無料ブログはココログ

« ≪ジョーカー~許されざる捜査官~≫★07 | トップページ | ≪GOLD≫#08 »

2010/08/27

≪ホタルノヒカリ2≫★08

『結婚へ最終段階!涙の婚約指輪』(あらすじ)

高野(藤木直人)は、蛍(綾瀬はるか)の姉・アゲハ(堀内敬子)に呼び出され、蛍の家族のためにも挙式や披露宴をきちんとしなければと考える。一方、早智子(板谷由夏)と小夏(木村多江)からアドバイスを受けた蛍も、高野のためにきちんとした結婚式を挙げようと、面倒な作業に真剣に取り組む決心をする。やがて、小夏のカフェのプランが、予算の都合で変更になったと瀬乃(向井理)から聞いた蛍は、予算内でやってくれる工務店を探すと言い張る。そのころ、高野はブライダルショップで蛍を待っていた。


CAST

雨宮蛍***綾瀬はるか 瀬乃和馬***向井理 
山田早智子***板谷由夏 桜木美香***臼田あさ美 
二ツ木昭司***安田顕 浅田千夏***石井萌々果(子役)
井崎豊作***高橋努 杉下真菜***中別府葵 
松小路豪也***市川知宏 竹林篤志***君沢ユウキ 
梅田翔太***井出卓也 椿春乃***佐藤千亜妃 
椋木伸***栁澤貴彦 椎名あゆみ***真下玲奈 
浅田小夏***木村多江 高野誠一***藤木直人

*****

蛍の所へ実家の両親から、段ボールが届いた。
ぶちょおは、ご両親からと敬意を表したが、ヘンゼルとグレーテルのように、おつまみやら、おかずが、落ちていた。その先に蛍が寝転がる縁側があった。
一人で哲学的思考をしていたが、「ひとがひとを好きになるのはどういうことか?」「結婚なんて、めんどくしゃいな~!」と叫んでいた。
すっかり聞いた、ぶちょおは、少々オカンムリ。

翌朝、瀬乃は、会社に行きかけて、戻った。そこへ桜木が出勤してきた。桜木が蛍を奪ってしまえと言ったので、自分のお熱が冷めるように、距離を置いた。

夜、縁側で、ぶちょおは、蛍を自分の部屋に呼んだ。小学生の時、クラスの女子全員が高野を好きだったという経歴持つ彼は、蛍と違って、恋愛経験が豊富で女性に、不自由のない青年期を過ごしてきた。青臭い青年期になりたてのころなら、部屋に連れ込んだ途端、野獣のように蛍を押し倒していたかもしれない。

それを聞いて、おびえて「野獣?!」と言う蛍に

「野獣は旅に出たから大丈夫」

「あ?はあ・・」

「つまりな君より、長く生きてる分君より
ずっといろんなことを経験し考え
気付いたことがある。見ろ!
君に見せたかったのは、あの出しっぱなしの本だ。
昨夜出しっぱなしのまま出掛けた。
これまでの俺には到底考えられないことだ。」

「そういえばそうですね。
ぶちょおは そういうとこ 
きちんとしてますもんね。」

「君によって変わったんだ。」

「は?私がぶちょおに
悪い影響をあたえたんですね?」

「良かったと思ってる。」

「え?」

「いや、きちんとしてなきゃ
気が済まない俺が、
君の影響を受けて
多少なりとも変化した。それは
ある意味 俺の成長だ。」

「せいちょう?」

「相手を受け入れることで
ごく自然に 自分が成長する。
人が人を好きになるってことは、
そういうことだと思う。
君のおかげで、俺の心に余裕が生まれ
俺の人生が豊かになった。
君に出会って、良かったと思ってる。」

