無料ブログはココログ

« ≪SPEC~ミショウ≫☆02 | トップページ | ≪竜馬伝≫☆42 »

2010/10/17

≪Q10≫#01

『この地球上に自分より大切に思える人なんているんだろうか?』(あらすじ)

平凡で臆病(おくびょう)な、人生をあきらめかけた高校生・平太(佐藤健)が、転校生のロボット・キュート(前田敦子)に恋をする。
脚本・木皿泉、演出・狩山俊輔、佐久間紀佳。

CAST

私立高校3年生の平太(佐藤)は偶然、ロボットの少女(前田)を見つけて起動させてしまう。平太にキュートと名付けられた彼女は、自分を起動させた彼をオーナーだと認識し、追い回すようになる。平太とキュートは校長室に連れていかれる。工学博士・栗子(薬師丸ひろ子)がキュートの背中の扉を開けると、中には精密な機械が詰まっていた。スキャンダルを恐れた校長の岸本(小野武彦)は、キュートがロボットであることを隠して、学校にかくまうことにする。成り行き上、学校では平太が彼女の面倒を見ることになる。

(深井平太)<たとえばこの地球上に、
 自分より大切に思える人なんて本当にいるんだろうか?
 例えば、俺の人生を変えてしまうような・・・
 テレビで見たような告白をして、雑誌で見つけた服を着て
 皆が並ぶ店で、デートして 映画みたいな風景の中キスをする
 夜中に独り何度も問う 「俺じゃなくても よかったんじゃないか」
 お前じゃなくても、よかったんじゃないか。
 次の出席番号のヤツじゃだめなのか?
 そもそも2人でなきゃだめな理由なんてあったのか
 いつでも始められていつでも終われる。
 そんな使い捨てみたいなものが本当に恋なのか。
 どこにも売ってない、名前もついてない そんなふうに人を好きになるのは
 途方もない奇跡なのか。
 たとえばこの地球上に 自分より大切に思えるひとなんて
 いるんだろうか?>

ナレーションの志田に、Q10はいろんな所に捨てられて、ごみの山の中から 岸本に背負われて脱出。しかし酔っ払っていた岸本は、朝毛布をめくって仰天。
昨日小川先生に紹介した柳さんが、工学博士なので、窮地を救うために朝から呼び出した。
理科準備室に行くと岸本校長が正座していた。
「ボク、終わりました」

深井平太はどこか(多分心臓か)が悪くて手術したようだ。毎日薬を飲んで、病院通いをしていた。主治医に、何で歯を触らせてくれたら手術すると言ったのかと聞かれていた。
昔のことだから、いいじゃないですか、ピアノの鍵盤に似ているから音が出ると思ったと逃げた。

<本当は、今でも時々 本当に時々 この人なら
 ひょっとしたら音が出るんじゃないかと思う時がある。
 もちろん 音が出ないのは分かってるから 人の歯を
 さわったりなんかしない
 ひょっとしたら 音が出るんじゃないかと思う時がある
 そんなことするのは、人間として最低の行為だ。
 大体 音なんて絶対にでるわけないんだし
 そんなこと確かめたいと思うのはとても愚かなこと>

そんなこと考えているうちに、校長は、窓際にQ10を寄りかからせて消えた。
遅刻して登校した平太は、いつものように牛乳を飲みながら、ふと見上げると、窓に誰かが?・・そっと理科準備室に顔を出すと腰が抜けるほどびっくりした。
口を開けた人(!)が座っていた。しかし、靴と靴下の脱がされた足には、Q10と書かれていた。平太は懲りずに、口の中にを突っ込むと、光が出て音がして、Q10は起動した。
平太は本当に腰が抜けた。
Q10は平太を確認した。起動してから20秒以内に名前を付けてとロボットは言った。
机から降りて、「わたしのなまえはQ10 あなたのなまえは?」抑揚のない声がした
やっと立ち上がった平太派名を名乗った。すると、手を取り、指を口に入れた。
「ラ」の音がして光った。ふかいへいたを認証したと言った。

校長たちが戻ってきた。柳がヒューマノイド、ロボットだと言った。
騒ぎが大きくなる前に戻そうと校長は言ったが、時すでに遅し。もう起動して校庭を平太捜してまっしぐらだった。君が悪くなった平太は、教室に逃げ込みドアを閉めたが、ロボットはポンと開けて侵入し、平太に抱きついた。

