無料ブログはココログ

« ≪美丘-君がいた日々-≫★最終話 | トップページ | ≪ GM~踊れドクター≫#最終回 »

2010/09/20

≪竜馬伝≫☆38

『霧島の誓い』(あらすじ)

龍馬(福山雅治)とお龍(真木よう子)は薩摩に向かい、温泉で療養することになる。そこで龍馬は霧島山に伝わる神話、ニニギノミコトが国を治めるためにこの山に降臨して、天逆鉾(あまのさかほこ)を頂上に突き刺したという話を聞き、登ろうとする。女人禁制のこの山にお龍は男装し、龍馬と登る。頂上で、龍馬は逆鉾を引き抜き、一度失いかけた命を使って、生まれ変わった気持ちで日本を変えていく先頭に立つと誓う。長崎では、内蔵太(桐谷健太)がお元(蒼井優)に求婚するが、内蔵太の乗った亀山社中の船・ワイルウェフ号は難破してしまい内蔵太は命を落とす。土佐では弥太郎(香川照之)が、象二郎(青木崇高)に、土佐藩が異国相手に商売をするのを手伝うように命じられ、ジョン万次郎(トータス松本)と象二郎と共に、長崎へ向かうことになる。

CAST

坂本龍馬*福山雅治 岩崎弥太郎*香川照之
高杉晋作*伊勢谷友介 龍*真木よう子
*蒼井 優 池内蔵太*桐谷健太 
後藤象二郎*青木崇高 一橋慶喜*田中哲司
小松帯刀*滝藤賢一 伊藤俊輔*尾上寛之
井上多聞*加藤虎ノ介 高松太郎*川岡大次郎
千屋寅之助*是近敦之 澤村惣之丞*要 潤
陸奥陽之助*平岡祐太 ジョン万次郎*トータス松本
上野彦馬*テリー伊藤 引田屋の女将*山村美智
ロッシュ*ピーター・フランクル 木戸貫冶*
谷原章介
登勢*草刈民代 西郷吉之助*高橋克実

*****  

慶応2年(1866年)3月10日 薩摩
龍馬は、お龍とともに、薩摩に到着。
幕府の追手から逃れ、寺田屋で負った傷の手当ても兼ねていた。

龍馬が身を潜めたのは霧島連山を望む塩浸温泉だった。
湯治と言っても今のようにリハビリが出来るわけではなく、龍馬は、寺田屋で負った傷の回復が芳しくなくて、歯がゆい思いをしていた。そこにお龍が来て、霧島登山をする龍馬に連れてってくれとせがんだ。女人禁制の霧島だと龍馬は言ったが、幾ら龍馬と夫婦になったからと言って、龍馬のことを全部知っているわけではないと思いつめた顔で言った。
龍馬は薩長を結び付けたが、それから先が進まず、自分を奮い立たせるために霧島に上ると言った。

次にやるべきことは なにか?それを己の心に刻み込むためだ。

薩長同盟によって、世の中は変わって行った。
イギリス公使パークスが薩摩を訪問し、イギリスは薩摩を支援すると言った。
さらに長州にも近付き、武器も軍資金も援助すると申し入れた。

エゲレスが薩長に近づき、幕府はフランスとの関係を悪化させつつあったが
慶喜は、フランスに黙っていろと伝えろ、わしの腹はもう決まってると言った。

そのころ社中では、船の初航海に沸いていた。陸奥は内蔵太で大丈夫かと不機嫌だった。

引田屋ではお元がぼぅっと龍馬に話した事を思い出していた。
そこに、女将が来て、土佐の侍が会いたがってると告げた。
部屋へ行くと、内蔵太が待っていた。
亀山社中が船を持つことになり、内蔵太がそれを任されるようになったと話し、さらに元も目の前に座りなおして、

「わしと夫婦になってくれんかえ!」と切りだした。

元は、芸子を娶るには金を払って見受けしてくれなければ・・・金が掛ると言った。
いつになるか分からないが、必ず貯めると誓った。そんなこと言ってくれたのはあなただけと言われて、内蔵太有頂天!

