無料ブログはココログ

« ≪ GM~踊れドクター≫#最終回 | トップページ | 2010年 秋ドラマ 何を見ましょう? »

2010/09/21

≪夏の恋は虹色に輝く≫★最終話

『もう会えない』(あらすじ)

詩織(竹内結子)は、海(小林星蘭)がひそかに思いを寄せている蒼空(井上瑞稀)が転校してしまうこと、海が蒼空のお別れ会に行かなかったことを知る。詩織は今まで海に話せなかった自分の正直な気持ちを伝え、海の手を引いて蒼空の元へ向かう。そんな中、舞台「ハムレット」のけいこが始まる。大雅(松本潤)は役がもらえなくても資料を熱心に読み、台本のすべてのせりふを読み込む。ある日、帰宅した大雅は、郵便受けに1通の封筒を見つける。それは、詩織からの手紙だった。

CAST
楠大雅:松本潤
北村詩織:竹内結子
楠大貴:
沢村一樹
宮瀬桜:
桐谷美玲
植野慶太:
笠原秀幸
伊良部譲:
永山絢斗
青木久雄:
松重豊
楠航太郎:
伊東四朗(特別出演)
楠真知子:松坂慶子

*****

みんな大っきらい!

それ以来会えない大雅・・・
学校では、大好きなお兄ちゃん、ソラが転校することになり、落ち込んでいたと大貴から言われ、海の気持ちがさらに複雑だったのが分った詩織。

大雅は思い余って、事務所の社長青木に相談。
気持ちを隠すことが出来ない大雅に気付いていたと言われた。
そうじゃなくても、お前 嘘とか隠しごととかへたくそだし
北村さんだってもう・・・だから言っただろう、彼女を好きになるには
惚れた腫れたじゃどうにもならないってんだって。

「でも俺だって、真剣に考えて言ったんだよ。
あんなふうに 海が傷つくなんて思わなかったし。
海とは上手くやっていけると思ったから」

「友達と父親ってのは全然ちがうんだよ。
海ちゃんにとっては 亡くなっているとはいえ
立派な父親 居るんだから。
ったく。だいたい、お前 いま悩んでる余裕
あんのか?舞台の稽古 明後日からだろ?」

「そうなんだけど。」何も手につかない大雅を

「バカヤロー!プライベートな悩みを稽古場に 
持ち込むんじゃねえぞ!
親が死のうが、何しようが どんな状況でも
ベストな芝居をするのが役者なんだよ。
おまえ程度の 身分の役者が甘えた事
言ってんじゃねえよ!チャンスなんだぞ!!
おまえが自分の手でつかみ取った初めての
チャンスなんだぞ。石にかじりついてでも
役 取ってこい!」

「はい」・・・

帰り道、詩織の部屋の前で佇む大雅。
翌日、北村家の墓に詣でた。
詩織の義弟に偶然会ってお辞儀した。

稽古に通う大雅は、反対側の道を行く詩織を見かけるが、目だけで見て、声は掛けなかった。

カンパニーの、顔合わせ・本読み会場。
キャスト紹介があった。デンマーク国王 クローディアス役は、日本の演劇界を代表する森下恵一。続いてハムレット役 赤木俊平。・・・

海は、大好きなソラが、今日学童で送別会をしていたが、行かなかった。
詩織は、これ ソラ君に上げるんだったんでしょうと箱を出した。
ママは、大雅さんのお嫁さんになるなんて思っていなかったと話し出した。
ただ時々心細くなったが、大雅がいると、とても温かい気持ちになれた事、大雅が好きだと話した。もし海が許してくれるならこれからも大雅さんと仲良くしたいと話せた。そしてソラくんにこれを渡しに行こうと手を出すと、初めて海が、その手を重ねた。ちょうど、ソラは、タクシーに乗る所だった。走った2人は間にあった。
ソラに箱を渡すと中には、折り紙が入っていた。
ソラは、「朝顔を見ると海を思い出すよ。ありがとう。海のこと忘れない」と言ってくれた。いつまでもタクシーに手を振った。

「寂しくなっちゃったね」

「大丈夫。海忘れないから。」

「うん?」

「ママが 言ってたでしょ。
朝顔がしぼんじゃっても よーくよーく見て
心の中でずっとずっと覚えておけば、寂しくないって。」

「そうだね。寂しくないね。」

「ママもパパの事忘れない?」

「そうだなぁ、どうしてもね 時間がたつと
少しずつ何かを忘れて行っちゃう。
でも大事な思い出は 絶対に忘れない。
パパが優しかったことも。
パパが海が生まれるって聞いて
どんなに 喜んでくれたかも
絶対に忘れない。」