そのまま校長室へ行き色々聞かれたが分からなかった。そのうちQ10が寝てしまった。
手は離れなくて教室に戻れなかった。柳は、なかったことにして、学校に入れて、その間は、平太が見て、後は、小川が持ち帰って面倒を見ることにした。
柳は、家賃滞納し、払うまで玄関扉を取られた。柳は仕方ないのでリカ準備室に引っ越した。
Q10は平太のクラスに入った。名前はと聞かれて、たん人の小川はとっさに

久戸 花恋(きゅうと かれん)とつけた。クラスの名前を全員覚えたが、出席で藤井が呼ばれていないことにすぐ気付いた。彼は、家の都合で、授業料が滞納し、学籍簿から抹消されていた。飛び出した藤井を追って、Q10は捜しに行くと出て行った。校長室に忍び込み、椅子のレザーに切りつけた藤井を知っているだけに、平太も追いかけた。
リカ準備室の窓から、藤井がカッターナイフを振りおろしている光景が目えに入り苦しい心臓を抑えながら、教室に行くと、柳、藤井、Q10の3人でパンを作っていた。

その後藤井と話す平太。学校だけが、息が抜ける所だと藤井は言った。
皆に言うのは迷惑になるだろうと、藤井は言ったが、迷惑かけていいんじゃないかと平太は言った。校長室の乎として行ったカッターナイフを返しながらごめん、俺見ちゃったと言った。今まで何も言わなかったQ410が言った。

「人間にはリセットボタンがありません。
だから人間はやり直したいときは助けを呼ぶんですね。
私やってみせます。」
テレビの時代劇を食い入るように見ていたQ10は、悪代官が、娘を手五目にしようと帯を解く所を再現したが、平太はそれはちょっと違うと言った。
それでも藤井は

「本当にそうだったらいいよな。大声で叫べば必ず
誰かが助けに来てくれる。それが人間のルール
だったらいいよな。」

そうかと、平太も思ったのか、校舎のまん前に立つと、大声で叫んだ。
「だれか~、誰か助けてください。だれか~!」
藤井もQ10、も叫んだ。教室はざわめいたが、担人は雇われの身だからと言った。

クラスの他の物は、今日ロックバンドがゲリラライブをやるからというと、それを新聞社に話せは減りが飛ぶかもしれないと言いだして、机もイスも校庭に運んだ。それで何かが変わるわけではなかったが、なんだか達成感があった。

帰り道、平太は。同じ手術仲間の久保に追いついた。彼はまた明日入院して手術を受ける。

「またみんなに迷惑かけちゃうんだろうな」

「覚えてる?世界を滅亡させようと思った夜。
俺さ、全部自分のせいだと思ってた。
病気になったこと・・・そのせいで、父ちゃんと母ちゃんが
どんどん疲れてくこと。姉ちゃんの成績が下がってくこと。
全部自分のせいで。その事が辛くて背負いきれなくて
こんな世の中亡くなればいいと思った。
ホントは、俺たちのせいじゃなかったんだよ。きっと。
誰のせいでもないんだよ。」

そこへQ10が現れ、指差し、「しょぼい草履屋」
「エロい爺さんがいる八百屋」と言いだしたから止めるのが大変だった。ガチャガチャを知らず、平太が悪寒を入れると、丸いプラスチック容器が出てきた。それを持ち歓声を上げるQ10。

「やっぱ人類滅亡はいやだな。」久保は言った。

「俺が死んでもこの町はずっと続いて欲しい」

「今俺もそう思った。」

思い出の鉄塔の下を掘る2人。やっと子供のころ、世界が滅亡すればいいと願いを込めた自分たちの気持ちが出てきた。汚くなって、読めるのは「世界」だけだった。それをQ10に渡すと光にかざして「生まれました」と言った。
帰り道がちゃがちゃの陽気に紙が入っていた。久保からもらったと言うので、出させると、名前と、電話番号が書かれていた。そこに平太噛んでいたガムを包んだ。
何で捨てるかとQ10は怒った。紙に書いてあるのが良かった。平太の字ではなく。
その日からQ10はしゃべらなくなった。

