…。心臓外科もチームドラゴンもピーンチ! [続きを読む]

« ≪ギルティ 悪魔と契約した女 ≫#04 | トップページ | ≪Q10≫#04 »

最近の写真