無料ブログはココログ

« ≪ジョーカー~許されざる捜査官~≫★05 | トップページ | ≪GOLD≫#06 »

2010/08/12

≪ホタルノヒカリ2≫★06

『結婚白紙!?ほっとく大作戦』(あらすじ)

(綾瀬はるか)は高野(藤木直人)から「結婚はやめよう」と告げられる。高野との同居生活は変わらないため、蛍は気にも留めなかった。だが、同僚の早智子(板谷由夏)から、結婚をやめることは、蛍がほかの男性の恋人になっても構わないということだと言われる。そして、早智子から、高野にもう一度プロポーズさせるように仕向ける恋愛技術を吹き込まれる。しかし、蛍は高野を放っておくことを決意する。一方、瀬乃(向井理)は、そんな蛍の変化を感じ取っていた


CAST

雨宮蛍***綾瀬はるか 瀬乃和馬***向井理 
山田早智子***板谷由夏 桜木美香***臼田あさ美 
二ツ木昭司***安田顕 浅田千夏***石井萌々果(子役)
井崎豊作***高橋努 杉下真菜***中別府葵 
松小路豪也***市川知宏 竹林篤志***君沢ユウキ 
梅田翔太***井出卓也 椿春乃***佐藤千亜妃 
椋木伸***栁澤貴彦 椎名あゆみ***真下玲奈 
浅田小夏***木村多江 高野誠一***藤木直人

綾瀬はるか 向井理 板谷由夏 安田顕 木村多江 藤木直人

縁側で、こんな話から始まった今夜は・・・

「俺も立ち止まって出した結論がある。
結婚はやめよう。」

「あの、エーと、あの、私のこと・・」

「好きだよ」

「ドキューン!」

「大好きだよ。」

「ドキューン!」

「結婚は考え直そう」

「はぁ?」

「あの夏の日のことを覚えてるか?
君が恋をしたあの夏・・・
久しぶりの恋だと言った。
あっ、相手の名前を覚えてるか?」

「マコト君です。」「上の名は?」

「え~っと・・・」

「そんな風に、付き合ってた人の名前も
すぐに思い出せないような干物女の君が
恋をしたあの夏。俺はそれをそばで見ていた。
恋愛から遠ざかっていた君は。些細なことで
泣いたり笑ったり忙しかったな。
いつも一生懸命だった。」

「でも、うまくいきませんでした。」

「でも。一生懸命な君は、可愛かったよ。
頑張ってる君を愛おしいと思った。」

「ぶちょお!」

「今は違う。
無理をさせているんじゃないかと思う。」

「え?」

「結婚に向けて頑張ってる君を見ると
無理をさせていると思ってしまう。」

「どうしてそんな・・・」

「結婚しようと言いだしたのは、君じゃない。
俺が言いだした事だ。恋愛と違って
結婚なら君を落ち着かせてあげられるん
じゃないかと・・・君のいない3年間、君を思って
俺が考えたんだ。でもそれが結局君を
ふりまわすようなことになった。」

「そんなことないですよ!」

君は俺に言われるまで、結婚んなんて
考えたこともなかったろう?俺が言わなきゃ
君は結婚に向かうことはなかった。
もう、結婚という言葉に縛られるのは
よそう。ありのままの君でいい。
結婚はやめよう、君のために

「でも」

「やめたと言っても、同居を解消するわけじゃないから」

「一緒に 居てもいいの?」

「いいよ。」

「変わらず、いっしょにいてもいいんですね?」

「ああ」

こんな縁側対談が終わり、自室で寝た蛍だったが、寝付けない。
冷蔵庫からビールを出し、しばし考えた。頭の中では、ぶちょおの

『結婚はやめよう!』が渦巻いていた。
プシュっと缶を開けて、ぐびぐびとビールを飲み、
<<まあいいか、私のような女でも結婚できると思えただけで
フラレタわけじゃないし、ぶちょおが私のものには変わりが無いんだし
待てよ?私のもの? ち!まだ私のものにはなってないぜよ!
そうだ、寝込みを襲って、私の物にしてしまおう!私以外の女とは
結婚できない体にしてやろうっと。
ざま~みそ汁!「突撃隣の晩御飯だ」>>