<しゃべってもらえない事が、こんなに辛いなんて知らなかった。>

柳は、Q10の口を開けると、ガムがこびりついていた。唾液が出ないので、接着剤になってしまった。

久保のベッドで、平太は、もう一度、Q10のために携帯番号を聞いた。おまえが知ってるとと言ったが、久保の字で欲しいんだってと平太は言った。久保は笑っていた。

<何だ・・この感じ。>

置いてあったピアノのラを叩くと、Q10の認証音とかぶった。

<そんなに嬉しそうにスンナよ。
 あいつはロボットなんだぜ。
 にんげんじゃなくて 単なる物何だから…
 そんなに喜ぶと、後で恥をかくぜ。
 今すぐそう言ってやりたかった>

生徒手帳を渡され、おうと受け取ったが

<何だろう・・・
 悪意が込み上げて来る。>

久保があの子って変なんじゃと言った。完全になと平太は応えた。

<俺はそれがバレないように
 歯を食いしばって作り笑いをした。
 食いしばった時 奥の方で スイッチが入るのがわかった。
 そんなものがあるなんて、誰も教えてくれなかったスイッチが
 入った。>

ロボットと分かっていて嫉妬する平太。
健くんが今度はか弱い高校生。
熱くなることを避けていた平太がどう変わるんでしょうか。

まだ以蔵の悲痛な叫び声が聞こえてきそうですけど・・・
全体的にナレーションが多すぎに感じましたけど。

livedoor fc ブログさんに、TBが飛びません。
ココログと相性が悪いのでしょうかね。

« ≪SPEC~ミショウ≫☆02 | トップページ | ≪竜馬伝≫☆42 »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

cafeLargoさん。
コメントをありがとうございます。

いただいいたTBをお返しするのがブログの楽しみでも
ありますが、飛ばないのは困りますよね。

ココログに何かあるのかと、問い合わせをしたのが今年の
5月ころでした。受け付けますとだけあって、その後の解決策は
何も示されませんでした。前にgooブログさんにTBが出来ない
ときは、gooに問い合わせが出来たのですが、fc は、ずっと連絡を取りたくても、ブログから部外者の問い合わせは、出来ないみたいです。
またココログに、問い合わせをして、解決してもらわないと
困りますね。

今季もどうぞよろしくお願いします。

mariさん、はじめまして。TBでお世話になっているLargoと申します。
いつも楽しく読ませていただいています。

>全体的にナレーションが多すぎに感じましたけど。
確かに(^^;
世界観は好きなので、今後に期待しています。

ところで、ドラマとは関係のないことで恐縮なのですが、ココログ・ビギナーズの一人として。

>livedoor fc ブログさんに、TBが飛びません。
自分だけだと思っていましたが、ココログ全体の傾向なのだと知って、ちょっと安心しました。後、私の場合、BIGLOBEさんも。
livedoorさんは飛ぶ時もあるのですが、fc、BIGLOBEさんは全くだめです。

タイトルに半角文字を入れないようにすると多少は飛ぶようになる?と思っていたのですが、ダメなときはダメみたいです。(汗)

他のココログ利用者さんの状況を知りたかったので、大変参考になりました。

お邪魔しました。
これからもよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/49765812

この記事へのトラックバック一覧です: ≪Q10≫#01:

» Q10(キュート) この地球上に自分より大切に思える人なんているんだろうか? [のほほん便り]
かなり、“人を選びそうな”ドラマですが、私は(とくに、この独特の雰囲気が)好きでした。(「すいか」や「野ブタ。をプロデュース」の)木皿ワールド。もしくは、素朴に主演の佐藤健と前田敦子、脇でひきたてる薬師丸ひろ子や蓮佛美沙子 を味わう意味でも、興味深い… かも 学園SFファンタジー。ゴミと一緒に捨てられてた、人間型ロボット。それを偶然、拾ってきて、しかも、たまたま偶然、起動スイッチを入れてしまったために起こる珍騒動の数々… たまたま拾ってしまった人間型ロボットといえば、漫画では『ちょびっツ... [続きを読む]

» 「Q10」第1回〜前田敦子の怪演に凍りつく!! [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「Q10」第1回  もしも≪秘密結社・アンチAKB連盟近畿支部≫が存在すれば、入会させていただきたい。  押し出しの強さが尋常ではないAKB48が生理的に苦手で、AKB総選挙という見世物を”グロテスク”だと感じたり、日テレ『密室謎解きバラエティ 脱出ゲーム DERO!』でローアングルで撮影されると分かっているのにわざわざミニスカートでサービスカットを提供する”たしなみの無さ”を不快に思ったり、「チームKのキャプテン辞任を号泣しながら電撃発表」という茶番劇まで売り物にしてる”商魂に辟易”としたり・... [続きを読む]

