無料ブログはココログ

« ≪GOLD≫#03 | トップページ | ≪ハンマーセッション!≫#03 »

2010/07/24

≪うぬぼれ刑事≫☆03

『野心派』(あらすじ)

うぬぼれ(長瀬智也)は駅前で街頭演説を行うたまえ(樋口可南子)の声を聞いて、またも”運命の人”だと思い込む。元アナウンサーのたまえは先日、自殺した議員・拓男(浅野和之)の妻で、夫の選挙区からの立候補を表明していた。

CAST
うぬぼれ***長瀬智也 本城サダメ***生田斗真
日暮里恵***中島美嘉 冴木優***荒川良々
松岡征士郎***要潤 穴井貴一***矢作兼(おぎやはぎ)
ゴロー***少路勇介 町田警部***小松和重
登戸***ムロツヨシ 婦警・小山***伊藤修子
婦警・南***西慶子 栗橋誠***坂東三津五郎
葉造***西田敏行 ゲスト 青木たまえ***樋口可南子
*****


劇中ドラマの「うぬぼれ刑事」になったのは、サダメ。撮影に入った。

<広辞苑によると、「うぬぼれ」とは実力以上におのれを評価し
得意になること。
この物語の主人公は、男としての己の実力を過大評価する一方で
刑事としてのおのれの実力には気付かない。
こんな調子では一生独身
この男 うぬぼれにつき >

うぬぼれは所沢のマンションから引っ越したかった。
当時の収入から、月々のローンの支払いを考え、疲れやすく環境の変化に敏感な里恵とクラスなら都会の喧騒を離れて購入した。
引っ越しの日、ソーメンの薬味を買いに行くと笑顔を見せたまま里恵は、消えた。

代わりに福島から葉造がやってきた。
引っ越すと決めたが、胸がキュンときた。屋上からうぬぼれが選挙演説の声を聞きながら、駅前に行った。青木たまえだった。
署の方で、青木の夫がパラコートで自殺で片づけられていた。

”I am I”では「うぬぼれ4」がそれぞれたまえの被害にあっていたが、聞くたびにうぬぼれの好感度はアップして行った。
「好奇心旺盛でバイタリティーに溢れているんですね。
ますます高感度アップです。

そこにいなかった栗橋先生は、TVの生放送で、青木たまえに責められて泣かされた。

自主的に、青木邸を警護していると称してサボっていたうぬぼれは、青木に呼ばれた。
どうしてもクセで、2人前作ってしまうというたまえに朝食を御馳走になった。
庭の小さな菜園で青木が生前野菜を作っていた。

突然、自殺で処理されたのに、どうして毎日顔を出すのかと優しく聞かれて、
「それはあなたが、す・・・」で止まった。

たまえはあの日以来寝室には一歩も踏み入れていないと言いながら、現場を案内。
子供がいなかったから、どこにでも二人でで出かけた。
楽しかった、最高の夫でした。
でも政治家としては弱かった。
その反動で暴走してしまった。
業原建設の献金疑惑の記事が出る1カ月前から目が離せなかった。
ベッドサイドにあった時計を動かしていたうぬぼれに、突然たまえが抱きついてベッドに押し倒した。時計は床に転がり、たまえはうぬぼれの上にいた。

「おくさん、いけませんsign03

タマスイませんといって、今度はうぬぼれが上になり・・・

すると、ネットでの買いも商品がつぎつぎ運び込まれた。
長生きヒアルロン酸、長生き青汁 ・・・牡蠣肉エキス 春うこん・・・

自殺考えている人が、少なくとも、長生き商品を買ったりするだろうか?
生きる気満々、サバイバルジョー完結するまで死にたくなかったはずだとサダメまで言いだした。
バーテンがいつも鋭いことを言っていた。今回は
「嫁が犯人とかねsign01

サダメは、ドラマの主演になったからと、過剰な変装で目立って歩いていたが、なかなか騒がれなかった。意気消沈するが、うぬぼれのマンションに着くと葉造が、玉枝を題材に半分小説を書いていた。サダメと二人で、どうなのよとと言われ、結婚を前提にお付き合いしたと言った。

また朝、たまえのところへ行くと、かなり機嫌が悪かった。
門の外から

「あなたの声が好きですheart01
初めて聞いたとき、僕は声の主が誰かも分からず
それなのに、僕は恋に落ちてました。
あなたの声にはツヤがある。
力がある。
男を奮い立たせるような麻薬のようなものです。
いくら叱られてもいいです」

