無料ブログはココログ

« ≪ジョーカー~許されざる捜査官~≫★08 | トップページ | ≪GOLD≫#09 »

2010/09/02

≪ホタルノヒカリ2≫★09

チューは突然やってくる』(あらすじ)

少し距離を置きたいと、高野(藤木直人)が家を出ていく。蛍(綾瀬はるか)は高野を思い、小夏(木村多江)に手紙を書く。ある日、美香(臼田あさ美)が小夏の店の試食会を開くと言いだす。早智子(板谷由夏)から「後輩の仕事を見守ることも仕事」とアドバイスを受けた蛍は、黙って見守ることにするが、美香を気分転換させるため、会社の仲間との川釣りに誘う。釣りをしていると、瀬乃(向井理)と二人きりになった蛍は、彼に急接近される。



CAST
雨宮蛍***綾瀬はるか 瀬乃和馬***向井理 
山田早智子***板谷由夏 桜木美香***臼田あさ美 
二ツ木昭司***安田顕 浅田千夏***石井萌々果(子役)
井崎豊作***高橋努 杉下真菜***中別府葵 
松小路豪也***市川知宏 竹林篤志***君沢ユウキ 
梅田翔太***井出卓也 椿春乃***佐藤千亜妃 
椋木伸***栁澤貴彦 椎名あゆみ***真下玲奈 
浅田小夏***木村多江 高野誠一***藤木直人
*****

<私は恋愛に対する学習能力に欠けており
むしろ 以前より退化していると言っても
過言ではなく反面 干物っぷりは
進化しているようで 結果どうなったかと
言うと『上手く説明できないから1人になりたいんだ
大丈夫戻ってくるから、君を嫌いになったわけじゃないから』>

しゅんとしている蛍に、ぶちょおから電話が掛った。緊張して出る蛍。

「蛍です」

「誠一です」

「蛍です」

「誠一です。」

遊んでる場合じゃありません。

ぶちょおは残してきた生ハムがかなり心配だったが、
蛍に食べてもよいと寛大な所を見せつけた。

「婚約指輪。大枚をはたいて買った物を、
テーブルの横に置いたままにしてきたが。」

「大枚はたいて・・・?」

「107万円だ」

「107万円!
今私の部屋におられます。大丈夫大事にしまっときます。
・・・指輪一緒に買いに行けなくて、・・・

小夏の店で飲んで酔って寝てしまって、不がいなくてだたしなくてとも詫びた。

「そういうことも含めて、いや、とにかく
一度縁側から外に出て見つめ直したいことがあるんだ。
いろいろと考えたいことがあるんだ。」

「わかります。
ぶちょおはいつも 私よりずっと
いろんなこと考えててきっと今も
いろんなこと考えてて
それをいきなり私に全部 話しちゃうと
私はまた いっぱい いっぱいに
なっちゃうから。だからきっと・・」

「2人で乗り越えようと言っておきながら
身勝手な行動をとってすまない」

「いえ、これは 2人の問題で
2人で乗り越えることだから。
私は、ぶちょおがうまく説明できないから
1人になりたいってそう思ったなら
私は待ってます。」

「名前呼んでいいか?」

「もちのろんです。」

「ごめんな、蛍」

「ぶちょお・・・あ、私も名前を
せ・・・せい・・・」

「無理に呼ぶことはない。
『部長』でいいよ。」

「ぶちょお・・・」

「しっかり戸締りして寝なさい。おやすみ」

「はい、おやすみなさい」

縁側で、大枚はたいたと言う指輪を眺める蛍。
婚約指輪か・・世の婚約した女性は、このような代物を頂いているのでしょうか?
それにしたって、こんな小っこいもんが107万円!ビール一体何本買えるんだろう?

そんな風に思っていてなくした・・・

エレベータ前で、瀬乃と会った2人。瀬乃は、工務店のトラックから落ちてきたポールの下敷きになったが打撲で済んだ。部長に話しておきたいことがと切り出して2人で食事することになった。

慌てて、職場に戻った蛍に桜木がプレオープン前に小夏の店の試食会を開きたいと言いだした。井崎はもう皆の予定がつまっているからと渋かったが、蛍は、それを受けた。
山田姐さんも、ほ辰は思い立ったら、なんでもかんでも自分でやろうとするが、今回の担当は桜木さんに任せるとアドバイス。後輩の仕事を見守るのも仕事の一つよと。

桜木は、もう手一杯の残業をしていた。川釣りを誘われてもそれどころではないと言っていたが、気分転換に川釣りに行こうと蛍から誘った。

帰ってから、また指輪を探しだしたが、蹴って部屋は散らかり放題になった。
瀬乃と話をする部長に二ツ木がついてきた。
小夏の店がオープンする前にニューヨークへ行こうと計画している瀬乃をもう引きとめるkとは出来なかった。
部長を大好きな蛍を見ていて、蛍が好きになった瀬乃だったから、ほんとうの蛍を知るとと脅かす部長に、知ると嫌いになれるのかと聞いた。嫌いになりたいと言う瀬乃だったが最後にもっと雨宮のこと知っておこうかなと、物騒なことを言いだした。

