無料ブログはココログ

« ≪竜馬伝≫☆42 | トップページ | ≪フリーター、家を買う。≫☆01 »

2010/10/19

≪獣医ドリトル≫★01

『ペットは癒しかビジネスか!?』(あらすじ)

夏緑・作、ちくやまきよし・画の同名コミックをドラマ化。腕はいいが、口が悪く金にシビアな獣医師・鳥取健一(通称・ドリトル=小栗旬)が、動物だけでなく飼い主の心までも治療していく。
脚本・橋本裕志、演出・石井康晴ほか。
 


ドリトルと呼ばれる獣医師・鳥取(小栗)の元に、あすか(井上真央)という女性が、骨折した競走馬の治療を頼みに来る。ところが、鳥取から手術費3千万円と術後に掛かる維持費を用意するよう促され、あすかは戸惑う。そこへ、高層マンションから転落して重傷を負った飼い猫を抱えた少年・徹(伊沢柾樹)と父親・六田(西村雅彦)が駆け込んでくる。別の獣医師から安楽死を勧められたが、どうしても助けたいと願う徹は、マスコミで活躍するカリスマ獣医師・花菱(成宮寛貴)の紹介で、鳥取の病院にたどり着いたのだ。

CAST
鳥取健一(とっとり
 けんいち)**小栗旬
多島あすか(たじま あすか)**井上真央
花菱優(はなびし まさる)**成宮寛貴

不動ルミ(ふどう るみ)**藤澤恵麻

土門順平(どもんじゅんぺい)**菅田将暉
富沢教授(とみざわ)**石坂浩二
*****


高層マンションで飼われていた、子供のペット、猫のラグが、手擦るに掛っていたマットに乗って、マットが風にあおられて、そのまま下へ落ちた。意識不明。近くのエンペラー動物病院へ持ち込むと、安楽死させた方がいいと言われた。飼い主の徹は、不登校児。最近父が再婚したが、母となるには、まだ日が浅くて、徹の言いなりだった。
どうしても助けてやりたいと言う徹の気持ちを汲んで、紹介されたのが花菱。テレビ界で売れっ子になっていた。新幹線の時間が迫っていたが、診察した結果、鳥取動物病院を紹介してくれた。

鳥取動物病院の鳥取健一は、腕は長超一流だが、口の悪さと、料金は破格だった。
医の頭にある病院を目指していしたのは、もう一人いた。馬のアスカミライを助けてと、飛び込んだ田島あすかだった。富澤先生の勝機あ嬢と所見の封筒をさっさと取り上げて、中のレントゲンを見て言った。左前足中手骨の骨折。完治しても競走馬復帰は無理。普通なら安楽死処分だった。
アスカミライは足を折っただけなのに、何で殺されなくてはならないんですか!あすかは憤っていた。すると

「3000万」

「え?」

「3000万。助けてほしければ用意しろ。」

「3000万、・・・新しい馬が何頭も買える。
私が何も知らないとでも思ってるんですか?」

「ああ、思ってるねえ。
お前は馬の事なんか何一つ分かっちゃいない。
場合によっちゃ、サラブレッド1頭を完治して復帰させるのは
十数人の銃石段をひつようとする数千万はかかる仕事だぞ。」

「え?」

「馬はお前の体重の10倍もある。当然薬も10倍
必要な資材やリハビリの人件費も人間の比じゃない。
それから馬は平均20年は生きる。
エサ代や世話代を含めると維持費は月40万。
年間ざっと500万だ。そう考えれば3000万は格安だ。
骨折治療には圧迫プレート法を使うが、チタンプレートを
特注することになる。保護用マットや輸送費もすぐに必要だ。
手術する時点で300万必要かかる。」

「300万・・・」

「無理なら諦めろ。その方が馬もおまえも
苦しまずに済む。どうせ一時の感情だろう」

「そんなことありません。・・・」

2人がバトルしているとき、「花男」の再現だと単純にファンとしては喜んでいたが、
時間がたつと、小栗旬は確実な演技力を身につけていたhappy01

そこへ、ラグーを連れた徹が駆け込んできた。
脳には血腫。頭蓋骨を切り、血腫を取り除く手術が必要だった。
血腫のせいで周囲の脳細胞が壊死している可能性がある。

治療費は100万・・・
猫の治療に、と父親は「うん」と言わない。
人間が高層マンションから落ちて意識不明になったとき
100万円の治療費を高いと考えるか?
必要な治療は猫も同じだ。それが嫌なら他を当たってくれ。