「ぶちょお・・・」

「いいか、アホ宮。
君は俺にとって特別な存在なんだ。
だから、君との関係は
君のことは 大切に考えてる。
分かるな?」

「はい」

「君を超える女はいないから。」

「はい」

「今後 俺がほかの女性に女を感じても
いちいち気にするな。」

「はい!え?今後もそういうことあるの?」

「いや・・・あるよ。男だもん」

「えぇ~?!」

「さあ。野獣が旅から戻ってくる前に明日の資源ごみを
きちんとまとめよう」

「ちぇ!」

ぶちょお、ずいぶん自分のことには雄弁ですね。小夏に関しては、蛍に申し訳ないと思うほど惹かれたんですね。

蛍が、二人のことをまだ両親にも話していないことに、気付いたぶちょおは、今すぐしなさいとせっついた。すると姉が船橋に結婚して住んでいるから連絡取ると言った。

翌日。蛍の姉アゲハから、高野にこっそり会えないかと電話が掛った。

山田姐さんが、一日休みを切り上げて出社した。仕事のできる山田を待ち構えていたのは、ほかの者たちだった。
蛍は相談があると、切り出すと、夜小夏さんと美味しいもの食べに行くがそれでも良ければと言ってくれた。

小夏の結婚の時の話を山田も蛍も真剣に聞いた。
簡素に済ませたが、それでも式場の予約から、披露宴の招待客、とにかく決めなければいけない事がいっぱいある。蛍は、そんなのしないつもりと言ったが、2人に部長はそうはいかないと社会的な地位のことを言われた。

アゲハは、蛍の性格からして、ずっと一人かと思ったら。
突然結婚吸うと言いだし、もう一緒に住んでるなんてと保至るの預金通帳を置くとさっさと消えた。
柄にもなくと蛍は皆に思われていたが、小夏や山田姐さんに、ぶちょおの地位みゃ社会的なものがあるからと言われて、きっとしないと答えるだろうと高をくくっていた高野だったが、小さくても、きちんとやりたいと言われて、ハイと答えて、今すぐと付け加えた。

小夏の店が、大幅な見直しになった。瀬乃の最初のプランでは、オープンカフェ形式するには壁の強度が不足で、土台から打ち直しになった。新しいプランにしてくれと井崎に電話があった。しかし蛍は、瀬乃の最初のプランに未練があった。
縁側のようにあったかい感じのオープンカフェにもう出来なのかどうか、ほかの工務店に回ってみると蛍が言いだした。
無理だと分かってんのに何で頑張るのかと瀬乃は少しイラついた。最初のプランが気に入ってくれたのは俺も知ってる。だけど、まだ前のプランにこだわる蛍の気持ちが分からなかった。

そのまま蛍は、代さんの見直しに入ってしまった。昨夜の取り決めをすっかり忘れて・・
ウエディングドレスの予約もすっぽかした。
縁側で、平身低頭謝る蛍。起こってないと言うぶちょお。
今回の「きちんとやる」のは、君のご両親やお姉さんのためだと聞いて、気分が萎えた蛍。私の性格は皆が知ってるから、きちんとしなくていい。面倒くしゃいと始まった。
それでも、気を取り直してぶちょおに電話。声を聞くと顔が見たくなる。だから香港でも電話しなかったと言った。

「両家の顔合わせの際に
君に贈る婚約指輪だけど
サイズわかるかな?」

「Mです」

「それは服のサイズだろう。
一緒に行った方がいいだろう。
おやすみ」

オープンカフェ、目指して蛍は、色々と工務店を回った。
瀬乃が覗くと、全部だめだった。
縁側に疲れて寝転がっていると瀬乃からメールが来た。
引き受けてくれる工務店が見つかったと会った。慌てて飛んでいくと、親方から独立したばかりで、採算を度外視しても目立つ仕事がしたいと言う所だった。王はいに話したらツイッターで、探してくれたそうだ。ビールを箱で貰って、2人で乾杯しているうちに、蛍は寝てしまった。ずっと待っていたぶちょお。朝になり、小夏が現れた。瀬乃は、工具を運ぶ手伝いをしなくちゃならないからと、出かけた。電話をしたぶちょおに、小夏も出て、夜中のアリバイは成立!婚約指輪を買いに行くので、待ち合わせとなった。
外に出ると瀬乃が虎食うで到着、匠竜工務店酸を紹介していると後ろで瀬乃が工具の下敷きになった。付き添って病院まで行った蛍は、またぶちょおをすっぽかした。
帰宅すると、ぶちょおは、言った。

「済みませんでした、婚約指輪と昨夜」

「昨夜も瀬乃と一緒だったのか」

「あ・・・でも小夏さんも」

「小夏はそんな女じゃない。」

「どういう意味ですか?」

「朝まで飲んでて寝ちゃうような女じゃない。
君のためにウソを言ったんだろう?
俺はありのままの君でいいと
言いながら、度っか少し期待があった。
俺が君の影響を少なからず受けてるように
君もどっかで俺から何かを得てるんじゃないかと。」

