無料ブログはココログ

« ≪ヤンキー君とメガネちゃん≫#09 | トップページ | ≪竜馬伝≫☆25 »

2010/06/20

≪タンブリング≫☆第十話

『夢を信じてあきらめない・・・新体操部の熱き闘い』(あらすじ)

男子新体操部は体操協会から、関東大会への出場を辞退するよう勧められていた。柏木(アキラ)は、それを部員たちに知らせず、何とか出場できるよう奔走する。そんな中、悠太(瀬戸康史)は航(山本裕典)たちに、関東大会の出場メンバーを決める選抜テストをすると告げる。8人のうち、大会に出場できるのは6人。猛練習をする部員たちだが、互いをライバル視するあまり、険悪な空気になってしまう

CAST
東航
**山本裕典 竹中悠太**瀬戸康史 
月森亮介**三浦翔平 木山龍一郎**大東俊介 
火野哲也**西島隆弘 土屋聡史**冨浦智嗣 
水沢拓**柳下大 日暮里圭児**賀来賢人 
金子敦**タモト清嵐 里中茉莉**岡本あずさ 
浅倉葵**岡本玲 赤羽礼治**伊阪達也 
鶴見暁彦**中土居宏宜 田代茂雄**佐藤二朗 
江崎祥子**国仲涼子 柏木豊**AKIRA
東奈都子**大塚寧々
*****

もともとは、カラ高で、つるんでいた航たちと赤羽。それがなんでこうなったのかと頭を悩ませていたが、関東大会も近いので、なるべく近くに寄らないことで4人の意見は一致した。
何で、最後までヤンキーが絡むんでしょうね。気分良く、航たちの頑張りを見ていると水を差されます・・・

新体操協会は、勧告だと言って出場辞退をどうしてもするようにと言って去った。
柏木は、部員のモチベーションを下げたくないので教頭の意思に背いて、知らせなかった。
そこへ掛ってきた1本の電話。鷲津高校の中村からだった。鷲津高校の体育館が、器械体操の大会に使われるため、カラ高の体育館を1日かして欲しいというものだった。
Okした後に、部員たちに知らせたため、かなりきついことを言われたが、相手の力量を目の当たりに見られる利点を汲んだ。
竹中キャプテンは、鷲津が3つバックを取り入れた練習をしているのをみて、やはり、カラ高も3つバックを取り入れようとした。そのためにも、もう一度、選抜テストをやり直すと言った。
それがチーム内に不協和音を呼んだ。

茉莉が、職員室で仕入れた出場辞退を、航たちに御注進したため、皆で話し合うチャンスができた。それでも、頑張って練習するしかないだろうと意見がまとまった。

選抜テストの日、祥子先生は、県大会の時の演技をやるよう提案した。
みんなバラバラだった。お互いを合わそうともしないので、試合の時よりひどいできだった。木山が手首を痛めているのも、祥子先生に指摘されて初めて気付く有様だった。
それを祥子先生に指摘され、それぞれが、どんなに新体操を好きになっていたか、マジに付き合っていたかを思い知らされた。
もう一度、選抜テストをと祥子先生に頼んだ。
演技は、別人のようにぴたりと合った。

最後に3つバックと言われ、金子と日暮里がはじかれた。
二人で飛んで、さらに日暮里がはじかれた。亮介が良くやった!と慰めると、泣きながら、踊りたかった、みんなと一緒に踊りたかったと答えた。
航が

「お前のかいた汗は、無駄になんてしない
お前の夢、俺たちが預かった。」

「約束する、日暮里の悔しさも、木山の努力も
聡史の思いも全部無駄にはしない。
俺たち全員で、試合に勝とう」(竹中)

柏木の頼みで見学に来ていた新体操協会は、何も言わずに帰ろうとした。
教頭が、辞退はしないと言ってくれた。

盛り上がる男子新体操部・・・ここで終われば気分が良いのですが、また帰り道に赤羽が出現。明日が大会なんだってな。陰ながら応援してるわと不気味に言った。

大会当日、木山は、一仕事片づけてから、行くので遅くなると、航に電話した。
徒党を組んで、大会をぶっ潰すと出てきた赤羽達。なぜか、廃工場。
赤羽が来なかったら、木山殺すぞと言ったら、警察でしょう。何で航がでてこなくちゃいけない?