100万あれば血統書つきの猫がいくらでも買える、そう父親は言う。
徹は、ラグは世界でラグだけだと必死だった。そこで

「美智子さんに頼んでみる」と言って消えた。
あすかが成り行きを見ていて、聞いたら、父親は、再婚した妻だと言った。
先妻の子なので徹には遠慮があった。
父親がそんな態度だから、息子にとって、ラグは大事な存在になると言われ、

あなたに口出しされる筋合いはない。
100万が欲しいだけなんだろうと、毒づいた。

徹が美智子が出してくれるってと戻ってきた。
すぐにオペが始まった。その間に美智子がお金を持ってきた。
あすかは、鳥取の手術を見学したいと言って立ち会った。
鳥取はラグを励ましながら、オペを進めた。まるで動物と会話しているようだった。

オペ後すぐに回復しないので、また父親が、騒ぎだした。

「この猫は、脳のニューロン つまり神経線維が
障害を受けているので、まだ意識回復には至っていない。
だから毎日辛抱強く 話しかけたり刺激を与えることで
ニューロンの回復を待つ。それが出来て初めて猫の
意識は回復する。今後の治療は飼い主の責任だ。
これを看護の参考に読むんだ。」
徹に本を数冊与えた。

どうしても納得のいかない父親は、意識が戻る確率はと聞いた。
20%と聞いて、治らないも同然じゃないかと怒りだした。

「20とゼロは違う。可能性があるのと無いのじゃ大違いだ。」

「医療詐欺だ、金返せannoysign03

「俺はやるべきことはやった。
返金には応じられない。
慈善事業じゃないんだよ。
獣医はビジネスだ。」

「ビジネス?」

「今に分るさ」

あすかはアスカミライのオペを頼むと言った。お金は何とかするからと。
鳥取は、表の倉庫の中を片付けろ、そこがしばらくはお前と馬の住まいになると言った。
馬が到着した。
私もたちあいますと言うあすかに、お前は診療受け付けと留守番だ。
その間にやるべきことをやっとけと、あくまでシビアだった。

やるべき事?と聞きて 金の算段だろう。できなきゃ体で稼いでもらうことになるぞと
物騒な事を言われた。
すぐにオペに入った。やきもきするあすか。そこに男が来た。昨日、意識のない猫を手術しなかったかと聞いた。ここを紹介した花菱だった。その後どうしたか知りたかった。だがアスカミライの手術中と言われ、なんか競走馬みたいな名前だと言われた。
あすかは、父が最後に買った馬だと言った。走ってもびりで、それでも事業が傾いた父にとっては最後の希望だった。そんな父が、昨年交通事故で亡くなり、アスカミライは父の形見になった。そんなアスkミライに癒されていたあすか。レースで、骨折した。競走馬の治療に来ていた富澤教授に、鳥取を紹介された。
男は、大学で同級生。富澤教授のゼミで一緒で。腕は確かな男だ。でも色々問題も多い男だ。何かあったらいつでも相談に乗るよ。そう言い、名刺を渡すと赤のフェラーリで帰って行った。その男花菱勝。テレビで売れっ子の獣医だった。

大きな物音がした。倉庫でひっくり返ったまま眠る鳥取。慌てたあすかは鳥取を起こした。
せっかくいい気持ちで寝ているのに!馬は、プレートをビスで骨に止めたから痛みが出ていると言った。昨日だって痛かったが、それを隠していただけだ。野生の世界では怪我した馬は肉食獣の格好の餌食だ。だから痛みを本能的に隠そうとする。

「少しでも痛みを和らげることは出来ないんですか?」

「痛みには耐えてもらうしかない。しかも骨折した
足を庇うから他の足に負担が掛る。それで蹄葉炎を
起こす事もある。」
足がうっ血してひずめの中まで血が回らずひずめがはがれて
骨が飛び出す病気だ。