龍馬の上ったのは霧島連山の一つ高千穂峰。
古くから信仰の山として崇められてきた霊峰だった。
龍馬の案内役は、吉井幸輔の息子 幸蔵が同行した。
途中で、男装したお龍が合流。幸蔵にも近世だと言われたが、だから男に化けたと言った。しかし、迷惑をかけないからというお龍に負けて、同行した。

そのころ弥太郎は、象二郎に呼ばれていた。
これからは、国のために働きたいと言ったなと言質を取られた。
13年前に弥太郎が藩に出した意見書を読み返すと、なかなかいいことが書いてあると言われた。土佐名産の鰹節や樟脳をどんどん他国へ撃って藩を豊かにすることが書かれていた。それを異国相手に出来るか、長崎でと言われた。弥太郎に世話役になって出来るかと半ば強制だった。
長崎では、一度しくじって100両も使い込んでいたことがあった。
通詞をつけてほしいと言うと、ジョンと呼んだ。走ってきたのは、中濱村野万次郎だった。

頂上に登った龍馬は、パノラマを見て、さらに伝説があるそうだと、お龍に言った。

「おそれ多くも、天照大神の御孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が
この日本国を治めるために 霧島に御降臨され
この山の頂に 鉾を つき刺されたゆうの。
それが、天の逆鉾ゆうて 今も残っちゆうそうじや。
わしは、この目で それを見立てみたいがじゃき。」

祠は雨で傾いたと幸蔵は言ったが行きましょうと、龍馬は先に立った。

逆鉾は、太いまま刺さっていた。

龍馬は、一度死んでまたこの世に生まれてきたと言った。
「ほんじゃき、わしはなんちゃあ怖いもんがないぜよ。
日本はこんまい島国ぜよ。ほとんどすべての者は
世界のことらなんちゃあわかっちよらん。
けんど、・・・時代はもう変わってしもうた。
今こそ誰かが、この国の行く道を定め声に出して
それを伝え、自らが行動し・・・みんなを動かしていかんと
いかんがじゃき・・・!」

そう言いながら、逆鉾を引っ張り出した。
逆鉾を点に向かって指し示し

「これが決意の証しぜよ!」

<坂本龍馬は 自らが 日本を引っ張って行くと
  宣言したがじや>

慶応2年(1866年)6月7日
周防大島

試練は早速やってきた。
幕府軍はついに長州に攻め入った。
薩摩が兵を出すときは、幕府を撃つ時だと西郷は言った。
江戸城を攻め落とすっとじゃ。
木戸も最早幕府と話し合う気はないと小松帯刀は言った。

幕府と戦をしないで日本をかえることは無理だと結論していた。
それが嫌だと言うなら坂本龍馬と言う役者には舞台を降りてもらうとまで言われた。

さらに試練が龍馬を襲った。

ワイルウエフ号はコシ島沖で大嵐に遭って五島の沖まで流されて海に沈んでしまった。

龍馬は、しばらくして、刀を抜き、外の闇に向かって、切りつけた。
「みんな聞いてくれや。
わしらは  己の志を貫いてきたがじや。
日本を異国の侵略から守るために
この国の仕組みを変えようゆう志をの。」

「その通りじやき」(太郎)

「それを貫いたきこそ、薩長を結び付ける
所まできたがじやき」(惣之丞)

「けんど、これからは、そうたやすうはいかんがじやき」(龍)

「坂本さん。それはどういう意味ですか?」

「わしら亀山社中は、長州と共に幕府との戦に加わる」

「戦!?・・・」「なんじゃと!」

惣之丞は、ケンカせずに日本を変えるのではなかったかと迫った。
志を曲げないと龍馬は応えた。
決して曲げないと。

戦は始まってしまった。わしらが戦わないとこの国は亡くなってしまうと、悲痛な叫びが龍馬から漏れた。

「わしらはの、長州のためでも薩摩のためでもなく
日本人として・・・日本人として この国のために戦うがじや!

この国のために戦うがじや!
わしらはの。わしらは舞台から降りるわけにはいかんがじゃき。」


<巨大な岩が転がりはじめたがじや
 その岩が転がって行く先に何があるがか
 誰が勝者となり 誰が 敗者となるがか
 日本と言う国が生き残るがか
 ここで滅びるがか、この時はまだ
 誰っちゃあ分らんかったがじや。
 この時生きちょった多くの人間が
 当たり前の幸せを願うちよった。
 日本いう国が永遠に続くとみんなが
 願うちよったがじや。>

朝、ブーツに足を通した龍馬。
出掛けようとするとお龍が声をかけた。

「龍馬さん
しっかり頑張ってきておくれやす。
うちの旦那さんは、 自分が日本を引っ張ると
霧島のてっぺんで誓うたんやから。
いっといでやす。」

床に膝をついて、頭を下げて見送った。

「行ってくるき」

龍馬は写真館により、写真を撮った。

*****
今までの感想は、こちら

 

« ≪美丘-君がいた日々-≫★最終話 | トップページ | ≪ GM~踊れドクター≫#最終回 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

cafeカミタクさま。
御丁寧なリンクをありがとうございました。
龍馬から、こんなに世界が広がるとは思っていませんでした。
こちらこそよろしくお願いいたします。

【リンク報告】
 こんにちは。カミタク
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/
と申します。

