無料ブログはココログ

« 《タンブリング》☆第三話 | トップページ | 《龍馬伝》☆18 »

2010/05/02

《チェイス 国税査察官》☆03

『パーマネント・トラベラー』(あらすじ)

航空機事故の遺族と偽り、春馬(江口洋介)と接触を始めた村雲(アラタ)。春馬は現役大臣への内偵を始めるが、査察OBの井坂(石橋蓮司)が敵の税務コンサルタントとして立ちふさがる。苦心の末、春馬は井坂の仕組んだパーマネント・トラベラーのスキームを暴き、家宅捜索を行う。その夜、春馬は村雲に仕事上の葛藤(かっとう)を吐露してしまう。一方で、檜山(中村嘉葎雄)のがんと歌織(麻生久美子)の妊娠が発覚。檜山家の資産をめぐる脱税スキームが動きだす
CAST
春馬草輔**江口洋介 村雲修次**ARATA
檜山歌織**麻生久美子 檜山基一**斎藤工
窪田鉄雄**田中圭 財津茂利**佐藤二朗
鵜野収**岩松了 春馬鈴子**水野絵梨奈
田処正平**木下ほうか 内倉若菜**町田マリー
品田基彦**奥田瑛二 井坂敏**石橋連司
檜山正道**中村嘉葏雄
*****

鈴子に怪我はなかった。車の村雲は、軽い脳振とうを起こしただけだったようだ。
駆けつけた春馬は、担当の警官に,保険でまかなわれるという注意事項を聞いていた。
壁の所で村雲は、今回の事故の父親が春馬だと知った。

自分から車道へ出たのかと責める春馬に鈴子は、逃げて、村雲にぶつかった。
これで2度目という村雲に3度目だと鈴子は答えた。慰霊祭であったと言って、ちょうど良いから村雲は弟を亡くしたと、遺族の振りをした。渡した名刺は、投資コンサルタント、廣川と書いてあった。

ゴミ処理場で、缶入りの3億が見つかった。
新聞にも出たが、通称おきつねさま、経済産業大臣、北東京3区の山中で、紺野太志の持ち山から見つかった。
春馬が8階に入ったころ今では伝説と呼ばれる査察官が居た。
名前は井坂敏。回りはビンさんと呼んでいた。
紺野太志が、甲斐が取引に絡んで、企業から金を受け取っているとにらんだ。
裏金は申告しなければ、脱税だ。ビンさんはあと一歩のところまで追い詰めたが、直前になって、上からストップがかかった。

ビンさんは、退官間際に言っていた。
「査察がたたく悪に、聖域を作ってはダメだ。
巨悪に屈したら、その使命を失う」ってな。

ビンさんは今、紺野の税務コンサルタントだ。

春馬はビンさんの好きな焼酎を買って、会いに行った。
部屋は金目の調度品で埋まっていた。
この部屋の何が気になる?聞かれて、言えと答えないと、なら俺もしゃべらんと言った。

「額が小さいです。もう2cmばかり大きめの額が
かかってたんじゃありませんか?」

「額を取り換えたってことか。理由は?」

「俺が来たからです。
8階の人間には見られたくない絵が
飾ってあったのかもしれません」

「どんな絵だ。」

「紺野太志との関係を示唆する絵です。」

ここでもう火花が散ってます。でも紺野との関係は周知の事実だし、隠す事もない。
恐らく試されたんでしょうと軽くジャブを。

先日大内運送に査察が入り、5億相当の絵画取引があった。
所がこの絵が転売され、本来の価値が1億にも満たない事が判明。
大内運送は、1奥の価値しかない者を5億で購入。
恐らく3から4億の裏金が生まれた。
10年前取りざたされたように、大内運送と、紺野太志との関係は、
深いものだ。裏金の正体は明らかに・・・

そこで次長が逃げた。

画商を調べると海江田貴俊。PTだった。

村雲は、歌織と結婚した基一の家にいた。ちょうど父親が戻ってきた。
村雲が税務関係のお手伝いをしていると自分を紹介したので、相続税を考えているのかと居たい所を突かれた。腐った国にくれてやると言った。村雲の手を汚すと答えると、それは「蛇の道」で、人が通る意味地では無いと言った。

窪田(田中圭)は、ずっと家を張っていた。
海江田が、日本に入国した記録が無いと春馬は教えた。門扉を開けて女が出てきた。
海江田の妻だった。近所の者にも、夫は海外赴任中だと話していた。

春馬の娘鈴子は、学校を辞めた。将来について話そうとノックするが、出てこない。
廣川から、電話が入った。
翌日会った。村雲は、春馬から何か情報が得られると、歌織に言った。

