無料ブログはココログ

« ≪ GM~踊れドクター≫#07 | トップページ | ≪ジョーカー~許されざる捜査官~≫★08 »

2010/08/31

≪夏の恋は虹色に輝く≫★07

『涙のバースデー』(あらすじ)

大雅(松本潤)は詩織(竹内結子)とキスをしたという出来事がうれしい半面、苦しくて複雑な恋心を植野(笠原秀幸)に打ち明ける。以来、大雅は事務所に顔を出さなくなっていた。ある日、大貴(沢村一樹)と大雅が自宅にいると、そこへ真知子(松坂慶子)が桜(桐谷美玲)を伴って帰ってくる。桜は、先日放送された真知子と大雅の温泉番組についての読者投稿記事が載った新聞を持ってきたのだ。好意的な記事の内容に、大雅は感動する。帰り道、桜は送ってくれた大雅に自分の気持ちを伝える。告白されたことさえ気付かない大雅に、桜は突然キスをする。しかし、二人の姿を詩織が目撃していた。


CAST
楠大雅:松本潤
北村詩織:竹内結子

楠大貴:沢村一樹

宮瀬桜:桐谷美玲

植野慶太:笠原秀幸

伊良部譲:永山絢斗
青木久雄:
松重豊

楠航太郎:伊東四朗(特別出演)

楠真知子:松坂慶子
*****

ごめんと言いながら、またキスをしてしまう2人。詩織は受け入れて、また混乱の繰り返しで、慌てて海のお迎えに走った。

大雅は、初めての感情に、自分を持て余していた。親友慶太が撮影で会えないもので、携帯に必死にその感情をぶつけた。

「眠れないしさ、もう こんな気持ち初めてだよ」

「・・・もう、十日も会わないとお前のぶつぶつ言ってう声さえ愛おしいよ。」

「十日も会ってなかったけ?」

「だから今日はとことん聞いてやる。
『こんな気持ち』って何?どんな気持ちなの?」

「『どんな』って言われても
何かさ、 こう 胸の奥の方が
異様に熱いんだよ。
何か呼吸も浅くなっちゃうしさ」

「へぇ~」

「すげ~、苦しいんだ。切ないよ。
いらだちもある。焦りもある。
でも、もう忘れらんないんだよ。
あの一瞬を。」

「ふ~ん。」

「やさしくて 苦しくて 痛くてさ。
もうこんな いろんな感情が一気に来たら
俺はどうすりゃいいんだよ」

「恋する男って複雑なのね。」

恋?そうか。
これが恋か。
このめくるめく思い。
おれは何故今まで気付かなかったんだ?
箸の使い方とかそういうものをこう
はるかに越えた この感覚。
かわいいとか美人とかそういうものを
はるかに越えたこの感覚。
そしてこの 胸の痛み。
そう、これが 本物の恋なんだよ。」

「ねえねえ、いつまで続くのその演説。
俺、そろそろ撮影がさ。
僕が演じる田中よしおのセリフにこういうのがあったよ
『恋は 僕をしあわせになんかしてくれない。
恋は僕をどれだけ我慢強い人間かを調べる
リトマスそ試験紙みたいなものさ!』」

「リトマス試験紙?」

「今お前は試されてるんだ。いいかな悩め、耐えろ
それが恋だ。いいな?頑張れよ。愛してるぜ、バイバイ」

電話を切られても、大雅の胸は苦しく、苦しいくらい詩織を好きだと感じていた。

事務所にも顔を出さず、家にこもる大雅。今月の月給17000円では、外食もままならなかった。
母の真知子が、桜を連れてきた。桜は、親子の温泉行きの番組を見た視聴者がとても好意的な投書をした新聞を持ってきた。喜ぶ大雅。
桜を送ってて橋の上で、大雅は桜にキスされた。
向いの道路で、2人を見てしまった詩織。

追いかけた大雅。スーパーの前で、やっと詩織と会えたが、やたら強がりを言う詩織に、痛めつけられる大雅。来週海の誕生日を皆で祝うという案も、友達呼んで家でやると言われて、さらに元気が無くなった。

広場の屋台でアイスクリームを買う大雅に声をかけたのは、嫌味な譲だった。
まるっきり俳優としてのオーラが消えていたが、話を聞くと、
当面の目標は、大雅をぶっ潰すことと、
桜との共演だった。だが大雅は自分でつぶれたし
桜との共演も終わったし、
譲は燃え尽きたと言った。

映像の世界は、だいぶ分かったし
他の世界を修行しようと思ってるんだとバッグからチラシを出した。

有栖川正志×
演劇ワークショップ
参加者募集!

