無料ブログはココログ

« ≪ジョーカー~許されざる捜査官~≫★06 | トップページ | ≪GOLD≫#07 »

2010/08/19

≪ホタルノヒカリ2≫★07

『干物女 秘密のドキドキ』(あらすじ)

高野(藤木直人)にプロポーズした蛍(綾瀬はるか)だったが、自分も瀬乃(向井理)から告白され、話し掛けられるだけでドキドキしてしまう。ある日、美香(臼田あさ美)たちがパワースポットへ行くという話で盛り上がっていた。蛍は高野との結婚に向けて頑張り続けるパワーを付けるため、美香たちと一緒に行くことにする。


CAST

雨宮蛍***綾瀬はるか 瀬乃和馬***向井理
山田早智子***板谷由夏 桜木美香***臼田あさ美
二ツ木昭司***安田顕 浅田千夏***石井萌々果(子役)
井崎豊作***高橋努 杉下真菜***中別府葵 
松小路豪也***市川知宏 竹林篤志***君沢ユウキ
梅田翔太***井出卓也 椿春乃***佐藤千亜妃
椋木伸***栁澤貴彦 椎名あゆみ***真下玲奈
浅田小夏***木村多江 高野誠一***藤木直人

*****

<恋愛の神さま
昨夜私は自分から
プロポーズいたしました。
恋愛から遠ざかっていた私には
信じられないような成長っぷり
そしてもう一つ
若い男に告られました。
若い男に言い寄られるなんて
何年ぶり?
ダメ!ダメダメ!ダメダメ!
でも私のような女にとって
めったにない出来事。
恋愛の神様 ほんの一瞬

いい気になってもいいですか?
若い男と、あまり若くない男
2人の男に愛されてる あ た し>

洗面所でいい気になっている蛍にぶちょおが「おはよう!」と声をかけた。
ハッと我に返った蛍は<あまり若くないほうの男>と口から出そうになった。

「昨夜はありがとうございました。
結婚 承諾してくれて」

「あ、ああ、」

「じゃ すいません。
すいません、もう終わりましたから。」
と洗面所を交代した。

会社のエレベーター前で、後輩桜木とあった。
乗り込むと後ろから<若いほうの男!>
どきどきしている蛍に、後で話があると声をかけた。

給湯室で、渡されたのは、カラオケで忘れた携帯。
話って
「俺、雨宮のこと 今までと変わらず、友達ってことで よろしく!」

「え?」我に返った蛍にさらに

「大事なこと言い忘れた。
今日 仕事終わった後、何か予定ある?」

「あ・・・スケジュール帳見てみないと分かんないけど」

ごそごそ、バッグから出して開くと”まっさら・・”

「あ!OKだな」強引に約束して消えた。

<私の心はぶちょお で一杯なのに
ドキドキしちゃうなんて!ダメダメ!しっかりしなきゃ、頑張らなきゃ>

胸を叩いて、ドキドキを抑える蛍を見てぶちょおはなぜか、ゴリラのモノマネと結び付けて、何で朝からゴリラ?と首をかしげた。

桜木が、パワースポットへ行こうと同期を誘っていた。
「強い波動が集まる場所って言われてるんです。
元気になったり、パワー貰ったり。
それからんが居ごとも叶えてくれるって
いわれてるんですよ。」

「そこへ行くだけで?
何の努力もなしに?」

「いいですね、最近 ラブラブ~なメールが来ないから
ぼくも行きます!」

後ろの席で、ぶちょおは蛍が行きたがっているのを不思議そうに見ていた。

二ツ木が家に来た。山田姐さんは、夏休みを取ったが、どこかへでかけたか?と聞くとそれがいつもならすぐに遊びに行くのに、ずっと家にいると答えた。
それじゃ、早く帰らないととぶちょおは心配したが、恐くて帰れないんだよと、二ツ木は言った。そこへ、蛍が戻ってきたが、間違えて持ってきた紙袋を交換に行くと、ぶちょおがこの間着た、ムームー入りの袋を受け取った。

瀬乃と出かけると言って、消えた蛍に、二ツ木は、気が気でない。

約束の時間に瀬乃とあった蛍。取り違えたのは、変な帽子かぶってた男は『サマンサ』と言う店をやっていると詳しかった。独りで大丈夫と言った蛍に、そう言いながら間違えるんだろう、だから一緒にと蛍の手を取った。