<<きたよ。めくるよ。入るよ。・・・>>
寝てしまった。久しぶりすぎて、それからが思い出せない、分からない蛍。

高野にスタンドをつけられてしまった。
持てあました体は、エグザイル、キョンシー、ウサギと演じて、逃げ帰った。

翌日壁に張った結婚とはと言う、戒めの文句をはがした。

小夏の店がもうすぐオープンまでこぎつけた。
千夏は、蛍の結婚式に間に合うといいなと言った。
蛍は、結婚は亡くなったと答えた。驚く2人。
小夏は、そっと蛍に話しあったのかと聞いた。

「結婚は2人で決めることよ。
どちらか一方の意見を押し通すのは間違ってる。
雨宮さん。そんなに簡単に終わらせないで、
終わらせちゃ困る。」

そう言って、皆さんで、と渡されたお重には、おはぎが入っていた。

山田姐さんは、結婚が御破算になったと話した。姐さんは、将来は、専業主婦と宣言したら二ツ木との話が進まなくなって、彼の腰が引けたことを語った。結論は

ほっとく!」

蛍もしばらく部長のことほっといて他の男ものになってもいいということなんだから、
それで部長をハラハラさせて、俺の女にしとかなきゃと思わせてそれでもう一回
プロポーズさせると策を与えた。

エレベーターで。桜木たちと一緒に乗り合わせた二ツ木は、瀬乃さんは、雨宮先輩が好きと聞いて新たな展開に驚いていたが、人事部に戻ると瀬乃がいたのでびっくり!
契約更新について、瀬乃はこのままにしたいが、会社は、更新してほしいと書類を渡しながら、瀬乃を観察。顔が小さくて、年が27で、お肌は、弾力があって、若いってだけで脅威なんだよねと、つい高野や自分の年と比較していた。

蛍は、ぶちょおに小夏の店は、アルバイトを雇う方向になったことを報告した。
鼻の下に”鼻クソ”?
言おうか言うまいかと苦悩する高野にコーヒーでもと考えた蛍。戻りかけてぶちょおが
「はなくそ!」と言った。ハッとして探るとおはぎの小豆がついていた。<もう、ほっといてやる!>

帰宅した高野に異臭が襲った。
鼻をつまんだ蛍が、体操着を着て現れた。異臭の元を探ると、蛍の全部積んであったジャージーの中だった。めくると、”○んこ”が山のよう。

窓は開けっぱなし。猫の出入りは自由”○んこ”のし放題だった。
汚れたジャージは処分するようにと言うぶちょおに洗えば奇麗になると譲らない蛍。

「君を抱くたびに、○んこを抱いているような気分になる。」

「私を抱く?『結婚はやめよう』と言っておきながら
私を抱くなんて!
ぶちょおは結局私んからだだけが目当てだったんですか?
しどい!」

「昨夜は俺の体目当てに、俺の部屋に
忍び込んだろう。」

「ち、バレテたか。」

「ジャージは、新しいのを買いなさい。
どうせ破れたのやら、染みのついたのやらばかりだろ。
買い換えるいい機会だろう。」

「でも・・・」

「がっくし預金を使っていいから。」

「がっくし」

「明日にでも買いに行きなさい。」

「は~い。」
「ついでに俺の新しい甚平も買ってきてもらおうかな。」

そこではっとした、蛍はぶちょおをほっとくんだった。

翌日、ジャージ100円均一セールにどうしてもとエレベーターに乗り込むと、やっぱりジャージが欲しい瀬乃が乗り込んできた。
セールは、盛況で瀬乃が確保した甚平だけしか買えなかった。
話せば話すほど瀬乃は「干物男」だった。
別れて、瀬乃は、後ろのニューハーフと紙袋を間違えていたことに気付き電話すると、携帯が、カラオケルームの座席で鳴った。慌てて追いかけると、自販機でビールを買う蛍を見つけた。