動けない馬は、エサが消化できずに腹痛を起こす。
今のアスカミライは満身創痍だ。
蹄葉炎を防ぐには、う7負担のかかった足を冷やし続け、うっ血を防ぐこと。
それと腹部のマッサージだ。運動の出来ないこいつを少しでも助けてやらないと
いけない。骨が着くまで2カ月かかる。アスカミライにとっては、地獄の2カ月だ。

「お前が選ばせたんだぞ。」

六田徹の父が弁護士赤井を頼んだ。
自分の意見に会わない者は、徹底的に排除する性格のようだ。

赤井弁護士が医療詐欺で鳥取動物病院を提訴した小tが記事に載ったため、
誰も来なかった。暇だからと、山梨の富澤教授の所へ行った。自然の中で家畜相手に奮闘していた。

英気を養って帰宅した鳥取だったが、倉庫からカラスが出てきた。
除くとアスカミライは無事。奥にあすかが、倒れていた。
おびえる馬。あすかが、受け入れ先の見つからないアスカミライにこんな苦痛の道を選んでしまったと、弱気になっていたから、と気付いたあすかは、馬に詫びた。

徹は、落下事故から16日目のラグに大好きだったツナ缶の臭いをかがせていた。
優しく話しかける徹に父は、たかがペットじゃないか。男は前に進むために切り捨てなきゃいけない事もあるんだ。と諭したが、ラグを切り捨てるなんて出来ない。

お父さんには無理な希望でも、
僕が頑張れば出来るかもしれないじゃないかsign03

病院は閑古鳥が鳴いていた。
テレビで赤井弁護士が、医療詐欺で訴訟を起こしたと報じられていた。
そこで赤井のあすかは、会いに行った。あの病院が潰れたら、アスカミライの居場所がないと訴えたが、私にもお腹を空かせているペットがいると言われたが突然あすかのお腹が鳴った。一緒に部屋で食べることになったが、ペットのマーモセットが止まり木からよく落ち、エサも食べないのに、日本の獣医は欧米から10年も遅れていると言って、医者に見せようとはしなかった。夫は、赤井から逃げて、息子の健人は残った。優しい子だったが病気で亡くなった。息子の残して行ったのが、マーモセットだから、溺愛していた。
インターネットで、世界の獣医に写真を見せると、白内障で目が白濁している事を言われ良く見えないからエサがとれない。安楽死を勧められた。

たかが、白内障で何で、安楽死?と赤井は思った。
だが日本の獣医は、エキゾチックアニマルは、データが少ないし、リスクが大きから、もし失敗して、医療ミスと訴えられると、と、あからさまに逃げた獣医もいた。
番組で一緒だった花菱にも会ったが、どうしてもというなら1人居ると言ったが、それが鳥取動物病院だったら行くわけにはいかないと、断った。

六田家では、意識のないラグに根気が追いつかない徹い、美智子が、優しくしかし毅然と言った。学校は気に入らなければ行かなくてイイ。でも今回のラグの事は、どうしても最後までやり遂げて欲しいの。と・・・

だが、愛する息子の残したマーモセット。泣いて悩んで、翌日鳥取を訪ねた。
いくら欲しいのかと聞いた。200万。訴訟沙汰で患者が来ない分の上乗せとも言ったが、そこへ六田が来た。赤井弁護士を見て、文句を言ったが、鳥取は反論。こんな小さな目を切開して縫合するのがいかに難しいか。世界的にも珍しいエキゾチックアニマルだから麻酔の治験も少ない、量を少しでも間違えれば不測の事態が起こる危険性は高くなる。こっちはそんな危険を引き受けた上に失敗したら医療ミスと訴えられるリスクまで背負わされてるんだ。そう考えれば随分良心的な料金だろ。

「ペットや飼い主のための訴訟が間違い
だと言いたいの?」

「確かに1つの面からみれば、正しいかもしれない。
しかし、正義は1つじゃない。
訴訟先進国の欧米では、ペット訴訟で沢山の
獣医が廃業に追い込まれている。
日本でも欧米並みに訴訟が増えれば
失敗の可能性のある手術を避けて
安楽死をすすめる獣医が増えるだろう。
だって割に合わないだろう。」