「大雅さんを好きになっても?」

「うん。
大雅さんを好きになっても、海が
大人になって 結婚してママがよぼよぼの
おばあちゃんになっても、死ぬまで絶対
忘れない。」

「海の事も?」

「え?海の事?まさか海 そんなこと考えてたの?
まさか、ママが海の事忘れるわけないじゃない!
こんなに・・こんなに、大好きなのに。」

海を抱きしめる詩織

「ホント?」

「ホント、ホントだよ。
アハハI、よし!帰ろうか!」

北村の姑が、海と話がしたいと言って電話がかったが、海の機嫌が悪くて出なかった。こちらからかけ直して、仲直りした事が分り、ほっとしていた。すると義母が、楠・・・大雅さんがこっちへ来たとよ。と思いがけない話をした。勇樹の墓参りに来てくれたと言った。春樹が偶然会ったと家に連れてきた。見た目は最近の若者で軽薄だと思ったが、中身はまじめな子だね。仏壇にも長い事 お参りして。足がしびれて何回も転んだと笑っていた。だが真剣に海や詩織のことを考えているのが伝わったと姑は良く分かったと言ってくれた。

春樹に替わった。一つだけ知りたいのがこの間好きになったって言ってたのが彼なのかと聞いた。結婚するまでは、癒しても北村家の一員だから、なんでも言ってきてと言った。
失恋したような顔してと母は言った。稽古場で、有栖川の駄目出しが多かった。
大雅に従者の解釈をさせると、かなり調べてあった。休憩に入り、有栖川にある従者の役を言われた。おまえが、その講釈を全て忘れれたらやると言われた。

忘れる?

森下が大雅を呼んで言った
「一度、板の上に 上がったら知識なんか
どうでもいいんだ。稽古場で悩みに悩んで
ボロボロになる。
本番になったら、全てを忘れ、つかの間
違う人間の人生を生きる。
それが役者だ。」

「考えてる暇ないですしね。
役を生きるだけで精いっぱいだよ。
『生きるべきか 死ぬべきか それが問題だ』ってね」(赤木)

「君にしか出来ない従者を演じることだ。
楽しみにしてるよ」(森下)

従者役を7役。セリフも長めがある役・・・事務所では、喜んでくれたが、皆が、今までの傾向とすると、「カムな!」縁起でもない事を言われた。
桜は噛まないおまじないを教えてあげるから今夜デートしようと大雅を誘った。
何かあったかと聞く大雅に、こんなに好きなのに鈍感だから、そんなんだからいつまでもへっぽこ役者なんだと蹴りを入れられた。
すげえ、可愛い妹にしか見られないと応える大雅に、脇は嫌と、自分から降りた。
噛まないおまじないは、左手の薬指の爪を押しながら、3回好きな人の名前を唱える。
「桜 と言ってほしかった」次の相手を呼び出し、デートへ行ってしまった。

帰宅した大雅を待っていたのが、詩織からの手紙だった。

大雅さんへ
お元気ですか?
お芝居の御稽古 頑張ってますか?
あれから 全然 連絡もしないで
ごめんなさい。
大雅さんが 家族になりたいって
言ってくれた事 すごく驚いたけど
本当は少し嬉しかった。
初めてあなたに出会ったころから
私はあなたが まぶしかった。
ううん、正確に言えば あなたが育ってきた環境が
まぶしかった。素晴らしいお父様に愛されて
すくすく育って、私は、そういう環境をお父さんという
大事なものを海に見せてあげることが出来なかったから
だから思わず、よく知りもしないあなたを殴って
しまったりもした。
なんて贅沢なんだろう、なんて甘えた男なんだろうって。
でも 事務所で働きだして 大雅さんが不器用なりに
努力してるんだってことが良く分かった。
大雅さんの 育ちの良さや優しさも分かってきた。
それに、ある時から 大雅さんは変わったよね?
いつごろからかな?
大雅さんはコンプレックスもプライドも 全部捨てて
必死に夢を追い始めた。
私は、そんな大雅さんも 努力する姿をずっと
見てきました。だから今は、もっと自信を持っても
いいと思う。楠航太郎さんも きっと今頃 そう
思ってるんじゃないかな?
そうだ、そう言えば あの日 大雅さんが
航太郎さんのお墓で泣いていた あの日
雨上がりの空に 虹がかかっていたのよ。
奇麗な虹が。
あなたはきっと、いつかお父さんに負けない
俳優さんになれる。舞台頑張ってください。