探しても見つからない指輪。ビールを出してもいないぶちょお。寂しさが極限になった。
探すまで10年でも20年でも待つと呆れ気味に言われたぶちょおの言葉が響く。
川釣りの日、小夏を呼び出して、きちんとした人にはきちんとした人にお願するのがと手紙を託した。

階差hに行くと、山田ねんさんが、休日出勤していた。二ツ木は、引き継ぎもあるからと言ったが、やめるのは止めにしたと山田は答えた。かわいい専業主婦になりたかったけど、私はそういうタイプじゃない。男と並んで行くって言うか、むしろ男より3歩先を歩く方が自分らしいと気付いた。

二ツ木は、別れた女房の母には気に入られていた。kらの序に、一生添い遂げる女を見つけたと言ったら、泣いて喜んでくれた。それが、出張の真相だった。

「まあ、君に振り回されながら3歩後ろを
ついていきます!ときどき振り向いてくれる?」

山田は、二ツ木に泣きながら抱きついた。

小夏は、蛍から託されt手紙を高野において立ち去った。

小夏さんへ
大変ぶしつけなお手紙でしつれいします。
今朝の朝刊に「1人暮らし高齢者孤独死」という
記事があり部長の老後のことが急に心配になりました。
部長は先日出て行き、今ホテルで1人暮らしをしています。
この先どうなるか分かりません。
部長の老後はすぐそこです。
そう思うといてもたってもいられず、小夏さんに部長の老後を託すことを
思いつきました。きちんとしていらっしゃる小夏さんなら忘れずに
きちんとして下さるのではないかと・・・。
時折でいいのです。部長の老後を見舞ってやっていただけませんか?
木が向いたら出構いません。
毎朝しっかり朝食を取る部長のために私は出来なかったけど
煮干しからダシを取っておいしいおみそ汁を作ってあげてくれますか?
私は頑張ったけど、出来なかったから。
ずうずうしいお願いですが、イベリコ豚も食べさせてあげていただけますか?
私にはできなかったから。ゴーヤも部長は苦手なので気をつけて
あげていただけますか?私には出来なかったから。
私には出来なかったことだらけで、ついには大切な指輪もなくしてしまいました。
指輪なんてケッて思って・・・
でも実際に指にはめてみたら、うれしくてうれしくて・・
好きな人に貰った指輪がこんなにもうれしいものだとは・・・
私は浮かれて踊りまくり、・・・指輪を無くしてしまったのです。
そしていまだにみつかりません。
こんなアホな私の所に、部長が戻ってきてくれるとは思えません。
本当に勝手なお願いではありますが、部長の老後を
よろしくお願いいたします。部長が孤独死しないように。

                   雨宮蛍より

初めは、こんなものと言う感じで呼んでいたぶちょお。最後はとっとと家に帰りました。
廊下の縁側の戸を開けて、冷蔵庫見て、自分のビールが無いことを確認して、玄関を閉めた。

魚釣りから戻ると、ほかの女の子たちは、疲れてすっかり車の中で眠っていた。
家が近い蛍はここでと言ったが、アイスボックスを忘れたと瀬乃が追いかけてきた。
歩きながら、やっぱり蛍を嫌いになれないと瀬乃は言った。
アイスボックスと、バケツを渡して別れた。またどっかこうなと言われて。

家の方を向くと、門から高野が出ていた。

「ぶちょお?」

「帰ってきてくれたんですね。おかえりなさい!」と走り寄った。
ぶちょおは何も言わずに蛍の肩を両手で持ち、体を引き寄せた。
そして、ぶちゅっとキスをした。ドギマギした蛍は、長いキスに、慌てて眼をつむった。
【こ。これは夢にまで見たチュ~~!?】

「忘れるな、お前はオレの女だ。」

そのまま行こうとするのを、行かないでと止めた。
すぐ戻ってくると言われても「行かないで!」
ぶちょおが振りかえると、小さい声で

「もうどこにも行かないで!
指輪は一生働いて返しますから。」

「いいよ、もう指輪は。」

「でも・・・」

「1人になって考えた。
君のことや これからのこと
上手く説明できなかったこと。
けど、結論は同じだ。
君にはかなわない。」

「え?」

「俺は、一生君の縁側になるよ。」

「びちょお!」

「ただいま、蛍!」

「おかえりなさいませ。」

いつもの縁側で、少し進んだ男女関係の2人は、照れ笑いをし、座った。
蛍はビールビールと冷蔵庫を開けて、1本しかないことに気付いた。だからさっき階に行こうと思ったんだと言った。
その最後の1本をぶちょおに差し出したが、飲まれるのを目を皿にして診ていた。仕方なく高野は、残りを渡した。
「あ~、やっぱぶちょうが一番!」