「ぶちょお・・・」

「けど君にはかなわない。」

「え?」

「少し距離を置きたい。」

「え??」

「離れて暮らそう。」

「どういうこと?
どういうことですか?
私が?」

「君が悪いわけじゃないから」

「でも私が・・」

「俺の問題だから」

「どういう問題?
2人の問題じゃないの?
2人で乗り越えようって言ったじゃない。
私にかなわないってどういうこと?
意味が分からない!
ちゃんと説明して下さい。
いつも見たいに、時折優しく
カッコよく説明して下さい!」

「上手く説明できないから
一人になりたいんだ。
大丈夫、戻ってくるから。
君を嫌いになったわけじゃない」

そう言い置いて家を出た。

携帯に着信があったことに気付いた蛍。
姉のアゲハが伝言を入れておいてくれた。
両親が、娘のウエディングどれる姿が見れるととても喜んでいた事、
高野さんがちゃんとした人で良かったと言っていた。

そのまま部屋に行こうとして、テーブルの横に置かれた箱に気付いた。
開けると、婚約指輪だった。カードがついていた。

ホタルへ  誠一より   とあった。

泣く蛍。

山田姐さんの所でも二ツ木が、2泊3日で、出張だと言っていたが、実は家出していた。
御免としか言わない彼。

終盤に向かって、混とんとしてきました。
蛍の頑張りが、職場の皆を引っ張っていましたが、頑張らない蛍は魅力が半減です。
ぶちょおは、空回りしていいるようです。

*****
今までの感想は、こちら

夏風邪は、やっと抜けましたが、夜になるとすぐに眠くなります。
なのに、週10本のレビューは、実はなかなか大変です。
お待たせしました。蛍の気持ち、すごく分かる私も、かなり余裕がありません。

« ≪ジョーカー~許されざる捜査官~≫★07 | トップページ | ≪GOLD≫#08 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/49262345

この記事へのトラックバック一覧です: ≪ホタルノヒカリ2≫★08:

» BLEACH&新9係&ホタルノヒカリ [別館ヒガシ日記]
は瞬殺&ウェコムンドだけども がアッサリ瞬殺で終わったけど ウェコムンド再開でヤミー久しぶり見たが 全体的にオリジナル突入が見えて来たし オマケ義骸マネキン&だけど 次&&&楽しみだ... [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2 第8夜:干物女の両家顔合わせ [あるがまま・・・]
タイミングが…( ̄~ ̄;) う〜ん せっかくきちんとやろうと思ってたのに、ドレスの下見も、指輪選びも蛍がすっぽかす形に なっちゃった・・・{/ase/} ぶちょおったら何を思って距離をおこうって言い出したの??? 自分の問題だとしても、何を考えてその結論に至ったのかを、ちゃんと蛍に説明しないと かわいそうじゃんかー! てか、指輪1人で選んだんだ・・・それもちょっとかわいそうか{/ase/} だったらいっそドレスもぶちょおが適当に選べば良かったのに{/face_nika/} どうせ適当人間の蛍は、自... [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2 第八夜 両家顔合わせへ [レベル999のマニアな講義]
『干物女の両家顔合せ』“結婚へ最終段階!涙の婚約指輪内容実家から送られてきた日本酒を飲んで、、つい。。。“結婚なんて、めんどくしゃい”と口走ってしまったホタル(綾瀬はる... [続きを読む]

» 「ホタルノヒカリ2」第8話 [またり、すばるくん。]
第八夜「干物女の両家顔合せ」 視聴率15.0% [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2 (藤木直人さん) [yanajun]
藤木直人さんは、毎週水曜よる10時日本テレビ系列にて放送されている連続ドラマ『ホタルノヒカリ2』に高野誠一 役で出演しています。一昨日は第8話が放送されました。●あらすじと感想 [続きを読む]