村雲に、檜山基一から電話がかかった。血親から癌がみつかり、余命は1年といわれた。父親が好きだった彼は、それでも乾杯しようと村雲に言った。

財津社長は、その後の金の動きから、行ってもしないヴァージン諸島や、香港の会社、無記名債券の購入など、かなり複雑な動きをしている事を突かれたが、帳簿は全部出してるんだからと帰った。

紺野のパッサー海江田をつぶしたくても、動きが海外で全く見えなかった。
海江田の家の前に車を止めていた窪田に、妻が出かけた後、こどもが帰宅するまでの間にドアに、「こしょうちゅう」と書いた紙を貼らせた。すると、息子はインターホンを数j会鳴らした。もう無理だと紙をはがしに行きかけて、ドアが開いたのを2人は見た。中から、海江田が顔を出した。

8階はにわかに活気づいた。
そこへ霞が関1丁目を伴った、次長がエレベーターに乗り込むのを見た。
ビンさんの所へも査察が入った。
海江田も見つかった。しかし、テレビでは紺野太志が検察の意捕まったことを報道していた。次長がさっき霞が関に譲ったようだ。

お前たちが、逃がしたとビンさんに言われた。

春馬は、廣川に電話した。
先約があると言いながら、廣川は、どうかしましたか?と聞いた。

例の上司のこと?
人が変わった?

最近の世の中何か変わってきた。
どんどん人の心が壊れて行ってる。
俺の方が間違ってるんだろうか?

間違ってないと思うと彼は答えた。
この世界は、あなたが思っている世界とは違う。
「盗まれた町」SFで、今春馬の身に起こっている事と同じではないか?
社会のためになると自分を律して生きてきた。
それを認める人は少なくて、役人は諸悪の根源とみなす。

本当は奥さんを亡くして、娘さんを見失って、本当は
あなたはこんな世界は滅びてしまえばいいんだと
思ってるんではありませんか?
もう我慢するのは辞めましょう。あなたにはこの世界を
憎む権利がある。

先約とは、鈴子だった。母の保険金を持って海外口座の開き方を教わった。

春馬は、記者崩れに墜落した飛行機について調べさせた。
リースで、莫大な違約金をもらったのが人材派遣会社で急成長しているライトキャスト。

春馬の周りで不可解な事件が起きつつあるのに、これがまた、妻を亡くしたことで、怒りの持って行き場が無いんですね。廣川こと村雲も深い傷を抱えていそうだし、かなり絶叫型のドラマに仕上がっているけど、不条理を呑みこんでいく人たちの生き方が、すごいなぁと、思います。それぞれが抱える家庭の事情も、いちいちもっともだと思う所に落とし穴があるんですね。

*****
今までの感想は、こちら

« 《タンブリング》☆第三話 | トップページ | 《龍馬伝》☆18 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/48246423

この記事へのトラックバック一覧です: 《チェイス 国税査察官》☆03:

» 「チェイス 国税査察官」 第3回 パーマネント・トラベラー [トリ猫家族]
 「それが答えだ。俺がこうなった答えだよ。 こんなもんだ・・・脱税するぐらいが、ちょうど人間なんだよ・・」井坂 「春馬さん、本当はあなた、奥さんを亡くして、娘さんを見失って、 本当はあなた、こんな世界滅びてしまえばいいと思ってるのではありませんか。 もう我慢...... [続きを読む]

» 「チェイス〜国税査察官〜」第3話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
正義と理想。 悪意と誘惑。 第3話『パーマネント・トラベラー』 [続きを読む]

» チェイス~国税査察官~第03回パーマネント... [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
第03回「パーマネント・トラベラー」公式HPよりあらすじ航空機事故の遺族と偽り、春馬と接触を始めた村雲。春馬は現役大臣への内偵を始めるが、査察OBの井坂(石橋蓮司)が敵の税... [続きを読む]

» NHK土曜ドラマ チェイス~国税査察官~... [レベル999のマニアな講義]
『パーマネント・トラベラー』“パーマネント・トラベラー~現役大臣脱税内容娘・鈴子(水野絵梨奈)が交通事故に!驚く春馬(江口洋介)であったが、、、警官によると鈴子が自ら車... [続きを読む]

» チェイス~国税査察官~ 第03回 [ドラマハンティングP2G]
航空機事故の遺族と偽り、春馬と接触を始めた村雲。春馬は現役大臣への内偵を始めるが、査察OBの井坂(石橋蓮司)が敵の税務コンサルタントとして立ちふさがる。苦心の末春馬は井坂の仕組んだパーマネント・トラベラーのスキームを暴き、苦い味のガサ入れを行う。その夜春..... [続きを読む]

» チェイス・国税査察官 #03「パーマネント・トラベラー」 [昼寝の時間]
航空機事故の遺族と偽り、春馬と接触を始めた村雲。春馬は現役大臣への内偵を始めるが [続きを読む]

« 《タンブリング》☆第三話 | トップページ | 《龍馬伝》☆18 »

最近の写真