「いい加減死して、変態annoy

それを着ボイスにした。
I am Iで、礼子ママがまた筆談してたが、早々に引き揚げて、屋台で冴木と飲み始めたうぬぼれ。ノンアルコールbeerだと言う冴木が、うぬぼれのビールを飲んでしまったからすぐにつぶれた。また里恵のところに運んで行くと、うぬぼれは、里恵が言ったほどモテ無かったと愚痴をこぼした。
嫉妬に疲れたからと一方的に去った里恵に意味がわからなかった。
君と別れて僕はモテ無かった。自分が思ってる3分の1しかモテなかった。
そんなぼくをやがて人はこう呼ぶようになった
「うぬぼれ」
僕と付き合った女性は決まってこう言う
「なんか重いんだよね。」
君のせいだろ!
君が僕を廉らい体質にしたんだろ
重い男にしたんだろう。
犯罪者じゃないと釣り合わないぐらい
僕の愛は重いんだよ。
そして君は、軽~い新婚生活を
軽~くエンジョイしている。
こんな男と・・・あれ?

冴木がベッドに見当たらなかった。
突然目覚ましが鳴った。
慌てて、里恵を押し倒した形で、ベルを止めた。
里恵は朝7時半に掛けてあるけど、夜も鳴ると言ってから、

「今、7時半なの?」と声を挙げた。

うぬぼれはたまえの寝室で見た目覚ましを思い出していた。
トイレで倒れている冴木に「おやすみなさい」と言って、うぬぼれは走った。

補欠選挙の投票日。たまえは夜になってもそわそわとしていた。
そこへ電話が、うぬぼれから掛った。カーテンを開けると白のスーツを着たうぬぼれが門のところにいた。
「今日も素敵な声だ。
大事なお話があります。
担当直入に申し上げます。
青木たまえさん、あなたは音である
青木拓男氏を殺しましたね。」

「いいえ、なぜ私が?
何を根拠に?」

「直接のき紀っかけは、目ざまし時計です。
あなたは御膳6時に目を覚ましたと証言しましたね。
ところが、<寝室にはあの朝から一度も入ってないの>
あの言葉が嘘でなければ、ダンナさんが亡くなった朝も
目ざまし時計は鳴っていたはずだ。そしてその時刻は
午前4時半。」
あの時、僕は、すっかりうぬぼれていて気付かなかったが
ナタはごまかそうとして僕に抱きついた。
第一発見者のあなたが119番通報した時刻は午前6時
4時半に目覚ましが鳴り、隣で寝ている夫の異変に1時間半も
気付かなかったのは、明らかにおかしい話だ。
拓男さんが命を絶った時間、あなたは起きてそばにいたのでは
ありませんか?」

「夫が目の前で自殺するのを止めなかったということですか?」

「もっと言えば、あなたが旦那さんを自殺するよう追い込んだ。」

「バカバカし。夫は自分で農薬を買ってきてそれを飲んで死んだんです。
自分の意志で」

「そこで引っかかるのがワイングラスです。」

「ワイングラス?」

「ええ、この言えにあるワイングラスはすべてペアに
なっている。なのに警察が証拠として押収したグラスは
1つだけしかなかった。
寝ている間に自殺したのなら、もう一つのグラスがあるはずです。
つまりあなたも一緒にワインを飲んでいた。
そして夫が死ぬのを見届けてワイングラスを処分し 通報した。
ひ、以上が僕の推理です」

「残念ながら、50点ね」

「50点!?」

「確かに夫は、私の目の前で農薬入りのワインを飲んだ。
でもあれは、正当防衛だったの。
例の政治献金疑惑が浮上したとき、私の兄弟と親族が集まって
家族会議が開かれたんです。
報道では青木の独断で金銭の授受があったとされています
でも事実は違った。青木の秘書時代 つまり父の時代から
裏金は使われていた。青木はそれを引き継いだだけなんです。
もし青木が自殺すれば世論は青木と私に同情的になり
献金騒ぎはうやむやのまま捜査は中断されるだろう。
つまり青木の妻であることより小野沢家の長女であることを選んだんです。」

「自殺を促したんですね。
しかし、ダンナさんは従わなかった。」

「泣くばかりで死のうとしない青木に小野沢家の人間は執拗に
自殺を迫り、とうとう精神的に追い込まれた彼は、私を殺そうとした。」

眠れないからたまには1敗付き合えと青木が、ワインを差し出した。青木が飲んだグラスろ取り、玉枝のを差し出し、飲んでといった。躊躇する青木に

「死ぬ度胸もない男が人を殺せるとで思ったの」

自由意思によるものでないので、殺人罪が適用される場合もある。
せっかく当確がでたが自殺関与罪に問われるとうぬぼれは言った。
ただ現在のところ、この事実に気付いていてるのは僕とあなただけです。

さて、ここからが本題です。

たまえさん。
僕と結婚して下さい。さもなくばあなたを逮捕します!