  あなたのファンより  北村詩織

舞台の幕が上がった。

大雅のセリフが響いた
「申しあげます 国王
すぐにもこの場をお立ち退きください
レアティーズが 暴徒を率い
押し寄せてきます。
暴徒は彼を王と呼び
「レアティーズを 国王に」と
わめきたてております。
まるで彼らの空に突然 七色の
虹が かかり新しい世界が始まるかのように

一同、ふぅ~dash息を吐いた。噛まなかったsign03happy01

拍手の中に芝居は終わった。客席に海を見つけた。
客席の一番後ろの通路に父 航太郎が見えた。
拍手しながらうんうんと頷いていた。

誰もいなくなった客席。照明スタッフ(二宮)にも礼を言い舞台に腰を掛けて余韻をかみしめていた大雅。そこは海を連れた詩織がは言ってきた。
そこだけスポットライトが当たった。
大雅と詩織

「おつかれ様」

「ありがとう」

「海、ごめんな」大雅はしゃがんでさらに

「急にパパになるなんて 驚かしてゴメン。
けど、これだけは分かってほしい。
俺は、海のママの事 大好きなんだ。
ずっと大好きで ずっと感謝してる。
これからもずっと。
海のこともだよ。だから、一緒にいたいんだ。
好きとかそういう大人の気持ちは、
海にはまだちょと難しくて分からないかもしれないけど」

「わかるよ。」

「え?」

「わかる!ねえ、ママ」2人で顔を見合わせた。

「ねえ!」

「分るの?
へぇ~分るんだ。」

「うん」と言って前に進み出た。

「大雅さん、仲良くしようね。」手を出した。

「うん。するよ。
仲良くする。もちろんだよ、海!」そう言って、海の小さな手を握った。

「あ、それからね」

「うん、なに?」

手招きして、大雅の耳元で

「ママが、今日の大雅 すごくカッコ良かったって」
内緒で教えてくれた。

「ヤベー、嬉しすぎるnote」泣きだした大雅。

「ちょっと、なんて言ったのよ?
教えてよ。ねえ?」

「内緒だよ、ねえ、大雅」

「ねえ、海!」

「海!何よ、2人して、」

仲良い3人をオペラグラスで見ていた大貴と真知子。2人は3人を認めていますね。

海に行った3人。そこには虹が掛っていた。

何とも締まらない感じの終わり方でした。
一応ハッピーエンドですが、しっくり乗り切れなくて、イイとこなしの大雅が、やっと俳優として成長してきたのは良かったのですが、ダメ男3人の会話が面白かった。
最終回まで話が行ったり来たりでした。どうせなら、大雅の成長記とでもした方がよかったですね。

*****
今までの感想は、こちら

« ≪ GM~踊れドクター≫#最終回 | トップページ | 2010年 秋ドラマ 何を見ましょう? »

ドラマ(な)」カテゴリの記事

コメント

cafe憂鬱なゆいさん。

御無沙汰しました。

>お笑いの中にホロッとさせる要素もあって…大満足の最終回でしたね。

うぬぼれ4プラスゴローちゃんがカッコ良かったですね。
かなり無意味な話で盛り上がって、でも安らぎがありましたね。

また楽しいドラマが始まる事を祈ります・

こんばんは。TB投稿ありがとうございます。

>おまえに捕まる犯人には未来があるんだもの。
なあなあうぬぼれ だから・・・だから・・・
ピンポ~ンといいところでチャイムが鳴った。

お笑いの中にホロッとさせる要素もあって…大満足の最終回でしたね。

笑いのツボがありすぎて全部取り切れてないけど…うぬぼれだから、まっいいか!と楽しくと思ってました。

>なんと言っても白いスーツのテーマソングはカッコ良かったですね。

そうなんですよ!素敵特に、サックスゴローにやられそうでした(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/49514030

この記事へのトラックバック一覧です: ≪夏の恋は虹色に輝く≫★最終話:

» 夏の恋は虹色に輝く #10 最終回 [ぐ〜たらにっき]
『もう会えない』 [続きを読む]

» ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」(お勧め度★★) [erabu]
演出、澤田鎌作、小原一隆。脚本、大森美香。主題歌、嵐「Love Rainbow」 [続きを読む]