 私が運営しております、鹿児島県内外の温泉と観光を紹介するホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内の、以下の坂本龍馬関係のスポットのサブ・コンテンツから、貴ブログ記事にリンクを張りましたので、その旨報告いたします。
◎ 鹿児島県(日本初の新婚旅行ゆかりのスポット)
○ 高千穂峰登山記
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGKAN48.HTM
○ 塩浸温泉龍馬公園案内
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGOON31.HTM
○ 「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行」ゆかりの観光スポット案内
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/K_RYOMA.HTM
○ 霧島神宮訪問記
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGKAN01.HTM
○ 天保山公園(坂本竜馬新婚の碑等)訪問記
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGKAN71.HTM
○ 霧島いわさきホテル入湯記(栄之尾温泉案内)
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGOON12.HTM
○ 硫黄谷温泉霧島ホテル入湯記
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGOON29.HTM
◎ 高知県
○ 高知県立坂本龍馬記念館訪問記
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KOCHKN02.HTM
○ 坂本龍馬像訪問記
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KOCHKN03.HTM
○ 龍馬の生まれたまち記念館訪問記
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KOCHKN04.HTM
○ 坂本龍馬誕生地の碑訪問記
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KOCHKN05.HTM

 今後とも、よろしくお願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/49503857

この記事へのトラックバック一覧です: ≪竜馬伝≫☆38:

» 坂本龍馬はいかが・・・ [坂本龍馬]
ブログのランキングサイトなんか調べて見ると、ここにも坂本龍馬について書かれた記事沢山ありました。気になるブログを掲載します。坂本龍馬と芸妓との恋の舞台 長崎の料亭”花月”|たみ先生の美タミン日記NHK大河ドラマ”龍馬伝”坂本龍馬でもよく見かけますが坂本竜馬が丸山・花街の芸子お元との恋の舞台ドキドキでもあり亀山社中の同志らとよく飲んでいた長崎の料亭”花月”.江戸・吉原、京都の島原と並び称されたほど栄えた長崎・丸山の地に建つ...... 坂本龍馬-幕末の志士|音楽と、たわごと。TAKAYOの音楽と、た... [続きを読む]

» 坂本龍馬ベスト [坂本龍馬]
今日のブログ10選!毎日その日の更新ブログを調査しています。坂本龍馬についての最新情報を得るにはこの手が一番!「龍馬のことば」展 « 坂本龍馬なう - 坂本龍馬公式ブログ坂本龍馬なう-坂本龍馬公式ブログ»「龍馬のことば」展。坂本龍馬(主婦の友社社員)が責任編集する期間限定雑誌『RYOMA』の公式サイト。... グラバーに騙された坂本龍馬。:LOCOMOCOな毎日:So-netブログマラソン、ガーデニング、英語、歴史、など広く浅く~語ってます。... 絶対坂本龍馬 - 坂本龍馬昨日、本屋に行ったらつ... [続きを読む]

» 龍馬伝~第38話「霧島の誓い」 [事務職員へのこの1冊]
第37話「龍馬の妻」はこちら。 前回の視聴率は17.6%。的中。やっぱりラブコメ [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」第38話 [またり、すばるくん。]
第38回「霧島の誓い」 視聴率15.8% [続きを読む]

» 「龍馬伝」第38回 [日々“是”精進!]
  第38回「霧島の誓い」龍馬とお龍は薩摩に向かい、温泉で療養することに。そこで龍馬は霧島山に伝わる神話を聞いて登ろうとする。山は女人禁制だが、お龍は男装して龍馬と一緒... [続きを読む]

» 龍馬伝(第三部) 霧島の誓い [*Refreshing-wind blows*]
  【予約】NHK大河ドラマ・ストーリ...歴史街道2010年10月号[雑誌]価格:630円(税込、送料別)↑ 内容は歴史街道HP大河ドラマ 龍馬伝第38回「霧島の誓い」【あらすじ】(↑のHPから拝... [続きを読む]

» 龍馬伝 第38回「霧島の誓い」 [みはいる・BのB]
『龍馬伝』のお時間です。 あらすじ・・・・・・・ [続きを読む]