僕はあなたを愛してるんだ、
国会議員として日本の未来を切り開くあなたを
夫として秘書としてサポートします。
御安心ください。僕は政治に関心がない。
あなたにしか関心がない。

今から、支持者の前で再婚を発表しましょう。と迫った。

取ったのは逮捕状。

私みたいのが政治家になっちゃダメでしょう!

僕もそう簡単に引き下がれないんです。
すわって下さい。

ソファの前に、今回は指輪ではなく、勝利のだるまと、警察のマスコット人形。

たまえは人形を選んだ。

私の声が好きだって刑事さん言ってくれましたね。
青木にも君の声が好きだと言われました。
連絡はメールじゃなくて直接電話か留守電にしてくれって。
彼は・・・私の声を聞いてくれた。それなのに私は、
彼の声に耳を貸そうとしなかった。
いつも言ってたんです。「僕は政治には向いていない」
「引退したら田舎で暮らそう」って。
そんな暮らしも良かったかも。・・彼が死んでから気付いたの。
バカみたい。

そう言って両手をうぬぼれの前に差し出した。
手錠をかけると「ありがとう」と言った。

屋敷に残って、ベッドに横になると、4時半にベルではなく、たまえの声で
「あなた、起きて」
留守電には、たくさんたまえの声が入っていた。

パトカーに乗せられたたまえは、事務所に行き皆に詫びた。

葉造父は、全部書いたと言ったが、たまえに何で惹かれたのかは応えなかった。

前回より楽しめました。
可哀そうなのは斗真くん。主役になっても顔がうるさいって・・・

*****
今までの感想は、こちら

« ≪GOLD≫#03 | トップページ | ≪ハンマーセッション!≫#03 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/48963804

この記事へのトラックバック一覧です: ≪うぬぼれ刑事≫☆03:

» BLEACH&疾風伝&うぬぼれ刑事 [別館ヒガシ日記]
は4ヶ所バトルが開戦したけども &VS東仙は最初の段階で &ハッチVSバラガンは満足だが &喧嘩など引張り所が多く... [続きを読む]

» うぬぼれ刑事 第3話:野心派 [あるがまま・・・]
ピーポくん!(゚ロ゚屮)屮ぉお!! 今回は、婚約指輪と手錠じゃなく、当選ダルマとピーポくん{/face_nika/} あと、惚れた相手をマンションに連れて来て、お父さんに引き合わすシーンも無かったぞ〜。 何となく1話2話とは、雰囲気が違ってたのは、演出も変わったせい? 筆談ママも前回ほどの勢いがなかったぞ〜{/hiyo_shock2/} だけど、うぬぼれが女性のパーツに惚れるってパターンは一緒でしたわー。 今回は“声”。選挙演説の声に惹かれ、「いい加減にして{/ee_3/}変態{/ee_3/}」を... [続きを読む]

» うぬぼれ刑事 #03 [ぐ〜たらにっき]
『野心派』 [続きを読む]

» 『うぬぼれ刑事』無料動画@youtube l クドカン脚本ドラマ、キャスト、あらすじ、再放送 [『うぬぼれ刑事』無料動画@youtube l クドカン脚本ドラマ、キャスト、あらすじ、再放送]
ドラマ『うぬぼれ刑事』長瀬智也×宮藤官九郎(クドカン)のタッグ復活。恋愛体質の刑事「うぬぼれ」が美人犯人に突きつけるのは逮捕状と婚姻届!出演者も坂東三津五郎、生田斗真、矢作兼(おぎやはぎ)、中島美嘉、荒川良々、西田敏行と豪華&個性は揃い。見逃した人にオススメのドラマ動画まとめブログです。... [続きを読む]

» 長瀬智也 婚約 CM [うぬぼれ刑事 長瀬智也 最新情報]
うぬぼれ刑事 第2話:癒し系 - あるがまま・・・ 歌舞伎系の役者さんにも容赦ないし~ 公園のシーンや崖のシーンも大袈裟なんだけど長瀬くんがやると妙にマッチしてるのがすごいわ~ 毎回、婚約者候補の女性を家に連れ帰り、 たぬき親父の西田さんが見破るってーのもお約束? ... うぬぼれ刑事 第2話 (ぷち 丸くんの日常日記): うぬぼれ刑事(長瀬智也)は、マッサージ店の店員・せつ子(蒼井優)に一目惚れする。 ところが、せつ子は店を辞めて姿を消してしまう。 そんな折、警察署に「婚活詐欺」の被害届が出され、... [続きを読む]

« ≪GOLD≫#03 | トップページ | ≪ハンマーセッション!≫#03 »

最近の写真