さあ、探そうかと、言われた。指輪はもういいとは言われたが、また屁理屈を言っていた。

「人は誰でも、強さと弱さが混在している。
先ほど もういいと言ったのは
俺の強さだ。
今は弱いもん
107万円 惜しいもん
捜してほしいもん。」

「え~!!」

「ほら、とっとと捜せ!」

「庭になんか落ちてないですよ~。」

「酔っ払って縁側で寝たときに、指からポロりと
外れて」

「外れるかな~?
サイズはぴったしでしたよ。」

「だったら、どうやって無くなったんだよ」

「それが分かれば見つかりますよ」

「大体な俺が普段から気をつけてるように
出したものは、会った場所にきちんと戻すという習慣を
付けていれば、こういうことにはならないんだよ。」

「は?」
走る蛍。ケースごと持って

「出したものは・・・あった場所に・・・
きちんと・・・」
箱を開けると指輪が燦然と輝いた。

「戻してあった!」(2人で)

「なぁ~んだ。私もちょっぴり
成長したんですね。」

「ねぇ~。」

「って、早く気付けよ、このアホタル!」

「すいません」お辞儀して、ちょこっとしたの先を出した。

(つづく)

このちょこっと悪い癖が何とも楽しいんですね。
かなり遅れましたが、やっとアップ出来ました。

*****
今までの感想は、こちら

« ≪ジョーカー~許されざる捜査官~≫★08 | トップページ | ≪GOLD≫#09 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/49325176

この記事へのトラックバック一覧です: ≪ホタルノヒカリ2≫★09:

» ホタルノヒカリ2。9話感想&警視庁継続捜査班。次回最終回感想 [NelsonTouchBlog]
■ホタルノヒカリ2。9話 いやいや、キスしたら最終回ってわけじゃなかったみたいですけど(苦笑)なんか部長(藤木直人)のあのキスは、蛍(綾瀬はるか)にマーキングしたみたいな感じでちょっとね~(笑)俺の女だ忘れるな。って台詞はかっこよかったけど。。107万の婚約指輪を渡してすぐに、なくしちゃった~。とか抜かす女のどこがよいのか、あいかわらず俺には全然わかりませんけどね。 部長は、自分は蛍といっしょにいて色々変わったのに、蛍自身はいいところも悪いところも含め自分という存在にまったく影響を受け...... [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2 第9夜:チューは突然やってくる! [あるがまま・・・]
アホタル(¬w¬*)ウププ あたしもてっきり縁側に落としてるもんだと思ってたのに、ちゃんと箱に戻してあったとは{/ee_3/}{/presents/} 蛍もしっかりぶちょおの影響受けてるじゃん{/face_nika/} ケッ{/ee_3/}とか言ってたけど、うれしかったんだねネ{/onpu/} 浮かれて踊りまくっちゃったんだネ{/onpu/} 今回は離れ離れながらも冒頭から「蛍です」「誠一です」「蛍です」「誠一です」「蛍です」「誠一です」・・・ とラブラブムードだったのに、指輪をなくした事がバ... [続きを読む]

» ぬらりひょんの孫&新9係&ホタルノヒカリ2 [別館ヒガシ日記]
ぬらりひょんの孫は牛鬼編ラストだが リクオVS牛鬼は映像が綺麗で良くて 牛鬼は組のため命を賭けリクオ見定め リクオ3代目候補なって牛鬼を咎めず 牛鬼編が終了で予想し... [続きを読む]

» 向井理ファースト写真集『ライカム』 |大野 和香奈 [ベストアンサー]
向井理ファースト写真集『ライカム』大野 和香奈ワニブックス 刊発売日 2009-... [続きを読む]

» 別府 飲み放題 秘湯 [食べ放題 飲み放題 最新情報]
≪ホタルノヒカリ2≫09: まぁ、お茶でも 井崎豊作***高橋努 杉下真菜***中別府葵 松小路豪也***市川知宏 竹林篤志***君沢ユウキ 梅田翔太***井出卓也 椿春乃***佐藤千亜妃 椋木伸***栁澤貴彦 椎名あゆみ***真下玲奈 浅田小夏***木村多江 高野誠一***藤木直人 ... 帰ってから、また指輪を探しだしたが 、蹴って部屋は散らかり放題になった。 瀬乃と話をする部長に二ツ木がついてきた。 小夏の店がオープンする前にニューヨークへ行こうと計画している瀬乃をもう引きとめるkとは出来なか... [続きを読む]

« ≪ジョーカー~許されざる捜査官~≫★08 | トップページ | ≪GOLD≫#09 »

最近の写真