» 【大河ドラマ】龍馬伝第38回:霧島の誓い [山南飛龍の徒然日記]
やっと時間が取れたけぇ、今回の感想を書くっちゃ。内容忘れてるけど(ノ∀`)アチャー【今回の流れ】・薩摩で療養中の龍馬は霧島山に登ることを決意 女人禁制なのにお龍も登ってき... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第38回「霧島の誓い」 [strの気になるドラマ 気になるコト]
薩摩に到着した龍馬と、おりょう、温泉に向かって山登り。霧島連山を望む塩浸温泉。龍馬は寺田屋で負った右手の傷に苦しんでいた。そこに来た、おりょう。霧島に上るという龍馬に「... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者38療養のためお龍と新婚旅行先で誓った自らが日本を引っ張り日本を変える決意 [オールマイティにコメンテート]
19日大河ドラマ「龍馬伝」第38話を視聴した。 今回は龍馬は静養するために薩摩で温泉療養をしていた。 そんな中龍馬とお龍は霧島山へ上り龍馬は そこで自ら先頭に立って日本を変えるという誓いをするのだった。 その頃土佐では弥太郎が象二郎の命で長崎へ行ける事に....... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」第38回『霧島の誓い』 [徒然”腐”日記]
やっと書けました感想レポ個人的意見・感想の記事ですご了承ください今回で第3部も終わりですかドラマも終盤ラストスパート・・・・なのに、今さら”誓い”って龍馬1番の見せ場・... [続きを読む]

» 龍馬伝 第38回「霧島の誓い」 [平成エンタメ研究所]
 龍馬(福山雅治)とお龍(真木よう子)の霧島登山。いい雰囲気。  でも<天の逆鉾>を抜いてしまった!? いいのか? ★残念なのは、お龍といっしょにいても龍馬の心が」別の所にあったこと。  お龍さんといっしょにいる時くらいは、「自分が何をすべきか」ではなく、お龍さんと向き合ってあげればいいのに。  先週はお龍に「いっしょに闘ってくれ」と言ったのに、今週は全くその気配がない。  お龍は置いてきぼりで、龍馬は自分の世界に。  そして場面が変わって長崎では、お龍さん、そんな龍馬のことを理解して送り出してい... [続きを読む]

» ゲゲゲの女房 9.24 [しなもにあ]
寒いですねぇ・・・皆さんも体調管理には気を付けてください ゲホゲホ今日のゲゲゲ昨日は仕事関係の人たちに感謝&懐かしい人に再会今日はプライベートバージョン?亀田さんも来た... [続きを読む]

» 龍馬伝、山の祟りかも知れません?? [函館 Glass Life]
お龍と一緒に女人禁制の山に登るは、山頂の天逆鉾は抜き取る はとやり放題{/cat_6/} まだ完治していない状態で逆鉾を抜く事など出来る筈がありま せん{/m_0152/} かなりオーバーな演出でしたね。 もしかして龍馬が暗殺されたのはこの山の祟りかも知れません{/s2_sum_mount/} ところで いよいよ動き出した後藤象二郎。 ドラマでは下士いじめをしている上士として描かれているよう ですが、実際はかなり違った人物像だと僕は思っています。 資金に詰まった亀山社中に手を差し伸べ龍馬に海援隊... [続きを読む]

» 龍馬伝 #38「霧島の誓い」 [昼寝の時間]
慶応2年(1866) 公式サイト 湯治で霧島を訪れる龍馬とお龍。高千穂伝説の残る [続きを読む]

» 龍馬伝第38回感想(9/22追記しました^^) [みやさとの感想文と感想絵]
遅い時間に参りました。 今隣で上の子が「GM踊れドクター」を見ている隣でこれをものすごく急いで(笑)、書いてます!今日も結局いろいろ見れてなくてでも龍馬伝は 8時から見ま... [続きを読む]

» 【龍馬伝】第38回と視聴率「霧島の誓い」 [ショコラの日記帳]
第38話の視聴率は前回の17.6%より下がって、15.8%でした(関東地区)。第3部の完結編だったのに、残念です。次回からの第4部(最終章)、盛り上がって欲しいものです(^^)今回... [続きを読む]

» 【龍馬伝】第三十八回 [見取り八段・実0段]
慶応2年3月10日。龍馬はお龍と共に湯治のために薩摩に入った。女人禁制の霧島連山の一つ、高千穂に登る龍馬にお龍は男装して付いてきた。その頂きには伝説の天の逆鉾があり、龍馬は... [続きを読む]

» 「龍馬伝」第三十八話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
誓いと届かぬ愛。 理念と戦い。 第三十八話『霧島の誓い』 [続きを読む]

» ★「龍馬伝#38」新婚旅行編♪ [・*:・ふわゆら生活・:*・]
今日も「龍馬伝」楽しみました~第38回「霧島の誓い」坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 桂小五郎改め木戸貫治(谷原章介) 沢村惣之丞(要潤) 後藤象二郎(青木... [続きを読む]

« ≪美丘-君がいた日々-≫★最終話 | トップページ | ≪ GM~踊れドクター≫#最終回 »

最近の写真