「ん?」

「ああ、つないじゃダメ?
友達だし」

「いや、つながないんじゃないかな
友達だから。」

「つながないか・・・」

「あ、じゃあ、・・じゃあ、これ」
蛍は人差し指を1本だした。昔の映画E,Tのように瀬乃も人差し指を出してくっつけた。

『サマンサ』は怪しげな店だった。挨拶をして紙袋を交換。
するとサマンサは、瀬のに行くジョイなし男が見えると言った、
「俺は信じませんけど」
蛍には孤独の・・・「私、も信じません」

縁側で、ビールを飲む2人。
高野にいつだってお前は100%完璧目指すと二ツ木。
「俺は、雨宮と一緒にいることで
教わったことがあるんだ。
時々は、力を抜いていいんだってこと。
な~んも考えず、のんびりこうやって縁側で
まったり過ごす時間が時には、すごく大事だってこと。
会うを頑張るために そう言う時間の大切さを
雨宮から教わった。
まぁ あんな干物女から何か学ぶなんて
しゃくだけどな。」

「そうお?」

「だから瀬乃は・・・瀬乃の存在は
気にならないと言ったらウソになるけど
候思うようにしてる。『ま、いっか』」

飲み屋街の出口で瀬乃と分れた蛍は、胸を押さえてまたサマンサに戻った。
サマンサの占いは当たるからと男が言っていたのでその男に次いで見てもらった・・・
「破滅の予兆」があると言った。パワースポットですねと話す蛍に、スカーフを掛けた。

夏休みの山田は、小夏と外で会っていた。
結婚したら、仕事を辞めると、決めたと話すと小夏がなだめていたが姐さんはなかなか強硬だった。高野の同級生二ツ木と話すと、知っていた。なかなか腹をくくってくれないし、自分のことより、とのことばっカリ心配している彼。小夏と話すことで、少し吹っ切れた姐さんだった。同世代と言って、小夏は、少し年上だった。

帰宅した蛍は、パソコンでパワースポットを調べていると、「見も心も清めること」と事前準備に書いたあったが、ぶちょおに教えて欲しいと頼んだ。たとえば冷たい水を頭の上から浴びるとか・・大事なYシャツにチョコの染みをつけられて、腹を立てていたぶちょおは喜んで、蛍の頭から水を浴びせ、まだ足りないとホースで水を掛けた。
だが、結婚に向けて頑張り続ける力と言う蛍に、何があったと聞いた。でもいいとこで、ぶちょおはさらに水を掛けた。

二ツ木は、颯爽と仕事する山田をカッコイイと思っていた。だから本当に仕事を辞めていいのかと聞いた。

休みの朝、パワースポットに出かけた蛍。
久しぶりに独りになれる休日を満喫しながら作ってやった、持ってけドロボーと言いながら、愛情いっぱいのお弁当を蛍に差し出したぶちょお。

桜木は独りで一緒に行った男子にモテテいた。なよなよしても蛍にはむ向きもしない3人に「ち!」と舌打ちをした。

竜が目覚めるくらいの大声で願かけをすると言われて皆かなり思い思いの願かけをした。蛍は「パワーをくださ~い!!」

ぶちょおのお弁当はおむすびころりんだった。すわって開くとおむすびがコロコロと下へ落ちて行った。

のんびりしていたぶちょおに小夏から電話があった。いつもの着付けの人が都合が悪くて浴衣が着られないが、高野は男だが着付けが出来るからお願いと言われた。帯を結んでできあがったが、少し後で「左前」になっている事に気付いた高野は、追いかけた。幼稚園のお迎えに時間が無いと言う小夏を、行きつけのブティックの試着室を借りて、直した。
ここでの会話は、ぶちょおと小夏の間の男と女の間がらをにおわせていました。

休みにジョギング中の井崎は、またぶちょおと小夏があっているのを目撃。左前を気にしない小夏の手を引いた所だったから、カッコ良かったと会社でバラシタ。
蛍の態度が急変。いつの間に2人だけが残る残業状態になった。
井崎の言ったことを説明してもいいかとぶちょおは聞いた。