» 「Q10」 第1話 この地球上に自分より大切に思える人なんているんだろうか? [トリ猫家族]
 おもしろかったです。 すごく繊細なストーリーがゆっくりと心の中に入ってくるようで・・・ 木皿泉さんの脚本は、いつも、自分の中にもあるんだろうけど、生きていくうちにしまい込んでしまった思いに気づかせてくれる。 そして、その思いを隠さなくてもいいんだよ・・と言...... [続きを読む]

» Q10(キュート) [Akira's VOICE]
初回の感想  [続きを読む]

» Q10(キュート) #01 [ぐ〜たらにっき]
『この地球上に自分より大切に思える人なんているんだろうか?』 [続きを読む]

» 2010年秋ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その2 [ひろくんのほのぼのコラム ( ^_^)_∀]
 前回に続き、視聴したドラマの初回分の感想をアップします♪(o^-^o)  まず [続きを読む]

» Q10 第1話:この地球上に自分より大切に思える人なんているんだろうか? [あるがまま・・・]
芸能人はっ♪( ̄+▽ ̄)( ̄▽+ ̄)歯が命♪ たけるんに口の中触られるって、どんな気分なんだろ・・・ 前田あっちゃんの棒読みっぷり、もこロボといい勝負{/f... [続きを読む]

» 「Q10」(第1話:「この地球上に自分より大切に思える人なんているんだろうか?」) [鉄火丼のつれづれ日記]
10月16日から「Q10」がスタートした。このドラマは、平凡な男子高生である深井平太(佐藤 健)がQ10という名のロボットに恋をする、という物語である。今回のエピソードの冒頭に出てきた、平太がQ10(前田敦子)を目覚めさせて「20秒以内に名前を付けて下さい。」と話し...... [続きを読む]

» Q10 第1話 [MAGI☆の日記]
Q10の第1話を見ました。――例えばこの地球上に自分より大切に思える人なんてホントにいるんだろうか?例えば俺の人生を変えてしまうような。TVで見たような告白をして、雑誌で見つけ... [続きを読む]

» 新ドラマ「Q10」第1話 [日々“是”精進!]
 第1話私立高校に通う平太は偶然、ロボットの少女を見つけて起動させてしまう。平太に「キュート」と名付けられた彼女は、平太を追い回すようになる。校長の岸本と教師の小川、キ... [続きを読む]

» ウマレマシタ [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
「野ブタ。をプロデュース」「すいか」の木皿泉脚本の新ドラマコエンザイムQ10・・・、もといQ10が、昨夜から放送を開始した。女性型ロボットのラブコメって「ちょびっツ」は... [続きを読む]

» Q10 第1回 [昼寝の時間]
公式サイト 脚本:木皿泉演出:狩山俊輔、佐久間紀佳音楽:金子隆博、小山絵里奈プロ [続きを読む]

» 小野武彦さんの似顔絵。 [「ボブ吉」デビューへの道。]
初回だけは一応見てみようと思った、新ドラマ「Q10」。 「大声で叫ぶと、必ず助けにきてくれます。それが人間のルールです。」 「ながら見」だったので、「誰かー助けてくださーい」と絶叫するシーンのくだりが、 さっぱりわからず、録画見直してしまいましたよ(笑) Q10(前田敦子)が、小川先生( 田中裕二)の家で、時代劇のドラマを見てて そこから学習してたわけね。 (お代官様が町娘の帯をとき、襲おうとするところに、 かんざし侍登場!ってやつ) それでもそれが何故「ヘリ」につながるのが、またわからず・・。... [続きを読む]

» Q10(キュート) 第1話「この地球上に自分より大切に思える人なんているんだろうか?」 [Happy☆Lucky]
 第1話「この地球上に自分より大切に思える人なんているんだろうか?」 [続きを読む]

» Q10(キュート) 第1話 キュート [レベル999のマニアな講義]
内容同僚高校教師・小川訪(田中裕二)に促され、理科準備室へ向かった柳栗子(薬師丸ひろ子)は、“もう終わりました”とうなだれている岸本路郎校長(小野武彦)を見つける。その... [続きを読む]

« ≪SPEC~ミショウ≫☆02 | トップページ | ≪竜馬伝≫☆42 »

最近の写真