話を聞いた瀬乃は、簡単じゃんと言った。
部長から一方的に断られたプロポーズだったら、今度は蛍がプロポーズすればいいと。

「恋愛なんて突き詰めればエゴ!
エゴイズム! 利己主義 わかる?
自分が一番、ホントに好きなら相手に男がいようが
女がいようが好きなもんは好きってぶっちゃけんのが恋愛だろ。
いい人ぶってたら、恋愛なんかできねえんだ。
結婚もそうだろ。結婚したいなら、結婚したいと言えばいいんだ。
私のためとか部長のためとかごちゃごちゃ言ってねえでさ。
結婚やめたくないって言えばいんだよ。
部長と結婚したいんだろう?
けっこんやめたくないんだろ?
だったらその気持ち伝えろよ。
自分からプロポーズしろ」

「どうしえ分かるの?私の気持ち、
誰にも言えなかった私の気持ちどうして瀬乃さんに分かるの?」

「好きだからだよ、惚れてるから、
だから分かるんだよ。」
ハッとして瀬乃は、忘れてくれと言った。

走って帰宅した蛍は、遅れて戻ったぶちょおに今言いたいことがあると言った。
縁側に腰を掛け、

「私、ぶちょおのことが好きです。
大好きです。すっごく好きです
ものすごく好きです。3年前よりも
ずっとずっと好きです。大好きなんです」

「分かった分かった、それは分かった」
ジョギング中の井崎が、瀬乃と蛍を目撃したことは黙っていたが、独りでジャージも買わずに帰ってきたと話す蛍に、

「そう」

「ぶちょお、私が結婚に向けて頑張っていたのは
ぶちょおのことが好きだからです。
3年間私のことを考えていってくれたことに応えたかった。
一生懸命応えたかったんです。
ぶちょおのために無理をして頑張っていた私は、
ありのままの私なんです。だから・・・
結婚してくれませんか?
私と結婚して下さい。
私のこと離さないで、ほっとかないで。
私は一生ぶちょおの女です。」

「ああ、君がそれを望むなら
『結婚を辞めた会』を脱退し
『結婚してやる会』を結成しよう。」

「会員は、全部で2名ですね。」

「2名で締め切る。他の物は入れない。
誰が入りたいと言い寄ってきても断ろう。」

「勝手に入って来たら?」

「入るのか?そう言う誰か?」

「勝手に入ってきても、追い出しましょう!」
お互いに微笑み

「くっついてもいい?」

「いいよ。また座ったまま移動かよ」

「チュ~しよっかな。」
初めてだから激しく熱く、お互いをむさぼりあう、と脅かした

「ワオ!」

いざとなるとぶちょおはウサギの物真似なんかする変な顔の子には
キスは出来ないと逃げた。
ぶちょおの甚平を買ってきたから着てほしいと紙袋を渡した。
これがまた、爆笑物の大きな花柄のムームーsign03
しっかり試着してくれるぶちょおだから、蛍は気持ち悪がってましたが、なかなかお似合いでしたgood

山田姐さんは、二ツ木さんに、専業主婦を宣言。責任重大な二ツ木さんは、かなり腰が引けてます。この2人もほっとくのではなく、もう少し話し合ってほしいな。
2人の将来は、二人が思い描くわけですから、かなり話し合わねば・・

*****
今までの感想は、こちら

« ≪ジョーカー~許されざる捜査官~≫★05 | トップページ | ≪GOLD≫#06 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/49127582

この記事へのトラックバック一覧です: ≪ホタルノヒカリ2≫★06:

» ホタルノヒカリ2 第6夜:結婚白紙!?ほっとく大作戦 [あるがまま・・・]
チュウしないんだ〜(TεT;)チェッ せっかく仲直り出来たのに、何で〜〜〜?{/face2_lose_s/} 二人して結婚やめた会を脱退し、結婚してやる会の会員になって、誰かが入会したがっても 二名で締め切り、勝手に入ってきた奴も追い出そうと誓ったのにねー{/face_nika/} こんな二人なので、甘いムードは苦手なのかな〜{/ase/}それともぶちょおは瀬乃の事が 引っ掛かってるとか??? てか、初めてのチュウは激しく熱く、お互いをむさぼり合うような…ってハードル高過ぎっ{/ee_3/} で、... [続きを読む]