» 【ホタルノヒカリ2】第8話 [見取り八段・実0段]
ああ~。。。痛い。。。何て痛い話なんだラスト、縁側で1人で泣く雨宮。あれは、悲しかったり寂しかったりよりも、自分の痛さに泣いているのです。頑張ってるつもりでも、頑張れな... [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2 #08 [昼寝の時間]
原作:「ホタルノヒカリ」ひうらさとる ホタルノヒカリ2 原作未読です。 部長の真 [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2 第8話 [渡る世間は愚痴ばかり]
今回はしょっぱな ホタルの家族構成で笑わせてもらいました。 [続きを読む]

» 龍馬伝 第35話「薩長同盟ぜよ」 [渡る世間は愚痴ばかり]
1866年1月 龍馬は近藤長次郎の妻・お徳の下を訪ねた 長次郎の最期を伝えるために [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2 第8話 [ぷち丸くんの日常日記]
高野(藤木直人)は、蛍(綾瀬はるか)の姉・アゲハ(堀内敬子)に呼び出され、 蛍の家族のためにも挙式や披露宴をきちんとしなければと考える。 一方、山田姐さん(板谷由夏)と小夏(木村多江)からアドバイスを受けた蛍も、 高野のためにきちんとした結婚式を挙げようと、面... [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2。7話8話感想 [NelsonTouchBlog]
木村多江が高野部長(藤木直人)に、向井理が蛍(綾瀬はるか)にと、恋心をしかけてきたので嵐が吹き荒れると思いきや、ほとんど何も起こらず逆に部長と蛍の絆をより深めてしまった。。ええ!一体なんなんの。 しかも部長と蛍は、それだけ仲のよい恋人同士で結婚も誓い合う間柄、しかもいっしょに住んでいるのに今だキスさえしない。縁側漫才を日々繰り広げ、畳でゴロゴロ転がり楽しんでいるだけ・・。たしかにやればいいというものではないが、あまりにじれったさすぎるではないか!?一体何がしたいんだ!このカップルは!(泣...... [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2 きっちりとテキトー [平成エンタメ研究所]
 今回は部長(藤木直人)の立場から考えてみる。  頭ではわかっていても感情レベルではうまく処理できないことってありますよね。  蛍(綾瀬はるか)が<ひとつのことに一生懸命になると他のことが見えなくなる性格>であることは十分に理解している。  しかし度重なるドタキャン。  特にラストの婚約指輪のことは瀬乃(向井理)の事故と怪我ということで本当に仕方がないこと。だが気持ちとしてはうまく整理できない。ライバル瀬乃だから尚更。  蛍と今後うまく生活していけるのかという不安もある。  異文化交流・異種格闘技... [続きを読む]

» 『ホタルノヒカリ2』 第8話 [美容師は見た…]
めんどくしゃいからじゃない。どんくしゃいだけ。蛍は目の前で起きた問題以外は考えられないんですから。そして突然思い出し「ハッ」と気づくボケッぷり。そこが蛍の良いとこでもあり、そのことは高野も十分承知のはずなんですが、つき合うとなるとそこがネックでもあり…でも... [続きを読む]

» ホタルノヒカリ2 #8 [ドラマハンティングP2G]
高野部長(藤木直人)から「君のご両親に結婚の挨拶をしたい」と言われたホタル(綾瀬はるか)は、まず姉のアゲハ(堀内敬子)に結婚することを報告。 具体的に「結婚」が進むことで、小夏(木村多江)からは「面倒なことが増える」、山田姐さん(板谷由夏)には「部長の…... [続きを読む]

» 綾瀬はるか 性格 カップ [ホタルノヒカリ2 綾瀬はるか 最新情報]
≪ホタルノヒカリ2≫08: まぁ、お茶でも 蛍(綾瀬はるか)が<ひとつのことに一生懸命になると他のことが見えなくなる性格>であることは十分に理解している。 しかし度重なるドタキャン。 特にラストの婚約指輪のことは瀬乃(向井理)の事故と怪我ということで本当に仕方がないこと。 ...(続きを読む) 美容師は見た…:『ホタルノヒカリ2』 第10話 と思わせるような似た者同士とは違う息子。 高野は自由奔放な父親とは性格も合わず、気に入らない様子。 結婚の報告を受けてやって来た盆太郎は、 そんなお堅い息子が選... [続きを読む]

« ≪ジョーカー~許されざる捜査官~≫★07 | トップページ | ≪GOLD≫#08 »

最近の写真