「だから欧米の意思はみんな安楽死を・・」

「あんたの行為はたとえ「可能性は低くても
命を救おうとしている獣医の足をも引っ張りかねない
結果につながるということだ。」

「だまされちゃいかん。詐欺師はそうやって自分を正当化するが
うちの猫はいまだにピクリともしないんだ。」

「鳥取先生!」

美智子と一緒に徹がラグを連れてきた。徹の言葉に反応したらしく手を動かしたから診察をと連れてきた。父は、回復を願う気持ちが、錯覚を起こしたとまた渋い事をいった。
前を向いて歩けといつものように切り捨てる父。悔しい徹、。だが、ラグの前足が徹の腕の上で動いた。そして御目覚めnote
おまけにニャーと鳴いた。
う~ン、このニャンはすごい役者ですheart04

アスカミライを富澤教授の牧場に引き取ってもらうことにした鳥取。
体で稼げと言っても、色気のないあすかには、病院の受付くらいしかポストとがなくて鳥取動物病院に就職。
入院犬の散歩に出たとき、公園のかもが異変!誰かがかもを撃った。

何も言えない動物の声に耳を傾け無ければ・・・か。

かなりシビアなドリトルです。
ビジネスに徹している鳥取が、どうしてそうなったのか?
同級生の花菱が、なぜ手術をできなくなったのか?
だんだん分かるようです。
動物相手だと、つい見てしまいますね。

« ≪竜馬伝≫☆42 | トップページ | ≪フリーター、家を買う。≫☆01 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/49784431

この記事へのトラックバック一覧です: ≪獣医ドリトル≫★01:

» 獣医ドリトル 救え!声なき命 [のほほん便り]
ズバリ、獣医版・ブラックジャックですね。 やはり、「花より男子」じゃないけれど、井上真央や小栗旬には、コミック原作の、誇張された、単純明快な、荒唐無稽世界が、よく似合う?! お医者さんもの、といっても、ほどよい演出のマイルドさが、これぞ、「日曜劇場」って気がしました。主題歌からして気合い入ってます(小田和正) 辣腕社長(西村雅彦)の息子だけど、再婚して複雑な環境。登校拒否になった、ひとり息子の少年が、愛してやまない、猫のラグが、高層マンションから落下。瀕死の状態に。どこでも断られる中、... [続きを読む]

» 獣医ドリトル #01 [ぐ〜たらにっき]
『救え!!声なき命』 [続きを読む]

» 巨人CSファイナル進出&ドリトル [別館ヒガシ日記]
がCS第1の甲子園連勝し が待ってるCSファイナル進出も 久保田&藤川で終戦は痛過ぎで VSは名古屋D20日からだ... [続きを読む]

» 獣医ドリトル [Akira's VOICE]
初回の感想  [続きを読む]

» 「獣医ドリトル」第1話 [またり、すばるくん。]
第1話「救え!!!声なき命-愛と涙の感動作」 視聴率16.0% [続きを読む]

» 獣医ドリトル 第1話 [ドラマハンティングP2G]
マスコミで活躍するカリスマ獣医・花菱優(成宮寛貴)が、テレビ画面の中で声なき動物の声に耳を傾けなければいけないと語っている。 その頃、高層マンションのベランダから六田徹(伊澤柾樹)の飼い猫が転落し、地面に落下した。 徹は、父・六田一郎(西村雅彦)と、意識不…... [続きを読む]

» 獣医ドリトル 第1話 [昼寝の時間]
公式サイト 原作:作:夏緑/画:ちくやまきよし 脚本:橋本裕志音楽:羽毛田丈史 [続きを読む]

» 「獣医ドリトル」第1話 獣医はビジネスだ [バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る)]
プライドとこの子の命どちらが大切ですか [続きを読む]

» 僕が頑張れば [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
鳥取トリトルドリトルバンザーイ\(^O^)/てな訳で、ビッグコミックに不定期連載中のマンガを原作としたドラマ獣医ドリトルが、昨夜スタートした。最終回が最高に面白くて、個人的に... [続きを読む]

« ≪竜馬伝≫☆42 | トップページ | ≪フリーター、家を買う。≫☆01 »

最近の写真