「昨日は、ずっと家にいたと、結果的にウソをついてしまった。
すまない。」

「小夏さんと会ってたの?」

「浴衣の着付けを頼まれた
それだけだ」

「井崎さん ぶちょおが小夏さんを連れ去ったって。」

「着付けの仕方が間違っていたことに気付いて
慌てて追いかけただけだ。」

「どこに連れ去ったんですか?」

「近くのブティック
試着室を借りた。」

「どうして?」

「千夏ちゃんとの約束の時間に
間に合わせるため。」

「そうじゃなくて どうして
『家の中に ずっといた』って
ウソをついたんですか?」

「正直に言ってもいいか?」

「もちろんです。」

「多少ドキドキした。」

「ドキドキ?」

「小夏に対して そういう感情の
さざ波が起きたから、君には話しずらかった。」

「コクられたんですね?」

「えぇ?」

「子夏さんい好きだと言われて
言寄られたんですね?」

「なぜそういう発想になる」

「だって 隙ってって言われなきゃ
ドキドキしないでしょ?」

「好きと言われなくても
ドキドキすることなんてあるだろう。」

「階段を駆け上がったときとか?」

「そういうんじゃなくて!」

「どういうことですか?」

「試着室のような狭い空間に男と女が
2人でいたら、そういうことだってあるだろう?」

「『そう言うこと』ってどういうこと?」

「だから君には、分からないかもしれないが・・・」

「分かりません!」

「何もなくてもドキドキすることがあるんだよ!
男には。
女を感じさせる女っているだろう?」

「小夏さんが、そうなんですか?
ぶちょおは小夏さんに女を感じたんですか?
それでドキドキしたんだ。」

「だからと言って 小夏となにか
あったわけじゃないから。」

「何もない方がショックです。
何もないのにドキドキするなんて・・・」

「言わなきゃよかったな。」

「そんな!隠される方が
もっとショックです!」

「君も隠してることがあるのに?
いやいいんだ。
これからはあまりバカ正直になにもかも
話すのはよそう。」

「そんなのイヤです。
じゃ 正直に話します。私が隠してること。」

「もう聞かないと言ったろう。
聞きたくない」

「いえ、私も正直に話します。
私 瀬乃さんに・・」

「放さなくていい!」

「好きだと言われてドキドキしました。」

「聞きたくないって言ってるだろうannoy

「でも・・・でも。私・・」

バッグを出して、逃げるようにぶちょおの前から退散。
ぶちょおは「はぁdash」とため息をついた。

会社を走り出た蛍。苦しいので立ち止まり、ハッとして、サマンサ科ら買ったパワーが出ると言うスカーフを肩に掛け
<どうか私に頑張るパワーを!>と、瀬乃から携帯が鳴った。

「今桜木と飯食ってるんだが、サマンサが
逮捕されたニュースをやってる・・・
怪しげなスカーフを売りつけてたって」

「え?」

「桜木がさぁ。アンタが持ってるのによく似てるって」

「え?」

「大丈夫?
桜木にも言ったんだけど、パワースポットとか何とか?
力を借りようとするのはいいけど結局は、自分だろ?
自分がダメだと思った瞬間、ダメになる。
敵っつぅのはさ、いつでも自分の中にいるんだよ。
じゃ、じゃあ、まぁ、そういうことで。」

瀬乃は、桜木に
「雨宮ってさ、ときどき 自分のことダメだダメだっていうとこあるから
そんなことねえのにな。」

「瀬乃さんもダメだって思わないで
頑張ればいいのに。」

「え?」

「部長から、雨宮先輩
奪っちゃえばいいんですよ!」

「俺に言いたいことって それ?」

「そうですよ、瀬乃さん、このままじゃ意気地無しですよ。
意気地なし男ですよ!」
カツ入れられてますねhappy01

蛍は、今瀬乃から言われたことが、頭をぐるぐる回っていた。
通りかかったぶちょおが
「雨宮!」っと驚いたように声をかけた。

「アホ宮ですよ。」

「何やってんだ」

「待ってたんです。一緒に帰ろううと思って。
・・・今回のことは。部長のせいでも小夏さんのせいでもなく
瀬乃さんのせいでも ニャンコのせいでもなくて
私の問題だと思うから・・・
結婚に向けて 頑張り続けると言うことは
自分の気持ちにゆるぎないってことだから
私が私に負けなきゃいいってことだから
だから・・・いっしょに帰ろう?縁側に、帰ろう?
縁側に帰って 仲直りしてください