みんなありがとな。こんなに熱くなれることが今までなかった。

それで、俺と木山の夢お前らに預けたって言われてもね。
なんか中途半端で手を放されたって感じです。
「ROOKIES」 が熱くなれたのは、「スポ根モノ」で通したからですよね。

来週、最終回。汚い顔の彼らが映っていたから、また皆で殴られたみたいです。
どうまとめるのでしょうね。

*****
今までの感想は、こちら

FIFA WC。全国の応援も虚しく、オランダに1-0で負けました。
巧者オランダのほんの少しの隙を着いても、それが、確実なゴールにならなければ
勝てませんね。かなりイライラが募る試合でした。

« ≪ヤンキー君とメガネちゃん≫#09 | トップページ | ≪竜馬伝≫☆25 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/48673120

この記事へのトラックバック一覧です: ≪タンブリング≫☆第十話:

» 「タンブリング」第10話 [日々“是”精進!]
  10男子新体操部は新体操協会から関東大会への出場を辞退するよう勧められる。顧問の柏木は部員たちには知らせず、何とか出場できるよう奔走する。一方、鷲津学院の練習を見た... [続きを読む]

» タンブリング 第10話 夢のために [レベル999のマニアな講義]
『夢を信じてあきらめない…新体操部の熱き闘い』内容新体操部に発生した様々な事件により、新体操協会は関東大会出場辞退を勧めてくる。顧問の柏木(AKIRA)は、教頭(小林す... [続きを読む]

» タンブリング 第10話 [Happy☆Lucky]
第10話 [続きを読む]

» 月の恋人 第6話 [Kyan's BLOG IV]
次々と周りから人がいなくなる葉月蓮介(演:木村拓哉)。 去るシュウメイ(演:リン・チーリン)に「オレは生き方を変えられない」と宣う。 う~む・・・ 葉月蓮介の生き方ってなんなんだろう?(苦笑) 情熱の...... [続きを読む]

» タンブリング 第10話 [ドラマハンティングP2G]
男子新体操部は体操協会から関東大会への出場を辞退するよう勧められる。顧問の柏木(アキラ)は部員たちには知らせず、何とか出場できるよう奔走する。 一方、鷲津学院の練習を見た悠太(瀬戸康史)は航(山本裕典)ら部員に、関東大会に出場するメンバーの選抜テストを行うと告..... [続きを読む]

» タンブリング 第10話:夢を信じてあきらめない…新体操部の熱き闘い [あるがまま・・・]
そげなぁ〜(; ̄_ ̄)ぅ 木山の見せ場はこれかいっ{/eq_1/}大会前に赤羽達と出会った際、立ち去った赤羽に 鋭い視線を投げかけてたのはこうゆう事だったとは・・・ てか、あんなに手首の傷が悪化してただなんて、新体操ではいいとこ無しじゃん・・・{/ase/} 木山の思いに報いるには、航も会場を抜けちゃダメじゃんと思ったけど そういえば航は友情に熱い男だっけねぇ・・・ 色々あって、やっと大会に漕ぎ付けたと思ったのにぃ〜{/hiyo_shock2/} 赤羽のバ〜カ!カ〜バ!お前のかあちゃんでーべーそ{... [続きを読む]

» タンブリング 第10話 [JAOの趣味日誌]
TBS 「タンブリング」|あらすじ 久々にタンブリングを見た。 航たちの思いが通じて関東大会へ出場すること になった烏森高校男子新体操部。 しかしまた大きな壁が、赤羽が大会を壊そうとしていた。 赤羽の元に一人向かう木山。 新体操部のために黙って赤羽たちに殴られる 木山。 航は木山を見捨てられなくて赤羽のところに向かう。 そこが航のいいところなのだが・・・・・ いよいよ次週最終回。  人気ブログランキング     ←応援クイックよろしくお... [続きを読む]

« ≪ヤンキー君とメガネちゃん≫#09 | トップページ | ≪竜馬伝≫☆25 »

最近の写真