とあった。演芸会の奇才だ。
ギャラもなく、逆にレッスン料を払って2週間の特別ワークショップだ。
事務所にはかなり ぶつぶつ言われたけど、僕は受ける!
大雅君もやってみない?
そうか、誘いたくて、一人じゃいやなんで大雅を誘ったのか・・

事務所で青木に話をすると、2週間発つ前にダメになるやつとか、
終わったからって有栖川の舞台に立てるとは思うなよと言われた。
それでもお前やるのか?

「はい、やらせてください!」

うれしいね~。
いや~、お前がこういうの自らやりたいって
言いだすなんて、感激だよ。
そうだよ!おまえみたいな頭でっかちな奴はな
こういうところで根性から鍛え直してもらった方が
いいんだよ。
いや~、お前のそのやる気がうれしいよ

オイ、受講料位出させろ。
この2週間終わった後はバラエティー
ばんばん ばんばんいれとくからな。」

「うん、あ、はい、おねがいします」

ワークショップの厳しさを鳩間達に脅されてビビるが、詩織と目があってドギマギしていると、青木にちょっと話がと言われた。

奥へ引っ込んで、お前北村さんと何かあったかと聞かれたが、聞かねえよと言ってくれた。
美人だし、お前がくらッと来んのも分かる。・・でもちょっと冷静に考えてみろ。
お前がもし北村さんを好きになって一緒になりたいと思ったとして、あの親子をちゃんと養っていけるのか?海ちゃんの父ぴゃになれるのか?6歳の娘を 親としてきちんと育てる事が 出来るのか?楠航太郎の息子として若手の 一俳優としてお前が進もうとしている道は本当に正しいと思えるのか?俺だって 嫁さんに出て行かれたまんまで、伊bれ田口じゃないよ。でもな、航太郎さんがいない今、お前の親代わりだと思って。
世の中惚れたはれただけじゃどうにもならないことがたくさんあるんだよ。
詳しく聞く気はない。ちょっと考えてみろ。
大人のアドバイスですね。聞かないわけにはいかない・・・

海のたっての願いで、お誕生日限定アイスを食べたいと詩織にねだった。
車の中の店員に、声をかけると、ぬっと顔を出したのが大雅だった。
何でと聞かれてただのバイトだよと答えた。
食べ終わった海たちを追って大雅が来た。ちょうど休憩と言った。急だったんで何もないと言いながら考えて、2人を5分付き合ってと、楽器店に連れて行った。
大雅は、ポロンポロンと手奈良市で引いてから、海を見ながら、♪ハッピーバースディとゆー・・♪と歌いだした。

海は。ありがとうと、応えた。すると、周りの子供たちもおめでとう祝福してくれた。
ピアノが弾ける大雅にびっくりした詩織だったがお坊ちゃまをなめんなよ、ピアノだって、英会話だって、バイオリンだって習わされたんだ。まあ昔の話だけどね。

「ありがとう。なんか夢みたい」そういう詩織に

「北村さんを好きになってよかった。
後悔はないよ。
いい恋が出来てよかった。
こんな思いがあるって知ることが出来て
よかった。
北村さんのことを 考えてると
すげえ苦しかったけど、
すげえ 幸せだった。
俺こそありがとう。
2人の幸せを祈ってる。」

海の方へ行くと、大雅ピアノ上手だねと褒めていた。
大雅は海にいくつになった?と聞いた。今日から7歳。

「7歳か。じゃあもう 十分大人じゃん。
どんどん大きくなって、ママの事守れよ。」

「うん!」

大雅は、店員に礼を言って店から出て行った。
其れを見て詩織はまた泣いた。
この泣き虫の設定がとっても気分を害します。

詩織の部屋に義弟が来た。海たちは喜んだ。

日曜日なのに大雅が、事務所に行くと、桜がいた。CMのオーディションを受けてきたと言った。自主練と言って奥へ行こうとすると、北村さんを忘れさせてあげると、大雅の唇に迫った。

譲君と桜が、気になりますね。
大雅が、アイスクリーム屋さんのユニフォーム来てこれがかなり似合ってました。

*****
今までの感想は、こちら

« ≪ GM~踊れドクター≫#07 | トップページ | ≪ジョーカー~許されざる捜査官~≫★08 »

ドラマ(な)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/49309411

この記事へのトラックバック一覧です: ≪夏の恋は虹色に輝く≫★07:

» 夏の恋は虹色に輝く #07 [ぐ〜たらにっき]
『涙のバースデー』 [続きを読む]

« ≪ GM~踊れドクター≫#07 | トップページ | ≪ジョーカー~許されざる捜査官~≫★08 »

最近の写真