ぶちょお?」

「いつだったか、 縁側で線香花火をしたのを覚えてるか?
のんびりまったり、2人で小さな花火を見つめた」

「ぶちょお?」

「俺は君と違って、計画性にたけた完璧主義者の
側面を持つ人間だから、すでにこの夏の分は用意した。」

「ぶちょお?」

「線香花火を用意してある。
帰ろう、いっしょに。」

「ぶちょおheart04

「縁側に帰ろう」

「ぶちょう」

2人は、缶ビールを飲んで、線香花火を楽しんだ。

「アホ宮。これから先もきっといろんなことがある。
結婚してもいろんなことがあるだろう。
どきりとすることもあるかもしれないし
好きだと言われることもまたあるかもしれない。
それで2人が駄目になることもあるかもしれない。
けどそれは誰のせいでもなく ニャンコのせいでもなく
2人の問題だ。2人で乗り越えような。」

「ぶちょうお 大丈夫ですよ。
外でどんなことがあってもここに帰ってくれば
きっと何だって乗り越えられます。
この先何があっても何が起きても
この縁側と、二人で話す時間があれば
私たちは大丈夫。史上最強のバカップルですから」

「バカは君だけだ。」

「ぶちょおもバカですよ。
ドキドキしたことを バカ正直にはなしたじゃないですか?」

「これからは隠すもん。
絶対に黙ってるもん。」

「隠し事はなしですよ」

線香花火に見入る2人の上を蛍が飛んでいた。

翌朝、サマンサのことが新聞に載ってしまった。
3万円で売りつけて・・テーブルを拭く蛍の手元には、そのスカーフがあった。

一人の日曜日を、縁側から、ごろごろ転がって遊ぶぶちょおが、可愛かったです。

*****
今までの感想は、こちら

« ≪ジョーカー~許されざる捜査官~≫★06 | トップページ | ≪GOLD≫#07 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/49189200

この記事へのトラックバック一覧です: ≪ホタルノヒカリ2≫★07:

» ホタルノヒカリ2 第7話「結婚はパワー?干物女の神頼み」 [Happy☆Lucky]
第7話「結婚はパワー?干物女の神頼み」 [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2 第7話 [ぷち丸くんの日常日記]
高野部長(藤木直人)に自分からプロポーズした蛍(綾瀬はるか)だったが、 瀬乃(向井理)から告白され、話しかけられるだけでもドキドキしてしまう。 ある日、美香(臼井あさ美)たちがパワースポットに行くと言う話で盛り上がって いた。 蛍は「ぶちょうとの結婚に向けて、... [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2 第七話「結婚はパワー?干物女の神頼み」 [掃き溜め日記〜てれびな日々〜]
高野部長(藤木直人)に自分からプロポーズしたホタル(綾瀬はるか)だったが、瀬乃(向井理)に告白され、話しかけられるだけでドキドキしてしまう。 ある日、美香(臼田あさ美)たちがパワースポットに行くという話で盛り上がっていた。ホタルは「ぶちょおとの結婚に向けて、頑張り...... [続きを読む]

» 「ホタルノヒカリ2」第7話 [またり、すばるくん。]
第七夜「干物女 秘密のドキドキ」 視聴率15.3% [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2 第7話 [渡る世間は愚痴ばかり]
恋愛の神様 自分からプロポーズ致しました 恋愛から遠ざかっていた私からは 信じられない成長っぷり [続きを読む]

» 「ホタルノヒカリ 2」 第7夜  干物女 秘密のドキドキ [トリ猫家族]
 さて、恋に縁遠い『干物女』から一気に、自らプロポーズして了承してもらった女へ、 さらに若い男から告られる女へと変貌した自分を褒めてあげたい蛍(綾瀬はるか)・・・ 『恋愛の神様・・・ほんの一瞬、いい気になってもいいですか・・・?』  いいですョ! 若い男も若...... [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2 第七夜 秘密のドキドキ! [レベル999のマニアな講義]
『干物女 秘密のドキドキ』“結婚はパワー?干物女の神頼み内容色々考えた末、自分からぶちょお(藤木直人)にプロポーズしたホタル(綾瀬はるか)ぶちょおも了承し、順風満帆!悩... [続きを読む]