» 夏の恋は虹色に輝く 最終回 (竹内結子さん) [yanajun]
竹内結子さんは、フジテレビ系列で毎週月曜よる9時から放送されていた連続ドラマ『夏の恋は虹色に輝く』に北村詩織 役で出演しました。昨日は第10話(最終回)が放送されました。●あらすじと感想... [続きを読む]

» 夏の恋は虹色に輝く。最終回&ジョーカー。特別編感想 [NelsonTouchBlog]
■夏の恋は虹色に輝く。最終回 松本潤と竹内結子のラブラブを一気に引き裂いた?(苦笑)のは、なんと、一見強気だけど健気ないい子・桐谷美玲ではなく、竹内の娘・小林星蘭だった。。よきお兄ちゃんだった松本が突然お父さんになりたい宣言しちゃったわけだからね、それにお父さんのことは前から色々聞いていたわけだから、頭が混乱するのもしかたありません。「そんな簡単に父親になるなんて言って欲しくなかった。」と竹内にも言われ、じゃあ!どうすりゃよかったんだよ!?状態の松本が逆に可哀想だ(笑)... [続きを読む]

» 夏の恋は虹色に輝く 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
詩織(竹内結子)は、海(小林星蘭)が密かに思いを寄せている蒼空(井上端稀)が 転校してしまうこと、海が蒼空のお別れ会に行かなかったことを知る。 詩織は今まで海に話せなかった自分の正直な気持ちを伝え、海の手を引いて蒼空 の元へ向かう。 そんな中、舞台「ハムレット... [続きを読む]

» 夏の恋は虹色に輝く #10(最終話) [ブルー・カフェ]
フジテレビ系月曜9時ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」オリジナル・サウンドトラック延近輝之,ジュスカ・グランペール,青山政憲,e-lect,TVサントラポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る 昨日もギリギリまで撮影されていたんですね…「エキストラ」に参加された「潤坦」の方からメール頂きましたよ。しかし今日も番宣に出まくりで、「これが終われば一時ゆっくり出来るかな?」な嵐の松本潤主演による夏の恋は虹色に輝く…通称「夏虹」最終話です。 【でも好きなの…】 先週のビックリドッキリの詩織の衝撃発言により、衝... [続きを読む]

» 夏の恋は虹色に輝く (第10話 最終回 9/20) 感想 [ディレクターの目線blog]
7/19からフジテレビで始まった『夏の恋は虹色に輝く』の第10話 最終回『もう会えない』の感想。 ここまで恋バナに、海が絡んでくるなら… 最終回に半ば唐突に、蒼空(井上瑞稀)との初恋と別れによる海(小林星蘭)の成長で、大雅(松本潤)と詩織(竹内結子)の初々しい大人の恋愛を、ちょっと強引にまとめたって感じだった? 他にも、最終回だけに"いきなり"な展開でまとめに入ったってのは、ちょっと残念。ここまで海が絡むなら、学童保育の部分をもう少し丁寧に扱っても良かったような… ... [続きを読む]

» 「夏の恋は虹色に輝く」最終話 [またり、すばるくん。]
最終話「もう会えない」 視聴率13.1% [続きを読む]

» 夏の恋は虹色に輝く 第10話(最終話) [ドラマハンティングP2G]
楠大雅(松本潤)が北村詩織(竹内結子)と海(小林星蘭)に「海の父親になる」と言ったせいで、海はその場から走り去ってしまった。詩織も簡単に言ってほしくなかったと大雅に言い放ち、海の後を追いかける。その様子を大貴(沢村一樹)が見ていた。大雅から事情を聞いた…... [続きを読む]

» 【夏の恋は虹色に輝く】最終回(第10話)と視聴率 [ショコラの日記帳]
最終回の視聴率は、前回の11.5%より上がって、13.1%でした(関東地区)。初回の15.7%に次ぐ高視聴率でした♪最後、大雅と詩織と海が手を繋ぎ、海に虹がかかっている景色、綺麗で... [続きを読む]

» 【夏の恋は虹色に輝く】第10話 最終回 [見取り八段・実0段]
舞台裏で、「北村さん、北村さん。。。」とか「しおり、しおり」とか言ってるからセリフ忘れて舞台で「北村さん」と言っちゃうのかと思ったえ~。。。チョウ~簡単感想で。ずいぶん... [続きを読む]

« ≪ GM~踊れドクター≫#最終回 | トップページ | 2010年 秋ドラマ 何を見ましょう? »

最近の写真