» 大人のお子様ランチには干物がありますか(藤木直人)子供の大人ランチには旗が立ってますか(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
「ホタルノヒカリ」というタイトルを考えると、主人公のアホ宮こと雨宮蛍(綾瀬)がかかっていることはすぐにわかる。 蛍は結婚適齢期を少し過ぎた干物女で独身女性だ。もちろん、結婚適齢期などという怪しげな期間がどうなのかは別問題である。 その蛍の光(魅力)を愛おしく思った男がぶちょおこと高野部長(藤木直人)... [続きを読む]

» 『ホタルノヒカリ2』 第6話 [美容師は見た…]
今回は笑いどころがいっぱいで楽しかった~♪しかし、3年前につき合った彼のフルネームが言えないなんて。マコト君って何だったの(笑)何かと「久しぶりすぎて」と口走る蛍が謎だし~。キス以上の経験があるとは思えないんですけど~(ノ∇≦*)キャハッッッ♪そして、あの二人のおそろはど... [続きを読む]

» 「ホタルノヒカリ2」第6話 [またり、すばるくん。]
第六夜「結婚白紙!? ほっとく大作戦」 視聴率15.0% [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2「婚約解消?干物女にあらたな男」 [のほほん便り]
今週も、笑えるところが盛り沢山で楽しかったです。かぎりなく美男美女が「そこまで…やる?!」な感動に近い、というか… (^^;) 毎回。名物の、何らかのコスプレ(着ぐるみだったり、どじょうすくい姿だったり)だけど、今回のソレはぶちょおの「ああ、勘違い(ちょっとした手違い)」による派手なムームー姿だったオチには思わず (^∇^)アハハハハ!  オハナシは、頑張りすぎてる蛍(綾瀬はるか)を見て、ぶちょお(藤木直人)が思いやりから婚約の白紙撤回を言い出したことから。ぶちょおを愛する蛍は「彼が、そ... [続きを読む]

» 日本テレビ「ホタルノヒカリ2」第6話:結婚白紙!? ほっとく大作戦 [伊達でございます!]
共感できる瀬乃。ホタルと高野が一緒にならないと「困る」と口にしてた瀬乃と小夏の思いもわかりますが、個人的には、ホタルと瀬乃が一緒になる展開を見たいものです(笑)。 [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2 第六夜 ほっとく大作戦! [レベル999のマニアな講義]
『結婚白紙!?ほっとく大作戦』“婚約解消?干物女に新たな男内容突然、ぶちょお(藤木直人)から、“結婚は、考え直そう”と言われたホタル(綾瀬はるか)「結婚」という言葉に縛... [続きを読む]

» ぬらりひょんの孫&新9係&ホタルノヒカリ2 [別館ヒガシ日記]
ぬらりひょんの孫はリクオ達が襲われるも 馬頭丸VSゆらだが少しだけで終わり 氷麗を助けリクオVS牛頭丸で覚醒が見え 次は2バトルがメインだろうから楽しみだよ [続きを読む]

» ホタルノヒカリ #6 感想 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
ホタルノヒカリ #6 結婚解消しても縁側でらぶらぶいちゃいちゃ! 縁側でケンカ?風な言い合いをしている二人もかわいいですね!! ぶちょおのベッドにもぐりこんだり(´∀`*) バカップルすぎるwwwwww 「むかえにきてーー!(ゴロゴロゴロゴロ)」 「迎えにこなく...... [続きを読む]

» 【ホタルノヒカリ2】第6話 [見取り八段・実0段]
俺が言わなきゃ君は結婚なんて考えたこともなかった。もう結婚に振り回されるな。ありのままの君で居ればいいから。ぶちょおに言われた雨宮は考える。まっいっか。結婚しなくても部... [続きを読む]

« ≪ジョーカー~許されざる捜査官~≫★05 | トップページ | ≪GOLD≫#06 »

最近の写真