» 日本テレビ「ホタルノヒカリ2」第7話:干物女 秘密のドキドキ [伊達でございます!]
毎回同様の、ホタルと高野が喧嘩して、あれこれあって仲直りし、ふたりの結びつきが、またひとつ強くるというか、“バカップル”への階段を、またひとつ上ったというか(笑)。 [続きを読む]

» 君よ君こそがパワー・スポット(藤木直人)せんこう花火とホタルノヒカリ(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
さて・・・テレビ東京のお昼のロード・ショーは「らせん」→「リング」→「リング2」ときて明日は「リング0バースデイ」である。 それはさておき戦争ドラマと同じく、ホラーもパッとしない夏なのである。 映画「リング」(1998年~)シリーズから12年・・・久しぶりに見ても豪華キャストに感じるのは・・・逆に言... [続きを読む]

» 「ホタルノヒカリ2」干物女の婚活7ホタルに足りない結婚へのパワーを授かろうとしたがやはり自分自身次第と改め再び部長との結婚へ進み出した [オールマイティにコメンテート]
18日ドラマ「ホタルノヒカリ2」第7話を視聴した。 今回は部長にプロポーズしたホタルだったが、 瀬乃に告白されてから瀬乃にドキドキを覚えるようになっていた。 そんなある日ホタルは美香たちと共にパワースポットへ向かうのだった。 そんな時部長は小夏の着付けを....... [続きを読む]

» ホタルノヒカリ #7 感想 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
ホタルノヒカリ2 #7 ケンカ!もあったけれど・・ 縁側で花火仲直り〜♪ 定番な二人ですな。 なんですが、今日のぶちょおはちょっと嫌だったな(爆) というか小夏がじゃm(ry 女にしたーとか着物のシーンはエロいよー。 やっぱり素直に言っておかないとね。 後から...... [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2-7 ついに史上最強のバカップル誕生? [ぱるぷんて海の家]
マヤ暦アセンション曼荼羅カレンダー 今日のホタルノヒカリだけど 適当にギャグもあったけど それ以上に 妙になまめかしく 変にシリアスな しっとり系? まあ なんと云うか キムラタエさん本領発揮? と云うか やる気満々! ワタクシどちらかと....... [続きを読む]

» 【ホタルノヒカリ2】第7話 [見取り八段・実0段]
若い男とあんまり若くない男ぷぷぷ。。。。。なんつ~表現するんだ。でも、どっちもイケメン。雨宮は役得ですわ。私のような女にとって滅多にない出来事。恋愛の神様。ほんの一瞬、... [続きを読む]

» 『ホタルノヒカリ2』 第7話 [美容師は見た…]
「まぁいっか」。。。何ていい響き♪今回の共感部分。生きて行く中でとても大事な言葉だと、私は思う。。。バランスが大事(ノ*´▽)ノ ワーイ♪サマンサと面白可笑しく絡むと思ってたのにぃ。。。そっち~?(笑)いかにも怪しい占い師でしたけどね。オカマ喋りも嘘っぽい。着付けまでで... [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2 パワースポットは縁側 [平成エンタメ研究所]
 蛍(綾瀬はるか)にとってのパワースポットって縁側なんですね。  部長(藤木直人)のいる縁側。  だからわざわざ遠くに行く必要がない。  縁側でビールを飲みながらまったりして部長といろいろな話をする。  それでパワーをもらえる。  後輩達は蛍に十分パワーがあると言ったが、そのパワーの源は縁側にあったわけだ。  また蛍は縁側についてこうも言う。  「この縁側があれば大丈夫。縁側があればどんなことでも乗り越えられる」  部長との関係が壊れそうになっても縁側に座れば、元どおりになれる。  蛍はそう信じて... [続きを読む]

» ぬらりひょんの孫&新9係&ホタルノヒカリ2 [別館ヒガシ日記]
ぬらりひょんの孫は2バトル終了だが 馬頭丸VSゆら3人衆が乱入で リクオVS牛頭丸... [続きを読む]

« ≪ジョーカー~許されざる捜査官~≫★06 | トップページ | ≪GOLD≫#07 »

最近の写真